年が明けたぜよ~

ということで、皆さまあけましておめでとうございます。
皆さまにとって良き2010年となるようお祈り申し上げるとともに、
昨年に引き続き、本年もご贔屓賜りますよう、
お願い申し上げます。

司牡丹

年明けの1杯は土佐の「司牡丹」でございました♪
司牡丹酒造は創業が慶長8年(1603年)とのこと。
きっと龍馬も飲んだに違いないと歴史スキーはすぐに妄想します。(笑
偶然なる頂き物ではありましたが、
これで明日より始まる「龍馬伝」に、
気持ちをシフトさせていただきました!
1年間、土佐弁が抜けなくなりそうですね。
今年の大河は気楽に楽しませてもらうき~。

21 Comments

びびんば  

新年おめでとうぜよ!

タイムリーなお酒ですね(^O^)/
どんなお味でしたでしょうか?( ´艸`)

わしは、幕末のことはよう分からんが、一応大河を見てみようとおもっちょるき~、楽しみにしちょるぜよ!
今、讃岐を除く四国の方言にぞめいとるぞな!
(怪しげですみません@爆)
…と言うことで(?)、今年も宜しくお願い致しますm(_ _)m

2010/01/02 (Sat) 16:34 | REPLY |   

まるひげ  

あけまして

おめでとうございますー!

昨年は(昨年も)大変お世話になったというのに、
年末にご挨拶に参らず、まことに失礼致しました!
相変わらずだらしのない自分ですが、
本年もよろしくお付き合いくだされば光栄に存じます…(深々)。

わぁ!
日本酒♪
歴史のある酒造さんなのですね!
今年は楽しく大河見られると良いですね。

2010/01/02 (Sat) 22:12 | REPLY |   

零基  

あけましておめでとうございます

龍馬伝とベストタイミングなお酒ですね。

1603年となると長曾我部は土佐追放なので、
山内や毛利勝永あたりは呑んでいたのかなと
想像してしまうあたり私も歴史好きなんだなと
再確認できてしまいます。

そんな訳で今年もよろしくお願いします。

2010/01/03 (Sun) 07:32 | EDIT | REPLY |   

リューザキ弾正  

あけましておめでとうございます♪

今年もどうぞ、よろしくお願いします。
「龍馬伝」良い作品だといいですね~
万が一(^^;)の場合は、ウッチーと二人羽織りで
龍馬を演じさせるのも手かと・・・(^^;;;;)

相変わらず、兵は詭道なり!のリュー弾☆にございます。

2010/01/03 (Sun) 09:05 | EDIT | REPLY |   

くみ  

おめでと~ございます~。

今年もよろしくお願いいたします。

>「龍馬伝」

幕末の知識がまーったくさーっぱりないので、観ようかどうか悩んでいたのですが、
紅白のましゃ兄がかっこよかったので、観ることにしました。

キャストや予告を観るかぎり、出来のよさそうな大河だな~と思ってます。

でも、昨年も2話まではそう思ってたんだよな~っ!!

2010/01/03 (Sun) 19:25 | REPLY |   

木暮兼人  

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

1603年ですかあ・・・
六平太も飲んでたんだろうか・・・汗
どうにも、カガテルさんが
一豊と千代の件を忘れてひとり
龍馬について思いをはせてるドラマに思えてしょうがないのだけど・・・笑

なにはともあれ
演出は面白そうですねー
脚本はちくと甘い気がいたしますが。

2010/01/03 (Sun) 23:24 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/01/04 (Mon) 08:26 | REPLY |   

ひさや  

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします。
新年から雪で大変かと思いますが、よい一年になりますように。

自分の名前は龍馬から一字もらったので、龍馬作品には愛着があります。
ストーリーはまだまだこれからだと思うので、しばらく見守りたいと思います。

2010/01/04 (Mon) 18:19 | EDIT | REPLY |   

豆州  

謹賀新年

本年もよろしくお願い致しますm(_ _ )m

創業が、家康公が征夷大将軍になったのと同じ年とは・・・
そのようなお店が続いているとは素晴らしいですね^^

どうも、「天保○○年創業」等、
明治以前から続いているという看板を見ると、
しばし思いを馳せてしまうのは、
歴史好きの性でしょうか(笑)

2010/01/04 (Mon) 21:43 | REPLY |   

ねぎ  

謹賀新年

不定期更新ですが
今年もよろしくお願いします。

さて、土佐弁といえば
「おまんら 許さんぜよ!」
を思い出す私は
華麗なる人間でございます(笑)

2010/01/05 (Tue) 20:55 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

あけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします♪

司牡丹、越乃寒梅に似た味でした。
辛口ですが、日本酒独特の甘味があります。
燗には向かないですね^~。
もうちょっと豪快な味を期待したのは、ウッチー龍馬のせいかな~と。(笑
先入観は怖いですねえ。

2010/01/05 (Tue) 22:58 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■まるひげさん

こちらこそ、年末のご挨拶を申し上げず、失礼いたしました。
今年も変わらずよろしくお願いいたします。

慶長年間からというと、かなりの歴史になりますよね。
大河、今年は去年ほど突っ込める知識を持ち合わせていないので、
フツーにドラマとして楽しめるかどうかにかかっています。(笑
1話を見た限りでは、大丈夫なような?

2010/01/05 (Tue) 23:01 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■零基さん

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

> 山内や毛利勝永あたりは呑んでいたのかなと
そうですよね。
私も関ヶ原の直後か……とか勢力図を思い浮かべました。
いろんなものがすぐに歴史に結びついちゃうはもう仕方ないですね。

2010/01/05 (Tue) 23:27 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
ウッチー龍馬とフクヤマ龍馬、真逆ですね。
いろいろなブログさんを覗いておりましたら、
ウッチー龍馬は品が足りないというご指摘、
フクヤマ龍馬は綺麗すぎるというご指摘等見受けられましたので、
この2人を足して2で割るとちょうど良いのかもしれないです。(笑
どちらにせよ、昨年よりは気持ち的に落ち着いて見れそうですね。

2010/01/05 (Tue) 23:31 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■くみさん

こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

私も幕末の知識はほとんど持ち合わせていません。
しかも龍馬については世間一般並み(もしくはそれ以下)のことしか知らないですし。
ドラマ構成としては面白そうなので、史実がどうのというあたり含めて、
今年一杯で幕末のお勉強をチラッとしてみてもいいかもと思いました。

昨年のやつは、私の中ではなかったことになっております。(爆

2010/01/05 (Tue) 23:39 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

私にもカガテルさんが六平太に見えて仕方ありません。
だってあの格好だし~~~。(苦笑
うちの母は正岡子規がってやはり混乱してました。
連投の弊害を実感してます。
だって年末には、また正岡子規になって出てくるわけですし?

演出は大河っぽくなく、でも大河の体裁は保っていて、なかなか見応えありそうです。
脚本は、複雑で敬遠されがちな幕末に人を引き寄せるための甘さだと思いたいのですが、
うーん、どう転びますでしょうか。
しばし様子見といった感じですね。

2010/01/05 (Tue) 23:54 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■2010/01/04 08:26にコメントくださった方へ

明けましておめでとうございます。

ご質問の件ですが、回答は「遠慮します。」です。
古文書などでは「将来を良く考える」などとも解します。
現在でいう「控える」の意味は、江戸期頃から出始めたとあります。
辞典を引くと、蟄居などの刑罰の意味もあったようですが。
いずれにせよ、その儀は無用という意味です。

2010/01/06 (Wed) 00:05 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ひさやさん

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
市内、結局雪は積もらずに済んでます。

ひさやさんの字は龍馬から取ったものだったのですか!
全く存じ上げませんでした。
ひさやさんは謙信公を敬愛されているとお聞きしてましたので、
龍馬とは全く結びついておりませんでしたよー。
今年は良い作品になるといいのですが。

2010年が飛躍の年となりますように。

2010/01/06 (Wed) 00:07 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■豆州さん

こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

> 明治以前から続いているという看板を見ると
そうなんですよね。
先日天保年間に創業した酒蔵を訪ねましたが、
地元の小藩(当時はまだ立藩していないはずなのですが・苦笑)の藩主の命で創業したと聞き、
めちゃくちゃ食いついてしまいました。(笑
司牡丹酒造さんも、どうやら一豊の入部に伴って掛川から移ってきたようです。
そうするとその前身は戦国からあるということですよね。
うーん、ロマンが広がりますねえ。

2010/01/06 (Wed) 00:16 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ねぎさん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
ブログのほうは覗いておりますので♪

> 「おまんら 許さんぜよ!」
ええ、ええ!
私もこれを思い出しますよ。
当時ヨーヨーの練習したりしてましたから。(笑

2010/01/06 (Wed) 00:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/01/07 (Thu) 08:29 | REPLY |   

Leave a comment