Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

どちらも腹に一物ありそうだ 

大河「真田丸」の豊臣陣営キャストが発表になりました。
春前に某サイトで書かれていたキャスティングがほぼそのまま来てましたので、
その意味では新鮮味がなく……っていうか、誰ですかリークしたのは。(苦笑)

【豊臣陣営】
豊臣秀吉・・・小日向文世
北政所・・・鈴木京香
千利休・・・桂文枝
片桐且元・・・小林隆
茶々(淀)・・・竹内結子
石田三成・・・山本耕史
大谷吉継・・・片岡愛之助
豊臣秀次・・・新納慎也
豊臣秀頼・・・中川大志

第一弾のキャスト発表で徳川家のハンパない強さにワクワクしましたが、
どうしてどうして豊臣陣営も一筋縄じゃいかない感じですね。
小日向文世さんはウラがある人もウラのない人も演じられるので、
どう転んでも秀吉の魅力は出そうですし、
三成の山本耕史くんには人望のない能吏が嵌りそうで、
この主従が本能寺後の日本をどうかき回すのか見どころのひとつになりそうな気がします。
しかし大谷吉継に片岡愛之助さんというのは狙ってきてるんでしょうかね?
治部刑部コンビは、そのまま「新選組!!」のときの土方榎本コンビになるんですが。
ふたりの丁々発止のシーンは台本が21ページくらいあったと聞いた覚えがありますが、
今回もそんなシーンが用意されているんだろうなと思っています。
そして豊臣秀次に新納慎也さんというのは「ほほぅ」というキャスティングでした。
新納さんは過去に三谷さんの舞台にも出演されたことがありますが、
私の中ではStudio Lifeの人~という認識でした。
でも確認したら劇団員じゃなかったんですね!
しかも歌のおにいさんだったなんて知らなかった!
三谷さんがコラムで秀次のことを、
  「殺生関白」などとマイナスイメージの強い人だが、
  今回は理想に燃える若者としてフィーチャーする予定。」
と書いていらっしゃったので、なるほど合点のゆくキャスティングです。
鈴木京香さんは、会見を見たら熟女っぷりが増していて、
この北政所も手強そうだわーと、ドラマを想像して早々に緊張してしまいました。(笑)
そして淀が竹内結子さん。
こちらも色んな意味で強力なパワーがありますよねー。
この人がどう立ちまわるのか、後半は毎週ハラハラさせられそうな気もします。
とりあえずキャストに関してはとてもいいところを突いてると思います。
あとは脚本!
三谷さんなので最低限のところは押さえてくるだろうという思いがありますが、
このところこれという作品を書いてらっしゃらない気がしていて若干不安。
やっぱり「面白いものを見たい!」という気持ちも強いので、どうしても期待したくなります。

で、景勝くんに遠藤憲一さんなわけですが、兼続は誰になるんでしょうね?
[ 2015/09/25 23:35 ] 真田丸 | TB(0) | CM(0)

初☆体☆験 

今年は残暑という言葉を聞くことなく、秋へと移行しつつあるようですね。
とはいえ、6-7月の暑さは半端なかったです。
いつもならエアコン28℃と扇風機で寒いくらいなんですが、今年は無理でした。
もうエアコンの真下でいつの間にか爆睡するくらい暑かった!
当然電気代もビックリ金額。

そうこうするうちに秋風が吹いてそこはかとなく寂しさが心をよぎるようになった頃、
……初体験しました。

ついに。

あれを。

そう。

それは 胃カメラ 。

ブログでもちょこちょこ書いてましたけど、5月末から胃腸の調子が悪く、
薬を飲んでも改善されないのでついに宣告されてしまったわけですね。

「もうこれは胃カメラやりましょう!」

ふえええーーん。
私、耳鼻科で喉を見るためのスコープも入れられないくらいなんですけど(反射が強すぎて)、
大丈夫でしょうかと先生に訊いたら、
「それはまあ上手にやってもらうしかないですねー」
と、一蹴されてしまいました。(泣)
いえね、私、「喉からにしますか? 鼻からにしますか?」と訊かれると思ってたんですよ。
それがまったく訊かれる気配がなく、「それなら当日訊かれるのかな?」と思ったわけです。
胃カメラのために個人病院から総合病院へと移ったんですが、
ところがそこでもまったく何も訊かれることなく、問答無用で「口から」の準備をされました。
普通は訊かれないもんなんでしょうか?
喉からが無理だった場合のみ、「鼻から」という選択肢が浮上するのでしょうか?
「口からやっても喉からやっても同じだ」とは聞いてはいましたけど……。

で、結論から言いますと。

胃カメラを飲み込むことよりも、事前に飲まされたシロップの不味さに耐えられませんでした!

多分とってもとっても上手な先生だったのだと思います。
カメラが喉を通る時も特に苦しくなく、確かに何度か「ぐえええ」とはなりましたが、
想像していたほどの辛さはありませんでした。
事前に呼吸法を練習していきましたし、
検査中もなるべく呼吸を整えるように集中したのが功を奏したのかもしれません。
看護師さんにも「お上手ですねー」と言っていただけたのは、慰めだったかもしれないけど。(笑)

しかしですよ。
事前に胃の中がよく見えるようにするシロップなるものを飲まされたんですけど、
これがもう本当に激マズでした。
なんとも例えようがないのですが、しいて言えばうすーく人工甘味料が入っている葛みたいな。
飲んでる時から吐きそうなくらい不味かったんですけど、
その不味いシロップが入っている胃をカメラでかき回すわけですから、
不意にその味が上がってきたりして、そっちのほうがもう気持ち悪くて気持ち悪くて。
あの不味さがなかったらもっと楽だったのにーと思います。
あとね、喉の麻酔なんですけど。
今はゼリーなんですね。
半分飲んで、「残りは喉の入り口に溜めておいてくださいね☆」と言われたんですけど、
それって結構な努力が必要じゃないですか?
しかも5分ですよ?
5分間喉に何か入れたまま鼻呼吸って苦しくないですか?
筋肉が弱ってきてるお年寄りとかでも大丈夫なんですか?

そんなこんなで私の胃カメラ初体験は割とあっさり終わったわけですけど、
できればもう二度としたくない、かんべんして欲しいですね。(泣笑)

肝心の結果は全く何もなく、これには本当に安心しましたが、
逆に原因がわからず振り出しに戻っちゃいました……。
これから秋の味覚が楽しめる季節になるのにー。
[ 2015/09/16 00:26 ] 日常 | TB(0) | CM(2)