Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015 ~大楽~ 

幕張メッセ

人生で初めて幕張メッセへ行ってきました。
まさか私に幕張メッセへ行く機会が訪れようとは!
学会と縁のない仕事をしていますし、展示会も招待されたりしないですし、
ライブとかも行くことがないですし。
……って!

MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015

あれれ?
バンドのライブに来ちゃったよ!

MASOCHISTIC ONO BAND LIVE TOUR 2015
  What is Rock? ~ロックって何ですか?~


いつもお世話になっているAkiさんにお誘いいただいて、
MASOCHISTIC ONO BAND のライブに来ちゃいました!
大楽ですよーーー。
いやー、楽しかったなあヽ(=´▽`=)ノ

まずこのバンドについてなんて説明しようかなあと思ってWiki見てみたんですけど、
「2013年に結成された6人組の日本のロックエアーバンド」はいいとして、
メンバー紹介でちょっと笑ってしまいました。
なんで仏像好きとネコ好きなんて属性が記載されてるんだろう。(笑)
要するに声優の神谷浩史さんと小野大輔さん、
加えて彼らがやってるラジオ番組の構成作家さんやプロデューサーさんたちでエアバンドを組んで、
持ち曲が7曲しかないのにライブツアーをやったんです。(笑)
それはさておき私がすごいなーと思うのは、
声優さんたちがイベントに出演するのはわかるんですが、
普段は完全に裏方の関係者さんたちもメインとして出演したということなんですね。
それだけの関係が出来上がっていないと、なかなかこういうことはできないと思うんですよ。
お互いによく分かり合っていて、信頼もあって、だから真面目にもできるし、羽目も外せる。
またお客さんの喜ぶツボもよく心得ていて、持ち曲が7曲しかない中で楽しませてくれました。
歌って踊って小芝居してラジオも収録して。
ああ、まんまシティハンターなアニメも流れたっけなあ。(笑)
もちろん、番組恒例のラジオ収録風景を編集した映像も流れましたよ。
さらにトロッコに乗って客席を回ってくれるというサービスもあってみんな大喜び(^^)
私はAkiさんのお陰でアリーナ席の通路側という良席に恵まれて、
トロッコに乗るメンバーを間近に拝見することができましたが、
彼らはちゃんとスタンド席も回ってくれたのですよ。
これは本当に良かったなー。
こういう一体感とかワクワク感とかトキメキとかって、
クラシックの演奏会にはない雰囲気なんですよね。
もちろんクラシックでも同じ言葉で表現できる感覚は味わえるんだけど、
そのベースが根本的に違うんですよね。
なんか羨ましいなあって思ってしまいます。

覚書として一応セトリ。

1: Masochistic Over Beat
2: Dear Girlは眠らない(MOB ver.)
3: DIRTY AGENT(MOB ver.)
4: 漢!裸武奏帝 改め 髏紅(ロック)裸武奏帝
5: 軌跡 / 岡ナオキ(特別ゲスト)
6: Glow My Way
7: ツムギイト
8: 30minutes Shootin’ Star
9: この歌がとぎれないように
10: Dangerous Groove Six
11: Ace of Asia
アンコール1: 紅蓮の弓矢 / 超人アンコールマン
アンコール2: Say Your Name!〜Dear Girl〜(MOB ver.)
アンコール3: FLYING IN THE SKY / 超人Wアンコールマン


関係ないのになぜかアンコールで歌われた、
「紅蓮の弓矢」(しかもカラオケ)で異常に盛り上がってしまいました!
歌ったのはアンコールマン(に化けた3M)なんですが、
HIRO-Cが「何イェーガー言ってるんだよ!」って嫉妬するくらいに。(苦笑)
スミマセン、「イェーガー!!!!」って叫べて楽しかったです。(爆)
ありがとうございます。

もちろん、キングブレードこと光る棒も激しく振ってきましたよ♪
これで私の夏休みは終了ですが……あーあ、カラオケ行きたくなっちゃった!

キンブレ
[ 2015/07/26 22:16 ] ポップス | TB(0) | CM(2)

助けてアドルフさん! 

この部屋に住むようになって10年以上になりますが、
先日、初めて、本当に初めてアイツに遭遇しました。

そう、あの黒くてデカイGです。

あの晩、私がPCに向かって仕事をしていると、
ヤツがキッチンの方から堂々と歩いてきました。
「くぁwせdrftgyふじk!!!!!!」と思った私は、ヤツを凝視。
なぜかヤツも動きを止めて、触覚で様子を伺っています。
感情を失った私は本能的に「コイツは絶対に殺らねばならぬ!」と悟り、
ヤツを刺激しないようにクイックルワイパーを手に取りました。
シートに台所洗剤をふりかけ、ヤツの身体に振り下ろします。
それまでありがたいことに微動だにしなかったヤツですが、当然のごとく逃げられました。
しかし怯んではいられません。
仕留め損ねたらずっと眠ることができないじゃないですか。
床に壁にと逃げるヤツを執拗に叩き続け、ついに浴室で決着がつきました。
しかし戦いはこれで終わりではありません。
侵入経路を突き止めねばなりません。
その日は結構暑かったので、窓を開けて網戸にしていました。
そのとき虫か何かがぶつかる音がしたんですよね。
「カナブンにしてはデカイな……」と思ったのですが、
もしかしてあれはヤツで、網戸の隙間から入ってきたのでしょうか?
それならいいんです、通りすがりさんだから。
オソロシイのは床などの隙間から入ってきた迷子と、通いの常連さんだった場合です。
うちを保育所にされては困る!!!!!!!!

ヤツを抹殺したあと、毎日通いの証拠となる置き土産がないかチェックしているのですが、
自信はないものの、なんだかアヤシイんですよね……。
「イヤだ」と思うから、ちょっとしたゴミもすべて置き土産に見えてきてしまうし、
でも本当に置き土産なのかもしれないし。
結局、これまでにもかなり気になっていた床と壁の隙間をシーリング材で埋めてしまいました。
大家に怒られてもいいです、Gのほうがずっと怖いです><
本当はキッチンにある大きな隙間も埋めたいのですが、
冷蔵庫を動かさないといけないので手が出せない……。
ちなみにうちは家具をすべて壁から10cmは離してあるので、
ここにコロニーを持つことはほぼ不可能と見ています。
毒餌を置いたほうがいいのかなとも思うのですが、
とりあえずキッチンには気配がないので一応様子見。
このところ、帰宅したらまずチェックと掃除をしないとくつろぐことさえできません。
一連のことを実家で話したら「ちょっとそれは病気だよ」って言われました。
「Gなんてどこにでも住んでるんだから騒がなくても」って。(泣)
お母さんヒドイ……( ;∀;)
確かにここは雪国といっても普通にヤツらは住んでます。
実家にも一昨年赤ちゃんがチョロチョロしてたようですが、
ブラックキャップを置いたら、置いたことを忘れるほどに効果がありました。
とはいえ、遭遇率は低いと思います。
私、ヤツの姿は人生で数えるほどしか見たことがありません。
だから耐性もないし、知識もない。
ググったら「アドルフさんの仇と思えばいい」(参照TERRA FORMARS
というありがたいアドヴァイスがありましたが、
アドルフさんの仇を取れるような特殊能力は取得してないですし、
むしろアドルフさんに助けてほしい!!!!!!!!!!(本末転倒)

それはさておき、とにかく心の安寧がほしいです。
黒の場合、万が一保育所になるとしたら出現から1か月後くらいですよね。
一番暑い盛りに、耐えられない。(泣)
私の目につかない野外で生きてくれるのは構わないです。
もう二度と目の前に現れないでーーーーーー!
[ 2015/07/19 02:14 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

宝塚月組公演「1789~バスティーユの恋人たち~」 

東京宝塚劇場へ行ってきましたよー。
宙組の「銀英伝」以来なので約3年ぶり。

今回はフレンチロックミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」です。
DVDで見た「ロミオとジュリエット」がとても好みの作品だったので、期待を込めての観劇でした。

タイトル通り、フランス革命ものです。
「ベルサイユのばら」は王族側から描いたフランス革命、
「スカーレット・ピンパーネル」は貴族側から描いたフランス革命、
そしてこの「1789」は初めて民衆側から描いたフランス革命でした。
フランス人以外でこれだけフランス革命に詳しい人間がうようよいる国は、
他にないんじゃないでしょうか。(苦笑)

東宝「1789」


音楽はフランス映画に通じる雰囲気があって、ちょっと独特。
それがまた新しくて心地良いんですよね。
すぐに歌って帰れるようなキャッチーなメロディーはありませんが、
場面場面に印象に残る歌がたくさん用意されています。
「ロミオとジュリエット」を観たときにも感じたのですが、
やはりフランス語のリズム感を日本語で出すのはほぼ不可能なんだと思います。
メロディーと歌詞がしっくりこないことが少なくありませんでした。
これは翻訳ものの宿命で仕方ないのですが、音楽がいいだけに残念な点でもあります。

ストーリーは主人公の青年が、重税に物申して殺された父の仇を討つべくパリへ出て、
そこで革命家たちと知りあうことにより、革命に身を投じていくというものです。
賭博や恋人フェルゼンにうつつを抜かす王妃マリー・アントワネットや、
鍛冶仕事が好きで政治から逃げている国王ルイ16世、
国王の座を狙う現国王の弟アルトワ伯といった王族側のあれこれも同時進行で描かれていくので、
ベルばらやスカピンに慣れ親しんだ層には良かったと思いますが、
そうではないお客様は若干戸惑うのではないかと思いました。
というか、結構脳内補完を要求されます。
特に前半と後半のアントワネット様の変貌ぶりには、
演じたトップ娘役さんの愛希れいかさんに惜しみない拍手を送りつつも、
シナリオ的にもうちょっと丁寧に描いて欲しかったなと思いました。
まあ全体に脚本はあんまり練られている感じではなく、
どちらかというとストーリー性のあるショーといったところでしょうか。

印象的だったのはコーラスが素晴らしかったことですね。
そのまとまりとクォリティには群衆の迫力をさらに増す効果があり、聞き惚れましたよ!
そしてラインダンスも斬新でした。
衣装がトリコロールの赤、青、白の3組に分かれていて、これが色ごとに踊るんですよね。
色でフォーメーションを組むという振付は初めてで、とても素敵でした。
あと研1さんたちは太ももがとってもムチムチしているのがなんだか嬉しいです。←

あとは個々にちょっとだけ。
トップ男役の龍真咲さんは、農民出身の青年ロナン役。
父の仇への恨みを革命への情熱に託して、真面目で一直線なところが、
ミュージカルの王道的ヒーロー像でした。
ただ私は彼女の持ち味はもっと色気のある役で発揮されるような気がしました。
セリフ回しや歌を聞いていると、多くの女性を弄びつつも、
実は心の奥にどうにもできない恋を抱いているみたいな、
もっと男の危ない色香がただよう役が似合うんじゃないかなと。
というか、そういうのを見てみたい。(笑)

トップ娘役の愛希れいかさんは王妃マリー・アントワネット。
1幕の奔放で自分の楽しみ以外考えることをしない幼いアントワネットから、
2幕ですべてを悟った覚悟の王妃へと変わっていく様が見事でした。
ずっと失われない「誇りの高さ」ゆえに、最後の最後に涙を誘います。
シナリオの不十分さは前述のとおりですが、
そこを埋めてくれるだけのものを感じさせる芝居でした。
構成的、配役的にこうならざるを得なかったのでしょうが、
非常にもったいないなと……。

実質ヒロイン(オランプ)を演じたのはWキャストの海乃美月さん
キャストが発表になったときから物議を醸していましたが、
実際に拝見してみてやはりこちらがヒロインだと思いました。
オランプは皇太子の養育係でありながら、
平民のロナンと知り合って恋に落ちる女性。
主人公の恋人役であるだけでなく、
対立する王侯貴族と民衆を結ぶ役であることからいっても、
こちらがヒロイン格でしょう。
海乃さんは歌も芝居も安定していましたが、
ロナンに一目惚れして彼のために危険をおかすほどかというと、
それには冷静で賢すぎるように思いました。
もっと恋に身を焦がす感じが欲しかったかな~。
でもそんなシーンもなかったので、これもシナリオの問題か?(苦笑)

革命家3人組(デムーラン:凪七瑠海さん
ロベスピエール:珠城りょうさん、ダントン:沙央くらまさん)は、
それぞれに特徴を出していて目を引きました。
理想に燃えるデムーラン、己の情熱に酔い気味なロベスピエール、
仲間のムードメーカー的存在のダントン。
みんな「自由、平等、博愛」を掲げ民衆のために活動しているのですが、
この後全員断頭台に消えるんだよな……と思うと複雑な気持ちになりました。
その原因になるであろう性格の片鱗が、透けて見えたんですよね。

トップ娘役さんを主役と対抗するアントワネットにしたことで、
おそらくアントワネットの出番が増やされたものと思われます。
そのために貴族と平民の差がくっきりと出たのは良かったのですが、
その分物語の深みが足りなくなった感は否めません。
トップ娘役さんがオランプではダメだったのかな?
昔はトップ娘役をも食う「個性の強い2番手娘役さん」がどこの組にもいたものですが、
最近はそういうタイプの方はいらっしゃらないようなので、
アントワネットを振れる人がいなかったのかな……。
トップさんのデュエットダンスは、ラブラブなものじゃなくて、
フラメンコで対立を表すものが良かった気がしました。
フラメンコは恋の歌がほとんどですが、その中身は「恨み」が多いですし、
男性同士の対立する踊りもありますから、
せっかくこういう配役にしたのなら、そういう激しいのが見たかったかな。

こちらの作品、来年帝劇で上演されます。
主役の小池徹平くんはきっとハマり役だと思います!
あとヒロインの神田沙也加ちゃんもきっと似合うと思うし、アントワネット様はあの花總まりさんですよ!
私、今からとっても楽しみにしていますヽ(=´▽`=)ノ
[ 2015/07/16 00:28 ] 宝塚歌劇団 | TB(0) | CM(2)

勝てる気がしない(苦笑) 

やっと! やっと!
来年の大河「真田丸」のキャストが発表になりました。
この時期のキャスト発表はことさら遅いわけじゃないんですけど、
題材と主演の発表が早かっただけに、本当にジリジリと待たされている感じでしたよ。

【真田家】
真田信繁・・・堺雅人
真田信之・・・大泉洋
真田昌幸・・・草刈正雄
山手殿・・・高畑淳子
村松殿・・・木村佳乃
とり(信繁祖母・恭雲院)・・・草笛光子

【真田家親戚筋】
きり(信繁側室)・・・長澤まさみ
高梨内記(きりの父)・・・中原丈雄
梅(信繁初恋の相手)・・・黒木華
堀田作兵衛(梅の兄)・・・藤本隆
小松姫(信之正室)・・・吉田羊

【真田家忍】
佐助・・・藤井隆
出浦昌相(出浦盛清)・・・寺島進

【徳川陣営】
徳川家康・・・内野聖陽
阿茶局(家康側室)・・・斉藤由貴
本多正信・・・近藤正臣
本多忠勝・・・藤岡弘、

【大名その他】
上杉景勝・・・遠藤憲
北条氏政・・・高嶋政伸
滝川一益・・・段田安則
武田勝頼・・・平岳大
室賀正武・・・西村雅彦

まず思ったんですけどね。
徳川家強すぎないですか????(爆)
勝てる気全くしないですよ?
だって内野聖陽さんの家康に、あの佐渡守が近藤正臣さん、そして忠勝が藤岡弘、さんですよ?
もうラスボス感ハンパないじゃないですか。(笑)
内野さんいわく、家康は「台本を落としそうになるほど奇想天外」だそうですが、
なんかもうものすっごい面倒くさい男になりそうだな~~って思ってます。

一方真田家は、かつて幸村を演じた草刈正雄さんが昌幸を演じるという、
このオマージュ的なキャスティングに注目したいところですが、
それはさておき一番の話題は「信之・・・大泉洋」ですよね。
多分、みんなが一番納得できていないキャスティングだと思いますし、
大泉洋さんも「今までの自分のイメージと違う」とコメントされてます。
私もここは知的イケメン枠と予想していたので、まさかのファニー系とは思いませんでした。
三谷さんが描く信之ですので、大泉さんでピッタリと思わせるような人物になるんだろうと思いますが、
ただ奥さんが吉田羊さんなので、
いつも「しっかりなさいませ!」って言われてそうな雰囲気が無きにしもあらずです。(苦笑)

上杉フリークとしては景勝に誰が来るか気になってましたが、遠藤憲一さんでした。
まさか1年間ヒトコトも喋らないとかじゃないですよね?(三谷さんならやりかねない)
遠藤憲一さん、すごくいい声なのにーーー!
遠藤さんはコメントが面白かったです。
「実は、上杉景勝という男がどういう人なのかよく分からないまま、
1年間上杉景勝役を演じたことのある方とつい最近のクールで共演していました。
だけど制作発表を迎えるまで言っちゃいけないと思って、何も聞かずに終わりました。
今日、この日にいろいろな人に質問して、上杉景勝を研究したいと思います」
北村一輝さんのことですね。(苦笑)
三谷さんがどんな景勝を描くのかも非常に興味あります。
あとは……長澤まさみさんが忍びから奥方にレベルアップしたこととか、
堺雅人さんの信繁と黒木華さんのお梅ちゃんの初恋エピがどうなるのかとか、
ってあれ? そういえば信繁正室の竹林院は発表なかったですね。
大谷吉継の身内だから、豊臣チームと一緒なのかな?
家康が内野さんの時点で、秀吉に誰がキャスティングされているのか全く想像できないです。
草刈さんと大泉さんを当てたサイゾーによれば、
秀吉=小日向文世さん、淀殿=竹内結子さん、お寧=鈴木京香さん、三成=片岡愛之助さん
ということになるんでしょうか。
あとひとり名前の上がっていた山本耕史くんは……大野治長とかかなあ。
大谷吉継は誰になるんだろう。
豊臣チームの発表も待たれますね。

音楽は「新選組!」のときと同じく服部隆之さん。
また一年間、日曜日が楽しみで仕方なくなるような、そしてまた散財してしまうような、
そんな大河を期待したくなりました。
[ 2015/07/11 00:18 ] 真田丸 | TB(0) | CM(4)