Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

金泥の美しさ 

続いてやって来たのは上杉神社
なんと驚いたことに、ハンパない行列ができてました。
神社でこんな行列、初詣と夏の大祓のときくらいしか見たことがありません。
これはもう仕方ないので脇から参拝。
写真を撮ろうにも、人が途切れないので全くタイミングがつかめません。

上杉神社

しかし、隣の稽照殿(上杉神社の宝物殿)に行ってみてさらに目が点に。
なんと外まで行列が伸びております……。
まあこの機会に「愛の兜」は見ておかなくっちゃねっていうのはわかるんですが、
それにしてもあの狭い室内ですから、当然見物もままならず。
去年とは一応展示物も入れ替えてありまして、謙信のものが減っていた気がします。
毛氈鞍覆とか馬上杯とかなかったような……。
でもいろいろ妄想に浸ってるどころじゃなかったので、ぐるっと一回りして退散。
この辺、去年見てるので割愛します。(笑

さて、行列の上杉神社とは別世界、松岬神社は静かに静かに佇んでいました。
景勝、鷹山、兼続といった方々が祀られている神社ですが、上杉神社への参道の脇にあるせいか、
どうもみなさんあまり気づかずに行ってしまわれる模様。
やはり目の前の「毘」と「龍」の旗に引き寄せられてしまうんでしょうかねえ。

松岬神社

おかげでようやく心を落ち着けて参拝することができました。
私は、個人的にここは景勝公の神社と認識しているのですが(爆)、
周りの騒ぎから隔離されたかのような静けさを保った境内に、
世の中の喧騒を一歩離れたところで眺めている景勝公を感じてしまいました。

そして今回の旅の大きな目的の1つである、上杉博物館で公開中の「洛中洛外図屏風」の原本を見に。
最近のレプリカは精巧でちょっとやそっとじゃ本物と見分けがつかないといいますが、
レプリカを見たときの印象と比べると、やはり発色が違うように思います。
これだけ年数を経ていても、見とれるほどに美しいです。
きっと当時は本当に金色(こんじき)に輝く鮮やかな屏風だったんでしょうね。
もちろん、2つを並べられてどちらが本物か判断できるとは言えませんが、
金泥の色、筆のタッチ、やっぱり違うと思うんですよね。
コピーされたものと、じかにそこに描き付けられたものでは、何かが違う。
それはそこに込められた「心」に因るのかもしれません。
上杉本の洛中洛外図屏風は、一応織田信長から謙信がもらったことになっていますが、
誰が何のために描かせたかは定かではありません。

京都・一五四七年―上杉本洛中洛外図の謎を解く (平凡社ライブラリー)京都・一五四七年―
上杉本洛中洛外図の謎を解く (平凡社ライブラリー)

(2003/10)
今谷 明

商品詳細を見る


謎解き洛中洛外図 (岩波新書)謎解き洛中洛外図 (岩波新書)
(2003/03/20)
黒田 日出男

商品詳細を見る


その謎に迫るべく上の2冊を図書館で借りたものの、
読むのに恐ろしく時間がかかってしまい、時間切れで返却したままになっています。
これを読むときは洛中洛外図のカラー絵が必携です。
ああ、博物館でミニレプリカでも買っとくんだった……。

本当はこの後伯爵邸でお茶をするつもりでいましたが、
法音寺で思わぬ足止めをくらったおかげで、気づいたときにはすでに閉館……。
上杉城址苑でうこぎ尽くしを頂きました。

うこぎ茶とうこぎアイス

まだまだ続きます……。
…の原本が展示されていたから、余計に混んでいたのかもしれませんね…(^_^;)
私の記憶が錯綜しているかもしれませんが
シルバーウィーク中に、天地人展入場者40万人突破
この間、通算入場者数100万人突破と ニュースで報道されていました
やはり、大河効果はすごい…ですね(^_^;)
上杉伯爵邸で庭園を見ながらお茶出来ず、残念でしたが
うこぎ尽くしは、米沢をたっぷりと満喫出来るものだったのではないでしょうか?(^O^)/
[ 2009/10/30 07:05 ] [ 編集 ]
静謐なる松岬神社。・・・まさに景勝公ですね(^^)

レプリカは・・・エ○プソンの製作でしょうか?
やはり、本物は質感が違うと思います。
(目利きが出来る訳ではありませんが ^^;)

それにしても・・・凄い人だったようですね。
大河に踊らされるんじゃない! ← どの口が言う(笑)

上杉博物館では、ミニレプリカを購入・・・胆に命じます♪
うこぎ尽くし・・・いつもうこぎ茶を飲んでいる、かげっちサマを思い起こします(^^)
米沢牛より、景勝公ワールドを胃袋で堪能できるでしたでしょうね♪
[ 2009/10/31 06:27 ] [ 編集 ]
> …の原本が展示されていたから
そうですね、きっとそれもありますね。
でも不思議なことに、洛中洛外のところはあまり人がいないかったんですよ。
手前のドラマ館はごった返しているというのに。
みんな見るもの違うだろうがって思ってました。
うこぎ茶はすでに昨年お試し済だったのですが、アイスは初めてで。
でも普通のアイスとどこも変わらないような気がしました。
うこぎ……というか、葉っぱということすら感じられないアイス……。(爆
[ 2009/11/02 22:54 ] [ 編集 ]
> やはり、本物は質感が違うと思います。
そう思います。
筆の走りとか絶対違うと思うんですよね。
見分けられるかといったら自信ないんですけど。(苦笑

私もうこぎ茶を飲みながら、かげっちさまを思っておりました。
でもこのあと、しっかり米沢牛もいただいてます。(爆
[ 2009/11/02 22:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する