Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「龍馬伝」のサントラを聴いてみた 

もたもたしているうちにもう8月ですよ!
今年は震災から時が止まってしまっている気がします。
季節は動いているのに、自分の中の時間はあのときからそれほど進んでいなくて、
もう8月だということがどこか幻のようにさえ感じられます……。
大雨の折には、メールやコメントをありがとうございました。
ああいうときってやはり心細く感じるので、お心遣いいただくと本当に元気づくものですね。
こちらはまだ水の引いていない地区もあったりして、川も黄河みたいに黄色いです。
これから農作物の被害状況なんかも出てくると思いますが、
秋の味覚の桃や梨は大変そうです。
お米もどうでしょうか、かなり心配です。

閑話休題。
少し前、レンタルショップで見つけたので「龍馬伝」のサントラシリーズを借りてみました。
ドラマは全話制覇できませんでしたが、聴いてみると意外といろんな場面を覚えてるもので、
それなりにちゃんと見てたんだなあと思いました。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.3
(2010/09/08)
佐藤直紀

商品詳細を見る


3枚も出たってことは、かなりの人気があったんですね。
曲はとらえやすいメロディーだけではなく、イマジネーションを働かせるようなものも多くて、
リズム遊びの面白さ、楽器選びの面白さなど、
劇伴としてはなかなか興味深い作品群だと思います。
サントラに収録されている曲がすべてではないはずですが、
同じモチーフをいろいろなアレンジにしているものがたくさん含まれているので、
そのアレンジを聴く楽しみはあるものの、3枚ともなると若干お腹いっぱいにもなります。(苦笑
もう少しバランスよく選曲しても良かったような気もしないでもありませんが、
聴きこむとそれぞれに味が出てくるんじゃないかと感じました。
ドラマを見ていれば、なおさらいろんな想いが溢れてくると思います。

サントラ2集に入ってる想望はドラマ中で初めて聴いたときから心が震えました。
ヴォーカルとオーケストラの音程が作り出す絶妙な空間が、いろんな感情を包み込んでいきます。
作曲家の佐藤さんによると、想望は「龍馬の母を思う気持ち」を表現しているとのこと。
母というのはいつでもどんなときでも子どもの味方で、守ってくれる存在です。
そして誰でも最期の瞬間には「お母さん!」と叫ぶものだと聞いています。
それをふまえると、岡田以蔵が新選組に追われるような切羽詰まったシーンにも、
誰かが死んでいく壮絶なシーン、もしくは静かなシーンにもよく合っていたのがわかる気がします。
心が疲れたときに聴いたら、ふっと涙がこぼれてしまいそうです……。
[ 2011/08/03 02:14 ] ポップス | TB(0) | CM(4)
カタリーナさん、お久しぶりです。
龍馬伝のサントラって、3枚もあったんですか!?
黒いのと白いのと2枚は知っていて、iTunes Storeでダウンロードしたのですが♪(´ε` )
…途中、龍馬伝に対する熱意が冷めかけた頃もあったから、最近は調べてませんでした。

閑話休題。
3.11以降、時が止まった気がするのは同感です(>_<)
[ 2011/08/04 17:49 ] [ 編集 ]
最近は、複数枚出るのが当たり前になっているようです。
一昨年の、「天なんとか」も3枚出ております。

「風林火山」ぐらいまで、劇版は、毎週毎週、音楽担当の作曲家さんが、
出来上がったラッシュを見て、曲を付けられるというスタイルだったので、
6月頃発売されるサントラには、どうしても中盤以降付けられた曲が未収録・・・
でも、最初に幾つか作って置いた数曲を割り振るより、手間は掛かるけど、
このスタイルの方が、より物語や登場人物の描写に沿った音楽になると思います。

で、某大河の時、山南さん切腹のあの悲壮な音楽が聞きたい!
流山のあのシーンでの天使が降りてしまったかのようなアノ音楽が聞きたい!という要望が沢山寄せられ、
奇跡の大河サントラ第2集が発売された訳です。

ちなみに、「風林火山」のサントラ完結編(第2集)にも、最初のサントラの時には、
作曲されていなかった劇版が収録されております。
(主に、上杉系 ^^;)
以降、複数枚、サントラが発売されるようになりました。

さて、八月になっておりますが、確かに、もう一年の半分以上が過ぎたという実感が湧きませんね・・・
[ 2011/08/06 08:53 ] [ 編集 ]
こちらこそ、ご無沙汰してます!
サントラですが、昨年中に3枚出たみたいですねー。
個人的に、3枚目はBGMとして聴きやすいものが多いかなと思いました。
ずっとサントラを聴いていたら、
龍馬伝の後半も見とけばよかったぜよーとちっくと後悔しました。(笑
[ 2011/08/07 00:21 ] [ 編集 ]
> 一昨年の、「天なんとか」も3枚出ております。
ええっっっ、そうなんですか!
いや音楽に罪はないですね、OPは素晴らしかったですから。(笑
でも申し訳ないけど、OP以外の劇伴て覚えてないです…… ^^;

> 「風林火山」ぐらいまで、出来上がったラッシュを見て、曲を付けられるというスタイル
風林以降もずっとそういうものだと思ってましたけど、
ここ数年は民放みたいに作り置き(笑)になったんでしょうか?
龍馬伝の佐藤さんは当初は100曲作る意気込みでいたけれど、
最後は作曲が怖くなったとコメント残されておりましたが……。
[ 2011/08/07 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する