Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「龍馬伝」#1 上士と下士 

私の幕末に対する知識は、戦国を私の中で100とすると多分10くらいしかないので、
あれこれと感想を述べるのは憚られますです……。
そういうわけで、幕末スキーのみなさんにいろいろご教示いただいて、今年は鑑賞していく予定です。
皆様よろしくお願いいたします。

で、初回なんですけれども。
やっぱりオープニングですよねっ!
去年もオープニングに燃えましたが(そしてそれで終わったorz)、
今年もオープニングはかなり燃えました。
モーゼが歩くと海が割れました……みたいなカットとか、
やたら横切る龍とかどうよと思わなくもないですが、
オープニングがそのドラマを一番端的に表しているのだとすれば、
この作品は龍馬をやはり国を拓こうとした人として描くのでしょうね。
オープニングには3つのキーワードが出てきます。
Fighter
Idealist
Peacemaker
私は龍馬のことをよく知りませんが、この中でIdealistというのが気になります。
Idealist=理想主義者をどう理解すればいいのか悩むところですが、
素直に『理想に基づいて行動する人』ととらえると、
この3つのキーワードは岩崎弥太郎にとっての龍馬像ということになるのでしょうか。
だから弥太郎は、龍馬を「嫌いだ」と言ったのでしょうね。
あそこで「嫌いだ」と言わせるのはドラマの手段ではありますが、それを抜きにしても、
Fighterであり、Idealistであり、Peacemakerである龍馬は、
弥太郎にとってイライラする存在だったのだと思います。
しかし同時にそんな龍馬に憧れてもいた。
そしてそんな自分にまた嫌悪感を抱いてもいる……。
格好良すぎるフクヤマ龍馬の足を、カガテル弥太郎がどれだけ引っ張れるか。
ドラマの要はそこにあるのかもしれません。
音楽もそんな表現になっていると感じます。
佐藤直紀さんの音楽はバックのリズムと、
物語を俯瞰で見るようなメロディーラインに非常に特徴があります。
ヴォーカルは歌詞がいまいち聞き取れないのですが、ベースは「祈り」なんじゃないかと思いました。
中間部分はまさにそんなイメージで、祈りとか使命とかを感じます。
この音楽は龍馬の一生として聞くことも可能かもしれません。

幕末の混乱の中、己の道をまだ見つけていない龍馬

理想を見つける龍馬

そこに祈りや使命を感じ取る龍馬

それに向かって邁進する龍馬

彼に対抗する何かがある
つまり龍馬のやることは順風満帆ではない(そういうモチーフが聞き取れます)

けれどそれに負けじと走る龍馬

混沌とする歴史からふっと消える


詳しく書くには楽譜がないとめんどうなので端折りますけど、
音楽は結構たくさんのことを語っていると思います。
そして重要なのは、通常の大河のオープニングのように、最後が決め音で終わっていないんですよ。
リズムの流れの途中でふっと消えてしまう。
まさに龍馬がまだまだ続く歴史の流れから、ふっと消えてしまったかのように。
私は佐藤直紀さんの劇伴はかなり好きです。
「陽炎の辻」もそうだったし、「ハゲタカ」も、「コード・ブルー」もでしたね。
人間の力強さみたいなものが伝わってくるんですよね。

演出は予想通り「ハゲタカ」テイストを強く感じます。
スモークがかった画面とか、斜めのアングルとか。
時代劇的な「絵」ではなく、社会派ドラマのようなカットがなかなか斬新です。
1話ではとりあえずフクヤマ龍馬が愛されキャラだということだけはわかりました。(笑
今後どう展開していくか、今年は期待させてもらっていいですか???
[ 2010/01/06 02:02 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(14)
小説の「竜馬がゆく」を読んだ限りでは
「ならずもの」なんですが>坂本竜馬
 #ジョニデの今回の映画の主人公のキャラの方が
 #竜馬に似合いだったり・笑

実際はあんな上品なお坊ちゃんではないと思いますよー。
時代が時代だから実力行使当たり前。
汚さもカガテル六平太と負けず劣らずだと思うんですが。

個人的には「ピースメーカー」の部分が気になりました・・・
そりゃあ、結果的にはそうなりましたが。。。
最初からそれを目指してたかというと。んん??
自らの商売のためというのが本音だと思ってたんだけど
なあ
私の中ではー。

[ 2010/01/06 11:15 ] [ 編集 ]
カタリーナさん、今年もよろしくおねがします。

そして!!
今年こそ!大河ドラマ最後まで見たいと!(笑
  (えへへ去年も確かそういってまいしたが・・・

司馬さんの「竜馬がいく」は、以前!
と言ってもかな~~り前に読みました。
岩崎弥太郎については、ちょっと
暗いイメージで書いていたような(あいまい)
なので・・・
ドラマは、彼の視点から描くのは斬新かも?!って
見てました!
(それにしても、香川さんの演技が上手い!!

それに、ちび竜馬が、福山さんそっくりで!!
「良く見つけてくるな~~」
って、そんなところで、感心しちゃいました!

という訳で、来週も楽しみです。
[ 2010/01/06 17:38 ] [ 編集 ]
本年もよろしくお願いします。

幕末の知識は結構持っているつもりでしたが、「土佐藩」の知識が欠落(爆)
山内一豊から続くヤマノウチ家ということも飛んでおりました・・

これから勉強します(苦笑)

F龍馬はさわやか過ぎの気がしましたがまだ初回なので変わっていくかもしれません。

[ 2010/01/06 18:24 ] [ 編集 ]
カタリーナさんの解説、感服仕りましたm(_ _ )m

>リズムの流れの途中でふっと消えてしまう

これにも全く気付かずで・・・
次回、注意して聴いてみます^^

個人的には、
OPのクレジットでの登場人物の多さ(配役無しも含めて)に、
やっぱり大河はこうでなきゃいかんぜよっ!
と思った次第です(笑)
[ 2010/01/06 22:22 ] [ 編集 ]
大河ドラマに限らず、初回は人物紹介、
当時の状況説明をお茶の間の皆さんにしなくてはならないので、
この回を見ただけでは、何とも判断着きませんが…

土佐の身分制度について分かりやすくするためとは言え、
特撮戦隊物の悪役キャラのような上士の皆様には…

取り敢えず、次回はOPには、音楽に注意を払いたいと思います♪

神龍の印象が強くて、テーマ曲が記憶にない!( ̄○ ̄;)
[ 2010/01/07 15:33 ] [ 編集 ]
おめでとうございます!
今年もよろしくお願い致します。

大好きな幕末をベースとしたドラマとはいえ、
リョーマ&土佐藩に関しては全く無知なので
ドラマを見ながら少しずつ勉強して行ければなあと思っていますvv

>去年もオープニングに燃えましたが(そしてそれで終わったorz)
あは!すみませんが…めちゃくちゃウケました(爆)。
まさに仰るとおり!
初回のあの勢いはどこにいってしまったんでしょうね>てんちじーん。
リョーマが去年の轍を踏まないように祈りながら見て行きます。
カタリーナさんの鋭い洞察力も楽しみにしています♪
[ 2010/01/07 23:54 ] [ 編集 ]
私は小説資料含め、龍馬ものを全く読んだことがないので、
正直なところどこにも突っ込めません。(苦笑
ただ漠然と、これは龍馬じゃないんだろうな~~~みたいな。(笑

> 個人的には「ピースメーカー」の部分が気になりました・・・
実は私もそう思ってます。
私の知識が世間一般以下ということはひとまず置いておいても、
この3つのキーワードのどれも、龍馬のイメージじゃなかったんですよね。
そうすると、弥太郎から見た龍馬のイメージということになるのかなあと。
いずれにしてもカッコよくって愛されキャラ(笑)なことは間違いなさそうです。
おかしな美化に流れないことだけを祈ります。
[ 2010/01/08 23:30 ] [ 編集 ]
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

1年間同じドラマを見続けるって、かなりエネルギーがいります。
あとそれだけのモチベーションを上げてくれる作品でないと?
昨年のアレはなかったことにーーーー。(棒読み

> それに、ちび竜馬が、福山さんそっくりで!!
ほんとですよね!
この子は将来フクヤマ龍馬になって当然だわって思いました。
出番があっという間に終わっちゃいましたけど、ちょっともったいない。
フクヤマさん、かつらじゃなくて地毛なんですってね。
それで紅白のときクリクリのロン毛だったのか~と納得しました。
[ 2010/01/08 23:34 ] [ 編集 ]
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

幕末の知識はほとんど持ち合わせていないというか、あっても偏ってますので、
これからなつさん初め、幕末ブロガーの皆さんの下で、
私も勉強したいと思っています。
戦国もですけど、全国カバーするのはなかなか難しいですよね。
私にとって戦国の九州地域は白紙地帯です……。

> F龍馬はさわやか過ぎの気がしましたが
私もそう思います。
というか、それゆえに逆に胡散臭いような。(苦笑
[ 2010/01/08 23:38 ] [ 編集 ]
いえいえ、本編に突っ込めないからOPを語ってみただけです。(爆
毎年大河のOPは楽しみですし、OP曲だけ(!)は毎年名作だと思います。
(一番印象に残ってるのはなぜか「功名が辻」のOP曲だったりします)
そんな中、今年はかなり毛色が違うなあと思いました。
あれをN響のみなさんがどうやって録音したのか見てみたいです。

クレジット、今回も横書きでしたね。
まあSEASONⅠとか出ちゃうくらいですからね。(笑
去年人員削減させられた(?)のはやはり貧乏くじだっ(以下自制
[ 2010/01/08 23:43 ] [ 編集 ]
> 特撮戦隊物の悪役キャラのような上士の皆様には…
あははは。
私もこんな子供向けアニメみたいなの!と思ってました。
しかもしつこいし。(爆

> 神龍の印象が強くて、テーマ曲が記憶にない!( ̄○ ̄;)
そうですよね~。
私はパチンコの宣伝かと思いましたからね~。
ただ、龍っていったら私にとっちゃ謙信なんですよね。
龍馬が龍って初耳!みたいな感じで。
これから見ていくうちに慣れるんでしょうか????
というか、本当に龍馬=龍になるんでしょうか。
あ、後半の江戸の町に入り込んでいく図は結構気に入ってます。
[ 2010/01/08 23:47 ] [ 編集 ]
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

フクヤマ龍馬が爽やかすぎてかっこよすぎて逆に胡散臭いので(爆)、
私今、めちゃくちゃ勉強する気満々です。
本当は違うじゃろ~、みたいな。
でもその前に膨大な積読を処理しないと!!!
いろいろとご教授のほど、よろしくお願いいたします。
またぜひウザトークで♪
[ 2010/01/08 23:49 ] [ 編集 ]
カタリーナさま

すっかりご無沙汰してしまっています。
どうぞ今年も宜しくお願いします。

「龍馬伝」のオープニングの解説、恐れ入りました。
私なんて、今までの大河とは雰囲気が違うなあと思いつつ、ぼ~っと聞いておりました^^;。明日はカタリーナさんの解説を参考に、しっかり聞いてみたいと思います。

幕末と、特に龍馬が好きな私ですが(その割には知識はありませんが)、まだ1話なので何とも言えませんが、ドラマの中身はまあ悪くはないかなと思っています。ドラマ全体的というより、香川さんの岩崎弥太郎が最高に上手くて面白くて、今後が楽しみです。最近(坂の上の雲から)、すっかり香川さんのファンになっている私です♪

これから一年間、カタリーナさんのご感想楽しみにしていますね。(天地人は結局見ませんでした・・)
[ 2010/01/10 00:27 ] [ 編集 ]
こちらこそご挨拶にも伺わず申し訳ありません。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

OPは毎年素晴らしいので、つい必要以上に観察してしまいます。
でも私の勝手な解釈なので、あまり影響されずにご覧になってくださいね。
……といっても、読んでしまうと影響受けますよね><

龍馬は全くわからないので、ぜひお薦めの書籍など紹介いただきたいです。
できれば王道「竜馬がゆく」以外で。(笑
これからドラマを見ていく中で、勉強していきたいなと思います。
今年は普通に1年間見続けられるといいのですが。
[ 2010/01/11 14:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する