仕分け対象?

先日、演奏会の会場の下見に行ってきました。
オルガンは本物のパイプじゃなくて電子だったのでガッカリですが、
まあそれは仕方ないです。
とりあえず仕様なんかを確認していたら、案内の方が不安そうに一言。

「調律はどうしましょうか?」

…………え? 調律? なんですかそれ?
これ、電気機械ですよ???

どうも話を聞くと、毎年それなりのお金を払って調律してるということ。
えーーーー、びっくりです。
私、自分の練習用の電子オルガン、買ってから一度も調律してませんがな。
調律というか、壊れたら修理するんじゃないの?
もう1度いいますけど、これ電気機械だし?
そもそも調律という言葉がなんか変じゃないですか?
私が購入したお店の人は、
「何かあったら修理に来ます」
としか言いませんでしたよ。
何だかちょっと、えーっと、「暴利?」って思っちゃった。
だって、伺った調律代、ビックリするほど高かったんだもの!

一応先方には「調律はいらない」とお伝えしましたが、
毎年調律していることにひどく驚いた私を見て、
「え、いらないんですか……」とめちゃ動揺してらっしゃいました。
多分次年度の予算から外されると思います。
仕分け対象に入れられたんじゃないかと。(笑
そんなこといって、調律の必要な電子楽器だったらどうしよう!

2 Comments

びびんは  

なるほど…

不必要(と思われるよう)なものに、今までお金をかけていたと…(^_^;)

と言うか、そこに電子オルガンを入れた業者は、何も突っ込まなかったのでしょうかね~??

ちなみに、パイプオルガンは、調節必要なんですよね?

その電子オルガンのどこかに、パイプがついている…訳ないか!(爆破)

秋田市のアトリオンと言う施設に、パイプオルガンがございます

そのパイプオルガンで、カタリーナさんの演奏を聴いてみたいです~

2010/10/23 (Sat) 21:08 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

業者さんから派遣されてる調律師さんだと思いますので、
なおさら指摘はしなかったのでは。
この不況時代に、大切なお仕事獲得に繋がりますしね。(苦笑
本物のパイプのオルガンでしたら、演奏前の調律は必要ですよ~。
パイプは錫や鉛、木製なので、気温や湿度でも変化しますので。

アトリオンのオルガン、弾いてみたいなあと思ってました!
あそこはフランス式のオルガンなんですよね。
パイプオルガンは気軽に練習できないのが難点です。

2010/10/26 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment