みいちゃんとはあちゃん

久しぶりにシャバに出たぜよーーー!
仕事はしていたので外出はしていたのですが、ぶらりと出かけたのは久しぶりです。
うちは家族がみな休日祝日関係なく行動しているので、曜日感覚が鈍っています。
そんな今日、街がやたらと混んでいるのを見て、母が「何でこんなに混んでるの」と言いました。
「旗日だからじゃない?」と私はごくフツーに答えたんですが、すかさず、

「旗日? 古いねー」

と、親に言われてしまいましたぁぁぁぁ。(泣
今ってもう、旗日って言わないんだ……!
確かに祝日に旗を飾る家はほとんど見かけなくなりました。
以前はバスのフロントに小さい旗がたなびいてたものですが、それもなくなりました。
祝日に旗を立てることがなくなれば、「旗日」なんて言葉もすたれますよね。
今の若い人には通じないんだろうな。
「半ドン」とか「花金」とかも、就業形態が変わった今は通じないんでしょうね。
そういえば今の若い人は「マジで?」じゃなくて「ガチで?」って言うんですよね。
若い人に通じない言葉もあれば、年配の人に通じない言葉もある。
言葉というのはいつの時代も常に変化していて、それを追うのは結構面白いかもしれません。

そう思ってなんとなくいろいろ見ていたら、「ミーハー」という言葉にぶつかりました。
どうもこの言葉は、今も年代を問わず使われているようです。
で、ふと思ったんですけど、これの語源てなに?
「me & her ?」なんて思ったら、「みいちゃんとはあちゃん」だったとは。
かわいらしいなあと思ったのもつかの間、本来はかなりキツイ言葉だったんですね。

語源由来辞典によると、

ミーハーとは、流行などに熱中しやすい人たち。
程度の低いことに夢中になっている女の子を軽蔑して言う言葉。

となっておりまして、

「ミーハー(みいちゃんはあちゃん)」は、「みよちゃん」や「はなちゃん」など、
昔の女の子の名前の頭文字に「み」や「は」が多かったことから、
若い女の子の代表的な呼び名で、言動を軽蔑して呼ぶときに用いられたことによる。

と、由来が書かれてます。
つまりみいちゃんとかはあちゃんとかに代表される若い女の子が、
くだらないことに夢中になっている姿を軽蔑した「みいはあ」という言葉が、
いつしか「単純に流行に走ること」を指すようになったんですね。
今でもミーハーという言葉を使うとき、軽く自虐が入ってる気はします。
wikiには昭和初期に生まれて1950年代に使われるようになったとありますが、
生まれてから広く使われるまでに30年弱たってるということですか。
ということは、当時もあまり流行っているイメージがなく、
しかもすでにすたれた「チョベリバ」とかも30年たって一般化したりするのでしょうか?
言葉って面白いなあ。

ちなみに通じない言葉でもう一つ、「自分の家でしか通じない言葉」という中に、

たんたん=生卵かけご飯

というのがあってちょっとショックでした。
我が家ではたんたんと言ったら靴下のことです……。

8 Comments

びびんば  

え!?

こちらでは「旗日」ってまだ言いますが、古語になりつつあるんですか・・・・・(滝汗)

みいちゃんとはあちゃんが語源だったとは・・・・知りませんでした!
私、てっきり、英語か何かの外来語だと思っていました(笑)
そう言えば、KYすら古語になりつつある昨今・・・流行語って、めちゃくちゃ早く走り去っていくモノなんですねえ・・・・^^;;

ガチで・・・・って聞いた事がないのですが、やはり若い子と関わりがないと聞く事は無いのかもしれません
でも、どうしてもDAIGOのイメージが・・・・^^;;

2011/02/12 (Sat) 13:50 | EDIT | REPLY |   

ちゃな  

なるほどね~

旗日は、両親が言うのを聞くけれど、自分で使ったことのない言葉。カタリ~ナさん、わたしより若いのに、その言葉を使っていたなんて。確かに子供のころ、家には日の丸の旗があって、ときどきベランダのあたりにたてられていた。たぶん、ベランダだと駅前なので、ホームから見えたからかも。他の家では、玄関先にあったなぁ。

言葉はいつも変化するから面白いけれど、ドイツ生活が長くなっている私には、雑誌の広告を見て意味がわからないことがよくあります。

たんたんって、知らないなぁ、初めて聞いた。

2011/02/13 (Sun) 05:44 | REPLY |   

まるひげ  

たんたん!

初めて聞きましたが、「たんたん」という響きが可愛いらしいです^^

旗日は我が家では普通に使いますが、親に「古いね」って言われるとちょっとショックですよね。
パンタロンもシミーズも通じる世代相手に「それ古いよ」って言われたくない!!(笑)。

そして語源由来辞典、面白いですよね!
ミーハーの語源にはそんな背景があったんですかー…。
考えたことなく使ってる言葉ってけっこうあるもんなので、
たまに語源サイトで見てみると目からウロコな思いを致します。

2011/02/13 (Sun) 20:37 | REPLY |   

木暮兼人  

たんたん・・・

確か、実母が使っていたような?
カタリーナさんが仰るとおり、靴下 という意味です
ウチの娘に言ってたかな??笑
彼女は新潟にいたことがあるから、そちらで覚えたんでしょうか??

旗日という言葉は、実家で使ってたかな?
自分では、そういえばあまり使わない。
名古屋の市バスは未だに祝日は日の丸をつけて
走っていたかと思いますが・・・
最近は近所のお宅でも、お正月でも
日の丸を飾らなくなってしまいました

ということで
ミーハーのみぃちゃんからのコメントでした(意味不明)
(なにげに「み」のつく名前の人を
 馬鹿にしてる気もしないでもない>ミーハー・・・)

2011/02/13 (Sun) 21:30 | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

旗日、まだ言いますか!
ネットで見てみたら、やはり若い世代には「初めて聞きました」な言葉のようでして。(汗
習慣がなくなれば言葉も消えるのは当然なんですけどね~。

> 私、てっきり、英語か何かの外来語だと思っていました(笑)
私もです!
me & her なのかなとか外国語の略かなとか考えてましたが、
みいちゃんはあちゃんは私の想像のはるか上を行く由来でございました。
「ガチ」は、通学帰宅途中の高校生の会話なんかを聞いてると出てきますね。
だからといって自分は「ガチで~~~?」とは反応できなさそうです。(苦笑

2011/02/14 (Mon) 00:05 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

昔は祝日に日の丸を掲げている家は多かったよね。
今はもうほとんどないなあ。
町内で申し合わせてるのか、祝日には必ず掲げている地域があるけど、
ああいうところは町内会長さんががんばってるんだろうね。
今だと日の丸がどうのという話もあるのかもしれないけど、
祝日に国旗という習慣は風情があって悪くないとは思うんだけどね。

日本にいても、若者の言葉は宇宙語だよ。
ドイツだとそういう言葉の変化ってあまりないかな?
外国語だから気づかないだけなのかな。
私がいたころは、10代の子たちがこぞって「cool」という言葉を使っていた。
あれが唯一気づいた流行語だったなあ。

2011/02/14 (Mon) 00:10 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■まるひげさん

「たんたん」は幼児語です。
「たんたんはかないとダメでしょ」とか、そんな感じで使ってました。
今でも絵本「タンタンの冒険」と聞くと、靴下がイメージされてしまいます。(笑

語源由来サイトは面白いですよね。
普通の国語辞典もじっくり読んでみるとかなり面白いです。
これまでで一番衝撃的だったのが、偶然目に入ったHの由来ですねー。
変態の頭文字だったという事実に呆然としました。
もっとずっと学術的なものだと思ってました。
ある意味みいちゃんはあちゃんと同レベルのような……。(笑

2011/02/14 (Mon) 00:18 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

たんたん=靴下 は、方言なんでしょうか!?
ということは、幼児語にも方言があるということ?
考えたら当然のように思いますが、調べたら面白そうですね~。


> (なにげに「み」のつく名前の人を
>  馬鹿にしてる気もしないでもない>ミーハー・・・)
記事にも書いたように、おっしゃる通りバカにした言葉だったようです……。
ただ、「み」のつく人限定ではなくあくまでも例えでしょうけど、
でもこれの由来を知った「み」とか「は」のつく女性は心穏やかじゃないですよね。
木暮さんの反応、納得いたしましたよ。
しかし昭和初期からみいはあな方々が存在したということですから、
人間根本は変わんないものなんですねえ。

2011/02/14 (Mon) 00:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment