ボレロが……すごいことに

みなさまのブログ訪問を我慢して、夜なべをして楽譜を作っております。
私、譜面は毎回違う書き込みをすることが多いので、必ずコピーして使います。
そのため、コピーしたものを製本しなくちゃならないんですよ。


ニチバンホワイトテープ ニチバンホワイトテープ
ニチバン

商品詳細を見る


ワタクシご愛用のニチバンのホワイトテープ。
前にも紹介しましたが、決して包帯を留めるためではありません。
製本作業には欠かせない道具の1つです。
昔は知らなかったからセロハンテープを使ってましたが、今もうもっぱらコレ。
印刷したページをのりで貼り合わせ、その後バラバラのページをこのテープでつなぎ合わせます。
ホワイトテープはやわらかいので、つないだところもきれいに開けるのがいいんですよね。

今回ラヴェルのあのボレロをたった3人でやるという無謀な企画を立ててるんですが、
パート割りどうしよっかなーと動画をあれこれ見ていて、

「死ぬほどヘタクソなボレロ」

というのを見つけてしまいました。
私いま、泣いて(笑って)います。
どういう人たちが集まって演奏した録音なのかわかりませんが、
みんな一生懸命演奏しているんだと思うし、笑っちゃいけないと思うんですよ。
でもごめんなさい、吹かずにいられませんでした。
最初のスネアがうるさいのとか、フルートやクラリネットがおかしなのはまだ我慢できてたんですけど、
ファゴットで若干ムズムズし、ホルンがリズムを刻み始めたところで腹筋が完全に崩壊しました。(爆
ラストでは楽器フル参加で、統制のとれた大音響が魅力の作品ですが、
カオスすぎて、逆に個々の楽器が何を弾いているのかわかるという、
ある意味非常に稀有な動画かもしれません。
印象的なトロンボーンの「ぱお~ん、ぱお~ん」は、落っこちたのかどっか行ってしまってるけど。(泣
いえね、これを聞くと、管楽器がいかに難しいかってのもわかるんですよね。
地味だけどスネアって全部のリズムを引き締めなくちゃいけないから大変だっていうのもわかるし。
でもだめだ、吹いてしまう。(泣笑
なんでこんな録音が世に広まってしまったのかと気の毒に思いながらも、
プロのボレロを聞き直したところ、「ボレロという曲の素晴らしさ」を再確認しました。
「ラヴェルすげえよっ」て、素直に思いましたよ!
同じリズムとメロディーを繰り返しているだけでこんなに展開できるすごさは当然ですが、
楽器の効果的な使い方がこれほどにまで見事とは!
学ぶべきところがあるなと思ったところです。

8 Comments

リューザキ弾正  

お久しぶりです♪

2つの事柄両方に食いつきました(笑)

まず、ホワイトテープ。現在の裏稼業で大活躍しております。
公文書整理の補強等に使っております。
撮影の都合で、場所を移動させた(ページ内で)付箋紙をとめたり。
(撮影終了後、元ある形に戻します)

さて、ボレロ(爆)
時間が出来たら、聞いて私も、腹筋割ってみたいです(笑)

ラヴェルは当時、オケのトロンボーン奏者と喧嘩しており、特に難しい(コケやすい)パッセージというのかな?吹かなければならないそうです。

オケのトロンボーン奏者は、演奏曲に、ラヴェルのボレロがあると、とても緊張するそうです。

しかし、今回のボレロはそのようなエピソードを吹き飛ばす破壊力がおありのようで(笑)

私も、爆笑涙目になってみたい(^_^)v

2011/11/04 (Fri) 04:18 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

ボレロのトロンボーンは本当に拷問みたいですね。(笑
この「死ぬほどヘタクソな……」では、トロンボーンがもろその悲劇を体現しております。
申し訳ないけど、ここまでくると笑わずにいられません。
ぜひ余裕のある時に一度ご覧下さい!

2011/11/05 (Sat) 21:49 | EDIT | REPLY |   

ちゃな  

ほんとうにすごい

聞いたよ、ボレロ。3分33秒くらいでガシャーンって音がするけど、何かを壊した音じゃないよね!?
吹奏楽器がポワ~ンと始まるし、リズムも苦しそうに吹いているので、すごいことになっているみたい。
でも、昔、大学の大講堂で、アマチュアオケによる映画『未知との遭遇』のテーマを聞いて、いかに難しい曲なのかなっとくしたことがある。

聞きながら、このコメントを書いていたのだけど、どんどんひどくなっていってびっくり。v-16
もうちょっと練習してから演奏会すればよかったのに。

2011/11/11 (Fri) 06:34 | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

> ガシャーンって音がするけど
聞き直してないからどの楽器かわかんないけど、多分トロンボーンとかが、
楽器やミュート(小音にするためにラッパの中に入れるもの)を立てかけておく台を倒したんだと思う。(苦笑
これ聞きながら、よくコメント書けたね。
私なんか涙目になって笑い転げていたよ。
蛇使いみたいなサックスとか、アフリカゾウなトロンボーンとかで腹筋が崩壊し(苦笑)、
ラストのあのカオスではもう言葉がなかった。
管楽器は確かに難しいよね、音出すだけでも。
いったいこの録音は何だったんだろう。
ただの練習だったらなおさらかわいそう。

2011/11/11 (Fri) 22:25 | EDIT | REPLY |   

ちゃな  

止めてといわれた

前回のメールを聞きながら、笑いをこらえながら書いていて、ますますひどくなっているときに友達から電話が来て、これボレロだよって受話器をPCにあてて聞かせてあげたら、止めて~っていわれてしまった。
電話越しでも、迫力満点だったみたい。

2011/11/12 (Sat) 07:13 | REPLY |   

Aki_1031  

ちょ。「アフリカゾウがくるぞ…」というフラグに
???と思っていたら…もう討ち死にでした(爆)。
完全に腹筋崩壊。笑っちゃいけないんでしょうけど
これが笑わずにいられるか!というくらい破壊力抜群でした…。
オーボエが妙に上手く聞こえたのが何とも…。
てか、オーボエが全てを引っ張ってたのか?!(泣笑)

同じリズムを繰り返すだけなのに、いや同じリズムのリピートだからこそ
上手い下手がパンピーにも分かってしまうんでしょうかね。
いや~良いものを聞かせて頂きました。
落ち込んだ時にまた聞きたいと思います(爆)。

2011/11/13 (Sun) 23:26 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

うん、これの破壊力はすごい。
きっと電話越しでもわかるよね。
これ自分が客席にいたら、とてもじゃなけど耐えられなかったと思う。
笑いが止められないもの……。

2011/11/14 (Mon) 00:24 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

討ち死にとな、しっかりなされよ!(笑
確かにこれの破壊力にはガトリング砲もかないませんね。
私も頑張って我慢して我慢して、でもホルンで決壊しました。
アフリカゾウ……こっちが息が足りなくなりそうだった。(苦笑
ボレロは同じメロディーとリズムの繰り返しですが、
それぞれのバランスやハモリ、リズムの合わせなど、
聞いている以上に難しいものだと改めて実感しました。
是非元気のもとに活用なさってくださいまし。(笑
できればちゃんとしたやつも聴いてみてくださいな~。

2011/11/14 (Mon) 01:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment