新選組! 第48回

「流山」

視聴者って、ときに嫌なものだなと思う。
試衛館以来の新選組同志は、近藤さん、土方さん、沖田くんの三名のみ。
そして今日を最後に、彼らは互いに再会することがない。
それを知って見ているということが、こんなにも辛いとは…。
今回のベストシーンは二つ。
<黒熊>の有馬どんと、大久保大和こと近藤さんの調練場でのやりとり。
まずカメラワークが、緊迫感をとてもよく醸し出していたと思う。
何度も見たようなセット(例えば先週の伝通院とか^^;)だったことすら忘れさせてくれた、
まさに息を呑むシーンだった。
そして、近藤勇とわかっていながら、見逃そうとする有馬藤太。
どうにもそんなことをしそうに見えない人物が見せる温情と、
見破られていることを知っていて本心を吐露する近藤さん。
ここは、時代劇の醍醐味の一つだったと思う。
二つ目は、本陣での近藤さんと加納さんの対面シーン。
近藤さんは本陣へ向かう前に、「近藤勇、一世一代の大芝居だ」と言って、
おそらくあくまで白を切り通すつもりだったのだと思う。
土方さんの言葉で、これまでに死んでいった隊士のためにも、
そして今を生きている隊士たちのためにも、そうしなければならぬと思ったからだ。
だが、近藤さんも土方さんも覚悟はしていたのだろう。
二人が抱きあい、そしてお互いの顔が見えなくなったとき、
どちらの顔にも「もしかしたら今生の別れになるかもしれない」という思いが、
影のように浮かんでいた気がするから…。
そうして臨んだ検分で、近藤さんは目の前に連れてこられた加納さんを見て、
そしてまたその加納さんが苦悩するのを見て、悟ってしまった。
「…トシ、すまない。おれにはできない」
そんな近藤さんの声が聞こえてきそうだった。
加納さんは伊東先生とともに新選組を離脱し、その伊東先生を惨殺され、
後に近藤さん襲撃を企てている。
加納さんにとって近藤さんは、好感情だけで見ることのできない相手であったはずなのだ。
なのに、「この男は近藤勇です」とは言えずに迷ってしまった上に、
近藤さんに頭を下げる加納さんの姿勢は、誠実であまりに美しかった。
ゆえに、逆に、それだけの態度を取らせるものを、
近藤勇という人物は持っていたのだなと思った。名シーンになったと思う。

来週はとうとう最終回。予告のふでさんの言葉で、すでに涙腺決壊。
最終話は60分の拡大バージョンです。おのおの方、ぬかりなく!!!

最後に一言。
流山で近藤さんがいるとの情報が流れているわけですが、
洋装土方さんのほうが、よほど目立つと思われるのですが…???
「ヘンな服着た奴がいたら、あいつが土方だ」とか言われてないのだろうか。

4 Comments

Yuseum  

タイトルなし

初めまして。TBもさせていただきました。
確かに洋装土方の方が怪しいですね(笑)
もの悲しい中、笑いを提供してくれてありがとうございます。

2004/12/06 (Mon) 18:47 | EDIT | REPLY |   

Katharina  

タイトルなし

■Yuseumさま
こんにちは。トラバ、ありがとうございます。
有馬どんの前に出て行った土方さん、洋装のままでしたが、
あれはまずいのでは???と思っていました。
自らバラしているようなものなのでは、と。
当時、どの程度洋装が広まっていたのでしょうね。

2004/12/06 (Mon) 23:55 | EDIT | REPLY |   

tomo  

タイトルなし

こんにちは。
以前TBさせていただいてからずっと読ませていただいているtomoと申します。
本当にあと一回で終わるんですね・・・・・。
信じられない(;;)
最終回見る前から泣いてるのに、最終回終わったらどうなっちゃうのだろうと、オロオロしてます。
寂しくなりますね~。
心に穴があいてしまうような、そんな気持ちです。

2004/12/10 (Fri) 16:08 | EDIT | REPLY |   

Katharina  

タイトルなし

■tomoさま
こんにちは。
ずっと読んでくださっていたなんて、ありがとうございます!
そうですね、今年いっぱいは総集編やら再放送やらがありますけど、
来年からはもうこんな風に毎日振り回されることもないんですよね。
ほんと、私もものすごい空虚感を味わいそうな気がします。
ああ、今度の日曜部が来るのがこんなに怖いなんて…。

2004/12/10 (Fri) 19:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  新選組!(ラスト2回)
  •  うーん、寝過ごしてBS-hiを見逃した(;^_^A  ということで、総合で見ることになったのだが、ラストも近づくといろいろな思いが駆けめぐって、頭の中がまとまりません。。流山 ストーリーは、また誰かが綺麗にまとめてくれるはずでしょうから、思いつくままに
  • 1970.01.01 (Thu) 09:00 | ミステリ通信「みすみす」blog