Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

原作本を読むタイミング 

ある小説が舞台化なりドラマ化なり映画化なりされるとき、
その原作となる小説を、皆さんは読みますか?
読むとしたら、先? 後?
私は、原作より舞台なり映像なりのほうが良かった経験がないので、
ガッカリしないためにも、読むとすれば「後から読む」…派です。
ただし、非常に難解な歴史物であったり、SFであったり、
事前に予備知識が必要と思われるときはその限りではありません。
しかし、あまりにその舞台なり映像なりが面白くなかったりすると、
逆に原作本さえ読む気が失せてしまうことがあります。
これまでで唯一掟破りをしたのが、S.キングの「グリーンマイル」でした。
これは、小説を読んでいる途中で映画の公開終了日が来てしまい、
慌てて見に行ったために、結末を先に映画で見ることになってしまいました。
あれは衝撃的でした。ショックでその後数日、原作本が読めなかったくらい。
でもこれにしても、やっぱり原作には勝ててないと思うわけです。
一瞬で物事を表現してしまう映像に対して、
文字はいくらでも世界を広げることができるので、
どうしたって文字の力のほうが人の心に深い轍を残すことができるんでしょうね。
で、何でこんなことを考えたかというと、今とても読みたい本が2冊あるのです。
どちらも来年映像化されるので、事前に読んでしまってはならないとわかっているものの、
なんだか今回はどうしても先に読んでおきたい気持ちになってしまって。
えー、以下みーはー道を爆走する予定につき、伴走くださる方のみ^^; ↓
[ 2004/11/22 21:13 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。