Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

美しき髪を売る 

ネットを徘徊していたら、こんなニュースを見つけました。

スペインで髪を売る女性が急増

AFPBB Newsによれば、景気の悪化や失業率の増加により、
スペインでは収入を得るために髪を売る女性が増えているとのこと。
以前は髪を求めて村を渡り歩いたり、アジア方面から輸入していた業者を、
最近は女性自ら髪を売りたいと訪ねてくるようになったそうです。

「髪を売る」というと、私は「レ・ミゼラブル」のファンティーヌを思い出します。
彼女は生活費を稼ぎ、幼い娘のコゼットに仕送りをするため、
自分で床屋に出向き、美しい髪を買い取ってくれるよう頼みます。
床屋も「本当にいいんですか?」と躊躇うほどの美しい髪です。
昔は女性の髪は命であるという意識が強かったですよね。
日本の場合は髪は神に通じるという見解があったわけですが、
外国の場合はどういう理由があったのでしょう。

AFPBB Newsが紹介している業者さんの話では、髪の買取には条件があって、
40センチ以上でカラーをしていないこと。
買い取り額は髪の質と量で50ユーロ(約6500円)~150ユーロ(約2万円)程度になるそうです。
「この2万が大事なのよ!」という急場しのぎには良いかもしれませんが、
長期的に見るとコスパはあまりよろしくありませんね。
人の髪は1ヶ月で1センチくらい伸びるとして、40センチ伸びるまでに4年近く必要ですから、
4年で最高2万しか稼げません……。
かつては女性にとって「髪を売る」という行為はかなりの勇気が必要で、
時には屈辱的なことでさえあったことを思うと、
今もやはりそうした「決意」を持って皆さん髪を売りに行かれるのでしょうか。
あるいは躊躇いもなく売ってしまうような、そんな価値観になったのでしょうか。
いずれにしても、ちょっぴり切ないニュースでした。
[ 2009/11/24 00:49 ] ニュース | TB(0) | CM(8)
かつて国取り物語で、中野良子さん演じる明智光秀の妻が、家計を助けるために髪を売り、それに気づいた近藤正臣演じる明智光秀が、己の不甲斐なさに涙するとシーンがありました。

ドラマならともかく、実際にこんなことがあることを聞かされると、世の中は本当に幸せな方向に向かっているのかと考えさせられます。
[ 2009/11/24 03:24 ] [ 編集 ]
4年で2万円では、コストパフォーマンスは
かなり低いと思います
急場しのぎには2万円は魅力的ですが
それを使ってしまった後とか
次を期待できるかというと、難しいですね
家族親戚その他の髪を売ることに・・・??

ディケンズでしたか?
奥さんが、旦那様へのクリスマスプレゼントを
工面するために自分の髪を切ってしまったら
実は旦那様のプレゼントは・・・
というお話って。
美談だとは思いますが、
髪を売らなければ貯金は愚か当座の収入すらないというのは
その夫婦はよほど貧しい経済環境ということになります
仰るとおり、そのスペインのお話・・・
あまりいい話ではないですよね(-_-;;

ちなみに、私。
高校入学と同時に髪をばっさり切りまして
成人式のヘアピースを作りました
・・・もちろん使ってないんですが(おいっ!)
100%人毛のヘアピースです
さて、ハウマッチ??
[ 2009/11/24 19:12 ] [ 編集 ]
若草物語のジョーを思い出しました^^;;

私事ながら、一時期数年間美容院に行かなかった事がありまして、そんな時「この髪を売ることが出来たら・・・」と不遜にも思ったことがあります
↑しかも、たいした質の髪でもないのに(爆)
時代やお国の状況で、髪に対する思い入れが違うかもしれませんが、やはり髪は女の命・・・・
美しい髪を持ってらっしゃる方が、その美しい髪を売るのは、何となく「勿体ない」感じがしますねえ・・・・--
[ 2009/11/25 21:01 ] [ 編集 ]
こちらのニュース本文からは実際のところがわかりませんね。
不況のせいと書いてはありましたが、
どういった人たちがどういった事情で髪を売りに来ているのかで、
随分と状況が変わってくると思います。
長い髪を切るというだけでも、
今も昔も何がしかの決意が必要と感じますが、
どうなのでしょうか……。
[ 2009/11/26 00:24 ] [ 編集 ]
> 奥さんが、旦那様へのクリスマスプレゼントを
> 工面するために自分の髪を切ってしまったら
O.ヘンリーの「賢者の贈り物」ではなかったでしょうか。
ディケンズのクリスマスものといったら、
金貸しのじいさんが出てくる「クリスマス・キャロル」ですが、
これってどんな話でしたっけ……最後にじいさんが改心することしか覚えてないです。(爆

> 髪を売らなければ貯金は愚か当座の収入すらないというのは
> その夫婦はよほど貧しい経済環境ということになります
実際どのような状況なのかがこのニュースからではわからないので、
本当にそこまで深刻なのかそうでもないのか、判断つきかねるところです。
でも女性として長い髪を切るというのはやはり無心ではいられないので、
何か切ない気持ちになってしまいますよね。

> 成人式のヘアピースを作りました
自分の髪で作られたのですね!
成人式用ということは、シニヨン系のものだったのでしょうか。
そしてお使いになっていない……。(笑
お値段気になります。
ヘアピースの相場がわかりません。(苦笑
[ 2009/11/26 00:56 ] [ 編集 ]
> 若草物語のジョーを思い出しました^^;;
あっ、そうですね、ジョーも髪切りますよね!
性格はボーイッシュなのに長い美しい髪を持っていて、そのギャップも印象的でした。

> 「この髪を売ることが出来たら・・・」と不遜にも思ったことがあります
わかりますわかります!
あんまり伸びてしまうと、いい加減切らなくちゃという気になります。
そういう時って、「これ売ったらいくらになるのかな?」って考えますよー。
もったいないというより、切らなくちゃと思うからでしょうね。
それでもやっぱりちょっと躊躇いますよね、ばっさり切るのは。
スペインの事情はニュースからではよくわかりませんが、
やはり女性として気になってしまいました。
[ 2009/11/26 01:28 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり、O.ヘンリーです(^^;;
短編集買ってまでだったのに
間違えました(泣)

ディケンズは強欲な爺さんが改心します(^^;;


ヘアピースははっきり覚えてませんが
6000円から8000円でしょうか?

一時期脱毛がヒドかったのが回復して
ひと安心の状態ですが
今度はすいてもらわないといけないような(^^;;
[ 2009/11/26 07:54 ] [ 編集 ]
ヘアピースって8000円くらいでできるんですね~。
自前で材料費ゼロだからでしょうか。

その人の一生の髪の量というのは決まってるといいます。
その予定量を満たしてしまうと、それ以上は生えないとか……。
白髪や切れ毛を抜いてしまうのはもったいないとありました。
木暮さんの場合、一時期髪の量が減った反動で、
今フサフサになりすぎてしまったんでしょうか。
そういえば人間の毛も、動物と同じで生え変わるのでしょうか?
春とか秋とか、抜け毛がすごいんですけど……。(汗
[ 2009/11/28 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する