Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『ウォリアーズ  歴史を動かした男たち』 第1章 徳川家康 

6年前に見つけた「ウォリアーズ  歴史を動かした男たち」シリーズ。
英BBCと米ディスカバリー・チャンネルの共同制作として話題になっていましたが、
全編英語という言葉の壁を前に、「いつか字幕になればいいな~」と思ったまま忘れてました。
先日久しぶりに思い出して探してみたら、日本で発売になってたんですね。

ウォリアーズ DVD-BOXウォリアーズ DVD-BOX
(2010/06/02)
ジェームズ・サイトー、勝野洋 他

商品詳細を見る


早速レンタルして、第1章のTHE SHOGUNこと「徳川家康」を見てみました。
ここでは関が原を通して将軍家康を描くとしています。
BBCはドラマもドキュメンタリーも良作が多いと聞いていますし、
ディスカバリー・チャンネルはドキュメンタリーを専門とする局。
そういういわゆる海外のドキュメンタリーのプロがどう関ヶ原を料理するのか、
非常に興味がありました。
ドラマパートは英語に日本語字幕ですが、ナレーションは松平定知さんが担当されており、
「その時歴史が動いた」を彷彿とさせる雰囲気となっています。
これは外国人視点で、結構本格的なものが見れるのかなと期待が膨らみました。

が。

始まってすぐに、「武士道」全面推しなことにまず違和感がわき起こり、
さらにニンジャが出てきたあたりから雲行きが怪しくなりました。
そして三成が家康の元へ逃げこむとき、白塗りで女装をするんですが、
家康「それなりに化粧をすれば大坂芸者にも化けられよう」
三成「恐悦至極」
この会話に、(・o・)という顔のまま一瞬思考が止まってしまいました。(爆)
お互いに嫌味の応酬なんだと思いますし、
外国人にとってイメージしやすい例え&サービスなんでしょうけど、
日本人ならまずこういう会話は書かないですよね。
オール京都ロケだったと聞いた記憶がありますが、
さすがドキュメンタリーのプロといった感じで、
合戦シーンは大河制作チームもびっくりの迫力とクォリティー。
ドラマの展開はともかくも、映像としては非常に見応えがあります。
しかし見終わってみると、何を伝えたかったのかがはっきりしません。
日本人はおおまかな流れを知っているのでいろいろ補完しつつ理解できますが、
全く何も知識のない海外の視聴者に、果たして家康の偉大さが伝わったのかどうか。
というのも、家康の人となりが浮かび上がるほどの突っ込んだ描写はなく、
しかも関ヶ原の戦いが日本史上どれだけ重要な合戦だったかがここではわからないからです。
秀忠との父子関係はそれなりに描かれていましたが、
これは「歴史を動かした男たち」というシリーズのオチとしては弱すぎます。
また忠義についても鳥居元忠のエピソードを使って表現しようとしていましたが、
無理やり「武士道」と結びつけているので見ていてモヤッとします。
しかも、関ヶ原を三つ葉葵vs大一大万大吉にしてしまっているので、
最後の「豊臣が滅んだ」というナレーションが宙に浮いてしまい、
「結局何の話だったんだ?^^;」ということになってしまうのです。
初めに「史実を元にしたフィクションです」とのテロップが入りますが、
ドキュメンタリーとしても、ドラマとしても非常に中途半端で、
せっかく京都で大掛かりなロケを行ったというのに残念極まりないです。
ただ、先に挙げた家康と三成の会話のように、
「日本人ならそうは考えないだろうなあ」というような展開もあるので、
その辺りに注目すると面白いかもしれません。

ところでこの作品、景勝くんが出てたはずなんですけどどこにいたんだろう。
上杉討伐はナレ一言で済まされてましたけどね。(苦笑)
スポンサーサイト
[ 2014/05/30 23:29 ] 時代劇 | TB(0) | CM(2)

ヒゲの女対決! 

びびんばさんから教えていただいたこちらのお写真。



衝撃でした。
ツインテールにヒゲ面のオッサンが、雪の中ではしゃいでる……!!!!!!!
「レディビアードちゃん」と、「ちゃん」付けでお呼びするのが良いような気がするのですが(笑)、
こちらレディビアードちゃんの公式サイトには、
『レディビアードとは、プロレスラー、ヘビーメタルシンガー、パーティーロッカーと、
あらゆるパフォーマンスを香港、台湾、オーストラリアに衝撃を与える
奇妙で獣のようなかわいい女装をしたパフォーマー。』
と、紹介されています。
それ以上のことはわかりませんが、パフォーマーとして女装しているだけで、
特におネエであるとか、そういうことではないのかな?
どうしてこうなったのか気になるところですが、
「ヒゲ夫人」の名の通り、女装なのにヒゲを残しているところがいいなあと思います。
そうかと思えば、下の写真のようなイケメンぶりを見せていたり。



あ、あれ? 着物がやっぱり?^^;

さて、これと前後して、ヨーロッパにもヒゲ夫人がいることを知りました。



コンチータ・ヴルストさん。
こちらはオーストリアの歌手です。
ヨーロッパでは毎年「ユーロビジョン・ソング・コンテスト(ESC)」というのが開かれています。
簡単にいうと「ヨーロッパ歌謡祭」みたいなもので、各国で選ばれた代表アーティストが生歌を披露し、
審査員や視聴者による投票でその年の優勝者を決めます。
その今年の優勝者がこちらのコンチータ・ヴルストさんでした。
彼女はトランスジェンダーで、生まれはトーマス・ノイヴィルトという青年です。
「コンチータは男女であり、女男である」と本人が言うように、
男性の象徴ともいえるヒゲと女性的な外見をミックスすることで、性の差をぼかしているとのこと。
「女の顔にヒゲがある」と注目してもらうことで、人々に性について考えてもらうことも目的のようで、
彼女の場合は非常に明確かつ強い目的意識を持って「ヒゲの女」となったようです。
その意図は命中し、彼女がオーストリア代表としてESCに出場することは、
オーストリア国内でもかなりの物議を醸したようですし、こうして世界の目も集めました。
ユーロビジョンでのパフォーマンスを拝見しましたが、
声はやはり男性に聞こえますが、女性的な響きも持ち合わせていますね。
もし何も知らずにこの歌声だけを聴いたら、女性か男性かちょっと迷ってしまうかもしれません。



[ 2014/05/27 01:49 ] ニュース | TB(0) | CM(2)

すごい色。 

おみやげに頂いたアボカドのトルティージャ・チップス。

トルティージャ

すごい色です。
パッケージとここまで寸分違わず同じ色っていうのも珍しい。
画像だと「そこまで?」という感じですが、手に取ると超ドみどりです。
超で、ドな、みどりです。
アボカド味のお菓子って食べたことないし、想像つかないのですが、
超ドみどりな色にビビりながらも食べてみました。

ん?
んん?

アボカドの味しないんですけど?!
普通に普通のトルティージャなんですけど?
で、原材料を見て衝撃が。

アボカドの文字がない!

あったのはパセリです、パ・セ・リ!!!
よく見たら、アボカド味のトルティージャ・チップスじゃなくて、
「りある ふれーばー うぃず あぼかど」
アボカド風味のトルティージャ・チップス。
でもどこにもアボカドって文字ないんだけど、味もアボカドじゃないんだけど、
何をもってしてアボカドって謳ってるんだ?
……コワイ。


[ 2014/05/21 23:16 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

憂いに満ちた人生? ~軍師官兵衛 OP~ 

毎年大河のOPについて戯言を綴っておりますが、
もう5月も半ばで今更感も半端なく、「別にいいかなー」と思ったのですが……。
やっぱり毎年恒例になっていることですし、一応今年も記事にしてみます。

今年の音楽は菅野祐悟さんが担当されています。
菅野さんの劇伴は、「SP」や「外交官 黒田康作」などのドラマで耳にしてきましたが、
特にメインテーマに関して言えば、非常にメロディアスな音楽を書かれる方だと思います。
上記ドラマのメインテーマはそれぞれ雰囲気が異なりますが、
どちらもシリアスドラマで影のある主人公ということもあり、
憂いを含んだ旋律がとても良く合っていました。
今回「軍師官兵衛」のメインテーマに関しては、
「SP」と「黒田康作」をミックスした感じになるのではと思っていたのですが、
正直言って、ここまで切ない音楽になるとは思ってもいませんでした。
予想通り、始まった頃は「戦国らしくない」とか「ワクワクしない」とか、
ネガティヴな感想ばかり目にしていたので最初に言っておきたいんですが、
私は今回のメインテーマは過去の音楽をリスペクトしつつ、
菅野さんらしい非常に美しい作品になっていると思っています!

大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1大河ドラマ 軍師官兵衛 オリジナル・サウンドトラック Vol.1
(2014/01/29)
TVサントラ

商品詳細を見る


構成は非常にオーソドックスで、ファンファーレに始まってメイン旋律、
Bパート、リフレイン、締めという流れで、大河の伝統を引き継いだ形です。
毎回書いていますが、大河のメインテーマは「主人公の人生を表している」と私は思っています。
そういう意味では、今回の音楽からは実は官兵衛の人生は全く浮かび上がってきません。
「くろべえってこんなに憂いに満ちた人生送ってたっけ?」と、初回視聴時に思ったくらいです。
しかし私はこのメインテーマを聞いた時点で、
今回描こうとしている官兵衛像というものを垣間見た気がしました。
官兵衛といえば幽閉事件はクライマックスの1つでもありますが、
ドラマとしてもここを支柱として官兵衛という人間を造形しようとしているのではないでしょうか。
つまり作品としては、ここが出発点ともいえるのかもしれません。
加えて側室は持たず、戦のない世の中を作るために奔走し……。
番組のコンセプトを思い返すと、このメインテーマがきちんとそれらを表現していることが聞き取れます。
にもかかわらずあまり印象に残らないとすれば、
それは制作側の官兵衛像と視聴者の持つ官兵衛像のギャップのせいだと思うんです。
メインテーマをイマイチと感じてらっしゃる皆さん、ぜひ一度目を閉じて聞いてみてください。
音楽としては壮大で、非常に大河らしいんですよ。
で、あるとき思ったんです。
「主人公が明智光秀とか石田三成とかだったらしっくりくるんじゃないかなあ」
もう一つ、これは否定する方が多いかもしれませんが「真田幸村」もアリじゃないかと思いました。
そう感じたとき、ふっと「岡田くんも幸村のほうがハマったのでは……」とも思ったんですよね。
そのときは当然ですが、再来年「真田丸」が来ることは知りませんでしたし、
発表になったときには「あああ、なんか惜しい!」と思ってしまいました。
曲のラスト、滝から水が落ちるように音が低音に向かって滑り降りてゆきます。
そしてそれは明るい音色とともに昇華されていきます。
これは果たして官兵衛の最期を暗示しているのか否か。
最終回に注目したいと思います。
[ 2014/05/19 02:13 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

ちよこれいと 

実は、最近チョコレートを食べ始めました。
「え??? カタリーナさんが!? どうしたの?」
私をご存知の皆さんはそう思われるでしょうね。
でも子どもの頃苦手だったものが大人になって好物になるように、
人の嗜好も年齢ととともに変化していくんだなあと実感しています。

明治 チョコレート効果カカオ86%BOX 70g×5箱明治 チョコレート効果カカオ86%BOX 70g×5箱
(2014/04/15)
明治

商品詳細を見る


私が食べているのは、この明治のカカオ86%チョコ。
チョコレートが食べたいと突然思って食べ始めたのではなく、
某局の「ガッテン」でチョコレートネタを見たのがきっかけです。
放送中は当然のごとく「ふ~~ん」くらいにしか思っていなかったのですが、
翌日小腹がすいたなとコンビニに入ったとき、これがたまたま目に入りました。
そのときもちろん、前日のテレビの内容もいくらかフラッシュバックしましたよ。
発酵食品であることとか、傷の治りが速いとか、太らないとか、鼻血は出ないとか。
そして目の前にチョコがあるとなると、試してみたくなっちゃうのがヒトってもんですよね。(苦笑)
カカオ86%のものはカカオのほうが砂糖より多く含まれているし、
これだったらちょっと食べてみてもいいかなーという気になりました。
そしたらね、割りと行けるんです。
口どけは結構まったり重い感じなんですが、甘ったるくないので後味が軽い。
そして何よりチョコの重さがお腹にたまるせいか、おやつがいらない!!!
これはすごい発見でした。
ガッテンでちらっとダイエット効果がーみたいなことを言っていた気がしますが(ちゃんと見てない^^;)、
もしかしたらこの「おやつ欲抑制効果」も「ダイエット効果」のひとつなのかしら。
もちろん誘われればケーキを食べたりおまんじゅうを食べたりしますよ。
でも、少なくとも以前のように自分でクッキーやらおせんべいやらを買うことはなくなりました。
その代わり、このチョコを常備してます。(笑)
調べたら、カカオ95%ヴァージョンもある模様。
でもどこの店でも見たことないなあ。
ちなみに、試しにカカオ70%やミルクチョコ系を買ってみましたが、これはダメだった。
どうも砂糖が多いチョコは未だにNGのようです。
なんなんでしょうか、甘いチョコって、なんだか化学っぽい味がするんですよね……。
傷の治りがとか、動脈硬化の予防に効くとかはわからないですが、
「過ぎたるは及ばざるが如し」で、適度に食べていこうかなと思います。
カカオ含有率が高くて美味しくてお手軽価格なチョコ、ご存知だったら教えて下さーい!
[ 2014/05/14 22:37 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(6)

お兄ちゃーーーーん! 

真田幸村×三谷幸喜!2016年大河ドラマ「真田丸」制作決定!

ということで、先日のリーク記事が本発表となりました。
やはり題材は「真田幸村」でしたね。

うわーーーい、お兄ちゃんに会えるーーーーーーーーヽ(=´▽`=)ノ

ワタクシの武将遍歴は、サル→信之兄さん→景勝くんですので、
ここでお兄ちゃんがクローズアップされるのは嬉しい限り。
タイトルの「真田丸」が砦の名前であると同時に、
【戦国の荒波に立ち向かう真田家を、一艘(そう)の船にたとえている】そうなので、
内容は俯瞰の歴史ドラマというよりは、一家族がどう戦国の世を生き抜くかというような、
ある意味「我が家の歴史」的な描き方になるのかもしれません。
それはそれでいろいろと物議をかもしそうではありますけど、
家中を色濃く描いてくれるとしたら、それはそれで面白いんじゃないかなと思いますよー。
キャラ立ちに関しては三谷さんは得意だと思うので、全く心配してません。
史実がどーの、展開がどーのはともかくも、どの人物にも思い入れを持って、
一個の愛すべきキャラとして描いてくれるはずと、そこは期待しています。
1年掛けて描くからこその醍醐味を、今回も味わいたいです。
あと、人質時代も描くということなので、「天地人」のリベンジもついでにお願いシマス( ;∀;)

キャスティングについてはスポーツ紙によると、
「演技力のある役者」で「骨太な」大河にして欲しいみたいな話があるとのことで、
主役はいわゆる「三谷組」から選ばれるのではとも書いていますから、
もしかしたら藤原竜也くんあたりかなーと思いました。
8月の人形劇版ホームズにもゲスト出演しますし。
ただ藤原くんが1年も舞台をお休みするとは考えにくいところもあり……。
三谷さんがどういう幸村をイメージしているのかはわかりませんけれども、
キーワードが「知恵と勇気と家族愛」「抜群のリーダーシップと胸のすくような活躍」なので、
あるいはもうちょっとシャープな人かな?
今だから言いますけどね、実は今年の大河を見ながら、
「岡田くんてむしろ幸村のほうが良かったんじゃ」って思ってたんですよね。
なんかちょっと残念ー。
ちなみにウワサの堺さんは、ここだと信之兄さんだなあ。
評判の高い大型時代劇「真田太平記」は見ていないので、
前のイメージにとらわれることなく素直にキャスティングも楽しみにできます。
これを機にまた久しぶりに真田モノに戻ってみようかな。
さすがに「真田太平記」を読み返す元気はないので(苦笑)、誰か新しい作家さんの真田モノでも。
そしてこれから1年くらいでしょうか、キャスティング予想大会を堪能したいと思います!
[ 2014/05/13 00:54 ] 真田丸 | TB(0) | CM(4)

植林されました 


カタリーナ 様


こんにちは、グリムスプロジェクトチームです!

お待たせしました。
カタリーナ 様のグリムスを今回植林してまいりました!


●今回の植林

-場所:中国内モンゴル自治区阿拉善盟
-日時:2014年4月
-樹種:スナヨモギ・カボウ・ネイジョウ・サカイソウ
-本数:7000本



ということで、2月15日に大人の樹に成長したグリムスちゃんが、先月植林されたそうです。
そしてどの樹もわかんない……(;´∀`)

次のグリムスちゃんも育ってます。
こどもの日には金太郎とこいのぼりが飾られてました。
そういえば街では、こいのぼりをあまり見なかったなあ。

グリムス
[ 2014/05/09 21:21 ] グリムス | TB(0) | CM(0)

「独眼竜政宗」 #1-5 

スポニチ・アネックス:16年大河は“三谷戦国”主役候補に役所広司、佐藤浩市ら

ということで、再来年の大河は三谷さんが執筆の模様。
まだ制作発表なり公式発表があったわけではないですが、
かなり前からずっと「三谷さんで真田モノ」というのは言われ続けていたので、
「とうとう来たか~」という気持ちです。
記事内では主演候補に役所さんや佐藤浩市さんなどの名前が挙がっていますが、
何ら根拠があるわけではなく、多分記事に色を付けたっていうだけじゃないかなと思います。
現段階では堺さんもアリかなと思えますが、もし題材が真田ならナシでしょうね。
あるいは堺さんを主演にということであれば、
負ける側に興味があるという三谷さんの意向も考えて、私は三成を推します。
不安要素としては、三谷さんのような小ネタを拾ってつなげる面白さが魅力の場合、
戦国のような国vs国みたいな大きくて長い年月に渡る話をどう描くのかなあというあたり。
あまり大きな大名家ではなく、内輪ネタが多く、刀だけでなく策士部分も強くて……というと。
あれ? 真田家も該当?
うーん、「九度山の日々」とかで2ヶ月くらいもたせそう。(苦笑)
予想はともかく、正式発表を待ちたいと思います。
金曜日は「新選組!!」の再放送ですよー。
山本耕史くんの土方と片岡愛之助さんの榎本さんによる「サンドウイッチvs握り飯」談義が楽しみです!

なんだか随分長い前置きになってしまいましたが、政宗について。
4話まで見てきていろいろ思うこともあったんですが、5話目にして、

「愛姫カワイイーーーーーーーーーーーーーーーー♡」

これだけになりました。(爆)
なんですか、あのお人形のようなあどけなさと愛らしさは!
当時の大人たちがどんだけメロメロになったか想像に難くありません。
しかもおままごとをさせるってどうよ。
すげえよ、ジェームス三木!
すげえ破壊力だよ!

最高傑作の呼び声高い本作を見て思ったのは、
脚本の穴を役者の個性が埋めているということでした。
かといって脚本が面白くないわけではないです。
今ならさぞかしツッコまれるだろうという展開はありますが、
決めるところとフィクションとしての遊びの部分のバランスがとてもいいんです。
それでも「いやそれはちょっと^^;」というところがないわけじゃない。
そういう部分を補っているのが、俳優さんたちの放つ「スターオーラ」なんですよ。
出演されている俳優さんたちは、とにかくみなさん濃い。
みなさん顔も濃いけど個性も強烈。
いわゆる昔の俳優が持つ近寄りがたい「スターオーラ」があって、
それがキャラクターを立たせ、説得力を持たせている。
今の若い俳優さんたちもスターオーラは十分にお持ちだと思いますが、
今はどちらかというと「親しみやすさ」が重視されていると思いますから、
インパクトがあっても近寄りがたいようでは困るわけですよね。
またそうしたスターになる過程というのも昔と今では違いますし、
結果、醸し出す雰囲気はおのずと違ってくるわけで、
同じ脚本で今の俳優さんで制作したら、決して同じような評価にはならないだろうと思います。
そこが「その時のカンパニーでしか作れないモノ」ということであり、面白さでもありますね。
それにしても子ども時代をちゃんと子役が演じてるっていいですね。
秀吉みたいに一世一代で地位を築いたような場合はともかく、
今ドラマで描かれる戦国武将は親の世代があってこその話がほとんどですから、
そこから描くことで主人公がより生きてくると思うんですよ。

さてさて、三谷さんがどう戦国を描くのか、
いろいろ言われてますけど「清須会議」見ておこうかなあ。
あ、まず原作読めよ~(;´∀`)って話でした。(苦笑)
[ 2014/05/07 23:48 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

そういえば2 

そういえば、いつもお世話になっているAkiさんから、
昨年山形の「新そば」をいただいたのも、記事にしようと思いながら忘れていました。(汗)

みうら食品・新そば

山形のみうら食品さんが販売している季節限定商品「新そば」。
みうら食品さんは乾麺で有名なようで、いろいろとこだわりを持って作っておられます。

袋から出したとき、まず「白いなあ」と思いました。
でも特に気にも留めずに茹でて食してみて、
甘みがあってほんのり蕎麦が香る様子に、「更科そばみたいだなあ」と思いました。

…………。
「みたいだなあ」じゃなくて、「更科そば」ですこれ。
気づいたのは最後の一口を食べる直前でした。(苦笑)
そばといったら十割とか田舎そばとか、いつもそばの風味の強いものを食べているので、
更科そばなんて食べるのは、多分十数年ぶりとか……だったかもしれません。
だから頭のなかに「更科そば」という存在が全くなかったんですよね。

柔らかな口当たり、ほのかなそばの風味、
これでは物足りないと思う人もいると思いますが、
これはこれでまた美味しいおそばです。

Akiさん、そば好きに嬉しいお土産をありがとうございました!
[ 2014/05/04 23:58 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

そういえば 

先日昇太師匠の落語を聞きに高田へ行った記事を書いたときに、
「そういえば去年、松本城へ行ったんだっけ」
と、突然思い出しました。
思えば、長野へ行った話を途中で放置していた模様……。(苦笑)

牛つなぎ石

松本の駅から徒歩でお城へ向かったのですが、その途中で「牛つなぎ石」なるものを発見。
上杉謙信が甲斐の武田へ塩を送ったとする例の「敵に塩を送る」を語るものでした。
ここ松本は当時武田の支配下にあって、その塩の通り道だったとのこと。
塩を運ぶ牛をこの石につないだという言い伝えがあるようです。

そして松本城。

松本城

私が最初に感じたのが、「小さいっっっ!」ということでした。
黒いお城を見るのは熊本城に続いて2つ目なんですが、
どうも黒いお城=デカイというイメージがあったみたいで、
しばらくは「小さいよーーー」ということにちょこっとガッカリしてました。

しかし天守に登ってみるとね、シンドイ。(爆)
なぜにこんなにも階段がキツイのか。
年か? 年なのか?!
いえね、事前に天守に上るのはかなりキツイとはわかっていたんですよ。
しかし実際に自分の足を使ってみると、本当にハンパないことを実感。
当時だってこんなところはしょっちゅう登り降りする場所じゃなかったとは思いますが、
とにかく一段一段の高さがもう拷問のよう。(苦笑)

松本城

こういう狭間とか石落としとか見ると「わあ、お城だー!」って思います。(笑)
ただ私にとって城って、江戸時代のお殿様のものというより、
やはり戦国武将の「城」なんですよね。
そういう意味では近世の城郭ってどこか現実離れしているというか、
上手く言えないのですが「シンボル」とでもいうのかな、そういう印象が強いです。

松本城は、戦国期小笠原氏の深志城が前身です。
ところで松本藩の初代藩主って石川数正だったんですね。
石川数正は「家康の古参だったのに秀吉のところに走っちゃった人」という知識しかなかったので、
まさか初代藩主だったとは知りませんでした。
実はお城の入口に掲げてあった歴代藩主の額を見て、初めて知った次第。(苦笑)

松本城

濠からの眺めもステキです。
松本城は周りにビルとか現代建築物がないのがいいですね。
[ 2014/05/03 23:44 ] 史跡めぐり | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。