スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バ~カボンボン♪

サントリーのノンアルコールビール、ALL FREEのCM、評判になってますよねー。
フランス語で、ボサノヴァで、なぜか「天才バカボン」の歌。(笑
歌と歌詞と映像が見事にマッチしていて、プハーっと一杯やりたい気分になってしまいます。
これは素晴らしいセンスですわ~~~。

歌っているのはフランス人のクレモンティーヌさん。
バイオグラフィによると、1987年にデビューしているようですから、
すでにその活動歴は20年以上ということになりますね。

アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~アニメンティーヌ~Bossa Du Anime~
(2010/07/21)
クレモンティーヌ

商品詳細を見る


こちらのCDで、上記の「天才バカボン」ほか、「一休さん」や「サザエさん」、
「崖の上のポニョ」に「タッチ」など、幅広いアニソンがフレンチボサノヴァ風にカヴァーされてます。
選曲が結構マニアックな気がしますがどうでしょう?
クレモンティーヌさんは子どものころから日本のマンガが大好きで、
「『キャンディ・キャンディ』で育ち、『ドラゴンボール』や『キャッツ・アイ』は全巻揃えていた」
と、インタビューにもあるので、アニソンのカヴァーは自然なことだったようです。
20年以上前に「キャンディ・キャンディ」や「キャッツ・アイ」が仏訳されていたとは思えませんが、
英訳があったんでしょうか、それとも日本語で読んでいたのかしら。
曲はフランス語と英語で歌われていますが、できるだけ忠実に訳されているそうですよ。
そのため、サザエさんの「お魚くわえたドラ猫」の意味がチンプンカンプンだったとか。
なるほどなあと思います。
猫が魚をくわえて逃げるなんて、アパルトマン住まいのフランス人は知らない世界ですよねー。(笑

Amazonでは全曲視聴できるので聴いてみました。
アルバムのトップを飾る「ラムのラブソング」はめちゃおしゃれで可愛い♪
そしてラストの「キャッツ・アイ」もちょっとアンニュイな感じでステキです。
気になるのは「おどるポンポコリン」の歌詞なのですが、
視聴だとサビのところまで聴けないのですよね。
あの「ピーヒャラピーヒャラ」はそのまま歌ってるのかなー?
「ドラえもん」が意外にイケてます。(笑
PC視聴なのでバックの音までしかとはわかりかねますが、
一応アコースティックバンドで伴奏してるんですよね?
音がチープに聴こえるのは録音のせいなのかしらん。
ちょっともったいない気がします。
クレモンティーヌさんのせっかくあったかいウィスパーヴォイスが……。

とはいえ、くすっと笑えてあったかい気持ちになれる1枚かなと思いました。

- 8 Comments

木暮兼人  

正直・・・

クレモンティーヌさんがたかみーに見えてしまって(笑)
・・・いつもの病気ですね、すみませんm(_ _)m

マニアックな選曲だと私も思いますが
なるほど、クレモンティーヌさん、
真性のアニオタでいらっしゃいますね(笑)
しかも刑部と同世代、ジャズもカバーされてるとなれば
ウチ的には要チェック!!!ですね

そういえば、アルバム「アニメンティーヌ」の
ジャケが何気にジャズっぽい。。。

2010/08/06 (Fri) 00:30 | EDIT | REPLY |   

ちゃな  

こんなボサノバにはびっくり

視聴してみました。
やっぱりフランス語でも『バカぼんぼん』と歌うのには、笑った。
妙に、日本語が入ると、ボサノバの雰囲気が壊れてしまうと思うのは、私だけ?
これって、フランスでも売っているのかな?

2010/08/06 (Fri) 07:46 | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

> クレモンティーヌさんがたかみーに見えてしまって(笑)
わははは!(笑
でもほんとほんと、たかみーに見えますー!
たかみーといえば、アニメのタイアップって「劇場版タッチ」が初めてじゃなかったでしたっけ。
タッチとTHE ALFEEって私的には結構意外だったんですけど、
たかみーの歌う主題歌も坂崎さんの歌うEDもどっちもいい曲でしたよね♪
今でも好きです、あの2曲。

クレモンティーヌさん、ちょうど来日されてるみたいですね。
チェックされて、他に良いアルバムがあったら教えてください!

2010/08/07 (Sat) 00:19 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

> 妙に、日本語が入ると、ボサノバの雰囲気が壊れてしまうと思う
これは仕方ないよねー。
日本語の歌詞を忠実に訳してるそうだから、元歌を知っているとなおさら笑ってしまうと思う。
特にここに収録されてるアニソンは、昔のいわゆる歌詞にタイトルとか名前が入ってるタイプだから、
絶対にそこで吹いちゃうと思うんだ。
「サザーエさん」って歌ってるし、多分「ドラえーもんー」もあるんだろうし。(笑

どうなんだろ、フランスでも発売はされそうだよね。
気になるようなら送るけど?

2010/08/07 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

ちゃな  

送っていただくほどでは

送ってもらう程ではないので。ありがとう。
視聴で笑わせてもらいました。これは、日本で聞くから面白いのであって、こちらで誰かに聞かせてももと歌を知らないから受けないよねー。

2010/08/07 (Sat) 05:54 | REPLY |   

木暮兼人  

そういえば

実は、アルフィーとアニメのタイアップは
タッチよりちょっと前にあるんです(笑)

・・・まあ、なんというか
ディープですから、アニメの方が。。。
たぶん、みんな覚えてないんですよ>レンズマン


そういえば、私
昨年のアルフィーと宇宙戦艦ヤマトとのタイアップも
じっくり楽しめていませんねv-12

2010/08/08 (Sun) 01:34 | REPLY |   

カタリーナ  

■ちゃなさん

元歌を知っている日本人は笑っちゃうけど、
日本のアニメ好きなヨーロッパ人はこれにどう反応するんだろうと、
ちょっと興味あるわ。
ボサノヴァではなく、同じ曲調でただフランス語で歌ったとかだったら、
ここまで笑いはしないのかもね~。

2010/08/08 (Sun) 21:53 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

> たぶん、みんな覚えてないんですよ>レンズマン
あああ!
そういえばレンズマンがありましたよねー。
私は随分あとで知ったんですが(多分プロフかなんかを読んだときに)、
そのときもイメージが違う気がする……と思ったんでした。
やはり当時非常に人気があったためのタイアップだったんでしょうか。

ヤマトのほうは、カヴァーしたやつを聴きましたよー。
メインヴォーカルは櫻井さん?
アレンジ、すごい豪華だったけど(笑)なかなか良かったと思いました。
原曲よりテンポアップした、あのスピード感が現代ですよね。
個人的にはオーケストラヒットっぽい音がツボでした。
おおーかっこえー!と。(笑
最後のドラムの一発もすごく効いてるし。
こうしてみるとヤマトは名曲だなあと思います。
もっといろんなアーティストのアレンジを聴いてみたいかも。

2010/08/08 (Sun) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。