Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

お久しぶりです、「愛と義」。 

びっくりしました。

 宝塚グランドロマン
 『美しき生涯』 -石田三成 永遠(とわ)の愛と義-
 作/大石 静  演出/石田昌也

 脚本家の大石静氏、テーマ曲の作曲に大島ミチル氏を迎え、
 戦国武将・石田三成の生き様を描きます。

 ◆宝塚大劇場:2011年5月20日(金)~6月20日(月)
 ◆東京宝塚劇場:2011年7月8日(金)~8月7日(日)



ま、ま、まーじーでー!
宝塚だって義経や土方歳三や坂本龍馬、あの大石内蔵助だってやってるんだから、
別にびっくりすることもないんですが、それにしても戦国だけはないと思ってた。
しかも三成主役って!
しかも「愛と義」って!(この言葉1年ぶりに見た・笑)
これも時代なのかしら。
大石さんが脚本かー。
オリジナル作品に外部の脚本家さんを呼ぶって珍しいですね。
大石さんが手がけた大河の「功名が辻」で描かれてた三成のことを、当時の私は、

いい人過ぎたがゆえに哀しくもどかしかった中村橋之助の石田三成。

と書いています。
結構好きだった覚えがありますが、宝塚的にもこんなイメージで来るんでしょうか。
とりあえず三成主役で「愛と義」なんだから関ヶ原がメインなんでしょうね。
となると、2番手さんの役は何になるのか?
大谷刑部のほうが友情方面で濃く描けそうだけど、ヅカ的に覆面ってどうなの?
しかも2番手さんて美形で有名な方のようですし……となると兼続か!?
そしたらヒロインは初音……はやーめーてー><
あ、テーマ曲は大島ミチルさんなんですね。
設定によってはおととしのアレをいろいろ思い出しそうだなあ。
それはさておき真面目にヒロインはどうするんだろう。
宝塚の場合「永遠の愛と義」ときたら、愛=LOVEだと思うので、
ここは普通に治部の奥方様かなあと予想します。
あまり知られてないし描きやすいかもしれない。
2番手さんの役どころが発表された時点で、作品の方向性はおおよそ見えそうですね。

宝塚だからある程度展開の予測はつくとはいえ、この枠の中でどういう脚本を描くか興味あるので、
これはええ、見に行きますとも!

それにしてもこのグランドロマンというのだけは何とかならんかったのですかね。
実に似合わないと思いますです……。
[ 2011/01/08 00:08 ] 舞台 | TB(0) | CM(6)
殿!!!
お供仕りまするっっ。

ええ、馳せ参じる用意はできておりますとも。
[ 2011/01/08 00:55 ] [ 編集 ]
こんばんわ。

>それにしてもこのグランドロマンというのだけは何とかな
>らんかったのですかね。

確かに!~日本ものなんだから。


それにしても、三成が主役なら
「義兄弟の杯を交わした“直江兼続”は?」
って、想像の翼が広がります。





[ 2011/01/08 20:43 ] [ 編集 ]
そういえば、そなたは昨年佐和山を訪ねたのであったな。
となれば治部への想いもあろうというもの。
ともに参るとしよう!

って、どんな会話。(爆
今度こそ良席が取れますように~。
がんばれ自分!(笑
[ 2011/01/09 00:04 ] [ 編集 ]
グランドロマンといったらベルばらのイメージがあるものですから。

大河で知名度も上がった分、三成と兼続という関係も美味しいと思います。
たぶん敵対関係の人物は、2番手さんには持ってこないでしょうね。
男役さんはいっぱい役がありますが、娘役さんはちょっと気の毒なような。
淀かガラシャかって感じですものね。
配役が楽しみです。
[ 2011/01/09 00:11 ] [ 編集 ]
このタイトルでK続氏が主役じゃないんですか!

>あの大石内蔵助だってやってるんだから

えっ、そうなんですか。
想像…つかない感じです。
いやそれにしても三成…う~ん(悩)。

そういえば、昨年、元宝塚の方主演で
関ヶ原で三成を勝利させようと頑張るドラキュラが
ガラシャと恋に落ちる(?)という
なんとも奇天烈な音楽劇が公演されたそうです。
それこそグランドロマン。

どんな内容になるのか、
カタリーナさんのレビューがまことに怖楽しみです!
[ 2011/01/10 16:46 ] [ 編集 ]
> このタイトルでK続氏が主役じゃないんですか!
うはっ、私も同じ突込みをしました。(爆
「愛と義」といえばあの方の専売特許……。
内容はまだわかりませんが、大石さんのブログによると、
三成の相手は茶々だそうです。
「功名が辻」の茶々は復讐のために秀吉と一緒になって、
三成もわりと見下してるような感じだった気がするんですが(うろ覚え)、
そこんところはヅカですからねー。
「淀のお方様のために!」という三成になるんでしょうね~。(汗
最近ではそういう三成は珍しいような?

> 関ヶ原で三成を勝利させようと頑張るドラキュラが
> ガラシャと恋に落ちる(?)
えええーっ。
なんですか、そのトンデモな展開は!(笑
最終的には、ドラキュラがガラシャと恋に落ちたせいで三成は負けるってことですか?
うわー、救われん。(苦笑
[ 2011/01/12 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する