Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

撮了だそうです 

天地人、スタジオクランクアップだそうです。
この週末の南魚沼ロケ(噂によれば明日は八海山)ですべて撮了となるとか。
約13ヶ月に渡って一人の人物の生涯を演じてきた役者さんたちにとっては、
ドラマの内容如何に関わらず、こちらが想像できないくらい感慨深いものがあるのでしょうね。
区切られた空間の中とはいえ、自分とは別な人間として1年間を過ごすというのは、
やはり特別なものなのだろうなあと思いますし。
この一年、ごちゃごちゃ言い続けている私としても、
妻夫木君と北村さんの老けメイクを見ると、
「ああいよいよラストなんだなあ」とちょっとしんみりします。
これって大河でしか味わえない独特の感情ですよね。

Yahooの記事には、

今後の放送では「負け組になった上杉と兼続がどう生きていくか、ここが一番やりたかった。
胸が締め付けられるシーンの連続で、キュンとくるところに差し掛かっています」(番組関係者)


といういようなコメントが載ってました。
キュン……ねえ。
あらすじを読んだ方のお話から想像すると、
キュンの前に、明日の放送で怒髪天となりそうなのですが。

先日とあるブロガーさんに、
「カタリーナさんが一番盛り上がってたのって、OPが発表されたときだよね」
と指摘され、いやまさにそうだったなあと遠い目になりましたー。
何はともあれ、まずは役者のみなさん、美術や衣装などの撮影スタッフのみなさん、
13ヶ月間お疲れ様でした。
[ 2009/09/26 18:33 ] 天地人 | TB(0) | CM(8)
キュン死できるなら、本望ですとも!

でも…明日、妙なビームが出そうです、体内から(爆)

約一年間携わった、役者さんには、お疲れ様ですと言ってあげたいです。

精神的にも肉体的にもハードな現場だったと思います。
先ずは、怪我なく完走出来たことを喜びたいです(涙)

こ、こちらの心は、満身創痍ですが…(汗)
[ 2009/09/26 21:22 ] [ 編集 ]
・・・・というのが、正直な気持ちです--;;
某巨大スレで、スタジオでの撮了の情報をゲットしましたが
越後ロケがそんな早くに行われるとは知りませんでした^^;;

胸が締め付けられると言うより、こちらはこの一年間「首を絞められた」気分でした!

・・・・・良心的なスタッフの皆様、お疲れ様でした!・・・と、まず言っておきます(爆)
[ 2009/09/26 21:49 ] [ 編集 ]
> 約一年間携わった、役者さんには、お疲れ様ですと言ってあげたいです。
そうですね。
役者さんもホンの隙間を埋めるのにご苦労なさったんじゃないでしょうか。
どうしてここからこういう展開になるの?
とか、
どうしてこういうことを平気でするの?
とか、
何かとひっかかることばかりでしたからね~。
ああ、ここまで酷いとはさすがに想像してませんでした。
[ 2009/09/28 01:21 ] [ 編集 ]
> ・・・・・良心的なスタッフの皆様、お疲れ様でした!・・・と、まず言っておきます(爆)
私もこの気持ちでいっぱいです。
多分スタッフさんは例年同様、
この役にはこういうお衣装がいいんじゃないかとか、
部屋の内装にこだわったりとか、最善のお仕事をされたと思います。
特にここの局の造園技術はすごくて、確かにスタジオ撮影とわかってしまうものの、
それでもかなり大掛かりなセットが組まれるのですよね。
いろいろなものがナイ中で生み出すのはかなりの苦労だったんじゃないかと。
そうした縁の下の力持ち的スタッフの皆さんには、
お疲れ様の声をおかけしたいです。
[ 2009/09/28 01:26 ] [ 編集 ]
ギリギリまで撮影していたのですね・・・
大量の批判をものともせず、
崩壊の度合いを強めていっているのは、
歴史好きの人々への意趣返しか何かでしょうか?w

反面教師にしてくれるようなスタッフが多くいることを
期待したいですww
[ 2009/09/29 21:34 ] [ 編集 ]
> 歴史好きの人々への意趣返しか何か
そんなことすら考えてないんじゃないかと。(苦笑
多分メインスタッフが、それぞれ好きなことやっただけだと思います。
CGで合戦が描きたかった人、妄想たっぷりのファンタジーが作りたかった人、
自分のオリジナリティを試したかった人、いろいろですね。
そしてその中には、歴史ドラマを作りたいという人が含まれていなかったんじゃないでしょうか。

> 反面教師にしてくれるような
こんなドラマでもそこそこ視聴率が取れるということに味をしめなければいいのですがねー。
DVDが売れなければ気づいてくれますでしょうか。
改善を望むには、本当はこんな辺境のブログで書き綴ってるよりも、
局に1本メールを送ったほうがいいのかもなあとは思います。
[ 2009/10/01 00:13 ] [ 編集 ]
う~ん
幸村を楽しみにしていたので
ダメツグだの変痴人といわれようが見ていたのですが
あんまり出てきませんでした。
そりゃ上杉とあんまり関係ないのはわかるのですが。

話は変わりますが大河末期の皆ふけてくるという
感覚はカタリーナさんと同じ気持ちです。
でも一番変わったときはヒゲを伸ばした時でしょうか。
男性はヒゲの有り無しでイメージがガラッと変わりますから。
[ 2009/10/02 22:19 ] [ 編集 ]
今年は、がっかりした人がかなり多かったと思われます。
描かれなくてがっかりした人、描かれてがっかりした人。(苦笑
真田家はなんだかサブリミナル的な出演で終わってますよね。
特に関ヶ原、一瞬でした。

ええ、男性陣が老け始めると、ああ大河も終わりだなあと思います。
女性陣は全く年取りませんけどね。(苦笑
ヒゲは顔変わりますよねー!
今回は役者さんが若いせいか、いっせいにヒゲになったのが印象的でした。
[ 2009/10/04 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する