Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

わーるどかっぷ2010 その4 

昨日のドイツ戦で疲れ果てたので(苦笑)、今日はながら見。
「日本の試合が海外でどう評価されるのか」が知りたかったので、
できれば海外の放送局のものを見たかったのだけれど、
うまく接続されずそちらはあまりまともに見れませんでした。
たまたま見れた試合後のインタビューでオランダの選手(誰だかわからず)が、
「日本はもっと前に出てくると思ったのに、守りが堅かった」と言っていて、
どうも走らせて疲れさせる作戦だった模様。
まあ、妥当なというか、普通そう考えるのでしょうね。
(ここで日本チームのインタビューが流れないのがヨーロッパの放送局だな・怒)
でも結局オランダの調子そのものがイマイチだったせいで、
なんかぐだぐだな試合だったように感じました。
日本は良く動いていたし、うまく守っていたと思います。
特に松井と長友はとても良い働きをしてくれてました!
チームとしてのまとまりは感じられたかな。
あとはもっと闘争心が欲しい。
みんないい子で暴れん坊がいないせいか、見ていてもどかしくなります。
そうそう、今日は特に、闘莉王がいなかったらどうなるんだろう……というか、
闘莉王がせめてあと2人くらい欲しいと思ってしまいました。(苦笑
失った1ゴール、見ていた放送局では川島にちょっと厳しいダメが出されていましたが、
日本ではどう評価されたのでしょうか。
あとでKickerの評価も出ると思うので、そうしたらまた追記します。
とにかく日本のみなさん、お疲れ様でした!
[ 2010/06/19 23:42 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)
>あとはもっと闘争心が欲しい。
カタリーナさんもそこを突っ込まれていましたか~(笑)
この次は、全員「闘莉王」になって戦って欲しい!と、切に思います!

あのスナイデルのシュートは、川島君でなくても止めるのが難しかったと思います!
というか・・・・打たせた時点で、アウトだったとも言えます^^;;;

まあ、所々毒を吐きましたが、試合が終わった後、思った以上に心がスッキリした試合だったと思いました!
が!やはり、今日の結果で満足してはなりませぬ!><
[ 2010/06/20 00:08 ] [ 編集 ]
> この次は、全員「闘莉王」になって戦って欲しい!と、切に思います!
それが一番ですよね~。
せめてDFに闘莉王1人、MFに闘莉王1人、FWにも闘莉王が1人いたら、
かなり動きがよくなると思うんですが。(爆
日本の闘争心の薄さは前から叫んでるんですが、
やっぱり国民性でどうにもならないのかなあと思います。
私たちは俯瞰で試合を見ているので、選手たちの視界とは全然違うとは思うんですが、
それにしても「何故そこで躊躇するの?」とかっていう場面が多すぎます。
みんな大人しすぎるというか、「行くゼ!」っていうやつがいないんですよね。
そのあたりは協調性が難しいんでしょうかねえ。
でもみんな精一杯やった感じはありました。
それが後味の悪くない試合にしたのかなと思います。
[ 2010/06/20 00:23 ] [ 編集 ]
でオランダがボール回しをしていても、
前半は取りに行ってなかったですからね。
スペースを与えない守備、ということでは正解なのでしょうが、
そーなると奪ってからの攻撃の距離が長くなるので・・・
ワントップに運動量が無いと、攻撃は厳しいですね^^;

松井&大久保の攻撃的な姿勢と崩しはOKでしたが、
シュート精度はやはりまだ足りないですね(><

とはいえ、
内容もまずまずでしたし、
デンマークに2-0で勝ったオランダに、
0-1での敗戦というのは悪い結果ではないですよね。

デンマーク戦は・・・MMの映画館で観戦予定です^^
[ 2010/06/21 21:26 ] [ 編集 ]
昔に比べて本当によく走れるようになりましたよねえ。
連携も悪くなかったですし、これまでの成果が見えた試合だったとは思いました。
あとは仰るとおり、シュートが……。
そして何より攻めの気迫が……。
いつものことですが、「何が何でも!」というシーンがないんですよね。
今回はオランダに押さえられてたっていうのもありますが、
それを破らなきゃ勝ちはないわけですし。
お国柄なのか歴史の浅さなのかわかりませんが、
もう少し東欧チームのような「殺気立った」ところが欲しいです。
[ 2010/06/22 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する