Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

朗読能シアター 『咸陽宮』 其弐 

ということで、『咸陽宮』ですけれども。
全然公演の余韻から抜け出せなくて、購入した台本を読み返してはため息をついています。
DVDに残らないとわかっていたので全神経を使って出来る限り記憶しましたが、
それを忘れたくなくて、何度も何度も反芻してしまいます。
こんなの初めてですよ……。
台本を販売してくださって、本当にありがとうございます。

兎にも角にも、なんとか冷静に感想を残しておきたいと思います。(多分ものすごく長文)
今回は公演に臨む前に「あらすじ」だけ読んでおこうとネットで調べたのですが、
拾った「あらすじ」が文字通り「あらすじ」でしかなかったので、
その典拠となっている平家物語の第5巻を読みました。

……なんか、ぬるい?

すみません、まずそう思ってしまいました。(汗)
平家物語なので物語にあれこれ飾りが付いている感じがするのは仕方ないとして、
殺されそうになった始皇帝が后の機転で難を逃れるという展開、
それも刺客が、后の奏する琴に聴き惚れてしまったために仕留め損なうというのは、
初めてこの話を読んだ私でも「えっ……そうくる?」と一瞬考えこんでしまいました。
物語の 「お や く そ く」 として突っ込んではならないのかな……(´・ω・`)みたいな。

実は事前に演者5人の配役は発表されていなかったので、
誰が何をやるか以前に、どの人物が登場するかもわかっていなかったのですね。
ただこれを読んで、
「えー、この展開ならちょっとあれだけど、遊佐さんは刺客の荊軻がいいなあ」とか思っていました。
しかしそこへ「史記を読んでおくといいですよ」というアドヴァイスが流れてきたので、
上京目前ではありましたが、速攻図書館でコピーゲット。

うわああ、こっちのほうが断然面白いじゃないか!

平家物語を読んでモヤッとした部分が、納得行くものとして描かれていました。
もしこれが底本だったら「遊佐さんには始皇帝をやって欲しい」と思いました。
冷酷で慈悲もなく、それなのに襲われたら逃げ惑うしかなく、
家臣の協力で命は助かったものの、怒りまくって刺客を放った燕を攻める。
わああああ、そんな遊佐さんおいしそう(・∀・) ←

前置きが長くなってしまいましたが、要するに脚本に一抹の不安があったんです。
でもそんなのは杞憂、余計なお世話にでした。
史記をベースにしつつ、上手く平家物語につなげて、最後は見事に落としてくれました。
后の琴に聴き入って仕留めそこねる展開はそのままでしたが、
でもそれがかえって物語を悲哀に満ちたものにしていたと思います。

個々の感想と総括はたたむこととして、河合龍之介さんのツイッターから千秋楽後のお写真を拝借。
そのほか、脚本家の高橋郁子さん、甲斐田裕子さん、平田広明さん、渡辺大輔さん、
そして雅楽で舞台を盛り上げてくださった中田太三さんの千秋楽後のブログもリンクしておきます。

みなさん、この素晴らしい舞台を作り上げてくださって本当にありがとうございました。



[ 2015/05/29 10:28 ] 舞台 | TB(0) | CM(4)

朗読能シアター 『咸陽宮』 其壱 

私にとって今年最大のイベント、もっとも楽しみにしていた舞台。
朗読能シアター 『咸陽宮』を見ることができたのは、本当に幸せなことでした。

この舞台のコンセプトは、初めて能楽に触れる人がその演目を楽しめるようにと、
能楽の台本を元に脚本を起こして【現代語】で朗読をするというものです。
もちろん後日、ちゃんとお能の舞台で上演されます。
この試みももう4年になるそうで、今回は「咸陽宮」。
秦の始皇帝の暗殺を扱ったお話で、平家物語の第5巻が底本となっています。

fgyhujikolp.jpg

【出演者】
甲斐田裕子さん、河合龍之介さん、平田広明さん、遊佐浩二さん、渡辺大輔さん


私は基本的に、「芝居を見る前に予習はいらない」ものと思っています。
舞台というものは、そもそも予習をしなくても理解できるものでなくてはならないと考えているからです。
でも今回は中国史ということもあり、馴染みのない名前が出てきて戸惑うのもあれだなと思い、
能のあらすじと平家物語に加え、史記の刺客列伝も読んでいきました。
ある意味完全にネタバレした状態で臨んだわけですが……。

これは声を大にして言いたい。
本当に素晴らしい作品でした。
このスタイルの脚本は、これまでに触れたことがありません。
朗読でも演劇でも、セリフが重なるということはほぼありません。
ドラマなどでは、必ずひとりのセリフが終わってから、他方のセリフが入ります。
ところがこの朗読劇では、セリフがかぶさってくるのです。
かぶさるセリフは感情だったり、表情だったり、動作だったりするのですが、
ふたりの人物の思いが交差するときに使われている技法でした。
人が同じものを見ていながら、まるで別な感情を抱くということが手に取るようにわかる。
うなりました。
題材が皇帝暗殺なだけに、そこにはいくつもの対立の構図があります。
だからこそ、このセリフの重なりがいっそう生きてくる。
こんな風に文章にしても、多分見た人にしかわからないと思います。
あえて例を求めるとすれば、ミュージカルの重唱のようなものでしょうか。
そしてその朗読を支える雅楽。
控えめな音でありながら、その独特の響きで雰囲気を作り上げていく様は、
実に心地よいものでした。

最近は朗読といっても、舞台機構を派手に使ったり、
音楽や照明に工夫をこらした演劇並みの演出で見せるものもあります。
この朗読能シアターは、その真逆を行くもので、演者さんたちは葛桶に座ったまま微動だにせず、
動きといえば入退場と台本の紙をめくることだけ。
照明も、相対している人にスポットを当てることで場面転換を示すだけで、
とにかくひたすら「朗読に集中」することになります。
観客の集中力を引っ張るだけの脚本のチカラと、演者さんたちのチカラ、そして観客の集中力が、
題材にふさわしい緊張感を生み出し、見事な「咸陽宮」の世界を作り出していました。
ああ、この雰囲気、本当に多くの人に味わってもらいたい!!!!

お話や演者さんのことに触れないうちにこんなに長くなってしまった……。
なので、次回に続きます。
[ 2015/05/28 02:39 ] 舞台 | TB(0) | CM(2)

アドルフさんに会ってきたよー! 

5月24日まで銀座駅構内に、漫画「テラフォーマーズ」から、
実写版アドルフ・ラインハルトが掲示されていましたーーーー!

アドルフ・ラインハルト

ふわああああ、カッコイイィィィーー! 美しいぃぃぃぃ!
こちらはアドルフさんひとり写りで、銀座駅丸ノ内線の改札の外。
よく見る壁にドーーーンってやつだと思っていたらまさかの衝立で(泣笑)、
実は見つけられなくて数回通りすぎて探してしまいました。
集英社と資生堂のコラボ企画で、資生堂のトップヘア&メイクアップアーティストの原田忠さんが、
モデルさんにヘアメイクをほどこし、撮影したものにCGを加えているようです。
衣装ももちろん、特別製作。
昨年は同作品からミッシェルさんを3D化していて、そのときのインタビューで印象的だったのが、
「コスプレにならないようにする」ということでした。
作品やキャラクターを大切にしつつ、あくまでもファッショナブルな芸術作品に仕上げることを、
スタッフのみなさん、心がけていたようです。

ところで、何しろ改札のすぐ脇なので、人通りが多くてなかなかシャッターチャンスが訪れないのですが、
ちょっと脇に回ってアップで撮ってみました。

アドルフ・ラインハルト

眼光と稲妻にしびれますわ。
アニメでは金髪でしたが、原作だとシルバーなのかな?
メイクってすごいですね……。

続いて銀座線へ移動します。
丸ノ内線から銀座線て結構歩くんですね。
田舎にいますと駅がここまでデカイということがないので、
○○線から△△線まで少しでも歩くということに違和感というか、抵抗感というか、
「何でこんなに遠いの!」って思ってしまいます(;´∀`)
……と思ってるうちについたよ!
今度は銀座線の改札内すぐなので、
シャッターチャンスがもう本当に開かずの踏切並に訪れません。

コラボ4種

やっとこさ撮ったのがこの1枚。
こちらは前のコラボ企画だった「ジョジョの奇妙な冒険」と「テラフォーマーズ」の4人写り。
改札の出入口なので、気づかないで通り過ぎる人がほとんどでした。
もうちょっと見やすい場所だとよかったのにな。
アドルフさんのグラビアはテラフォのサイトで見ることができますよ。
髪の質感とか影の差し方とか、手元近くでもっとずっと眺めていたいです。
[ 2015/05/26 00:53 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

第1963回「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」 

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当の森です
今日のテーマは「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」です。
みなさん映画は観られますか...
FC2 トラックバックテーマ:「 映画は迫力のある映画館派?まったり家で見る派? 」



目についたので考えてみようと思います。

私は映画作品も、ほとんど家で見ます。
というのは、「その作品がなぜ映画という形態で作られたのか?」がよくわからないから。
映画ファンの方に怒られそうですけれども。(苦笑)
あ、映画ファンのみなさんは、もちろん映画館で見る派ですよね?
テレビドラマが普及する前からあった映画作品は、
それが文芸映像表現の唯一の手段だったので、今の映画とは一緒にできませんが、
そもそも映画とテレビドラマの差ってどこにあるんでしょう?
まず当然ながら、撮影技法が異なりますよね。
映画だとスクリーンが大きくなるため、引きの絵の割合が増えると感じています。
テレビドラマは画面が近くて小さくなるので、バストショットが多くなり、
たまにやたらアップばかり入れてくる演出家もいますよね。
シナリオ的には、テレビドラマだとCMを考慮しなくてはならないので、
CMで中断されることを念頭に置いた構成が求められてくると思いますし、
その点映画は2-3時間集中させるためのロングスパンでの構成が重要なのかなあと。
ただこれはどちらも「見せ方」の違いであって、そもそも作品の内容に差はあるのか?と。
よく「これは映画向きの作品」とか、
「これはテレビドラマでやったほうがいい」というような感想を見ますが、
その判断の基準て何なのでしょうか?
テレビドラマだとテレビ局の意向があって、スポンサーの意向があってと、
なかなか企画が通らないというのはあると思います。
その点映画だと、「製作委員会」を主体にすることができるので、
テレビドラマよりは内容に自由度を持たせられるのかなというのもあるかもしれません。
でもこれって、映画館で見る醍醐味とは関係ないですよね……。
そういう中でも、「これは映画館で見よう!」と思う作品もあります。
それは「大きいスクリーン」で「引きの絵」が映えるとわかる作品。
大量の軍馬や群衆が出てくるとか、明光風靡な風景とか、豪華絢爛な衣装とか。
とはいえ毎年あまたの映画が公開されても、そういう作品ばかりじゃないですしねえ。
つまり私は、映画の魅力がわかってないんだろうなあ。
雰囲気が違うと言われても、演劇ほどの大きな差を感じられませんし……。(←重症?)

みなさんはテレビドラマと映画の違いって、何だと思いますか?
[ 2015/05/14 00:02 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

いまさらながらGW 

あっという間にGWが過ぎ去りましたが……。
振り返れば、休日らしい日は1日だけだったなあと。


花畑

天気はイマイチでしたが、「チューリップが見たい!」という友人とドライブに出かけ……。


チューリップ

道すがらに言われた「チューリップなんてもう終わってるわよ」というオバサンの言葉通り、
チューリップはほぼ咲ききっており……。


子ヤギ

動物園へ立ち寄ったら子ヤギが生まれていて、
怪我防止のために切られた角の跡が「能力を封じられた妖獣」のようで若干萌え……。


アルパカ

アルパカさんたちはご飯に必死でまったく顔を上げてくれず、見たのはお尻ばかり……。


カピバラ

カピバラさんに至っては微動だにしませんでした……。
お昼寝がウラヤマシイィィィィ。

たまにはこういうのんびりした散歩もいいですね。
学生の頃は友人たちと1品ずつ料理を持ち寄って、よく公園で寝転がったりしたことを思い出しました。
そういうの、またやりたいなあ……。
[ 2015/05/13 00:50 ] 日常 | TB(0) | CM(4)