Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

新選組! 第46回 

東へ

タイトルからして寂しさを感じてしまう今回。
多くの人が去っていった寂しさと、時代の舞台から落ちていく悲しさが重なって、
どのシーンを見てもじわじわと来てしまいました。
死ぬ間際の佐々木さまから、徳川家の行く末を託された近藤さん。
ああ、また重い荷物を背負わされてしまったと思いました。
彼だって、これからどうなるのか、どうすればいいのか、わからないのですから。
今回印象的だったのは、まず八木家の皆さんと別れる土方副長の表情。
厳しく引き締まっているにもかかわらず、どこか柔らかいんです。
八木家にいた頃は、もっと息巻いている感じだったんですよね。
だから、これは落ちていく人の顔だと思ったら、もう悲しくて悲しくて…。
そして男装で見送りに来たひでちゃん。
新選組が壬生の屯所を出て行くとき、沖田くんと「もう会わない」って約束してました。
会っても逃げろって沖田くんに言われて。
だから秀次郎として見送りに行ったのかな。
沖田くんも「古い友人だ」って答えていたし。
でも、女として見送ったら、きっと泣いてしまうような気がする。
だから秀次郎として行く方が、彼女にとっても辛さに耐えられたんじゃないでしょうか。
そんなひでちゃんの姿に、「ひでちゃんは本当に総司が好きだったんだな」と、
ものすごく感情移入してしまった私…。
荷台から振り返る沖田くんにもどこか心残りが見え隠れして、ますます切なくなりました。
多摩に戻ってからは、やはりおつねちゃんと近藤さんが、並んで居間を眺めるシーン。
この囲炉裏端で、みんなご飯食べてたなあ、納豆談義してたなあと、
もう昔のことしか思い出せないんですよ。
源さんがお茶を配ってて、山南さんは正座してて、左之助が寝転がってて…。

今日は希望と志を持って京へ上った新選組が、
江戸へ落ちていくさまをじっくり味わった回でした。
そして監察方の山崎さんが、陰で一生懸命働いてきた人らしく、
どんなときでも動じずに働いてきた人らしく、静かに最期を迎えました。
来週は、永倉さんも左之助も袂を分かって去っていくのですね。

公式HPのトップも、ポスターのデザインに差し替わって、すでに懐古モード。
ふでさんの「お努めご苦労様でした」に、江戸へ帰ってきたんだなと胸が熱くなりました。
[ 2004/11/21 23:29 ] 新選組! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する