Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「ついに!」なのか「とうとう!」なのか 

しばらくネットから離れて情報収集を怠っていた間に、
とんでもないことが発表されていました。

あの伝説が、ついに舞台化決定!

2011年 1月 青山劇場
木下工務店PRESENTS
銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国編


舞台化ですか……。
なんかどう反応したらよいのやら。(苦笑
しかも第一章ですから、今後もどんどん続くんですよね。
とりあえずHPで公開されてる原作者とらいとすたっふの社長さんの対談を拝見していたら、
田中芳樹先生がこの作品は「いわゆる『善と悪との対決』にはしたくなかった」と話されていて、

日本史で例を挙げれば、武田と上杉。
武田は合議制で、上杉は主君専制、独裁と言っても良いですね。
でも、どちらが善、どちらが悪ということはないでしょう?
どちらがひいきかということはありますけど。


と続けておられました。

まさかここで武田と上杉が出てこようとは!
これでは私に、

同盟=武田
帝国=上杉


で、妄想をドウゾといっているようなもんじゃないですか!(笑
いや、田中先生はそういうことをおっしゃっているのではないことわかってるんですが。
「銀英伝」は確かに歴史スキーにはなかなかたまらない小説だと思いますよ。
歴史のあれこれがネタになってたりもしますし、シュミレーション的な部分もありますしね。
でも、武田とか上杉とかで考えたことはなかったわ~~~。
バラバラだった越後を統一していった様は、景勝くん=ラインハルトと見ることもできますかね。
兼続=キルヒアイスはまあなんとピッタリそのままじゃないですか。
そうすると、新発田さん辺りが門閥貴族の位置づけになるのか。
結構面白いなあ。
対する武田は信玄時代で考えないといけないんでしょうけど……肝心のヤンが見当たらない。
まあそれはさておき。
こちらの舞台ですが、キャストもスタッフもまだ全く発表されてません。
正直に申し上げて、

来年の大河のキャスティングより、
こちらのキャスティングのほうがよほど気になります。


というか、帝国の人間やれる日本人て誰?
「銀英伝」を実写化したら?というのはよく見かけるネタですが、
「さすがにオールキャスト日本人でっていうのはヴィジュアルイメージ的に無理」
というのが大方の意見で、そのようにみなさん妄想を楽しんでこられたはず。
吹き替えや字幕が可能な映画なら外国人でOKですが(よくある「仏、独、伊合同制作」みたいな)、
この作品の性質上、ただでさえ小難しい台詞をしゃべらなくちゃいけないだけに、
語学を考えれば外国人の起用はまずできないでしょうね。
自分のラインハルトのイメージは、ヴィスコンティ監督の「ヴェニスに死す」で美少年を演じた、
ビョルン・アンドレセン()がNO.1なのですが、日本人だったら、しいて言えばGA○○T?
舞台だから立ち姿が綺麗な人ならOKかもしれませんが、でもあんまりイメージかけ離れてもなあ。
キャスティングもですけど、そもそもこの小説は芝居としてどうなんでしょう。
実際、コレみたいになるんじゃないかという不安が……。
キャスティングと演出によっちゃ興味わくかもしれませんが、
今のところ、私は恥ずかしくて見にいけそうもないです。

舞台の公式ページはコチラです。
[ 2010/04/19 01:59 ] 舞台 | TB(0) | CM(4)
が相応しい気もしますが^^;;

HP拝見してきましたが・・・実現不可能というよりも、
実現を控えてきたのでは、なんて思ったりww

戦闘のシーンは・・・
互いの艦橋の様子で、という感じでしょうか??
確かに人間ドラマとしても面白いと思いますが、
あのスケールあってこそ、のような気もします^^;

というか、やはり一番の問題は「外見」ですよねwww

武田ー上杉については、
改めてコメントいたします(笑)
[ 2010/04/19 22:41 ] [ 編集 ]
そうかー、「まさか!?」というのもありますね~。

> 戦闘のシーンは・・・
> 互いの艦橋の様子で、という感じでしょうか??
そうだと思います。
今はやりの舞台にスクリーンを出して、という演出かなあと。
スクリーンを置けば、まさに艦橋そのものになって艦隊戦が写せますしね。
外見をどうクリアするかと、あの帝国の会話をフツーにやるにはどうすればいいのか、
そのあたりがポイントじゃないかと思います。
あの会話、アニメ版の声優さんたちも戸惑ったといいますし。(苦笑
いやー、台詞覚えるの大変そうだな~。
[ 2010/04/20 21:44 ] [ 編集 ]
ヤン・ウェンリーが山本勘助だったとは(違っ!)
ミッターマイヤに馬場信春貸してもいいですよ~(^^;)
ぢゃ、帝国軍のアノ人は、小山田?(爆笑)
「遅いではないか、ミッターマイヤー」(似合うかも)

なんというか、誰それが何役と妄想のみが、
銀河全域に広がっていっております(笑)
リュー弾的にはキルヒアイスが気になります(照)

銀河の歴史がまた1ページ・・・(^^;)
[ 2010/04/22 23:31 ] [ 編集 ]
> ヤン・ウェンリーが山本勘助だったとは(違っ!)
やはり立場的にそうなりますよね~。
そうするとですよ、お屋形サマがヨブになっちゃうんですけど……。

> ミッターマイヤに馬場信春貸してもいいですよ~(^^;)
馬場ちゃんは……風林火山のイメージから行くとビッテンかと思ってました。
あ、でも武田は同盟ですから、え、レンタル?!
でも武田のほうが帝国人材が豊富なような。
キャストはこちらを参考にされてくださいな。
http://image.blog.livedoor.jp/news4vip2/imgs/9/e/9e78c8c2.jpg
キルヒアイス、最高!(爆

舞台は音楽に三枝成章さんが入ってるところに本気を感じますが、
脚本家と演出家が未知数すぎます……。
ま、これは配役妄想が一番楽しいですね♪
[ 2010/04/23 00:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する