Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

とりあえず2本です 

トラックバックテーマ 第861回「毎回、録画している番組」



ということで。
今のところは「JIN -仁-」と「新・三銃士」です。
「仁」は毎回きちっとテーマが消化されていて、キャストも素晴らしいし、
54分食い入るように見ております。
最近忘れられてるけど、あのホルマリンくんが何なのかが気になって仕方ありません。
そういえば先週登場した三世澤村田之助ですけど、いろんなブログを拝見しましたが、
演じてた吉沢悠さんは多くの人にとって未だにハムテルなんですねー。
化粧をほどこした姿に「誰だっけー?」だった自分も、次の瞬間「あ、ハムテル!?」と思いました。(笑
私としてはハムテルはもうちょっとシャープなイメージなんですが、
でも吉沢悠さんというとなぜかハムテルのイメージしかない……。
他にもいろんな作品に出演されているのになんでだろ。
「動物のお医者さん」って、本当に濃いキャラクターばっかりだったなあ。
自分、こっそりヒヨちゃんのファンだったりします。
あああ、コミックス売るんじゃなかった……。
引っ越すとき荷物(というか本)が多すぎて売っぱらったんですけど、
その後何度も読み返したくなるんですよね~。

……って、何の話だったっけ。
そうそう、録画してる番組。

「新・三銃士」は主人公が結構やりたい放題なところに、毎回「オイオイ」と思ってます。(苦笑
若気の至りといっていいのか、単純にトラブルメーカーなのか、
「もうちょっと謙虚になろうや、たにやん」とか心配してしまう自分はオバサンなんでしょうね~~~。
ダルタニアンの顔の造詣は鼻を持って「コイツ~」ってやりたくなるような感じと言ってましたが、
まさにそんなキャラクターに育ってるなーと思います。
アトスなんかなまじ面倒見がいいから、振り回されっぱなしで。
個人的な笑いのツボはロシュフォールとミレディの手柄争いですね。
あそこまで必死にならんでも。(苦笑
それにしても人形でもあれだけ表情が作れるんだってことに、改めて感動してます。
ライティングだったりアングルだったりするんでしょうけど、
絶妙な具合で表現されていて、もう感嘆するばかりです。
またセリフともぴったりで、ちょっとかっこつけたり色気を出したり、もう自由自在。
操演される方々はプロ中のプロ、ベテランですから当然なんですけど、
1コマ1コマに感動してしまいます。
20分の番組に、どれだけの撮影時間が必要なんでしょうね。
来年の春まで楽しませていただきます。

というわけで、今日はたわいもないお話でした~。

[ 2009/12/03 02:11 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(2)
おそらくは・・・
吉沢さんの演じられたキャラで一番の有名人が
ハムテルだったのでは。
ワタシも「あ!ハムテル!」とか思ってしまいましたもの
ハムテルにしてはやさぐれていましたが>田之介

同じ番組で二階堂を演じていた要君にはそう思わないのに(笑)
 #彼にはどうにもサイボーグなイメージがついて回ります>要君

動物ー。は、文庫のが実家に全巻そろえてありますが
見事にほこりをかぶってるし状態も最悪です
きちんと整理しておかなかったからモウ読めないかも(涙)

ドラマの「仁」は、「人の仁とはなんぞや」
というテーマに正面から取り組んでいて好感が持てます
このドラマの脚本家はたしかごろーちゃんの弁護士のドラマも
担当されていましたがそちらもコメディにしては物事の本質を
捕らえていて、ドラマコメディタッチにしたのはむしろ
失敗だったのではないかと思いましたが
今回は真正面からですから。見ごたえがあります。
 #弁護士のドラマはおカマのアラタさんが何気にツボでしたし

三銃士はいま見れていないので(涙)
また後ほどコメントいたしますが
たにやんの行動ってすべて「若気の至り」的なカンジで
かわいいけど・・・
しょっちゅうああでは正直迷惑ですよね
[ 2009/12/03 16:35 ] [ 編集 ]
吉沢悠さんはちょこちょこいろんな作品に顔を出されてますが、
どれを見ても「あ、ハムテルだ」と思ってしまいます。
仰るように、ハムテルが一番メジャーなキャラだったからでしょうかね~。
そういえば二階堂って要潤さんでしたっけ。忘れてたー。(苦笑
そうですね、こちらは吉沢さんのように引きずってませんね。
でも私の中では、キャラ的にはあんなイメージが多いです。<流星の絆とか

「仁」の脚本家さんは、実は私はお初なんです。
今回は原作ありきな作品ではありますが、
上手くドラマにしてらっしゃると感じます。
各回に克服すべきテーマがあり、それをきちんと消化されてますし、
見ていて毎回納得感があります。
最後にどういうオチをつけるのか、非常に興味深いです。

三銃士は20分なので、まとめて見るのがベストかもしれません。
短いせいか、1週間たつと前を忘れてたりします。
たにやん、周りにとっちゃ迷惑ですよねー。
三銃士もよく放り出さないなあと。(苦笑
いつも足引っ張ってるし、あれじゃコンスタンスだってアラミスのほうが(以下自粛
[ 2009/12/03 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する