Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「過ぎる十七の春」 小野不由美 著 

随分昔に読んだ作品ですが、ちょっと気になったことがあったので押入れから出してきて再読。
便宜上ミステリーに分類しちゃいましたけど、ジャンルはホラーだったと思います。
でも、ホラー小説ではないと私は感じてますが。

過ぎる十七の春 (講談社X文庫―ホワイトハート)過ぎる十七の春 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1995/03/28)
小野 不由美

商品詳細を見る


人間、何が一番怖いのかと考えると、やはりそれは「人間」なのではないでしょうか。
幽霊や物怪よりも、絶対に人間のほうが恐ろしい。
人間が人間の形をしていながら別な「何か」に変化したとき、
それは人間にとって最も恐ろしいものになる気がします。

この作品にはもちろんホラーとしての、人間対非人間という怖さもありますが、
それ以上に人間対人間の恐ろしさを描いていると言えます。
思えば同じ小野先生の「屍鬼」も似たようなテーマでした。
ホラーと思って読むと肩透かしを食らうかもしれません。
作品が描こうとしているのは人間の深く濃い情念なので、ホラーとしての斬新な展開はないです。
ティーンズ向けだからなのかな?
しかし、小野先生の筆が紡ぎ出すひたすら美しい情景が、より恐怖心を煽り、
さらには悲しみを倍増させていて、その表現力に圧倒されてしまいました。
人間の恐ろしさを刻みつつも、どこか救いのあるストーリー。
地味ですが、サクッと読めて余韻が味わえる作品でした。
[ 2010/07/02 22:53 ] ミステリー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する