Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

大河ドラマ50 

金曜プレステージの「目線」、何となく見ちゃいました。
ググってみたら、去年テレ朝で放映してた「氷の華」と同じ原作者なんですね。
なんか納得だわ、このレトロ感が。
イマドキこんな黒髪たて巻ロールが似合うのは仲間さんくらいしかいないなーとか、
山本くんは現代モノで見るとどうもこっぱずかしく感じちゃうのは何でなんだろーとか、
さすが建設会社の社長宅なだけあってバリアフリーのエレベーター完備なのねとか、
そんなことばっかり思ってました。(笑
若い刑事の「犯人は男でなければムリ」みたいな発言と、主人公の車椅子設定で、
犯人は仲間さんってほぼばれちゃうところがこのドラマの限界でしょうか。
ミステリの映像化、しかも2時間ドラマでって難しいもんだなあと思います。

それはさておき、いろんなブロガーさんが取り上げてますが、
大河50作品目を記念して「あなたの好きな大河ドラマ」の投票をしてますね。
みなさんの思い入れが本当に多種多様で、記事を読んでいて非常に面白いです。
で、自分は何に投票しようかとHPのサムネを眺めてました。
以前ここで好きな大河は「新選組!」と答えていて、
もちろん「新選組!」はとても好きだし、たまに引っ張り出してきて見たくなる作品なんですが、
「大河50」というコンセプトで考えたとき、投じるべきは「組!」ではないなと思い、

「徳川家康」

に一票入れました。
「徳川家康」は私が初めて見た大河です。
そしてこれがすべての始まりでもありました。
何しろ私にとっては初めての大人ドラマです。
池上季実子さんの築山殿と寺泉憲さんの大賀弥四郎の密通シーン(多分)を、
「このまま見続けてもいいんだろうか」とドキドキしながら見ていたものでした。
歴史に興味を持ったのもこれのおかげ、
俳優さんに興味を持ったのもこれのおかげ、
舞台に興味を持ったのもこれのおかげ。
戦国の基礎知識は、このときに仕入れたと言えます。
そういう意味では私に非常に大きな影響を与えた作品だし、
今こそもう一度見てみたいなと思います。
物理的に大河を見れない時期というのがかなり長かったのが悔やまれますが、
自分が視聴した中で面白かった作品といえばそのほかに、
「春の波涛」
「独眼竜政宗」
「武田信玄」
「秀吉」
「新選組!」
「風林火山」

でしょうか。
この中だったら、「武田信玄」をもう1回見たいな。

来年1月2日の4時間に渡る特番、ぜひ見たいですがその前に地デジがまだ……。(汗
[ 2010/12/17 23:22 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)
タイミングもあったのでしょうが・・・
私も大河の始まりは「徳川家康」です
役所さんの信長に非常にはまったのですよね
しばらく、信長といえば豪快なあの役所さんのイメージでした

ただ、今はもっとナイーブな人だと思っています>信長

カタリーナさんが上げられてる以外では
 (手抜きで申し訳ないです)
個人的には「(北条)時宗」が非常に心に残っています
「赤マフラー」が眼に焼きついてはなれないし(ウソ)
なによりも北村一輝さんの出世作です♪
ピーターさんの演技もものすごくよかった♪♪

・・・
モトヤの母ちゃんが私の妹の高校の出だというのは
どうでもいい話だったり
なんでも狂言の公演を高校内でしたそうで
そういう意味でも心に残ってたりします・・・
[ 2010/12/19 00:07 ] [ 編集 ]
役所さんの信長は私にとっても信長のデフォルトになっています。
今思うとちょっとかっこよすぎた気もしますけど、
子供心にもどーんと響くものがありました。
おっしゃるとおり、役所さんだと線が太すぎたかもしれませんね。

時宗……伝説の赤マフラーを私は見ていません!
日曜日が恐ろしく忙しくてテレビをまったく見ていなかった年です。
先日近くのレンタルショップに行ったら、大河コーナーが信じられないほど充実していました。
いつぞやの時代劇コーナーの縮小は、実はこれの伏線だったのかー!と思いました。
「家康」も「時宗」もガンガン見ることができます。
あとは49話×45分の時間を作ることができれば。

モトヤさんといえば、来年の大河で足利義昭なんですね。
なんとなく複雑な思いがいたしました。(苦笑
[ 2010/12/20 02:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する