Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

I pray, I play. 

地震から1週間たちました。
事態は好転していません。

昨日はピアノのお稽古日でした。
この春小学1年生になる女の子、地震以来ちょっとしたことで泣くようになって、
緊急地震速報の音にまで過剰反応しているとお母さん。
被災地でなくてもこの状態だと、被災地はもちろん、
大きな余震が続く太平洋側地域の子どもたちのことも案じられます。
彼女はピアノを弾いている間は真面目だったけど、あとはお母さんにべったり。
教室を出るとき、
「バイバイ、また来週ね」
と手を振って別れました。

お稽古のあと、夜は定例の会議に遅刻で顔を出しました。
月に1回必ず顔を合わせるメンバー。
みんなどこか力なく見えました。
地震の話も出たけれど、誰も多くは語らず。
別れ際に、
「来月もよろしく」
と言って別れました。

来週、あの子に会えるのかな。
来月、彼らにまた会えるのかな。

ふとそんなことを考えたら、泣きたくなった。

今、全国民が一生懸命だと思います。
みんなが自分ができることをやっていると思います。
被災地で、避難先で、必死に生きている人たち。
被災地を支えるために動いている人たち。
募金、義援金、支援物資、節電、節灯油、節ガソリン。
そして原発内で働いてる人たち。
みんなの思いがどうか報われますように。

祈りは万国共通の行為だと思います。
そして音楽は祈りとともに発展してきました。
今はまだ音楽が必要な時ではありません。
でもいつか必ず、必要とされる時が来ると思います。
その日まで、私は祈って練習する。

I pray, I play.

それが今私にできることです。
[ 2011/03/18 23:47 ] 日常 | TB(0) | CM(8)
大人でも毎日涙無しでは見られないのに、ましてや感受性の高い子供が見たら泣いちゃうし、怖いでしょうねえ・・・

正直な話、震災から3日間くらいは、自分でも分かるくらい気持ちが不安定だったような気がします
被災地では、気丈に頑張っていらっしゃる方々もいらっしゃるのを見て、私は「自分が落ち込んでばかりいられない」と思い直すことが出来ました

大抵は祈ることしか出来ない自分ですが、出来ることはドンドンやって、微力ながら支援に協力していこうと思っております
[ 2011/03/19 22:22 ] [ 編集 ]
私は、特別な技術もなにもないので、それを持っている人たちがうらやましい。
やっぱり音楽は、心を癒します。ドイツで、ずーっと最悪のシナリオをメディアで聞かされ、震えていました。そんなとき、TVを消して、音楽を聴くとちょっとほっとさせられ、やっぱり音楽の力って偉大だと認識。
地震後の子供への影響は、否めない。うちの姪と甥でも、同じような症状がでているらしい。

音楽は、目に見えない、心の薬だと思います。
[ 2011/03/20 21:00 ] [ 編集 ]
女の子が教室に来て、ピアノを弾いたこと、
これだけでも心のケアになっているハズ。
ブログでも思いやりに満ちているカタリーナさんの音楽は、
きっと誰かを励ましたり、勇気づけたりすると思います。

僕らにできるのは、今できることをしっかりする事ですが、
辛いときはその思いをブログに書いてもいいと思います。
一人で思いつめるよりも、誰かに聞いてもらいましょう。
不安な気持ちを軽くするために、
助け合うのも必要だと思いますので。
[ 2011/03/21 21:16 ] [ 編集 ]
できることを少しずつやっていくしかないですよね。
でも、いつか必ず必要とされるものを持っているというのは
非常に大きな武器だと思います。
確かマツヤマチハルが今回の件に関し、
「智恵がある奴は智恵を、金がある奴は金を、何もない奴は元気を出せ!」と
言ったそうですが、それ以外にも音楽(やスポーツ、芸術など)の
テクや能力を持っている人は、
その時期が来れば必ずや誰かの役に立つのですから
その時まで精進して、即戦力になれるようにしておくことは
ある意味、自分への存在価値にも繋がるような気がします。
そういう能力があることが、とっても羨ましいです!
[ 2011/03/21 21:49 ] [ 編集 ]
私の周りでも、被災していないのに体調崩してる人いっぱいいます。
食べられない、眠れない、仕事が手につかない……などなど。
私も体重落ちました。
原発が落ち着けばまた違うのでしょうけど、こちらの不安も大きいですしね。
被災地外の人へのメンタルケアも必要だと言われ始めましたね。
本当にそうだと思います。
お互い、自分にやれることをやっていきましょう!
[ 2011/03/22 00:06 ] [ 編集 ]
> 音楽は、目に見えない、心の薬だと思います。
とてもうれしい言葉。
普段音楽は癒しの物だと思っているけれど、
でもそれってとても押しつけがましくて、
独りよがりなんじゃないかと思うこともあるの。
でも1人でも何かを感じてくれる人がいるのなら、
やっぱり音楽には存在する意味があるのかな。

子どもへの影響はとても大きいと思う。
これからどうやって彼らのケアしていくのか大きな課題だと思うよ。
被災地で両親を失ってしまった幼い子たちは特に、
親の愛情で守ってもらえないだけに、なおさら大変なことだと思う……。
[ 2011/03/22 00:10 ] [ 編集 ]
私は自分の奏でている音楽がそれほど影響を与えられるのかどうか、
今こういう時になってとても考えさせられています。
被災地外にいる私たちができることは、日常生活を送ることだと思います。
ただそれが苦しいときもあるみたいで、
そういう人のメンタルケアが必要になってきていると読みました。
豆州さんがおっしゃるように、ブログを書いたり、電話したり、
誰かに気持ちを話すことがとても大事だともありました。
こうやってコメントいただくと、とても落ち着いた気持ちになりますね。
ありがとうございます。
[ 2011/03/22 00:19 ] [ 編集 ]
> 「智恵がある奴は智恵を、金がある奴は金を、何もない奴は元気を出せ!」
まさにその通りですね!
多分ね、生きていることがとても大切なんだと思います。
みんなそれぞれ何か役割があって、それで社会は動いています。
自分の仕事は目に見える形で結果は出ません。
とても抽象的なものだし、何かの即戦力になるわけでもないです。
嗜好に大きく左右されるし、独りよがりに思えることもあります。
今こういう時になって、音楽の存在というものをものすごく考えさせられています。
[ 2011/03/22 00:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。