板梅

いろいろな有名人が紹介している五代庵の梅が、お手軽な板梅となって販売されてました。
まだ食べてないけど、梅肉をシート状に固めているのかなと思います。
原材料の欄で、砂糖が梅より前に記載されているので、結構甘そうです。
先日駅のNewDaysでたまたま見つて、最後の1個をお買い上げ。
梅はいろんな場面で重宝する常備食なので、持ち歩きのおやつには良さそう。

板梅

実はこれ、白城あやかさんのブログで知りました。
これまでは普通のブログだったけど、今日から「Eternity」としてオフィシャルになったのでリンク。
Eternityといえば、あやちゃんが宝塚を退団するときに出した写真集のタイトルと一緒。
退団して結婚されて、子育てに専念されて、もうきっと舞台には立たないんだろうなーと、
それもまた好感持って見ていたんですが、
こうしてブログをオフィシャル登録されるということは、復帰の可能性があるのかな。
ママしてるあやちゃんもとても素敵だけど、カムバックにもちょっと期待しちゃうなあ。
できれば映像じゃなくて舞台で拝見したいところ。

梅といえば、添加物不使用で梅だけを丸めた「梅ぼしさん」が気になっています。
こちらは梅そのものなので、殺菌とか胃腸の不快とかに効き目がありそう。
本来の梅パワーを求めるならこっちですね。
ただ通販で買うと送料のほうが高くついちゃうのが悩みどころ。
近所に売っていればいいんですが、見たことがない。
いつか手に入れたいなーと思っている商品です。

【オーサワジャパン】有機梅ぼしさん(容器入)  18g(約54粒)×12個<br> 【品番0443】【smtb-k】【kb】【オーサワジャパン】有機梅ぼしさん(容器入)
18g(約54粒)×12個

オーサワジャパン

商品詳細を見る

4 Comments

まるひげ  

じゅわっ

記事読んでるだけでも口の中が潤ってまいりました!
梅スキーには気になる商品ですね♪
自分も探してみます。
コンビニに売ってるかしら。
画像を見る限りだと、のし梅とも違う感じなんですね。
「梅干しさん」も、売ってるところ見たことないです。

梅ってカリカリタイプでも干梅タイプでも
口寂しいときについ食べてしまいます。
でも漬物の梅干(冷蔵パックで売っているもの)は
商品によって味がかなり異なるので選ぶの難しいですよね。
好みじゃないの買ってしまうと食べ切るのに一苦労です…。

2011/10/02 (Sun) 22:25 | REPLY |   

ちゃな  

食べてみたい

いろんな梅干し商品があるんだね。
是非、今度探して試してみます。
ヨーロッパ人に梅干し食べさせるとすごい顔して、酸っぱそうに食べてくれます。
なんか食欲ないときに梅干しを食べて、すっきりするという感覚は、食べなれた日本人でないとないのかな。ドイツでは、胃の調子がよくないときは、味付けしていないラスクを食べると言う。余計気持ち悪くなりそうなんだけど。

2011/10/03 (Mon) 19:24 | REPLY |   

カタリーナ  

■まるひげさん

コンビニにもあるという話なんですけど、
私が行った範囲ではまだ見つけてません。
「梅ぼしさん」は、多分自然食やマクロビ系のお店で置いていると思います。
とはいえ、これの存在を知ってから私もまだお店でチェックしてないんですけど。(汗

カリカリ梅はつい食べちゃいますよね~。
梅の塩分と酸味、あのカリカリの食感がいいんですよね。
旅先の朝食に出ていると嬉しくていっぱい取りたくなります。(笑

> 商品によって味がかなり異なるので選ぶの難しいですよね。
おっしゃる通り!
同じ梅干しでも本当に千差万別。
甘い系は苦手なのではちみつ入りなどはNGですが、
紫蘇の量や塩分によってかなりかわってくるので、
自分的にイマイチなものだとどうしてみようもなくて困ります。

2011/10/04 (Tue) 21:33 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

> ドイツでは、胃の調子がよくないときは、味付けしていないラスクを食べると言う

日本でいうところのお粥なのかな……?
昔フランス人とつきあっていた友人が、
疲れたときや具合が悪いときの食べ物でモメルと言っていた。
日本人は梅干しとお粥、おじやなんかを食べるけど、
フランス人はバターたっぷりのソースを食べたがるそう。
これは習慣というか、やはり胃の構造とか味覚も違うんだろうね。

2011/10/04 (Tue) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment