Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

年賀状 

来年の年賀状を早々に予約しました。
こんなに早く注文したのは初めてです。

今年年賀状を受け取ったとき、あんな大震災が起こるなんてこれっぽっちも想像していませんでした。
誰1人として、そんなこと予想していなかったと思います。
占い師のみなさんはどうなんでしょうか。
どこかで「今年は古いものを壊して生まれ変わる年だ」と書いておられた方を見かけましたが、
そうだとしてもこの震災はあまりにもむごすぎると思います。
今でも毎日、震災で亡くなられた方のお名前が新聞に掲載されます。
ようやく身元がわかったのだと思いますが、
この方たちだって、今年のお正月には「あけましておめでとう」を交わし、
年賀状を交換し合い、それぞれにおせちを楽しんだはずなんです。
それなのに。
たった一瞬で何万という命が消えてしまったことに、今また背筋が凍る思いがしています。
ただそれが恒例だからと口にしていた「あけましておめでとう」が、
来年はどれだけ貴重なものに感じられることでしょう。
年賀状の1通1通が、どれほど嬉しい便りに思えることでしょう。

「十二国記」という小説の中では、「蝕」というものが起きます。
いわゆる自然災害なのですが、これが起こると十二国とこちら側、
つまり蓬莱(日本)や崑崙(中国)との間に道ができます。
当然、その道を伝って両サイドに大被害が出ます。
現象としては竜巻のようでもあり津波のようでもあると思いますが、
今回の震災でこの「蝕」を思った人は少なくなかったはず。
もし蝕であれば、流された十二国のどこかで生きていてくれる……そんな想像をしたこともありました。
もちろん十二国で生きることは困難を伴います。
でもたどり着いたのが延なら、慶なら。
蝕は、蝕む(むしばむ)からきているのだと思いますが、
十二国では国の統治者である王が倒れると国土が荒れます。
天変地異が起き、妖魔が蔓延るようになる。
まさしく国が蝕まれていく。
今の日本、いえ世界全体が、それに近い状態に見えるのは私だけでしょうか。
その統治者とは、特定の人物ではなく、「人間そのもの」かもしれません。

年賀状の申込書を書きながら、そんなことを思った夜でした。
[ 2011/11/08 02:34 ] 日常 | TB(0) | CM(4)
東日本大震災や豪雨&台風の災害などに遭われた方々の事が、他人事には思えないです
そう思うと、同じくゾッと致します
自然の恐ろしさとその力に叶わない事を改めて思い知らされましたが、その後の国の対応を見た時は、更に背筋が凍りました
穿った言い方をすれば・・・・税金を取るだけ取って、いざという時助けてくれない・・・そういう国の姿勢があからさまになった気がしました
しかし、人を助けてくれるのも「人」・・・・善意ある人もいることが、何よりも救いになっているような気がします

お会いした時も散々愚痴って、こちらでも愚痴ってしまいました・・・・申し訳ないですm(_ _)m
[ 2011/11/12 20:49 ] [ 編集 ]
カタリーナさんの仰る通り、今年の日本はまさに
“蝕”でやられましたよね…(涙)。
この時期恒例の流行語でも、半分が震災関連のワードだというし、
地震&津波&原発が引き起こした傷跡は
なかなか消えないのかもしれません。。。

こういう時、色々考えてしまいますよね。
やはり聖人君子ではないので、助けたい気持ちと限界があるという現実があり、
なかなか上手くいかないことが沢山あって、
ネガティブ思考に陥ることもあります。
来年は少しでも幸せなことが多くあるといいですよね。
[ 2011/11/13 23:35 ] [ 編集 ]
私も今回の震災で国や民間組織の対応を見ていて、
やっぱり「人」なんだよなと思いました。
とある小説に「人は主義思想についていくのではなく、
人についていくものだ」というようなくだりがありまして、
この有事にこのことを強く感じた次第でございます。
結局のところ、例えばどこの政党であるかというようなことではなく、
トップが誰でどういう人かというのが大きく左右するのだと。
これによって吉凶がわかれることになりますし、
だからこそ独裁者も生まれるわけで。
愚痴だなどとんでもない、多かれ少なかれ、みな同じように感じてると思います。
[ 2011/11/14 00:45 ] [ 編集 ]
震災後の復興は、神戸のそれとは比べものにならないくらい時間がかかるでしょうね。
今もまだ他県に避難生活をしている方がいらっしゃいますし、
みなさん故郷に帰りたいという思いを募らせておいでです。
あのむごい災害から逃れても、その先にまだ困難が待ち受けている。
私は直接何の被害も受けていないだけに、
生きるとはこれほどにも難しいと自省せざるを得ません。
仰るように、助けたい気持ちと自分を守らねばという気持ちがあるのは、
これは人間である以上仕方のないことだと思います。
考え方、環境によって、できることとできないことがあるわけで、
こういう時に何かを強いたり強いられたりするのはちょっと違うかなと思います。
震災以降のあれこれを見ると、「人としての在り方」というものを否が応にも考えさせられますね。
[ 2011/11/14 01:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する