Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新選組刃義抄 アサギ 1&2 

My書店であるまるひげさん宅で紹介されていた「新選組刃義抄 アサギ 」を読んでみました。
こちら、まるひげ図書館よりお借りしております。
本当にありがとうございます。

新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/06/22)
山村 竜也

商品詳細を見る


基本的に新選組そのものにはあんまり興味がないんですが(をい)、
原作が山村竜也先生なので、考証のしっかりした作品になるんだろうなあと思い、
ちょっと読んでみたいかもなあと思った次第で。
あとがきでも山村先生ご自身、
「倒幕派とのバトルを中心に、時代考証のしっかりした新選組ものを書きたかった」
と書いておられたので、なかなか期待大だと思います。

新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/11/25)
山村 竜也

商品詳細を見る


主人公が沖田と平助で、この2人の葛藤をポイントに作品が描かれてます。
平助は「魁先生」の名を象徴するように、かなり血の気の多いキャラになってます。
読んでいて結構ハラハラします。
キャラ的に面白いのはやっぱり鴨でしょうかね。
二重人格という設定が、鴨という人間により恐ろしさを加えている気がしました。
又三郎がなんであんなキャラになっちまったのか謎でございます。
史実にああいう癖をうかがわせるエピソードでもあるんでしょうか?
それとも掲載誌的なお約束かな?(笑
あと斉藤一のキャラデザなんですけど……。
最初に見たとき何かに似てると思ったんですが、
最近読んだ「信長の忍び」に出てくる明智光秀にそっくり!
何か共通点があるようなないような……?

新選組メンバーのキャラに関しては、全体的に大河の「新選組!」を彷彿とさせます。
山村先生は大河の考証にあたっておられたし、
「組!」を作品として愛してらっしゃるように感じていたので、
無意識下に、多かれ少なかれ影響はあるのかもしれません。
特に左之助があんなになっちゃったのは、やっぱり影響を否定できないような。
ただ話の方向は全く違うので、新しい新選組が拝見できそうです。
新選組に敵対する側がかなり色濃いですから、壮絶なバトルが展開されそうですよ!

で……これ、何巻まで続くの!?
[ 2010/02/06 10:38 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(4)
しっかりした感想記事を書いておられますね
カタリーナさんは
私なんぞ要約したら
「又三郎がヘンタイ」・・・になってしまった(汗)

平助が総司に異常にコンプレックスを抱くという設定は
他でも読んだ気がしたのですが。思いだせーん!!!
 #まさか栗本薫先生のじゃあないよなあ・・・

斉藤一クンについては今後の展開が
読めそうで読めないのでスルーしたんですが
 #私の予想を超えて欲しいというのが
 #本音なので。
鴨の二重人格設定は私もアリだと思います。

で、私の感想も
「一体何巻まで続くの」
という一点に絞られます(ウソです・笑)
新撰組モノって途中打ち切りとか
構想断念とか多いので、最後まで描ききって欲しいものです

絵も好きですしー
[ 2010/02/06 18:50 ] [ 編集 ]
自分も木暮さまのコメントに賛同しきりでございます。
カタリーナさん、ちゃんとした感想文を書いていなさる…(感動)。

それにしましても、まだ2巻までしか出ておりませんが、
原作がしっかりした骨組みであることが窺える作品ですよね。
キャラデザについてですが、
自分、実は「組!」を見ていなかったので(!)
マンガとの相違についてはよくわからないのですが、
所謂ステレオタイプに沿っていると思いました。
流石に鴨は斬新ですね…これはどう転ぶのか…。

「斉藤一のキャラデザが明智光秀」
なんというご慧眼!
思わず噴いてしまいましたではないですか!
あのつるっとしたむきたまごフェイス♪

個人的には、新撰組が勿論メインでありながらも、
勤皇派の皆様もなかなか面白く描いてくれそうなので
今後の展開が非常に楽しみです。
でも、この刊行ペースで長く続いたら…
原作者・作画者両名のライフワークになっちゃいますね(笑)。
[ 2010/02/07 01:42 ] [ 編集 ]
しっかりした感想だなんて、とんでもないです。
私もキャラのことしか述べてませんよー。
斉藤一は、あれだけだとまだどうにでも転がせそうですよね。
一番美味しそうな役回りな気がします。
私、平助の「○○っすよ」という口調がどうにも馴れません。
一番幼いことを表現してるんだろうとは思うのですが、
どうしても何か現代モノを読んでいる気分になってしまいます。
あ、又三郎がヘンタイ、この感想はもう仕方ないですよね!
私も「やっぱり(←!!!)これ来たかー」と思いましたから。(苦笑

とにかく何巻まで続くのかが気がかりです。
このペースだと軽く20巻以上になるんじゃないかと……。
何で最近のマンガはみんなこうも長編ばかりなんでしょうか。
気軽に手が出せませーん。
[ 2010/02/08 01:54 ] [ 編集 ]
いやいや、自分もキャラのことしか書いてないですよー。(苦笑
内容に全く触れてないですしー。

キャラについてですが、何となくメンバーの立ち位置といいますか、
相互関係みたいなものといいますか、
そこから生み出される雰囲気がどこか「組!」に似ている気がします。
もちろんキャラそれぞれが「組!」とは別な個性も持っていますし、
物語の切り口も違うので、似ているとはっきりは言えないです。
ただ、髣髴とさせるものを感じてしまうんですよね。
自分の「組!」に対して思い入れが強いだけかもしれません。(笑

> あのつるっとしたむきたまごフェイス♪
そうなんですよー!
斉藤一を見た瞬間、「この顔どっかで見た!」とずーっと考えてまして。
むきたまごといえば光秀ではないかー。
おもわず引っ張り出してきて見比べてしまったとです。(笑

貸していただき、本当にありがとうございました♪
[ 2010/02/08 02:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。