Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「江」#5 

ぎゃーーーーー、こ、怖かった。(泣
霊というより生身の人間すぎる信長の背後霊があああ!

3話ぶりに大河見てみました。
「本能寺の変」
一昨年本能寺が大爆発したのなんかまともに思えるような演出にびっくりデス。
信長が死ぬ間際に見たのが江の幻影ってのはまあ想定内でしたけど(一昨年は謙信だったし)、
まさか切腹とか油かぶるとかそんなそぶりも見せず異次元に消えていくとは……!
確かに「異次元に消えたら遺体は見つからないよね」ってそんなところで感心してても仕方ない。(爆
信長ってもうまともに自害させてはもらえないんでしょうか???
しかもその後、家康と伊賀越えする江の馬の背にいきなり霊となってご降臨。
「そちは生きよ」
ぎゃー、怖い背後霊!
そんなこと言われてもそれどころじゃありませんよ。
あまりにリアルすぎてビビりましたよ。
あれが自分の後ろに現れたんだとしたら絶対100%落馬してる。
マジ、ホラーだよ!!!

でもこれ、ある意味突き抜けたシナリオじゃないですか。
信長が死ぬという不吉の予兆があちこちで起きまくりなのもホラーだし……
もうさ、ここまでくるとどの場面もセリフがまともに耳に入ってこないのね。
これって脚本として致命的だと思います。
あれこれ考える気力を根こそぎ奪っちゃう破壊力に満ちていて、
信長や光秀や江といった歴史上の人物はじめ、
真剣に演じてる役者さんたちにも申し訳ないと思うのだけれど、
笑いを通り越してポカーーーーーーーーーーンとなってしまいました。

良かったのは蘭丸かな。
信長が「よく仕えてくれた」と蘭丸をねぎらって、蘭丸が明智勢に立ち向かうまでの数分は良かった。
それまでを見ていなくても、蘭丸がどれほど信長に真摯に仕えたか、
信長の最期を守ることにどれだけ誇りを持っていたかが感じられてよいシーンでした。

江がすごく「のだめ」なのは子供時代だからなんでしょうけど、江って今まだ10歳なんですよね。
うーん、ドラマって難しいですねえ……。
[ 2011/02/07 00:14 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(8)
視聴していない私めでしたが・・・・
本能寺「は」よかったというお話しをあちこちで見かけまする^^
・・・・で、主人公が出てこなければもっとよかった・・・とも^^;;

>あれが自分の後ろに現れたんだとしたら絶対100%落馬してる。
ファンタスティックを通り越して、グロテスクなシーンだったのですね・・・・(滝汗)
[ 2011/02/07 20:45 ] [ 編集 ]
回を追うごとに、ヒドイことになってます。(苦笑)

もう少し”歴史”を大事にして欲しいです。

家康の最大難事の伊賀越えに、信長の姪が一緒にいるなんて考えられないです。

ネットでやってましたが、羽柴秀勝にはマジ惚れするらしいです。(笑)
[ 2011/02/07 21:00 ] [ 編集 ]
印鑑が割れたり、茶器にひびが入ったりと、
不可思議な現象を巻き起こした信長様は、
昇天して神になったんですかね~w

江がいないところでは、
いいシーンがちょこちょこあるんですけどね・・・
アレをまともに相手をしている家康は、
さすが天下を取る器、ってことですかねww
[ 2011/02/07 21:31 ] [ 編集 ]
今回本能寺だったので、どんなことをするか見てみようかと思いまして。
本能寺の変そのものの演出は結構オーソドックスでしたよ。
最近は死に際に何かが現れるのが恒例なので、主人公が幻影となって出てきたときは、
キタ━(゚∀゚)━!!!!!
という感じでした。(爆

信長の背後霊は、霊の処理がほとんどなされていなかったので、
そのまま生身の信長が乗っているようで怖かったんです><
しかもそのシーンの長いことといったら!
ある意味、ネタ大河としてサラリと見るのも一興かも……^^;
[ 2011/02/09 00:01 ] [ 編集 ]
> もう少し”歴史”を大事にして欲しいです。

そういう気持ちは残念ながら感じられませんよね。
脚本家の方が、「歴史には敬意を払う」というようなことを言っておられると、
ネットサーフィン中にどこかのサイトで読みましたが、はてさて……。
主人公が見るはずのない歴史的事件に遭遇するのは大河のお家芸ですので、
家康から意味不明なお誘いの文が来た時点で「やっぱり……」と思いました。
伊賀越えも無茶な話で、ドラマの流れ的にも、
そのデカイ姫様のほうがよほど足手まといだろうとツッコンでおりましたよー。
江の3人の夫も、恋愛話でまとめるんでしょうかね。
さすがにここまでやると、歴史ファンタジー大河をお楽しみの層にも、
離れられてしまうのではないかと危惧します。
[ 2011/02/09 00:09 ] [ 編集 ]
> アレをまともに相手をしている家康は、
> さすが天下を取る器、ってことですかねww

いや、まさにその通りですね!
今膝を打ちました。(笑
信長様は亜空間に吸い込まれていったようにも見えましたが、
今後もちょくちょく江の前に現れたりするんでしょうか。
[ 2011/02/09 00:14 ] [ 編集 ]
信長背後霊にはビックリしました。
戸を開けたら、シエがいる。
・・・は、予想できたのですが、コレは予想出来なかったので、
見ていて心臓が止まりました(泣笑)

ある意味、後世に語り継がれる回だと思います。

しかし無事、「シエ」を視聴し終えて感無量です(嗚咽)
[ 2011/02/11 15:22 ] [ 編集 ]
シエちゃんの生霊が現れるのは想像してましたが、
信長様まであのような形で現れるとはーーー!!!
いやほんとにホラーでしたよね。
後世に語り継がれる回とは、同感でございます。

そうですね、わたくしも最終回を迎えましてございます。(泣笑
[ 2011/02/11 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する