討ち入り

昨日はご無沙汰していた愛読ブログを一巡りしてました。
いやー、これだけ期間があくと読むのも大変ですが(苦笑)、
やはりみなさん色々あるもんですね。
変わらずお元気な様子のブロガーさんに安心する反面、
更新が途絶えてしまったブログや消滅してしまったブログを発見するにつけ、
寂しい気持ちになります。
しかしそこここで、いろいろとネタをいただきました。
みなさま情報提供ありがとうございます。

さて、今日は12月14日なので、一応赤穂浪士の討ち入りの日ですね。
討ち入りのあった旧暦12月14日は来年の1月17日にあたります。
赤穂浪士といえば、上杉フリーク的にも注目事件なんですが、
上杉サイドだと色部さんと千坂さんばかりがクローズアップされてしまうんですよね。
しかも浪士サイドで描かれると完全なる悪者扱いですからいたたまれないです。
討ち入り当時、どちらもこの事件には関与してなかったはずなんですが。
赤穂の件は上杉フリークとしてはぜひとも調べたい事柄ではあるんですが、
戦国もまだまだな自分には手を出す余裕がありません。
今のところ一般的知識しか持ち合わせてない状態でして、
それも超美男子だったという磯貝さんとか、
夫の死後絶食して自害した小野寺さんの奥さんとか、
齢80手前で討ち入りに参加した堀部弥兵衛さんとか、
何かと浪士のみなさんの方が印象深かったりします。
堀部安兵衛は越後新発田の生まれですが、あんまり地元のイメージがないなあ。

25日テレ朝で放送の「忠臣蔵」は、内匠頭が玉鉄で上野介が西田敏行というキャスティングな時点で、
内匠頭=イイ人、上野介=ワルイ人な設定なんでしょうね。
そろそろそうじゃないものがあっても良さそうですが、
やはりこうでないと日本人の好きな忠義物にはならないってことでしょうか。
それにしてもクリスマスに放送されるというなんとも珍しいスケジュール。
久しぶりに岩下志麻さんがドラマ出演されますね、ちょっと楽しみ。
一方映画「最後の忠臣蔵」は討ち入り後のお話ですよね。
前にNHKでドラマ化されていたような?
こっちは役者さんが魅力的だし、作品的にも映画館に行きたいなあと思ってます。
ちなみに山本耕史くんは何の役かと思ったら、茶屋四郎次郎の息子かー。
といってもこのころの茶屋四郎次郎って全然知らないです。
茶屋四郎次郎は代々襲名している名前ですが、
私は茶屋四郎次郎といったら家康の御用商人しか知らないもんなー。

ちなみに3年前くらいから読み進んでいないのが、
最後の忠臣蔵の原作者・池宮彰一郎さんの「四十七人の刺客」です。
こっちは四十七士を忠臣ではなく刺客として描くという面白い試みのものです。
この機会に読み終えよっと。

四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)四十七人の刺客〈上〉 (角川文庫)
(2004/04)
池宮 彰一郎

商品詳細を見る


4 Comments

木暮兼人  

お久しぶりです♪

タマテツ=くらのすけ
に、思わず。。。笑

じっくり視るのは難しそうですが
BGMにならいいかもです>タマテツ忠臣蔵

それにしても
緒形さんの昼行灯に勝るよう内蔵助は今後登場するんでしょうかね?

2010/12/15 (Wed) 23:28 | REPLY |   

リューザキ弾正  

実は・・・

タマテツ=実際に言われているように癇癪持ちのキレ系浅野内匠頭、
西田上野介=郡山訛りの気のいい吉良さん。

・・・という訳ではないようですね(^^;)
というか、何故、吉良さんを郡山訛り設定にする?>自分(^^;)
堀部弥兵衛さんというと、中村勘太郎さんの究極の老人演技を思い出します(^^;;)

吉良上野介も美青年だったとか(争奪戦だったらしい)


NHKの「最後の忠臣蔵」は、上川達也さん=寺坂、カガテル=瀬尾でしたよ♪

2010/12/16 (Thu) 14:56 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

忠臣蔵も舞台に映画にドラマにと山ほど作品がありますから、
みなさんそれぞれのベストキャストっていうのがありそうですよね。
緒形さんのは見ていないので残念ながらわかりませんが、
自分が見た中で内蔵助のベストは里見浩太郎さんかなー。
五稜郭までの日テレ年末時代劇は毎年欠かさず見てました。
タマテツ内匠頭は、なんか去年のアレに近いテイストになりそうな気もしないでもなく。
でも水色の直垂はとても似合いそうです。(笑

2010/12/17 (Fri) 01:08 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

> 吉良上野介も美青年だったとか(争奪戦だったらしい)

そうそう!
もしかしたら今はイケメン俳優担当の内匠頭よりも美男子だったかもしれませんよね。
何しろお嫁に来た上杉の姫様がベタボレだった(確証ナシ)なんてエピソードもありますし。
そういう方向からの描き方もあってもよさそうですが、
日本人好みのあだ討ちものとして成り立たなくなっちゃうのでダメでしょうかねえ。
勘太郎くんの弥兵衛さんは三谷さんの舞台ですか?
ううう、見てない……そんな究極の老人芸見たかったなあ。

2010/12/17 (Fri) 01:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment