Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

選ばれたニャ。 

裁判員制度が始まって1年以上になりますけど、
私の周りで候補に選ばれた人って1人しかいません。
自分が選ばれる確率ってどのくらいなんだろう。

あれこれニュースをめくっていたら、素通りできない見出しにぶつかりました。

「飼いネコに陪審員呼び出し状、飼い主が「辞退依頼」するも認められず。」

アメリカで1匹の飼い猫ちゃんが、間違って陪審員に選ばれてしまったものの、
「英語が理解できません」という理由では辞退を認められず、
このままだと猫が陪審員として裁判に参加することに?……というものでした。

「その理由では辞退を認めない」って、さすがお役所の回答といいますか、
むしろ辞退を認めない理由がわからないです。
そもそも国勢調査で記入したペットの名前が人間として登録されてしまったのが原因のようですが、
それが猫であることを証明するのはそんなに難しいのでしょうか?
アメリカだと、何がどう利用されているかわからないとか、そういうのもありそうですけどね。
っていうか、国勢調査にペットも記入するものなのか……?
いっそこの猫ちゃんが裁判に出てみたらどうでしょう。
でも「ニャー」じゃYesかNoかもわかんないよなあ。(苦笑
それかあのミャウリンガル、でしたっけ?
あれを使ってみるのはどうでしょう。
でも翻訳されたら全部、

「ねこぱんちっ!」

だったりしたら救いようがないわ……。
この話の結末がちょっと気になります。
裁判ということを考えればあんまり笑ってはいけない話ですけど、
状況を想像したら自然と顔が笑ってしまいました。
[ 2011/01/20 23:51 ] ニュース | TB(0) | CM(4)
地元紙でそのニュースを読んだ後、みゅうさんに
「みゅうさんも陪審員になって見る?」
と聞いてみました!
みゅうさんの態度は・・・・・面倒臭そうな表情を浮かべておりました(笑)
もし、そのままネコ陪審員強行されたら・・・・連れて行くのも一苦労ですし、席に座らせるのも一苦労・・・ようやく座ったと思えば、その場で寝てしまうのではないか?と思いますが・・・・それでも、辞退を認めないんでしょうかねえ・・・・^^;;
国勢調査に猫の名前を記入するというのは、もしかして
「家の猫ちゃんは、猫じゃないざます!」
という理由で記入した・・・・訳ではなさそうですねえ^^;;;
[ 2011/01/21 21:27 ] [ 編集 ]
> 連れて行くのも一苦労ですし、席に座らせるのも一苦労
そうか! そうですよねー!
猫ちゃんがずっと席に座ってるわけないですし、
弁護士さんや判事さんの書類をかき回したりして、
「退廷!」になってしまいそうですよね^^;

> 「家の猫ちゃんは、猫じゃないざます!」
そうだったのかもしれませんよ~。
「家族の一員だから記入して当然ざます!」ってことで。(笑
[ 2011/01/25 00:07 ] [ 編集 ]
判決、有罪。 猫ぱんち 百回の刑に処すとか?
おとぎの世界ですかーーー?(自分で言っておいて、なんですが ^^;)

陪審員の癒し要員だったりして?
いや、法廷の癒し要員かな?
猫さんにしてみれば、「迷惑!」でしょうね。


[ 2011/01/25 20:37 ] [ 編集 ]
ねこぱんちの刑、それはそれで辛いかも!
爪もしっかり立っているのですよね?(汗

猫ちゃん、癒し要員になればよいのですが、
いろいろかき回してコメディドラマになってしまいそうです。
もういっそ、猫ちゃんが裁判官とか!
なんとなくワンワン三銃士を思い出してしまいました。
[ 2011/01/25 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する