Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

赤塚城? 

赤塚、といえば、東京の赤塚城を思い浮かべる人が多いと思いますが、
新潟にも赤塚という土地があります。
実はここに村上義清の供養塚があることを最近知りました。
場所は下の地図のAポイントよりも上のほうだと思います。


大きな地図で見る

赤塚は、室町時代から小国氏(戦国末期に直江兼続の弟が継ぐ)の領地だったようで、
小国家重臣の石黒氏が、城代として赤塚城に入っていたようです。
その石黒氏がどうやら村上義清と親しかったようで、塚を建てたのではと、
手元のパンフレットには書いてありました。
そういえば、村上義清のお墓ってどこにあるんだろう……。
確か病没でしたよね。
赤塚は自宅からそう遠い場所でもないのですが、
こんなところに戦国の山城があったことを全く知りませんでした。(どうやら今も空堀があるらしい)
そもそも赤塚城の存在は、私が見た範囲の上杉関連資料には明記されていません。
しかしこの赤塚城は、上杉vs徳川のあの戦いの折に起きた上杉遺民一揆で、
一揆側が立てこもった城であるとパンフレットには書いてあります。
関ヶ原当時、かつての赤塚城代石黒氏は上杉家と共に会津には移っておらず、
そのまま赤塚に残っているのですが、一揆に参加したのではなく鎮圧した側になっていました。
ということは、赤塚城は上杉家会津移封時に廃城になり、
そのまま打ち捨てられていたということでしょうか?
では石黒家の立場は?
では一揆はわざわざこの赤塚で起こしたのか、あるいはたまたま上杉親派が多く住んでいたのか?
パンフの記述はあまりに大雑把なので、きちんと赤塚の歴史を紐解いてみないといけないようです。

江戸期を通じて、石黒家は大庄屋として赤塚を治めていきますが、
大名行列の本陣としての役割を担っていたのが大地主の中原家。
中原邸は年に2回特別公開をしています。

中原邸玄関

玄関。
左に玄関の間があって、弓矢が多数置いてあります。
こういうときに、思わず刀掛けを探してしまうのがなんとも。(苦笑


投網の紋

中原家は先祖が漁業や水運業を営み、その結果財を成したことから、「投網の紋」を家紋としたとか。
網を紋にするって珍しい気がします。


人力車

明治~大正期に実際に使用されていた人力車です。
使い込まれた感じが歴史を感じさせますね。


上段の間

中原邸は、明治天皇の北陸巡幸の際、昼食を取るために寄られた場所でもあります。
ここは3つの間が続いていて、一番奥が上段の間で天皇が休息された部屋。
手前の部屋よりも一段高くなっています。
北陸巡幸が決まって急遽設えたのだとか。

本当は中原邸の特別公開を見に行ったのですが、100円でもらったパンフを読むうちに、
赤塚城と上杉遺民一揆が気になって、はやく図書館に行きたくてたまりませんでした。(苦笑
上杉家はなんとなく上越~中越ってイメージがありますが、
こんな近所にも縁があるとなると、ますます親しみを感じてしまいました。
こんにちは

村上義清は、糸魚川の「根知城」の城代を任されていたそうなので、その城跡辺りにお墓があるかもしれません。73歳位に没したそうですね。
 ちなみに息子の山浦景国(元・村上国清)も糸魚川で、「徳合城」の城代を任されていたそうです。やはり、お墓はその近くのお寺にあるとか…。

すみません、皆、実際に行った人や詳しい人からの又聞きですが。
何かの参考にして下さい。

それでは失礼します。

追伸 上杉家ゆかりの下越地方の武将といえば、古くは源氏血筋の新津勝資と金津氏(上杉家24将)。そして村上市の重鎮・本庄繁長と鮎川氏が有名ですよね。  
[ 2010/05/18 10:24 ] [ 編集 ]
武田軍としても、村上ドノのことは、気になります。
赤塚か・・・空堀があるのですか!
(妙なポイントに食いついておりますが。。。^^;)

それにしても、中原家の投網の紋も珍しいですね~

歌舞伎の定引幕(3色の幕)も海運関連が由縁となっております。
[ 2010/05/18 12:09 ] [ 編集 ]
こんにちは。
コメントをありがとうございます!

調べたら村上義清の墓所ははっきりとはしていないようですね。
やはり彼は信濃の人というイメージが強いので、
越後に墓所があるというのが何となくなじみません。
息子の山浦源吾は上杉家の会津移封に従い、塩之森城(二本松市)の城代となっていますが、
米沢移封のときから消息不明になっています。
越後さんのお話によりますと、糸魚川に墓があるということは、
その後越後に戻ったか、何らかの形で分骨したか、そういうことなのでしょうか。
もし何かわかるのであれば、ぜひ知りたいところです。

下越地方も、上杉家ゆかりの武将はたくさんいるんですよね。
ただ舞台がどうしても上越に偏ってしまうので、
ちょっと寂しく思うときもあります。
上杉フリークとしては。(苦笑
[ 2010/05/19 00:14 ] [ 編集 ]
> 赤塚か・・・空堀があるのですか!
残っているらしいんです。
地図上に佐潟がありますが、その脇にあるとか……。
行ったところでそのような案内があるのかどうか?
公民館に調べに行く価値はありそうです。

> 歌舞伎の定引幕(3色の幕)
これ……すみません、見るたびに、
お茶漬けのパッケージを思い浮かべてしまいます。(爆
[ 2010/05/19 00:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する