Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「くノ一紅騎兵」 山田風太郎 著 

まるひげさんがコチラで「くノ一紅騎兵がマンガになってます」とお知らせくださっていて、
「はっ! くノ一紅騎兵、すっかり忘れてた!」と慌てて図書館で借りてきました。
そういえば昔読もうとしたらすでに絶版で、「いつか図書館で借りよー」と思ったまま放置……。

ということでまずは原作を読んでみたんですけど。
あのー、あのー、あのー。
これってあまりにも。

景勝くんがアホすぎる…………!!!

アマゾンの商品説明にはたった一言
衆道の法で男が孕む「くノ一紅騎兵」としかありません。
ええ、まあそういう話です。
景勝くんは女嫌いで美少年ばっかり侍らせていて、しかもその数は謙信以上だとか。
「どんなんだろー(笑)」とか思わず想像したくなります、想像できないだけに。(爆
で、千坂民部が京から連れ帰った美少年が景勝くんの側に上がることになり、
この少年が景勝くんをめくるめく快楽の海に引きずりこんで、記憶を失うくらいにしてしまい、
気づいたら子どもが生まれてたーということになるのですが。
一応関ヶ原の前の、何かと一触即発な時期なんですよね。
そういう大事なときに美少年に骨抜きにされてしまう主君でいいのでしょうか。
それでもお家のすべてが回るのが上杉家ということなのか?
しかもこのとき生まれた子の為に、家康と戦うことを決意しちゃう景勝くん。
もう「オイオイ」と苦笑が漏れるばかりでございます。
兼続に「上杉家のご嫡男ですぞ」と赤子を見せられて、
「俺は生んでないぞ」って、アナタ。
それはいくらなんでもありませんがなー。
「俺の子のわけがないぞ」って意味だったんでしょうけど、
そのまま聞いたら吹いてしまいそうです。
まあうろたえっぷりがよーくわかりましたけれどね。(苦笑

くだらない話といえばくだらない話ではあるんですが、
史実とありえない話をうまく組み立てて、
「ありそうでなさそうでありそうでなさそうな話」を作るところが、
やはり山田風太郎の天才の所以だなあと思います。
力技ってわけじゃないけど、「山風だし」でOKにできちゃう世界を創りますよね。
最終的に読者が気になるのは、
この子を孕んだ美少年が本当は男か女かってところだと思いますが、
そこは忍法ですからねえ。
ラストは山田風太郎らしくきちんと落としていて、
景勝くんがアホすぎるという感想を幾分ぬぐってはくれました。(笑
ちなみに山田風太郎お得意のお色気シーンはほとんどないですね。
描写もかなりアッサリで、
「そこまでクッキリ描かれると逆にエロくないんですけど」
みたいなシーンは1つもありませんでした。
何となく、景勝くんではそういうシーンは描きにくかったのかなー、と思いました。(苦笑

マンガは絵がとてもきれいな感じです。
評判もそう悪くないみたいですし、もしかしたらマンガで読んだほうが引き込まれやすいのかも。
読もうかなー、どうしようかなー。

山風短(1) くノ一紅騎兵 (KCデラックス)山風短(1) くノ一紅騎兵 (KCデラックス)
(2010/08/06)
せがわ まさき

商品詳細を見る
[ 2010/09/21 20:06 ] 上杉氏(小説) | TB(0) | CM(4)
>「ありそうでなさそうでありそうでなさそうな話」

ものすごく言い得て妙な表現ですね!
山風の設定は、アリなのか無いのかちょっと悩んでしまいます。
でも結論としてはいつも「無いな!」という…(苦笑)。
本当、そこらへんのきわどい匙加減は流石ですよね。

原作は、景勝さま阿呆でございましたか!
結構昔に読んだので景勝さまの印象忘れてしまってました…。
マンガでは、それほど阿呆の子ではありませんでしたよー。
マンガ版は割とさらりと描かれてるのですが、
絵柄もせがわさん独特の色気があって、オススメです。
[ 2010/09/22 00:43 ] [ 編集 ]
奥羽永慶軍記に載っていたお話しを、山田風太郎さん風にアレンジして描かれたお話しでしょうか?
↑最初に頭に浮かんだのが、コレでした^^;;;

密林のレビューをチェックして来ましたが、どちらかというと歴史好きな人向けって言う感じらしいですね~
絵も綺麗ですし、見る価値はある・・・・のではないでしょうか?^^;;;;
[ 2010/09/22 21:43 ] [ 編集 ]
山風設定はまずありえない世界ですよねー。(笑
読み始めてすぐに「ナイナイ」と思うものの、
読んでるうちに「こんなこともあったのかも……?」と一瞬思ってしまうという。
そのあたりの物語の構築の仕方が恐ろしい(笑)と思います。

まるひげさんがマンガ版の景勝くんはよくしゃべると書いておられたので、
どんだけ饒舌なのかわくわくしてたんですけど、
原作では「俺は生んでない」くらいしかしゃべるシーンがありませんでした。(爆
マンガの方が細かく描写されてるのかもしれませんね。
だから阿呆の子に見えないのかも……。
[ 2010/09/23 00:22 ] [ 編集 ]
> 奥羽永慶軍記に載っていたお話し
そう、その通りだと思います。
確か文中でもそれに似たことが書いてあったような。

> どちらかというと歴史好きな人向け
うーん、そうなのかなあ。
関ヶ原前後の緊迫した時期を描いてはいますが、
政治的に深い話は出てこないですし、
歴史的に「おお!」という切り口があるわけでもないので、
私は結構中途半端な印象を受けました。
山風特有のお遊びもあんまりないですしね。
このお遊び(&お色気)を期待している人は「歴史好きな人向け」ととらえるかもです。
[ 2010/09/23 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する