Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チケット購入でワクチン募金 


先日購入した観劇チケットを発券してきたのですが、確認していて気づいたことがありました。


チケット


※このチケット購入で途上国の子どもたちのワクチン1人分が寄付されました。

今まで数知れずチケットを発券してきましたが、初めて見ました。
これは発券したセブン-イレブン特有のものなのか、はたまた興行主の意向なのか……?
と思い調べてみると、とあるサイトがヒットしました。

カンフェティは、チケットの売り上げの一部で、
認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)の活動を支援しています。


ああ、カンフェティだったのか!
そういえば今回ここでチケットを買ったんでした。
カンフェティはプレイガイドのひとつです。
大手では扱わないような、小劇場系の作品のチケットを販売している印象です。
カンフェティでチケットを買うと、1枚につき1人分のBCGワクチンと同額のお金が寄付されるとのこと。
昨年もカンフェティでチケットを購入しているので半券を確認してみましたが、
チケットにはこのような但し書きはありませんでした。
ということは、この1年の間にプロジェクトに参加したということでしょうか。

寄付、というと、やはり東日本大震災での教訓があり、
どうしてもその寄付先をあれこれと確認したくなってしまいます。(苦笑)
その結果ですね、どうもこの寄付先もいろいろあるようでして、
「チケット買ってワクチン募金できたなんてよかった♪」と思ったそばから、
ちょっとモヤッとしてしまいました。
募金団体も組織ですから、まあいろいろあると察しますし(チカラ的なアレとか資金的なアレとか)、
キレイ事だけではいかないのだろうなと思ったりもしますが、
善意が怠慢や悪意によって台無しにされることだけは避けたいですね……。
スポンサーサイト
[ 2015/04/28 01:15 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

「細かいことは言わなくていい。攻め口を教えてくれ」 

先日話題の「名刀伝」を読みましたという記事を書きましたが、
その元となったゲーム刀剣乱舞

やっておりますよ!

歴史スキーで声優さんスキーときたらやらないわけないじゃありませんか。(爆)
え? 艦これはって?
やってません。(即答)
だって「艦隊これくしょん」は女のコちゃんたちだから~。←

ゲームといっても編成組んで武具を装備して、
陣形選んだあとはボタンひとつで敵と戦わせる……という至ってシンプルなもの。
ずっと画面を見ていなくてもいいのが助かります。
私としては、刀剣がどんなふうにキャラ付けされてるのか興味があったのと、
基本的には「ボイスを楽しみたいだけ~」という程度の動機で始めたので、
効率よい戦い方だの、鍛刀レシピの研究だの、そういうのはいっさいしていません。
みなさんの検証はたまに参考にさせてもらっていますが、
正直なところ、超レア刀だった三日月宗近をゲットしてからは、
すっかりまったりムードになっております。(苦笑)

おじいちゃん

だってこれをゲットするのが、ゲームを始めた一番の目的だったんですもん。
なぜならCVが鳥海さんだったから。(笑)
いやまさかね、じじいキャラで来るとは思ってもみませんでしたよ。
確かに現在のラインアップの中ではもっとも古い刀剣ではあるのですが、
まさか自分で「要するにまあ、じじいさ」と言うとはね。(笑)
そして鳥海さんのじじいボイスがまたよく合っているんですよ!
鳥海さんといえばそこはかとなく漂う色気で悩殺!という声なんですが、
じじいキャラでもね、「ああ、おじいちゃん若いときものすごくモテたでしょ?」って思います。(笑)
「あっははは! いいぞいいぞ、触ってよし」とか言いますしーーーー。
どれだけ慣れてるんだっていう。
鳥海さんには今後、他でもそういうおじいちゃん役が回ってくるといいな~と思っています。

現在全部で44振りの刀があるのですが、これだけあるとキャラもほとんど揃いますね。
俺様系からツンデレ、王子様、ワンコ、ボクっ子、男の娘、オネエ……。
そんな多彩な男子たちの中で、私が好きなのは次郎太刀

次郎太刀

ご覧のとおりオネエです、次郎姐さんです。
気風が良くて頼りになってお酒が好きで、会っただけで元気もらえちゃいます。
「居酒屋次郎」があったら毎晩通っちゃいたいくらい好きです。(笑)
でもねえ、私の近侍ではないんですよねえ。
一般には主(プレイヤー)に対して第1部隊の隊長は「近侍」と呼ばれています。
一番の重臣で、主の片腕的存在ということでしょうか。
武具の製作や鍛刀するとき、もしくは刀剣をレベルアップさせたいときなど、
その都度近侍を変えることができるので、いろんな刀を側に仕えさせてみましたが、
結局スタート時に選んだ刀に戻って来てしまいます。

歌仙兼定

私の近侍は「風流」でなければ絶対にイヤだという歌仙兼定です。
本記事のタイトルは、この歌仙兼定の索敵時のセリフです。
細川忠興の刀で、名前の由来はぜんっぜん風流じゃないんですけどね。(苦笑)
ゲームスタート時には、次の5振りの刀の中から自分の近侍を選びます。

加州清光(CV:増田俊樹)
陸奥守吉行(CV:濱健人)
蜂須賀虎徹(CV:興津和幸)
山姥切国広(CV:前野智昭)
歌仙兼定(CV:石川界人)

この中なら私は迷うことなく、界人くん一択です!
すみません、見て一発、一も二もなく声優さんで選びました。(笑)
声優さんといえばへし切長谷部の新垣さんも好きなんですけど、
長谷部は近侍にしておくには重い。
なんていうんですか、健気で忠実でコイツ絶対裏切らないなっていう、
信頼感100%な刀なんですが、その気持ちが重い。
彼女の愛が重すぎて別れたくなる男の気持ちがちょっとわかる。(爆)
一途すぎる性格のせいか、
プレイヤーの中では、多分もっとも弄ばれてるキャラだと思います(;´∀`)
「社畜」とまで言われてますからねえ。(苦笑)
他に一期一振のいちご兄さんや、鯰尾藤四郎の鯰尾くんもお気に入りです。
鯰尾くんの「ご期待に添えました!」は聞きすぎて、頭の中をエンドレスです。(笑)

それはさておき、今のところこれといった大きなイベントもなく、
私もログインするのが週に1度あるかないかみたいになってきてるんですけど、
まだまだ新たな刀が投入されるのでは?と思っているので、
早く「大般若長光」を登場させて欲しいです!
どんな美形なのか。
どんなキャラになるのか。
そして声は?
実装を期待してまーすヽ(=´▽`=)ノ
[ 2015/04/21 01:55 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(4)

おまえがおれをころすたべもの 

ちょっと前、桜を見るために来日したドイツ人がツイッターで話題になっていました。
彼は桜前線とともに北上して日本旅行を楽しむつもりだったようなのですが、
途中で出会った「カツサンド」の旨さにノックアウトされ、
以降、桜ではなくカツサンドを追い求めて旅をしたようなんです。
詳しいことは失念してしまいましたが、
彼のカツサンドとの出会いは、確か「まい泉」のヒレかつサンドだったと思います。
「揚げた分厚い肉がパンに挟まってる!」というのが、ドイツ人にはビックリだったようで。
あちらのカツ(シュニッツェル)は仔牛の肉を叩いて薄くし、
細かいパン粉をつけて少ない油で揚げ焼きます。
粗いパン粉でサックサクに揚げられた日本の豚カツとはまったく違います。

シュニッツェル

厚い肉を求めていない私は、個人的にはシュニッツェルのほうがヒレ肉だし好きなんですが、
豚カツのあの食感と、ソースが絡まったときの風味が格別であることはよく認識しています。(笑)
かのドイツ人もこのカツとソースとパンのトリプルコンボが病みつきになったようで、
店で食べるならコメダ珈琲のカツサンド(ボリュームすごいですよね!)が、
買うならLAWSONまちかど厨房の厚切りかつサンドがお気に入りになった模様。
帰国前にはどこかでビフカツサンドを食べて幸せ気分のまま帰路についたのですが、
ドイツに帰ってから恋しくなったのがコンビニでよく買ったという物騒な食べもの。

おまえがおれをころす……という名の食べもの。
彼いわく、

You Kill Me Die Hook....

何だかわかります?


[ 2015/04/17 00:01 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(4)

進撃の巨人OAD 「悔いなき選択」後編 

「進撃の巨人」スピンオフ、「悔いなき選択」の後編を見ました。
前編を見たときに「続きは4ヶ月後かー、遠いなあ……」とか思ったのに、
気がつけば4月ですよ!
花見もできないうちに桜が散り始めてますよ!


進撃の巨人 悔いなき選択(1) (KCデラックス ARIA)進撃の巨人 悔いなき選択(1) (KCデラックス ARIA)
(2014/04/09)
駿河 ヒカル、「進撃の巨人」製作委員会 他

商品詳細を見る



ということで、スピンオフのアニメ版についてですが。
とりあえず最初に一言いいですか?

グロかったよ(゚Д゚il!)!!!.....

予想外のグロさでしたよ、もう!
ちょっと感想を見てみましたけど、ホント皆さんも「グロい」「グロい」連呼されてます。
作画はいつもながらハイクオリティーです。
その綺麗な絵で、グロいシーンを見せる。
だからこそ余計にショックでしたし、結構トラウマレベルでした。
テレビじゃないから描けたのでしょうね。
私もフラッシュバックするので、リピートしたくてもリピートする勇気がありません……!

以下、盛大にネタバレした状態で語り倒します。
肝心のストーリーなんですが、前編で感じたモヤモヤは、
解消されることなく終わってしまいました。(汗)
話のメッセージはとても深く、本来はとても良い話なのだと思います。
「後悔はするな。結果など誰にもわからない。
ひとつの決断を、次の決断のための材料にして初めて意味を持つ」

このエルヴィンの言葉がすべてで、ストーリーはここに帰結するために進んでいきます。
大方の予想通り、リヴァイは唯一の仲間といっていいファーランとイザベルを失います。
初めて巨人と戦い、初めて人が巨人に食われる様を見たリヴァイに、
この2人の死が言葉を失うほどの衝撃を与えたことは想像に難くありません。
自分自身に過剰な自信があったがゆえに、その衝撃はより一層増したものと思われます。
2人が巨人に勝てなかったのは決してリヴァイのせいではないのですが、
リヴァイ本人は自分の行動ゆえだと思ってしまいます。
――何かを信じた結果が、最善の結果をもたらすとは限らない。
世の中というものは非情で残酷で、だからこそ人はそこに希望を探さずにいられません。
リヴァイは後悔と絶望の淵で、本当は恨むべき相手であるエルヴィンの中に、
リヴァイなりの「希望」を見出すのです。
リヴァイとエルヴィンの信頼関係は、感情からくるものではなく理性によって作られたものです。
だからこそ、どんなときでも絶対に揺るがないのだとわかります。
実に深い物語だと思います。

ところがです。
このメッセージの深さに反して、描写はとても薄いものでした。
そもそもリヴァイ、ファーラン、イザベルの関係が、苦楽をともしたことは想像できても、
単なる「仲間」以上のものとして描かれていないので、物語に対して説得力に欠けてしまうのです。



上の引用は若干内容がずれるのですが、作品構成も同じことが言えるのではないかと思うのです。
要するに、作品の中に想像や妄想できる余地は必要なんだけれども、
頑張って脳内補完しないと理解しにくいというのは残念なことなのではないかと。
私はこの作品になぜ遊佐浩二という役者が起用されたのか、ずっと謎に思っていました。
これは遊佐さんに慣れてしまったがゆえに、
「遊佐さんがやるんだから何かウラがあるんだろうなー」と思ってしまうのも問題なのですが(苦笑)、
物語の流れ的にも、リヴァイとファーランの間には、特別な何かがあると思っていたのです。
だからこそ仲間の死を経て「人類最強の男」としてのリヴァイが誕生するのだろうと。
でも「昔からの仲間」以上の描写はありませんでした。
もしかしたたら原作では描かれているのかもしれません。
原作を読んだ人によると、「いいところが全部カットされてた!」そうですから。
結局この3人の関係に深みを持たせられなかったところが、
この作品の「物足りなさ」や「薄さ」の原因だろうなあと思います。
実にもったいないと思います。

長くなってしまったけれど、最後にひとつ。
ファーランとイザベルの死のシーンをちゃんとアニメでも描いて欲しかったという声を、
いくつもいくつも見かけました。
おそらく原作ではとてもいいシーンなのでしょうね。
作中では、単独行動をしていたリヴァイが異変に気づいて戻ってくると、
すでに2人の死骸が転がっていた……という展開でした。
私はこれは正しい構成だったと思います。
この作品はリヴァイの視点で描かれています。
リヴァイは大切な2人を助けることも、その死に際に側にいることもできなかった。
視聴者もリヴァイと同じ視点に立つことで、
「悔いなき選択」の意味を知ることができるのです。
……ああ、つくづくもったいない作品!
[ 2015/04/16 00:18 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

朝ドラ「マッサン」 


連続テレビ小説 マッサン 完全版   BOX2 [Blu-ray]連続テレビ小説 マッサン 完全版 BOX2 [Blu-ray]
(2015/04/24)
玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス 他

商品詳細を見る


朝ドラは「あまちゃん」以来です。
記事を遡ったら、「あまちゃん」て2013年の作品だったんですね。
つい最近まで見ていたような気がしましたが、時間の速さがオソロシイ……。

さて昨年秋スタートの「マッサン」。
今回はウィスキーづくりの話ということでしたが、
正直なところ、ウィスキーに関してはほとんど印象に残っていません。
ウィスキーの性質上、その変化を派手にわかりやすく見せることは難しいのでしょうね。
その代わりこのドラマは、「相容れないものとの共存」がテーマになった気がします。
職人と商人、外国人と日本人、建前と本音、新しいものと古いもの。
その「相容れないもの」に対していかに共感し、それをいかに受け入れ、
ときに真っ向から否定し、そして妥協し折り合いをつけるか。
これは世の常であり、永遠の課題でもあると思うのですが、
今よりも世界がずっとずっと狭かった時代において、
受け入れること、大きく変化するとは想像以上に困難を伴ったろうと思います。
そういうことを描く上で、大正時代の国際結婚と洋酒って、実に適した題材でしたね。

この作品の魅力は、個性あふれる役者さんたちでした。
玉山鉄二さんは、今までどちらかというと硬派のイケメン役が多かったと思います。
それがこんな面白い芝居ができるんだと、新たな魅力を発見しました。
マッサンという男は、私の周りの女子にはすこぶる評判が悪かったですが(苦笑)、
玉山さんの「ダメ男」芝居はとても魅力的でした。
これからどんな役を演じられるか、楽しみでもあります。
そして私が大好きだったのが俊兄でした!
最初はいけ好かない感じだったけど(笑)、
「おぼっちゃま、おぼっちゃま」って、本当にマッサンを大事に思ってるんですよね。
職人としての意地、男としての意地、義理人情、
そのすべてをまっすぐに貫いた男だと思います。
同じ真っ直ぐでも、マッサンの直球と俊兄のそれはちょっと違うんですよね。
マッサンは愛すべきウィスキーバカだけれど(笑)、
俊兄は一歩引いて観察できるところがあって、やっぱり「兄」なんだなあって。
こういう曲者が愛されキャラになるところは、八嶋智人さんのお芝居ならではだと思います。
そして俊兄のお嫁さんのハナちゃん。
小池栄子さんが演じたハナちゃんは、嫁としての理想かもしれません。
夫を完全にお尻に敷いているんだけれど、夫を立てるところは立てる。
決して媚びへつらうことなく、自然に夫を「男」にしている。
この夫婦は漫才みたいなところもあって、見ていて本当に気持ちがよかった。
鴨居の大将を演じた堤真一さんは、後半に一度も登場しなかったのが残念でした。
大言壮語を吐きながら、それをハッタリでも何でも実現に持っていくその豪快さが、
若干ダレがちだった物語の前半を引き締めていました。
マッサンがダメダメすぎたぶん、
鴨居の大将の魅力が相対的にUPしていたのもあるかもしれませんが。(笑)
最後にエリーちゃんですが……。
私これ、もうエリーちゃんを見ているのか、シャーロットさんを見ているのか、
途中からよくわからなくなってました。
日本語をまったく知らないシャーロットさんがいかに撮影に苦しんだかは、
折にふれ報道されてきました。
その彼女の頑張りはエリーに通じるところがあり、
なんというかもうこの半年間、ずーっと「がんばって!」と思って見ていた気がします。
だからエリーの臨終は悲しいというよりも、
「マッサンに見守られてよかったな」という安堵の気持ちのほうが強かったですね。
マッサンが先に逝ってしまって、彼女が1人取り残されるなんて考えたくなかったから。

このドラマは、人のつながりが温かい作品でした。
2つのスピンオフ作品が待ち遠しいです。
[ 2015/04/12 00:34 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。