Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「彩雲国物語(一) はじまりの風は紅く」 雪乃紗衣 著 

『彩雲国物語』はNHKのアニメとしては知っていましたし、非常に人気が高いことも知っていましたが、
『十二国記』がいまだ完結に至らない中、似たような中華設定のファンタジーは、
正直なところあんまり触れたくなかったんです。
たとえ全く違う話だとしても、きっと入り込めないだろうなあと思って。
でも、何かとお世話になっているAkiさんから、
「十二国記が好きな人ならきっと興味を持つはず」とオススメされて、
ようやく第1巻を手に取ってみました。

彩雲国物語  一、はじまりの風は紅く (角川文庫)彩雲国物語 一、はじまりの風は紅く (角川文庫)
(2011/10/25)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


初版は角川ビーンズだったのが、角川文庫から新装出版されたようです。
十二国記のホワイトハート→講談社文庫と同じ流れですね。
私は図書館で借りたので、由羅カイリさんの可愛いイラスト入りのビーンズ文庫版で。

考えたら、私、いわゆる少女小説って読んだことないんですよ。
何しろ小学生時代も中学生時代も「本嫌い」でしたし、
高校に入って突然活字魔になったと思ったら、
推理小説と時代小説しか読まないという極端な状態で。
周りがコバルト文庫にハマっている中、そっち方面にはまるで興味を持たず、
ひたすらアガサ・クリスティーとコナン・ドイルと山本周五郎をあさっておりました。
そんなわけで、この年にして初少女小説でございます。

で、まずなにより読むのが早かった。
この超超超遅読の私が、新幹線の中で読み終わったよ!
すげー。自分で感動しました。(爆
展開としてはファンタジーの王道で、
でもそのよくある話を、個性的な美形キャラをそろえることで補っています。
この作品は完全にキャラクター萌えできるかにかかってますね。
ストーリーは練られているけれど、わりとすぐに先が読めてしまうし、
結構壮大な仕掛けをしておきながら、私的にはイマイチ腑に落ちないというか、
「どうしてそこまで?」という思いがよぎらないこともないというか……。
もうちょっと踏み込んで描いてくれれば、多分「なるほど」と思えるのだと思うのですが。
ただこれは賞受賞のデビュー作だったということなので、
おそらく枚数に合わせて無理やり風呂敷を畳んだのではなかろうかと思われます。
作風はまんがのノリに近く、本当にアニメ向きだと思うので、
小説で読むよりもアニメで見たほうが気楽に楽しめるんじゃないかな。
機会があったら、私も一度見てみたいかな~と思いました。
[ 2011/12/13 23:55 ] ファンタジー | TB(0) | CM(6)
『彩雲国物語』、私も未読ですがキャラ萌えにかかってるんですかー…ふむ。
特にアニメだとキャラ萌えが重要ですよね。
そしてこのジャンルやヤングアダルト向け作品を読むと、
気軽に速読気分を味わえるのでちょっと嬉しくなります、確かに♪

それにしても。
ここでカタリーナさんの読書遍歴を知ることになろうとは!
高校で活字魔化ということは、何かきっかけとなった作品があるのでしょうか?(わくわく)
[ 2011/12/14 23:09 ] [ 編集 ]
基本的に一人の女の子を周りの男たちが可愛がる話ですので、
主人公の女の子に共感でき、なおかつ男性陣に萌えられるかどうかで、
作品の好き嫌いが決まるかと思います。
これらのキャラをうまく動かしていけば、話は面白くなると思いますが、
この第1作は設定が少しばかり大きすぎたのではないかと、チラリと思いました。
ちょっと消化不良になりました。
でもまあ、そのあたりの難は、キャラ萌えできれば万事おっけーかもしれませんです。(笑

活字魔化したのには、わけが2つあります。
中学の終わりに、全く本を読んでいない自分にさすがに危機感を持ったんですよ。
そのときに、友人が絶対読めるからと貸してくれたのが、
アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」でした。
それが非常に面白かったんですよね。
以来、クリスティーを読み漁って、多分全作読んだと思います。
もう1つは、高校時代にヅカにハマってしまったことが大きいです。
当時ヅカの舞台は文芸志向で、トルストイとか藤沢周平とか、
スタンダールとか、そんなものをたくさんやってました。
地方人には毎回舞台を見るのは無理なので、結果的に原作を読む方に走りまして。
一度トルストイとか読破してしまうと、もう「何でもこーい」になるんですね。(爆
手当たり次第読むようになって、そのまま~というのが読書遍歴でしょうかねえ。
[ 2011/12/15 23:27 ] [ 編集 ]
『彩雲国物語』、逆ハーレムのお話か…!
それならやはりキャラ萌え作品ですねー。
正直、設定&内容<キャラ な作品って
先の展開が気になるような、どうでも良いような…って感じになります(汗)

中学時代のご友人、ナイスチョイス!!
全作読破はすごい♪
自分、海外作品ってどうにも訳の文章につっかかってしまって
なかなか手が出ないんです…。
トルストイ&スタンダール読破となるともう怖いものナシですよね!
そうそう、そういえばヅカファンの方は読書好き多いような…?
やはり原作をしっかり読んで舞台を観た方が余裕ができますよね。
[ 2011/12/17 23:34 ] [ 編集 ]
初巻読破、おめでとうございます☆
ま、正直ワタシも原作を読み始めたのは随分後になってからで、
アニメから入ってしまった「完全キャラ萌え組」なので(泣笑)。

十二国記は恋愛要素ゼロでしたが、
彩雲国はさすが少女小説だけあって、恋愛要素も含まれているところが
女のコ受けする要因だろうなーと思いましたvv
だって、誰でも選びたい放題のイケメン集団…(爆)。
各種取り揃えております的な感じだし(笑)。

ビーンズで連載を持つのは非常に大変だと聞いたことがあります。
それこそ4か月に1冊のペースでガシガシ書き上げていかないと
すぐに干されるとか(泣笑)。
週刊少年ジャンプ並みのハードワークですね…。
そう考えると、デビュー作からシリーズ化ってのは
相当凄いことなんだろうなーと思いました。
[ 2011/12/17 23:54 ] [ 編集 ]
> 海外作品ってどうにも訳の文章につっかかってしまって
これはすっごくわかります。
いかにも外国語を無理して訳しました、みたいな感じだと読みづらいですよね~。
ちゃんと「日本語」にすればいいのに、文章がどこか外国語風というか。
微妙なニュアンスを日本語にするのが難しいのはわかるんですが、
文章をもうちょっとなあと思いますよね。
その点、村上春樹さんの翻訳本なんかだと解消されているんでしょうか。
手に取ったことがないのですけど。
[ 2011/12/18 23:45 ] [ 編集 ]
オススメありがとうございます。

> それこそ4か月に1冊のペースでガシガシ書き上げていかないと

ええええ!
それは何とも大変な……能力も体力も消耗しますねえ。
それで20巻以上書き上げられたんですから、すごいですね!

思い返してみると、小野主上は他の作品でも恋愛要素がないですね。
私もそもそも恋愛小説というジャンルを読まないので気にしてませんでしたが、
確かにそういう要素はあったほうが女性は嬉しいのかも。
彩雲国はおっしゃる通りよりどりみどり、選び放題で!
こういう作品はヒロインに共感できないと完全アウトですが、
今の時代にマッチしたヒロイン像になってましたね~。
さーて、私はどのキャラに萌えるんだろう。
1巻読了後の今は、特にまだ見出しておりません。(笑
[ 2011/12/18 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する