Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女の勲章 

山崎豊子原作のドラマ「女の勲章」、見るとはなしに流していました。
女は女としての性を利用して、男は男としての性を利用してのし上がっていく話。
「白い巨塔」のような骨太な作品を期待していたので、そこはちょっと肩透かしでしたね。
最後までに見て、松嶋菜々子演じる式子が、いくらキャリアウーマンとして努力したとはいえ、
「結局すべてにおいて世間知らずのお嬢様だったということでは……」と思ってしまいました。
原作はもっと深く描かれているのかもしれないし、2夜では納めきれなかったのかもしれませんが、
私としては誰にも感情移入できなかったことが、流し見になっちゃった原因かな。
強いて言えば、木南晴夏さん演じる富江に一番共感していたかもしれません。
というわけで、あんまり深い感想は書けないんですけどね、これだけは言いたいんだ!

玉木宏という俳優は、相手役の女優を輝かせることにかけては天下一品です。

これ、わりと前から思ってたんですよ。
「のだめ」のときの上野樹里ちゃん、「鹿男」と「きょうは会社休みます」の綾瀬はるかさん、
「桜ほうさら」の貫地谷しほりちゃん、「オリエント急行殺人事件」の杏ちゃん、
そして「あさが来た」の波瑠ちゃん。
この「女の勲章」では、玉木くんにエスコートされた浅野ゆう子さんが特に艶かしくて……。
みなさんそれぞれにきれいですが、玉木くんとの芝居を通すともっと魅力的に見えるんです。
どんなときでもヒロインや相手の女優さんを引き立たせてくれる俳優さんて、意外といない気がします。
もちろん、玉木くん自身の格好良さは言わずもがな。
「あさが来た」でも所作の美しさに目が行きましたが、今回も昭和の男のダンディズムに溢れていて、
超ゲスな男なのに、見ていて嫌いになれないものがありました。
だからこそ、松嶋菜々子さんが一瞬見せた嫉妬に狂った女の般若顔が強烈で。
女は怖い、女にこんな顔をさせる男は怖い、と心底思いました。



ファッション業界が舞台だっただけに、お衣裳はどれもステキでしたね。
玉木くんは個人的に昭和の色と感じる明るめのブルーのスーツが良く似合っていて色気倍増でしたし、
松嶋さんは朱に黒襟のタイトなスーツが凛とした美しさを際立たせていました。

ところで玉木くん、秋には舞台「危険な関係」で、
あのプレイボーイ・ヴァルモン子爵を演じますね!
相手役は、メルトゥイユ公爵夫人が鈴木京香さんで、トゥールヴェル法院長夫人を野々すみ花さん。
品位を保ちつつ、退廃と背徳にはまっていく男女の物語、このキャストは絶対ステキですよ!
発表されたとき、「こ!れ!は!」と思いましたもん。
このドラマを見て、その思いを益々強くした次第。
美しき悪人を早く見たいです。
まずは扮装が楽しみ~~~~(はあと)。
スポンサーサイト
[ 2017/04/18 02:22 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(0)

明日ありと思う心の仇桜 

こちらも桜が咲きました。
気温が低いのでしばらく花を楽しめそうですが、何しろ自然が相手。
あっという間に花が開ききって散ってしまう……前に、どこかでゆっくり花を眺めたいです。
それにしても、日本人てどうしてこんなに桜の花を愛でたがるんでしょうね?
今日は朝から天気が悪かったんですが、若干快復の気配が見られた途端、
お花見スポットにわーっと人出が増えてびっくりしました。

桜といえば、こんなことわざがありますね。
「明日ありと思う心の仇桜」
このところの日本を取り巻く情勢に、この言葉がちょっと現実味を持って響いています。

桜2017
[ 2017/04/14 00:20 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

そういえば徳島 

お世話になっているびびんばさんのブログで、「よく話題になるライバルの話」として、
都道府県の対抗意識調査についてのニュースが取り上げられてました。
元記事の方に具体的な図表が載ってるんですが、
ちょっと古い記事とはいえ巷で囁かれているウワサは本当なんだなーと思わされる結果です。

関東圏の栃木・茨城・千葉・埼玉・群馬あたりは、
ライバルは東京じゃなくて、関東圏2位争いみたいな様相。
この地域のライバル争いはすでにネタ化してますが、それがそのまま結果に出てますね。
ざっと見た感じ、どこもほぼ隣県をライバル視してるわけですが、福岡はなぜ愛知なの?!
理由に「福岡より少し都会だと思うから」っていうのがあるんですが、でもなぜ愛知なの?!
びびんばさんも突っ込んでおられた四国は、他3県が香川県をライバル視!
さすがはうどん県ですな。
……で、ふと思い出したんです。
そういえば私、一生足を踏み入れる機会なんかないんじゃないかっていう「四国」に、
それも「徳島」に旅行したんだったわ……!!!ということを(しかもかなり前)。

徳島城址

とりあえずお約束のお城、徳島城。
枡形を見ると「わあ、お城だあああ!」とテンション上がりますね。(笑)
徳島城は、あの蜂須賀小六の嫡男、家政が天正13年(1585年)に築城したお城です。
思い返してみると、幕末期に徳島藩の名を耳にした記憶がないんですが、
蜂須賀家は名字も「松平」をもらっていたそうですし、高松松平家から養子をもらったり、
藩主の父が11代将軍徳川家斉だったことがあったりと、
いわゆる徳川家の血筋として公武合体を目指してはいたようですね。
でも戊辰戦争も終盤にどうやら新政府軍として東北へ派兵しているようで、
それによって処分は免れたということのよう。
ザックリしか調べておりませんが、
この時期、他の藩同様に混乱があったんだろうなと察しますが、
幕末という時代の表舞台に立つような役割までは演じていなかったのでしょうか。


さて徳島といえば、渦潮。
鳴門海峡の渦潮ですよね。

渦潮

クルーズ船に乗って渦潮を見に行き、
「わー、初めて見る渦潮すごーい! 本当に渦巻いてる~」とか小学生並みにはしゃいでたんですが、
帰宅してその話をしたら、「修学旅行で見たじゃない」と高校時代の友人が一言。
あれ? 渦潮見たっけ……。


ところでなぜ新幹線と飛行機を乗り継いで徳島までやってきたかといいますと、これ。

十二単

十二単を着ることのできる旅館があると聞いて、「これは体験するでしょう!」ということだったんです。
十二単は太秦とか日光江戸村とかでも変身コーナーで体験できた気がしますが、
寝殿造りのお宿で平安貴族の遊びを楽しんだり美味しいもの食べたり温泉入ったり、
至れり尽くせりの姫生活ができるとなれば、やはりこちらへ来たくなるというもの。

十二単

袴を履いて、ちゃんと裳裾もつけて、扇子も持たせてもらって、本当にリアル十二単。
着付けに興味津々、めったに出来ない体験に興奮しつつも、これ、

重い!

本当に重くてすべてが「腰」に来ます!!!
しかも袴も引きずるタイプなので蹴らないと歩けないという、優雅とは程遠い状態に。(苦笑)
これで過ごすということは、よっぽど時間がないと難しいなあと思いました。
着替えるのも移動するのも一人じゃ無理だし時間かかるもの。
そういったあたりに、「時代」を感じましたね。
私は結構変身願望が強いので、こういうコスプレちっくなイベントは大好きです。


最後はやはり食べ物で〆ますかね。
地元の方にお伺いしたら、徳島のソウルフードは「フィッシュカツ」だと。
子どもの頃からおやつに買食いするほど、慣れ親しんでいるのが「フィッシュカツ」だと。
とにかく「フィッシュカツ」を推されましたので、食べてみました。

フィッシュカツサンド

サンドイッチになっている「フィッシュカツサンド」です。
フィッシュカツって、香辛料の効いた練り製品を平たく伸ばして、
衣をまぶしてフライにしたものなんですね。
そのまま食べたり、カツカレーみたいにカレーに乗せたり、パンに挟んだりするんだそうです。
練り製品とパン……?と思いましたが、香辛料の効果もあってか、意外と合います。

南の方へ来るといつも思いますが、やはり空が広いですねえ。
周囲の樹木も南国のものになって、体を纏う空気もどこか生暖かくて。
同じ日本でもその気候風土は随分違うと実感しますね。
また新しい体験を求めて、旅に出たくなってきました。
[ 2017/04/01 01:35 ] | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。