Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

ハイドロなんちゃら現象。 

昨日の集中豪雨。
生まれて初めての「死ぬかも!」体験でした。
滝壺なんてどころじゃないすごい雨の中を、ワイパーマックスで車を走らせてました。
道路はすでに冠水し始めていて、マンホールから水が噴き出してもいました。
そんなのを見たのは初めてで「これ結構ヤバイな……」とは思ったんですが、
とりあえず行けるところまで行ってみようと車を進めました。
こういうところで様子を見ちゃうのが人間だったりします。
前を進む車も横からくる車も、みんなガボガボ水の中を走っていました。
私も進行方向だから仕方なく突っ込むしかなかったんですけど、
いやー、タイヤがちょっと浸かったくらいでも動かなくなるもんなんですね!
しかもブレーキが利かない。
「これがあのハイドロなんちゃら現象かー!」と、車学の講義を反芻してました。
雨の日にブレーキが利かなくなるアレ。
私はこれの正確な単語を一度も覚えたことがございません。(苦笑
とにかくこのハイドロなんちゃら現象が私にかなりの恐怖を与えました。
だってもうハンドルとタイヤは連携しないし、ブレーキ踏んでもズルズルなるだけだし、
水嵩増えてるし、側溝のふたが持ち上がって転がってるし、
「もうムリ! 早く脱出したい!」と水のない道を探して国道へ逃げました。
がーーーーー!
そっちはもっとひどかった!
もう水陸両用車になりたいくらいジャブジャブガボガボでして、本当にどうしようか悩み始めたとき、
100mくらい先に車が何台も立ち往生しているのを発見!
遠くから見ると、まるで池に突っ込む車みたいな絵。
そこはちょうど坂道のへこんだ部分で、相当な量の水が溜まってしまったようです。
「うわー、あそこまで冠水してるの? このままつっこんだら溺れるやん!」
果敢に進んでいく車も少なくなかったですが、私は敵を前に反転逃亡しました。
水の中で車が立ち往生しているのを見たら、3月の津波の映像が蘇ったりして、
こうやって死ぬこともあるんだと思ったら本当に怖かった。
数時間して何事もなかったかのように雨は上がったのですが、
あのときもこうだったのでしょうね……。
そして今もまた雨が降っています。
[ 2011/07/29 14:45 ] 日常 | TB(0) | CM(10)
事故にならず、何よりでした。
怖いですよね。自分も10年ほど前に、1度経験しました。
当時は高速道路で、本気で死ぬかと思いました。

先ほど警報が出ました。そちらは今後も大変な状況と思います。
ご無事をお祈りします。
[ 2011/07/29 22:09 ] [ 編集 ]
ニュースで新潟の映像を見て恐れおののいていたところです。
なんなんだあの洪水!
韓国でもあれだけ被害大きかったというのに、
まだ活発な状態を保っているとは…凶悪前線め。
敵前逃亡は、この場合正しかったですよ!
事故などなくて本当によかったです。

それにしても、まだ降ってるのですか…(げっそり)。
運転、お気をつけてくださいね!
[ 2011/07/30 01:27 ] [ 編集 ]
大丈夫そうかな?走ればなんとかなるよね?
という、判断で命を落とされた例が沢山あります。

徒歩の場合、膝ぐらいの水の高さでも、流される危険があるそうです。
逆に、車だと、そのくらいでも、水圧でドアが開かなくなる場合もあるそうですよ。(となると、脱出できない!)

引き返したのは、正解だったと思います。

とても、怖い思いをされたと思いますが、この先も注意なさってくださいね。
[ 2011/07/30 05:42 ] [ 編集 ]
東海豪雨とか名古屋で大雨、冠水が頻繁に起こりましたが
そのときに知ったのは
普通自動車はエンジンに水が入ればアウト。
バスなど大型の自動車くらいにエンジンの位置が
高ければ、走れるそうですが、、

必要とあれば車を捨てないといけないということでしょうか

お住まいの地区で、非難勧告が出ている所もあるようですね
まだまだ雨は続くようで
お気をつけください、としか書けないのが申し訳ないです
[ 2011/07/30 07:49 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/30 13:34 ] [ 編集 ]
お見舞いをありがとうございます。
そちらは大丈夫ですか?

今日は1日快晴でした。
ようやく晴れて空からのリポートが入るようになり、
その洪水の爪痕に「やはり……」との思いです。
あの雨に襲われたらこうなるだろうなあと、ため息が出ます。
運転であれだけ怖い思いをしたのは初めてでした。
高速ともなればなおさらですよね。

>ハイドロプレーニング
簡単な単語なのになぜ覚えられないんでしょう。(汗
[ 2011/07/31 21:24 ] [ 編集 ]
お見舞いありがとうございます。
昨日の朝まで猛烈な勢いで雨が降っておりました。
マンホールから水が噴き出るとか、側溝のふたが持ち上がるとか、
何もかもが初めての経験でした。
人間て、「まだ大丈夫かな? もうちょっと大丈夫かな?」って思ってしまうもんですよね。
通常の車の運転もなんですが、やっぱり無理をしないっていうのは大事ですね!
雪でスリップするのも恐ろしいですが、雨の道もここまで怖いとは……!
[ 2011/07/31 21:30 ] [ 編集 ]
お見舞いありがとうございます。

> 大丈夫そうかな?走ればなんとかなるよね?
そうなんです!
どうしてもこうやって考えてしまいがちなんですよね。
もうちょっと大丈夫かな?って。
車は排気管が浸かったらおしまいですが、ちょうどドアの高さになりますかね?
そのあたりもこれを機会にしっかり把握しないと思いました。
果敢にガボガボ渡河(!)してる車もありましたが、
私にはとてもできませんでした。
でも間違ってなかったと思ってます。
[ 2011/07/31 21:35 ] [ 編集 ]
お見舞いありがとうございます。

> 普通自動車はエンジンに水が入ればアウト。
そうなんですよねー。
だから排気管が浸かっちゃうとそこから入ってきちゃうので、
排気管の高さが目安になりますよね。
でも実際車のパーツの位置関係なんて把握していないので、
これを機に、タイヤやドア、排気管の高さなんかをチェックしないとと思ってます。
[ 2011/07/31 21:38 ] [ 編集 ]
まさに車学で習った通り、ブレーキ踏んでもきかなくなりました。
こういうときはブレーキを踏んじゃいけないんですよね。
水の抵抗があるのでスピードは落ちてますが、
それでも止まれない恐怖は大きかったです。
そちらも地形的に危ない地域をお通りなんですね。
通勤中とかでなくて本当に良かったです。
[ 2011/07/31 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する