Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎 著 

私にとって、初・伊坂幸太郎作品です。
あらすじは3行で書けと言われているので3行でまとめます。

平凡な暮らしを営む一市民が、
突然首相暗殺犯に仕立て上げられ、
彼がその「罠」からいかに逃げ延びるか、というお話。


ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



小説は今さらネタバレもないと思うので、ガンガン書いちゃいますね。
木暮兼人さんからいただいた映画の宣伝パンフで、主演の堺雅人さんが言っていました。
『良くできた物語がありますが、どう思いますか?』
これは、まさにこの作品の本質を突いた言葉だと思います。
この作品は本当に上手く作られている。
とにかく構成力がすばらしくて、文章のテンポもいいし、一気に読ませる力があります。
伏線を張るタイミング、回収するタイミング、どれも適確に仕込まれています。
謎が謎で終わってしまう部分、つまり「首相暗殺の真犯人は誰なのか?」が明確にされないのは、
私としてはたいして気になりません。
なぜならこの作品は一貫して一般市民の視点から描かれており、
その一般市民は真相から最も遠いところに置かれた存在だからです。
この作品の元ネタは、何度も文中で取り上げられるケネディ大統領暗殺事件でしょう。
ケネディの事件も真相は闇の中。
ちょっと過去を振り返れば、他にも真実がうやむやにされている例はいくらでもあります。
真実を知っている人間がどこかに必ずいるのに、それが世間に明かされることはないという、
いわゆる人間の作る闇の世界が、作品の中にも広がっています。
しかしこの点が、この作品をミステリとして読み、
鮮やかな事件の解決を求める人に不満を持たせてしまうでしょうね。
この作品に謎解きを期待してはいけません。

それに対し、濡れ衣を着せられた主人公が逃げる様は、実に克明に綴られています。
その行動、心理状態、思考回路、すべてが手に取るようにわかります。
それを我が身に置き換えてみれば、先を読まずにいられないというのも納得できます。
だからといって、じゃあこの小説は実際どうなのかといえば、うーん。
私はあまりにも「上手く作られすぎている」と感じました。
なんというか、すごく作為的な感じがしてしまったんです。
多分みんなが思っていることだろうと思いますが、
主人公が出会う人物が、みな彼に対して敵意を見せないというのはやっぱり腑に落ちない。
すべてがあまりにも都合よく進みすぎて、悪く言えば鼻につきます。
これでもかっていうくらい、すべての歯車がピタリと合ってしまう。
彼が出会う人物は、ほぼ全員過去に縁のあった人物で、
その人たちがみな過去を思い出しつつ彼を助けてくれる。
作品の根底に流れているものは、タイトルになった「ゴールデンスランバー」の歌詞にある、

かつてそこには故郷へ続く道があった

に表されていて、それが最終的にホロリとさせる要因でもあるのだけれど……。
仮にラストで巨大な敵と正面から戦っていたらまた別な感想も持ったかもしれません。
見事ではあるのだけれど、正直に言って、惜しいな、と思いました。
[ 2010/10/04 23:18 ] ミステリー | TB(0) | CM(8)
伊坂幸太郎のファン以外には不親切な小説なんですね。。。
自分が今まで色々と読んでしまって居たがために、
この作品を読むに当たって
頭の中がまったく白紙の状態ではなかったようです

伊坂幸太郎、という人は、キホン、マスコミ不信という
お考えを持っておられる方だと思います。
あと、テレビの一般の視聴者の
「わかりやすい話に飛びつく」という性質にも
不信感を持っておられる気がします。

ゴールデンスランバー、という小説は
確かに過ぎ去った青春云々も描いていますが

あるいみ・・・
マスコミと青柳本人をよく知らない人物たちが
青柳を重要事件の犯人を仕立て上げていく、
冤罪やイジメの構図の正体に
迫っていると思うんですよね・・・

あの、松本サ●ン事件のように

青柳をちょっと前に有名になったイケメンくらいにしか
考えてない方達は青柳を半ば面白半分に
たいした考えもなく、犯人に決め付けていくのですが
昔の仲間は「それはおかしい あいつはそんなヤツでない」と疑問を呈している
 #嫁さんとかが動かない当たりがむしろミソなんでしょう
 #手前味噌になってしまう解釈も出来るから・・・汗

で。
松本サ●ン事件にしても、ちょっとバケ学をかじった人間なら
あの方(河野さん)が犯人でないことはすぐわかると思うんですよ
私だっておかしいと思ったくらいです
あんな化学構造の複雑な物質がちょっと農薬をいじったくらいで
一般市民に作れるわけがない。
で、結果はあのとおりだったんですが

でも、信●大学その他、バケ学の教授とか研究者たちは
ダレもマスコミその他の主張に異論を唱えなかった。
で、なしくずしにあの方がしばらくの間、犯人になってしまった
赤の他人が無実の罪に落とされるくらい
自分のメンツと比べたらかわいいものなんでしょうね
だって、赤の他人なんだから(今は家族でも厳しいのかな)


あの当時のケイサツの捜査に
問題があったことは言うまでもないんですが
マスコミが後押しをしてあの方を犯人と
日本国民の9割がたが信じてしまった。。。

このゴールデンスランバーという本を読んで、
私はこの事件を思い出しました

違うことは違うと本人が声を大にして主張しなければ
日本人のダレもがオズワルドにされてしまう可能性がある
オズワルドは何の反論も出来ないまま
口を封じられてしまいましたよね。

そういう意味でとても怖い小説だと思いました。
自分を護れるのは自分しかないし
護ってくれるだけの誰かとの関係性を作れる
可能性があるのも自分しかいないと、暗に示している気がします。

でも、カタリーナさんがおっしゃってるとおりに
リアリティに書ける部分はおおいにありますね
私なんて、普通の主婦がそんな簡単にバッテリー交換
できるわけないじゃんよ、と
この間、映画を見ても思いました(笑)

でも、青柳があのまま徒手空拳で巨大権力に
立ち向かってしまったら
それはそれである意味リアリティにかけるかなあ
やっぱり何らかの形で抹殺されると思いますし。

青柳にはやはり、高野長英のごとく逃げまくって、
権力の暗部に迫るノンフィクションライターとして
戦っていただきたいものです(第4章より)


映画は必死こいて走りまくる、
どう考えても文科系のキャラの堺さんが見所です(笑)
[ 2010/10/06 19:32 ] [ 編集 ]
この作品、わかりにくいとかそんなことはまったくなかったですよ。
むしろ冗長なところもなく、けれどしっかり書き込まれていると思いました。

> 冤罪やイジメの構図の正体に
> 迫っていると思うんですよね・・・
仰るとおりだと思います。
この部分は非常にリアルというか、まさに小説の通りなんだと思います。
木暮さんも書いておられるように非常に「怖い」ことですよね。
ただ一番怖いのは、自分が信じている人が信じてくれないことじゃないのかなと思うんですよ。
青柳の場合、親は当然ながら、昔の友人も同僚もみな彼を信じてくれている。
でも多分、実際はこうはいかないもんなんじゃないかと思うんです。
私が人間不信なのかもしれませんが、きっと自分を信じきれない人が出てくる。
ちょっとしたウワサだけで、「あの人ってそんな人間だったんだ。ガッカリ」とかって、
勝手に思われてしまうことって多々あるじゃないですか。
そうならないような人間関係を築きたいものですが、そんなに簡単じゃないと思うんです。
だから私は、青柳が親しくしていた人間の中から、
必ず彼を信じきれない者が出てくると思っていたんですよね。
でもそれはなかった。
「こんなにもみんなが信じてくれるだろうか」と、
そこがどうしても引っかかってしまいました。
バッテリーはあまりにも無茶な話で、10年も野ざらしの車が、
バッテリー交換だけで動くとは思えないのですけど、
まあそのあたりは枝葉かなーと思います。(笑

映画の方が無心で見れそうな気もしますね。
原作を読み終わったのでレンタルショッブへ行ったんですけど、
見事に全部貸し出し中でした。
いただいたブックレットのおかげで、
映画キャストですべて脳内変換して読んでましたよ~。
[ 2010/10/07 23:55 ] [ 編集 ]
ゴールデンスランバー、映画視聴組!ですvv
ワタシも黒幕(犯人)は誰か、というのを明確にしていない点には
それほど違和感を感じませんでした。
アメリカや韓国が舞台だと、FBIだの謎の政府集団だのが容易に出てきますが
現場が日本である以上、権力組織を明らかにしない方が
却って不気味さを増すというか、個人的にはリアルな印象に近づく感じでした。
でも周囲に感想を聞くと、「犯人が分からなくて現実味がない」という意見もあって、
とっても驚いた記憶があります…。

映画では整形後の堺さんがチラっと出てくるだけ
(生きていることは立証される)なのですが
原作では30年後だかウン十年後だかが書かれていると聞きました。
事件の最後は、どんな結末で終わったのでしょうか…?
[ 2010/10/09 16:44 ] [ 編集 ]
おお! 映画ご覧になりましたか!

> 「犯人が分からなくて現実味がない」という意見もあって、
> とっても驚いた記憶があります…。

原作では事件の20年後というのが書かれていますが、そこでも真相はわかっていません。
調査委員会が事実は100年後まで封印すると発表したとあり、
この辺もケネディ大統領暗殺事件とかぶります。
憶測という形で、いくつかの黒幕説は上がっていますが、
そのどれを信じるかは読者にゆだねられているように思いました。
ただ、青柳が犯人でないことは、皆の信ずるところのようです。
ケネディ然り、ダイアナ妃然り、どちらも真相はわかってませんよね。
一般人にとってはそれが現実だと思うので、
この小説で黒幕が明らかになっていないのは、むしろより現実的なのではないかと私は思います。
でもあっと驚く犯人とタネ明かしを望んでいた人たちには、
肩透かしだったかもしれませんねー。
[ 2010/10/09 23:19 ] [ 編集 ]
読後時間がたってしまっていたので
ちょっと忘れている部分があったのですが

そういえば私も、読み終わった後に違和感があったのですよね
カタリーナさんご指摘のとおりみんな妙に協力的というか

お父さんは伊坂さんにありがちのパターンですので
あまり気にしてなかったんですが(笑)
結婚した後の彼女が協力するかなあ?とか
 #罪悪感のなせる業かな、と思ったりも

でも、読み終わってしばらくして
「ゴールデンスランバー」
というタイトルに何かしらの意味がこめられてる気がしまして
つまり・・・
かつての友達その他が手を貸してくれること
そのものが「黄金の夢」ではないかと。
青春の思い出自体が夢なのではなくて・・・

ただ、さらに言うと、いままでのほほんクンだった
青柳がいきなり生きることに目覚める(笑)のも
ちょっと違和感だったんですよね
それまでハードボイルドに生きてたわけでもなし(汗)
ただ、このあたりは映画では
吉岡君演じる元仲間の忠告で眼の色が変わる
堺さんが拝見できますんで
あの忠告がよほど効いたんだろう、と解釈しております

でも、青柳が必死に逃げるからみんな協力してる
フシもあるんだけど・・・
となると、青柳が今までのほほんと暮らしていたのでは
説得力に欠ける。
宅配のバイトをしていた以外、有事に備えてたわけでなし。
のほほんクンが、いきなり必死に逃げられるものでしょうか??

この小説、ふつーの青年が逃げるのが魅力なので
彼がかつてのほほんクンだったという設定は避けられないのかもですが
で、ふつーの青年だからこそ、
みんなが手を貸さざるを得なかったのかもですが

お話の整合性とは裏腹に青柳の存在に矛盾がある。
そんな気がしてしまいますね

 #夢オチだから許されるんでしょうか??(爆笑)


ちなみに、整形後の堺さんは現大河の小松帯刀だったりします・・
DVD,拝見なさいます??
[ 2010/10/10 01:41 ] [ 編集 ]
> かつての友達その他が手を貸してくれること
> そのものが「黄金の夢」ではないかと。

おおお!
なんと深い!
そうすると、この話は現実と夢の二重構造ということでしょうか。
ゆ、夢オチ……!!!(爆
それは冗談としても、タイトルも非常に意味深ではありますね。
わかりやすそうでわかりにくいと感じてます。
仰るように、確かにそれまでボーっと生きてきた(かのように見える)青柳が、
ああやって逃げ切るというのも実際すごい話ですよね。
ただまあ、あれは本能と見ることもできなくはないのかなと。
火事場の馬鹿力といいますか、本能的に逃げて生きようとした結果とも見れるかと。
でもやはり説得力に欠けるというのはハゲドーでございます。(笑)
青柳の設定としては、本当に何の特徴もない一般人であることが条件でしょうけど、
だからこそ、みんなが協力的過ぎることが気になってしまうんだと思います。
しかもどれも一応成功しますしね……。
現実はそう上手くは回らないものでしょうから。
DVD、ぜひ見たいです。
レンタルはタイミングなので、こっちもなかなか上手くいきません。(苦笑
[ 2010/10/11 22:39 ] [ 編集 ]
了解いたしました♪
発送は再来週くらいになってしまうかと思いますが・・・

映画を見ると、この原作の
「とあるひとつの解釈」
ってやつを拝見できます♪

上のコメントに書き忘れたのですが
伊坂作品の「魔王」は似たようなテーマで
まったく救いのない話になっています
 (ファンの中で評判が悪いみたいですね
  モダンタイムスも然り)
伊坂さんが現実に即すとああなってしまうようで
で、夢のような話としてまとめたのがこの
ゴールデンスランバーなのかな、と
読後に感じた覚えがあります(苦笑)

でもそんなこと、この本だけ読んだらわからないんだしなあ・・・
[ 2010/10/11 23:37 ] [ 編集 ]
ええっ!
DVDお借りできるのですか?
ありがとうございますー!
のだめも来週中にはお送りしたいと思っています。

> 伊坂さんが現実に即すとああなってしまうようで
> で、夢のような話としてまとめたのがこの
> ゴールデンスランバーなのかな、と

ほほう。
残念ながら他の作品を知らないのでなんとも言えないのですけど、
その特徴を知るべく、もう1冊何か読んでみようかなとは思いました。
世界の構築力、作品の構成力はすばらしいのに……、
惜しいなあって感じだったので。
映画も非常に楽しみです。
どんな解釈になっているのかなー?
[ 2010/10/14 02:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。