Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

避けては通れぬ曲 

サッカーだの戦国だのと騒いでいても、日常生活は普通に送っております。
一応、オルガンもきちんとお稽古しています。
今月はやらなくちゃいけない曲がいっぱいで(ピアノも弾かないとだし)、
結構頭がパニックになっていたのですが、そこへもう1曲追加がきてしまいました。

今週の金曜日までに、これをとりあえず弾けるようにしないといけません。
バッハのトッカータとフーガ ニ短調
ええ、「鼻から牛乳」と歌われちゃうあれです。

オルガン練習中~~

オルガンといえばこれ、これといえばオルガン。
弾いて欲しいというリクエストの多い曲なので、避けては通れない曲ではありました。
しかし私は、実は今日までこれを避けていました。
なんとなく恥ずかしいんですよね、弾くの。(苦笑
でも、いよいよそうも言ってられなくなっちゃいました。(うううっ

改めて練習してみると、偽作説もわかる気がします。
具体的にどうというのはその道の専門家にお任せしますが、
弾いていて「バッハじゃないなあ」という感じがいたします。(←いい加減
でもヴァイオリン曲からの編曲との説には納得ですねー。

某所で動画を探していたらコープマンの演奏がありました。(ここ)
コープマンってどうしてこんなに頭を振るんだろうかと、毎回ちょっと笑っちゃいます。(笑
見るぶんにはとても楽しいのですけどね~。
演奏としては正しいバロック奏法だと思うんですが、いかんせん速すぎます。
この動画にはフーガがないので彼の華麗な足捌きがあまり見えなくて残念。

ということで、今週はサッカーはリアルタイムに見れそうもないです。
練習終わるとかなりぐったりで、朦朧としてますデス。
[ 2010/06/22 23:40 ] オルガン | TB(0) | CM(2)
バッハのトッカターとフーガは、♪タラリ~鼻から牛乳の(^^;)あとの、和音が好きです。

楽曲としてはポピュラーだけど、演奏しがたい曲って結構ありますね。
メンデルスゾーンのバイオリン・コンチェルト、通称メンコン。
バイオリニストの方は嫌がると、話を聞いたことがあるのですが(実際は、どうだか存じ上げませんが)

オペラでは、テノールにとっての「オテッロ」苦あって功なし(笑)
イタリア・オペラの傑作だけど、主役には良いアリアはなく、苦労が多く見た目は報われない(爆)
同じ、ヴェルディの「アイーダ」のラダメス。
出て直ぐに、甘利、のどが温まってないときに、難曲「清きアイーダ」

なくてはならない楽曲ですが・・・音楽家の方々は大変ですね。
御武運をお祈り致しております m(_ _)m
[ 2010/06/23 00:37 ] [ 編集 ]
メンコンって、ヴァイオリニストには嫌がられてるんですか?
それは知らなかった……けど、わかる気もします。(笑
嫌がられる曲って、弾くのが気恥ずかしいというタイプと、
実際問題演奏が難儀なのと2タイプありますね。
確かに歌手の皆さんは体が楽器なだけに大変ですよね。
オテロといえば、個人的には魔笛のタミーノも、
場をすべてパパゲーノに掻っ攫われる役どころだと思っています。(爆
得だなあと思うのはばらの騎士のテノール歌手でしょうか。
1曲歌うためだけに出てきて、しかもその1曲が逸品!
[ 2010/06/24 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する