安心の中

震災から2ヶ月が過ぎ、世の中普通に戻ってきたように見えます。
社会が回らないと復興もままならないのは本当で、
できる人たちが頑張らないといけないのだけれど、
美味しいものを食べたり笑ったりしているときにふと、不安に立ち止まることがあります。

明日、このすべてを失うかもしれない。

震災では、本当に一瞬で多くの人がかけがえのないものを失いました。
それは別に震災でなくとも起こりうるわけだけれど、
やはり一瞬のうちに万単位の人間が消えてしまうという現実に、恐怖を覚えます。
その中の1人に自分がなっていたかもしれない可能性は、誰も否定できません。

KOKIAの歌に「安心の中」という作品があります。
私たちは普段、何気なく暮らしていて、その状態に慣れきってしまっています。
そして我がままになって、大切なものを忘れてしまう……。

  ねぇ 時間が戻るなら あなたの全てを 心にやきつけられるでしょうか?
  その腕 その髪 その顔 その声 全てが当たり前だった


初めてこの歌を聴いたときはそれほどにも感じなかったけれど、
久しぶりにこれを聴いたら胸が苦しくてたまらなくなりました。
人はいつか独りになるときがくるけれども、
そうなる前に大切なものにはきちんと向き合わないといけない。
すべてを失って独りぼっちになってから気づいたんじゃ遅いんですよね。
生きるということは、大切なものに出会ったり失ったりすることだと思うけど、
だからこそその一瞬一瞬をきちんと噛みしめて生きていくことがどれだけ大切なことか、
今ほど強く感じられたことはありません……。

2 Comments

ユナ  

日常は

 実ははかないものだったんですね。としみじみ感じるこのごろです。一瞬一瞬を大切に生きているか?といわれたらまだまだですけど、前よりは自覚するようになったかな?と思います。KOKIAさんの歌詞読んだらこの一節だけだけど泣けてきました。

2011/05/21 (Sat) 20:40 | REPLY |   

カタリーナ  

■ユナさん

私も1日1日、大事に思って生きないといけないとわかってはいるのですが、
やっぱり日常に流されてしまって、1日を無駄にしてしまったりします。
ほんと、ダメなもんです。

KOKIAの歌はダイレクトに響くので好きです。
歌詞はちょっときれいごとすぎるところもあるけれど、
でもそれは理想でもあり、誰かが言い続けるべきことでもあると思っています。
ぜひリンクからフルで歌を聴いてみてください♪

2011/05/23 (Mon) 00:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment