巻神社

今日は超ローカルな話題です。
ちょうど1ヶ月ほど前、用事があって巻町へ出かけました。

巻町

温かい陽射しのもと、紅葉も美しく気持ちの良い一日。

セイタカアワダチソウ

セイタカワダチソウが群生してます。
狭い地域なので車を止めて歩いて用を足していたのですが、
もう何度も来ているこの街で、見慣れぬ光景に出くわしました。

毘?

……毘? しかも紺地朱の丸まで?
街中、いたるところに2種の旗がはためいています。
なぜ、なぜここに謙信が~~~~!?

巻神社・外観

どうやら神社が原因のよう……。

巻神社鳥居

この神社はいつも通ってましたが、このような状態にあるのは初めて見ました。
神社を「毘」と「紺地朱の丸」が取り囲んでます……。
秋の大祭でもあるのでしょうか。
いずれにしても圧巻です!!!

巻神社

入ってみると、そこは巻神社(槙神社)でした。
縁起を読んでみると、天照皇大神と豊受大神が御祭神ですが、
享保と天保の2回の大火で記録が失われてしまい、創建時期等は不明だとか。
現在の社殿は安政2年に新築されたものだそうです。
天文年間に上杉謙信の崇敬を受けて祈願社となり(陣中旗などの寄進あり)、
江戸期には長岡藩牧野家代々当主の参詣があったとありました。

巻神社・境内

今は町の神社といった趣ですが、こんなところにも謙信の祈願社があったとは。
やはり越後なのだなあと、改めて上杉の地元を感じたプチ幸せな時間でした。

8 Comments

びびんば  

実は・・・・

うちの県の羽後町にある三輪神社も、謙信公から神田(多分越後のどこかの田んぼ)を寄進されていたと聞きます
ましては越後領内の神社仏閣、謙信公が祈願したと言う神社仏閣はものすごく多いでしょうねえ~^^
謙信公の信心深さを物語っていると思いました^^
巻神社、とても立派な作りですね!
瓦の並べ方が絶妙で、竜の鱗のように見えまする!
↑多分うちの県は、トタン屋根の神社が多いから、瓦屋根がそう見えるのかもしれません^^;;;

それにしても、秋らしい、いい風景ですね~v-238

2009/11/30 (Mon) 22:39 | EDIT | REPLY |   

リューザキ弾正  

越後の龍

上でびびんばサンが書かれている様に、社殿の屋根が、龍のようで
とても立派ですね~

さすがは土地柄で、謙信公所縁の場所があるのですね(^^)
コチラは・・・鎌倉時代は鎌倉だった(笑)土地柄で、
源頼朝由来のものがチラホラ・・・

2009/12/01 (Tue) 11:34 | EDIT | REPLY |   

豆州  

偶然

史跡というか、戦国武将所縁の場所を見つけるのは
「おぉ!!ココもそうだったのか~」
と、萌えますよね~^^
ブログ記事で、喜びをわかちあえるのは
今の世の良いところでしょうか。

ところで・・・
「巻神社」というタイトルで、
ジェ○千葉を連想してしまったのは僕だけですかね^^;;

2009/12/02 (Wed) 22:35 | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

謙信公が寄進をしたお寺が秋田にもあるのですね。
仰るように、謙信公の信仰の深さを感じます。
坊主として修行していたからなのか、そういう気質なのか……。
新潟県内には当然謙信公ゆかりの寺や神社が多数あるのでしょうが、
揚北を含む下越地方はあまりそういうのと縁がない気がしていました。
当時は新潟市などは港として重要視されてはいたものの、
大部分がまだまだ未開発の湿地帯でしたしね……。
思わぬところで「毘」を発見し、駆け寄ってしまいました。(爆

> 多分うちの県は、トタン屋根の神社が多いから
ああ~。それは積雪の差ですよね。
それだけ秋田のほうが雪が多いんですね~。
言われてみれば確かに鱗に見えますね。
屋根の形状もあるかもしれません。
あと逆光だったから光の具合も?

2009/12/03 (Thu) 19:34 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキ弾正さん

その土地には当然その土地にゆかりの遺跡があるわけですけど、
思わぬところに思わぬものがあると、
個人的に大発見てな感じで嬉しくなってしまいますよね~。
歴史スキーにとっちゃ日本全国どこもかしこも萌えポイントではありますが。(爆

2009/12/03 (Thu) 19:41 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■豆州さん

毎週日曜に上杉軍のおかしな旗を見せられていたので、
「毘」と「紺地朱の丸」を見つけたときにはテンションがマックスになりました。(爆
桐紋はとりあえず無視。(苦笑
仰るとおり、ブログというのはありがたい存在です。
自分だけでは決して知りえることのない様々なことを、
教えていただけるんですもんね。

> 「巻神社」というタイトルで、
> ジェ○千葉を連想してしまった
ああ、なるほどなるほど!
さすがにそれは思い至りませんでしたが、納得できますよ~。(笑

2009/12/03 (Thu) 19:50 | EDIT | REPLY |   

木暮兼人  

巻町・・・

いかん。
操ちゃんを思い出してしまう(笑)

熱田神社の信長塀のようなものでしょうか??
やはり謙信、信仰はしっかりされていたようで
どこぞのなんちゃって大河の
変節著しいの主人公達とはえらいちがいです

ところで
成海神社は天武天皇が作ったとか何とか
そんな縁起がございますが・・・
神社ってやはりそういう由緒正しい?のが普通なんでしょうか

2009/12/04 (Fri) 00:03 | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

私、知らずと木暮さんにるろ剣ネタをたびたび投下しているような。(苦笑
謙信が信仰熱心なのはやはり寺で修行していたからなのかとも思いますが、
本人の気質というのも多分にあるでしょうね。
こちらの神社には旗とか幟とかを寄進したようなので、
信長塀には勝てないかと。(何が?・笑

神社の由来……。
何をもって由緒正しいとするかいろいろあるかとは思いますが、
例えば村で祟りが出たと騒いで、
その対象物を処理するために「とりあえず祀っちゃえ」というのも、
神社の由来としてはかなりあるような気がします。
大きな神社であれば高貴な方の普請だったり、
寄進やらがあったりが普通かもしれないですね。

2009/12/05 (Sat) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment