Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

チロくま♪ 

自らチョコレートを買うことのない私が、これだけは試したかった!

チロくま

チロルチョコ×しろくまアイスのチロくま!
しろくまアイスのファンとしては見逃せません!!!
(といっても、過去にもチロルチョコ×しろくまは発売されていた模様・汗)

練乳チョコにフリーズドライのあずきやフルーツが入っています。

チロくま

味は確かにチョコというよりまさに練乳ですね。
ホワイトチョコレートとも違います。
私はそのまま食べちゃいましたが、冷やしたほうが良いみたいですよ~。
[ 2013/05/29 21:52 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

THE UNLIMITED -兵部京介- BD第2巻  

『東映特撮 YouTube Official』で「仮面ライダー電王」の無料配信が始まりました。
私が遊佐さんのファンになった懐かしい作品です。
毎週月曜日0時更新、各週2話ずつの配信なので、1週間以内に頑張って視聴しないと~!
でもこれから半年間、モモやウラたちに会えると思うと嬉しいヽ(=´▽`=)ノ

さて、THE UNLIMITED -兵部京介-。
青円盤第2巻を見ないうちにまた第3巻が届く時期になってしまったので、
慌ててディスクを再生しました!
相変わらず目に痛いほど鮮やかで綺麗な画面に感激します。(笑)

第1巻収録の第1+2話では、作品の世界観と主人公の兵部京介という男、
および彼の率いるP.A.N.D.R.A.という組織についてが語られました。
世界にはエスパーが存在し、彼らはノーマル(非エスパー)な人間たちから忌避されています。
それどころか、人間としてすら扱ってもらえていないフシがあります。
そのような社会で、ノーマルを憎む彼らP.A.N.D.R.A.の目指すものは何なのか
1話と2話では派手なアクションを展開して視聴者にインパクトを与える作りになっていましたが、
正直なところ、ご新規さんの私には「おいてきぼり感」がありました。
原作を知らないだけならまだしも、エスパーとかアクションとかにまるで興味がないので、
自分なりの「見どころ」というものをとらえられなかったんですよね。
そういう状態で迎えた第3話「清楚と汚濁」
エスパーの保護を推進するモナーク公国のソフィー王女の暗殺を予知したP.A.N.D.R.A.は、
非エスパーである王女を助けるべく行動します。
本来であればノーマルを救うことなどないはずの彼らのこの動きは、
メンバーである少女ユウギリのたっての願いによるものでした。
ユウギリにとって王女は、縁のある、放っておけない存在だったからです。
第2話では、闇取引を行い、目的のためには街を破壊することさえいとわないという、
非情な犯罪集団であることを印象づけたP.A.N.D.R.A.。
その彼らがこの第3話で本来の目的とは相反する行動を起こしたのは、
まったくもって家族であるユウギリのためであり、それを許したのは兵部自身です。
ここに兵部の矛盾と甘さ、そして彼の本質としての優しさが透けて見えます。
特に最後に王女からユウギリを頼むと言われたときの兵部の気持ちは、
とても複雑なものだったと想像します。
「ノーマルを信じてはいけない……」
それは彼が王女の言葉にとある過去をフラッシュバックさせたことでわかるのですが、
ここではその思いを隠して、王女の手に紳士的なキスを返します。
ネット上ではあまり評判の良くなかった印象の第3話でしたが、
私は2話と対になったこの回を見て、ようやくこの作品の見どころを見つけた気がしました。

続く第4話「絶対領域」では、まずOPに触れなければ!
第1~3話までは赤メインの映像に英語の歌詞だったものが、青メインの日本語Ver.へチェンジ。
舞台が非日本語圏から日本語圏へ移ったことによる、なんとも凝ったサービスです。
そして今までシルエットだった女性が、
兵部が「クイーン」と呼ぶ少女であることが明らかになりました。
今だからわかることですが、実はOP映像は物語の重要シーンをかなり取り込んでいたのですよね。
4話目にして日本に戻ってきたP.A.N.D.R.A.は、
内務省特務機関超能力支援研究局「B.A.B.E.L.」の出迎えを受けます。
それも「逮捕する」という言葉とともに。
ここで本編絶対可憐チルドレンの主役である三人娘が登場します。
彼女たちはB.A.B.E.L.に所属する最高レベルのエスパーで、
P.A.N.D.R.A.を捕まえるために能力MAXで戦いを挑みます。
しかしその相手をした兵部のアンリミテッドモードには敵わず、
すんでのところでP.A.N.D.R.A.の船を逃してしまいます。
B.A.B.E.L.は、最大級の戦闘力を投入してまでなぜP.A.N.D.R.A.を捕まえようとしているでしょう?
そこのところは、ここではまだ触れられませんでした。
P.A.N.D.R.A.捕獲に失敗した三人娘は子どもらしく悔し涙を流し、
B.A.B.E.L.の一員であり兵部とも面識のある皆本は、兵部に「死ぬなよ」とつぶやく。
この2つの組織は敵対しているようでいて、ただそれだけではない深いつながりがあるようです。
今回、P.A.N.D.R.A.の目的がはっきりと明言されました。
「ノーマルに虐げられているエスパーを解放して新しい世の中を作る」
そのとき頂点に立つのが兵部が「クイーン」と呼ぶ少女・明石薫であることも。
そしてなんと、EDもB.A.B.E.L.のコンビ皆本&賢木が歌う「BRIGHTEST LIGHT」にチェンジ!
歌については、特典CDの真木さんの歌も含め、
そのうちまとめてキャラソン語りしたいと思います。(笑)


THE UNLIMITED 兵部京介 02(初回限定版) [Blu-ray]THE UNLIMITED 兵部京介 02(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/04/24)

商品詳細を見る


オーディオコメンタリーは第4話についています。
今回は兵部の遊佐さん、皆本の中村さん、賢木の谷山さんの3人。
みなさん本編絶チルからのメンバーなので、話が濃いうえに別方向へ盛り上がってます。(笑)
というか、なんで「楠大典さんていい声ですよね」からそういう方へ話が……?(爆)
絶チルと違って「シリアスでハードでアダルトな展開」という監督の言葉もあり、
アフレコ現場が渋いオッサンばっかりとちょっと不満そうな遊佐さん。(笑)
そして3人、原作者の椎名先生を「高志ちゃん」呼びですよ!(爆)
スタッフ、キャストの仲の良さが垣間見えるのは、視聴者としても楽しいです。
そして遊佐さんも中村さんも谷山さんも、ヒノミヤ役の諏訪部さんも、
みなさんオーディションではなく指名だったんですね。
そんなところから欠席裁判よろしく、諏訪部さんについて討論する3人。(笑)
いやはや、面白くてあっという間の25分でした。

ということで、3巻の発売まであと少し!
[ 2013/05/27 02:12 ] アニメ | TB(0) | CM(6)

ヒーローズ・カムバック 

細野不二彦先生の提案で出版された「3.11を忘れないために ヒーローズ・カムバック」
震災から3ヶ月後に石巻市を訪れた細野先生は、
そこで瓦礫の中から救い出されたヒーローたちの等身大フィギュアを見つけます。
津波の爪痕の残る中、きれいに洗われて元の場所に置かれたフィギュアに違和感を覚え、
「漫画家や漫画のキャラクターが、まず被災した人たちに手を差し伸べなくては申し訳ない」
そう感じたことがこの企画の発端であるとあとがきに書かれていました。
東北復興支援プロジェクトとして、必要経費を除いた収益と印税は、
被災した子どもたちや学校に本を届ける活動を続けている「大震災出版復興基金」と、
岩手・宮城・福島の各県庁が主催する「震災遺児への育英基金」に寄付されるとのこと。
また紙には日本製紙石巻工場の製品が使われています。



ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)
(2013/04/30)
細野 不二彦、ゆうき まさみ 他

商品詳細を見る


復興支援ということだったので、震災を扱った描き下ろし作品集なのかと思いきや、
直接震災に関係するものは細野先生とかわぐちかいじ先生の2作品だけ。
あとは純粋にヒーロー物としてのエンタテインメントを追求したものになっています。
でもそれがいいと思いました。
日本のヒーロー物って独特だと思うし、みんな優しくてさりげなくカッコイイ。
そんな彼らの活躍は、どれも心に何かを伝えてくれます。
単行本のタイトルが「カムバック」になっているだけに、主人公は皆かつて活躍したヒーローたち。
一応全編に共通しているのは「生きる」ということなのかな?
人間の生と死を問うものもあれば、「生きる」ことを呼びかけるものもあるし、
ただただバカバカしくって笑っちゃうけど元気が出る作品もありました。
細野先生の「ギャラリーフェイク」は秀逸で、「ニヤリ」と「ホロリ」が同居していたし、
島本和彦先生が描いた「サイボーグ009」は、
さすがに既刊作品を読んでいないと辛いところがありますが、
そうであっても読み込むとかなり示唆に富んだ深い作品。
そして懐かしい藤田和日郎先生の「うしおととら」は相変わらずのエピソードで心にグッと迫ります。
びっくりしたのは高橋留美子先生の「犬夜叉」で、
珊瑚と弥勒様が結婚して子どもまでいたことですね!(笑)
犬夜叉は12巻かそこらで読むのやめちゃったからなあ。
でもなんといっても最後に「おすわり」が拝めてサイコー!
夏にアニメ化が決まっている荒川弘先生の「銀の匙」はご先祖様のお話で、
今の大河にもつながり、理不尽と戦って生きていく人間の姿に希望をもらえます。
オチがまさかのメガネっ娘萌えなところがしんみりしなくていいです。
椎名高志先生の「GS美神極楽大作戦!!」はこれぞ少年漫画!というてんこ盛り作品。(笑)
本アンソロジーのラストを飾るのはかわぐちかいじ先生の「俺しかいない~黒い波をのりこえて~」
トップの細野先生が震災直前のことから描き始めて、かわぐち先生が震災後を描くことで、
全く統一感のない作品群がひとつのまとまった企画になっていました。

作品のラインナップからいって、対象は30代以上かなと思いますが、
知ってるヒーローがいなくても読みきり短編集として楽しめると思いますし、
これをきっかけに本編に手を出すというルートもあるのではないかと。(笑)
あまり震災を意識させず、けれどちゃんと震災を思い出させてくれるという、
非常にバランスの良いアンソロジーでした。
[ 2013/05/22 01:48 ] 読書/コミックス | TB(0) | CM(2)

もしサザエさんの家に居候することになったら、気がかりなこと 



これ考えてみたこともありませんでしたけど、結構深い問いですね~。
磯野家は古き日本の家のあり方を未だ保っている家ですので、
常識以外に、いろいろと暗黙のルールがありそうですし。

1位の「食事の際、どこに座るべきか」ですが、これは迷わないですね。
私は女なのでタラちゃんとサザエさんの間だろうと思っています。
確かタイコさんが来るとここの位置だった気がします。
男性ならマスオさんとカツオの間でしょうねー。
ノリスケさんがここに座りますもんね。
磯野家は年功序列がはっきりしているのでわかりやすいと思うんですが。

2位の「生活費をいくら入れるべきか」も、さほど気がかりではないですね。
記事では、
「人情味ある磯野家の人々。
生活費を渡そうとしても受け取ってもらえないかもしれません。」

なんてありますが、そんなことないと思いますねー。
居候できるということは、下宿でない限り縁戚関係前提だと思うんですけど、
そうすると波平さんが黙っちゃいないと思いますよ?
「お前はいつまでそうやっとるんだ。少しは生活費を入れなさい」と一括されるに一票!
サザエさんやフネさんが、こっそりおまけしてくれる可能性はあるかもしれませんが。(笑)
これにつながりますが、5位の「波平に叱られないか」ですが、当然叱られるでしょう!(爆)

この他気になった回答をいくつか。

7位「ワカメのパンツからは目をそらすべきか」
11位「波平に「将棋を一緒にやろう」と誘われたらどうすればいいのか」
17位「マスオと一体何を話せばいいのか」
21位「カツオのイタズラに乗るべきか」
23位「カツオにイタズラされたらどう対応するべきか」


みんな目の付け所が面白すぎ。(笑)
「マスオと一体何を話せばいいのか」って、
それはマスオさんが嫁の家に二世帯同居中だから気を遣うという意味でしょうか?
普通に接しても大丈夫じゃないですかねえ。
マスオさんだって普通に酔っ払って帰ってもくるし、結構自由に暮らしてますよね。
苦労もあるとは思いますけど、あんまり深く考えてなさそうな感じがします。(笑)
私は「カツオのイタズラに乗るべきか」が気がかりです。
昔はサザエさんもカツオのイタズラに加担してたように思いますが、
最近はもっぱら叱る側になってますね。
そしてカツオのイタズラが若干(?)高度化というか、悪く言うと悪どくなってきてる。(苦笑)
彼は非常に強引なので、居候の身ではイタズラを持ちかけられても断れなさそう……。
[ 2013/05/19 23:01 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

戦国人物ソート+α 

戦国期の人物100人を自分の注目度順あるいは好み順にソートするシステムがあったので、
さっそく遊んできました。【サイトはコチラ】
なにしろ100人もいる上に究極の選択を出してくるので、
もうここは直感でバシバシいかないと悩むだけで時間が過ぎます。
ちょっとでも悩んだら「引き分け」にするというルールでやってみました。
全部載せても面白くないので、上位10位まで発表してみます。


『2013年5月現在の注目度ランキング』
1  上杉景勝
2  島左近
3  濃姫
4  馬場信房
5  板垣信方
6  斎藤道三
7  片倉景綱
8  本多正信
9  宇喜多秀家
10 伊達成実


おおよそ予想通りの結果でしたねー。
多分もう何年と上位3人は不動のままですね。
それにしても、好みの傾向がわかりやすいような。(笑)
ただやっていて、「自分、どれだけ左近が好きなんだ!」とセルフツッコミしたくなるほど、
左近の文字が出るたびに「しまさこにゃん、しまさこにゃん!」とクリックしてました。(爆)
有名ドコロがほとんどなので、正直人選に偏りはあります。
ここで馬場信房が上位に食い込んでいるのは、
大河「風林火山」の影響以外の何モノでもありません。
11位以下を見てみると、やはり徳川秀忠が19位にランクインしているのがポイントでしょうか。
徳川将軍の中ではどちらかというと空気扱いに近い印象ですが(泣笑)、
やはりあの家康の後を継いで次へ繋げている時点で、注目に値すると思うんですよ。
偉大な人物の次代って、いつの時代、どこの世界でもこなすのが難しいポジションですしね。
そして信長、秀吉、家康の三傑が全員41位以下という……。(苦笑)

これで幕末ソートはないのか探してみましたが、見つけられず……。
なぜか声優さんソートに引っかかる私。(苦笑)
こっちは注目度ではなく、完全に「好きな人」で選んでます。
かなり趣味の世界なので、たたみますね。(笑)
[ 2013/05/16 00:19 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(8)

インコ風味アイスが意外と美味しそうな件。 

ここ数日ツイッターで賑わっている話題。

インコ風味アイス

なんだよそれっっっ!
思わず詳細読まずにいられないネタでございます。
特にインコを飼った経験のある身としては。



神戸市に店を構える「とりみカフェ」さんが開発したアイスとのことなんですが、
こちらのカフェでは鳥さんたちを眺めながらお茶を飲んだりランチしたりできるようです。
『お客様の席と空気的接触が一切無いガラスの向こう側で遊んでいる鳥を眺めながら、
お客様にお茶を楽しんでいただく「鳥見カフェ」です。』

とHPにあるので、食べてる最中に鳥さんが飛んできたりすることはないってことですね。

日本人は開発好きで、味噌やら醤油やら塩といった調味料のアイスに飽きたらず、
ハマチとかエビとか「なんでそれ?」と思っちゃうようなアイスまで作る国民です。
しかしまさか「インコ」がくるとは!
鶏の唐揚げとかじゃないんですよ? ずばりインコなんですよ?
販売されたのは、
「ぶんちょ仕立てのフィンチアイス」「オカメインコアイス」「セキセイインコアイス」の3種類。
うわああ、もう全然味わかんない~~~~。(泣笑)



とりみカフェさんのつぶやきを読むとますますわからなくなる……。
とりあえずインコとはかなり長い時間つきあってきたので、
オカメインコの「足が口の中に入った感じ」というのは想像できます。(←)
しかし「口の中に文鳥を突っ込んだときの胸の羽根の触感」はどーなの???



こうして中身を拝見すると、わりとおいしそうだったり……する。
フレーバーとかではなく、インコちゃんのエサ的なものを入れたら、
限りなくインコに近い味になったということのようです。
今のところイベント限定商品とのことですが、反響によっては通販化もあるとか?
……レッツ……チャレンジ?!
[ 2013/05/14 23:39 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(0)

大河「軍師官兵衛」のキャスト来たよ~♪ 

今年もお楽しみの季節になりました。
来年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」のキャスト第2弾が発表になりましたよ~。
リューザキ弾正さん、朝から矢文をありがとうございましたm(__)m

主演の黒田官兵衛が岡田准一くんであることは発表済みですが、

谷原センセキターーーーーーーーーーーー!

ありがとうございます。
主演が岡田くんというだけでも注目度は高かったのですが、
これで来年は(今のところ・笑)モチベーションも上げていけそうです♪
とりあえず今は、心配しても仕方ない脚本のことは考えないぞ!(笑)

黒田官兵衛             岡田准一
(官兵衛の正室)          中谷美紀
竹中半兵衛             谷原章介
小寺政職(官兵衛の最初の主君)    片岡鶴太郎
黒田職隆
(官兵衛の父)        柴田恭兵
おね(秀吉の正室)          黒木瞳

大河で俳優さんたちの実年齢は役とまったく無関係なのはわかっていますが、
つい「官兵衛の奥方って年上だったかしら」と思ったら、Wikiサマは7歳年下だとおっしゃる。
中谷美紀さんは落ち着いた雰囲気が魅力の方なので、
どういう狙いがあるのだろうとNHKのサイトを見ると、
『戦で城を空けがちな官兵衛の留守をしっかりと守る黒田家の女主人である。』
と、書いてありました。
ナルホド、黒田一家の姐御(←)的存在を求められての起用でしょうか。
谷原さんの半兵衛は想像ついちゃうな~という感じではあるのですが、
良い意味で裏切るお芝居を求めたいところです。
なんというか、ちょっと冷たいところがあってもいいかな?
さて、おねに黒木瞳さんということは、秀吉には誰がキャスティングされるのかなあ。
信長よりも比重がかかってくる役だと思うので、作品の要になりますよね。

もうひとつ注目したいのが音楽
今回劇伴を担当されるのは菅野祐悟さんです。
菅野さんといえば、私が初めて意識したのはそれこそ岡田くんが主演だったドラマ、
「SP 警視庁警備部警護課第四係」です。
でもその前に、「ラストクリスマス」とか「エンジン」、「バンビ~ノ!」など、
私が見ていたドラマを結構担当されていました。
最近ではアニメの「PSYCHO-PASS」なんかが印象にあるかな。
こうして並べてみると、共通点がありますね。
菅野さんの音楽はベースとパーカッションが特徴的で、
あとはメロディーラインよりもハーモニーに重点を置いていると感じます。
Wikiサマによると、
「(大学)在学中にフランス印象派の音楽に魅了されフランス和声を学んだ。」
とあって、「やっぱりそういうことか」と非常に納得しました。
私が見た作品からのイメージでいくと、今回の大河の音楽は、
織田裕二主演の「外交官・黒田康作」のときのようなものになるんじゃないかなと。
っていうか、そういう音楽を全力で期待します!!!!
あれ、本当に壮大でカッコよかったもの!
「図書館戦争」なんかのテイストも入ってきそうかな?
私としては、こちらの音楽の方も非常に楽しみになりました。

あとはこの楽しみが、2013年で終わりませんようにーーー。(泣笑)
[ 2013/05/10 22:46 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(2)

おいしそうにおよいでる~ 

今年も黄金週間が終わりました。
結局寒かっただけのような……。
こどもの日、我が家に鯉のぼりはないので、「たい焼き」を買ってみました。(笑)

鯛車

地元の風習を復活させようという活動から生まれたB級グルメで、
普通の鯛の形ではなく、鯛が台車に乗っています。

これを綴りながら童謡「こいのぼり」を口ずさんでみたのですが、
そういえばこの歌にはお母さん鯉が登場しませんね?
なんでだろう……???
[ 2013/05/08 22:40 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

THE UNLIMITED -兵部京介- BD第1巻 

THE UNLIMITED -兵部京介-。
ここで青円盤をポチったことを告白しましたが、手元にはすでに第2巻が届いております。(苦笑)
ということで、ちゃっちゃと1巻の感想をば。

全話見終わったときにも書きましたが、完全に中の人目当てで見た作品です。
でも6-10話の流れを見て、「これは綺麗な画像で見直したい!」と思いました。
それだけ濃くて印象的な話だったし、中の人がどうのこうのというのを通り越して、
何より私の「歴史好き」に火をつけました。
戦国だけでなく最近はちょこっと幕末をかじっていましたが、今や私の興味はWW2に。
といっても、学生の頃には生活環境も手伝ってか、結構WW2ものを読んでいたんですよね。
だから「再びこんにちは」という感じではあります。
結局歴史スキーって何かとっかかりがあれば、
基本的にどこの時代でも入り込めちゃうのかもしれません。

それにしても私、青円盤て初めて見るんですよ!
そもそも円盤自体買うことがほとんどないし、レンタルも普通のDVDを借ります。

うおおおお! 超美麗!!!!

再生してまず最初に出てきた感想がこれでした。
いやはや、本当にあまりのクッキリパッキリな美しさに、
思わずテレビ画面に近寄ってじっくり眺めてしまいました!
まつげのバサバサ具合とか瞳の光り具合に感心し、鮮やかな色彩に目を奪われ、
抜けるように青い空に思わずまばたきを繰り返しました。
そしてこれほどにまで細かく表情が変化していたとは!

ブルーレイ、すげーーーー!

まあそれも当然なんですよ。
私は動画配信組だったので、いつもネットの荒い画像で見ていたわけです。
それがいきなり青円盤の画像になったらそりゃあ驚きますよね~。
これはこの先が楽しみです♪

第1巻収録は第1話「超常脱獄」と第2話「暗殺のメロディ」。
最終話まで見てしまっている状態での感想になるわけですが、
ここで気になるのは、エスパー刑務所デッドロックがどこにあるのかということ。
ここには「帝国陸軍第三超能生体実験所」の残骸(?)があるので、
かつては日本の支配下にあったか、友好国であったか、何かしら関係のあった国と思われます。
それはさておき、ここでは今でもエスパーたちを使った生体実験が行われていて、
そのために若干5歳の少女ユウギリは囚われています。
彼女を助けるために兵部京介はわざと捕まってこの刑務所に入ってくるわけですが、
ここでUSEI潜入捜査官であるアンディ・ヒノミヤと出会います。
ヒノミヤはいわゆるスパイであって、兵部率いるP.A.N.D.R.A.に潜入する目的を持っています。
ということは、このデッドロックにヒノミヤがいるのは偶然ではなく、
兵部と接触することを前提に送り込まれているわけですよね。
ユウギリの誘拐自体が、もしかして兵部をおびき寄せるための罠かとも思いましたが、
そう考えると、刑務所長たちの会話と辻褄が合いません。
結局USEIは状況を利用しただけにすぎないのかな……?
そのUSEIの潜入捜査官であるヒノミヤは、第1話では完璧なスパイを演じています。
兵部のことを調べあげて知っているはずなのに、
「その年でヤバイ組織のメンバーってマジかよ?」
なんてとぼけた発言をしたりして、視聴者をもうまく欺きます。
その割に、兵部の悪戯にあっさり引っかかって毒入りシチューを飲んでしまうあたり、
捜査官としての素質に一抹の不安を感じてしまうのですが、いいのでしょうか?(苦笑)
まあそんなお茶目(?)なところがヒノミヤの魅力にもつながっていくんですけどね。
一方兵部はヒノミヤの目的にどの段階で気づいたのでしょう?
彼の超能力をもってすれば、P.A.N.D.R.A.に誘う段階である程度読んでいたはず。
兵部とヒノミヤの駆け引きが、今後の展開でも重要になってきますね。


オーディオコメンタリーは2話にのみついていて、
兵部役の遊佐さんとヒノミヤ役の諏訪部さんが担当しています。
どうも1話2話くらいではあまり多くを語れないらしく、
内容についてほとんどしゃべってません。(笑)
諏訪部「パレオをするならそういう水着は着ないでください」という水着談義。
2人「7種類のスーツを用意して着回していくと、スーツで曜日がわかる(笑)」というスーツ談義。
遊佐「アイスミルクやラクトアイスじゃなくて、
乳脂肪分の多いアイスクリームがいい」
というアイスクリーム談義。
諏訪部「兵部がずっとユウギリの頭をなでていて、あまりに愛ですぎると修正された」
と、ここでようやくアフレコ時と放送時では絵が違ったという重要な情報が。(爆)
さらに兵部が能力を無限に解放して歴史的な街並みを破壊してしまったことを受け、
諏訪部「ヒドイですよね」
遊佐「街はまた作ればいいじゃないですか」
諏訪部「でもさっき歴史ある街が~とか言ってましたよね」
遊佐「だって怒っちゃったんだもん。しょうがないでしょーーー!」
遊佐さんが兵部の一面である子どもっぽさを的確に表現してくれて、
コメンタリーもなんとか締まりました。(爆)

特典DVDには先行上映会の模様が収録されてました。
遊佐さんと諏訪部さんに挟まれてあたふたしている東山奈央ちゃん(ユウギリ役)が可愛い♪
2人の娘といってもそう違和感ない年齢ですもんねえ。

ってことで、BD第2巻へ続く!



THE UNLIMITED 兵部京介 01(初回限定版) [Blu-ray]THE UNLIMITED 兵部京介 01(初回限定版) [Blu-ray]
(2013/03/20)

商品詳細を見る
[ 2013/05/05 02:07 ] アニメ | TB(0) | CM(2)

感謝とともに 

いつも天然石のブレスレットをしていますが、
最近石の色がくすんでいるように感じていました。
クリスタルなのでわかりやすかったのもありますが、
何よりパワーの衰えが気になってたんです。
携帯の電池表示みたいに「あと何パーセント」なんて出るわけじゃないので、
あくまで自分の感覚でしかありませんが。
一昨日突然「浄化してもらおう!」と思いたち、
今日、空き時間にお店を訪ねました。

縁があるときってちゃんと道がつながっていて、
予約なしで飛び込んだのにお客は私一人。
先生もいらっしゃって、ゆっくり点検してもらいましたよー!

結局、石の半数以上はパワーを失っており、
浄化してももう元には戻らないということでした。
「感謝して処分してね」ということなんですが、
みなさんゴミとして捨てられるほか、海や山にまく方もおられるとか。
自然に還す形ならどんな処分方法でもよいとのこと。



2年くらいお世話になったかな。
いろんなことで助けられていたと思います。
感謝を込めて……バイバイ (。・д・)ノ
[ 2013/05/03 00:40 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

イナビルという名のヤクを吸う。(笑) 

インフルエンザからなんとか回復したものの、
全快とはいかずに、相変わらず発作的な咳と頭痛に悩んでいます。
「なんでまたこんな5月にもなろうというときに!」と思いましたが、
正直どこで感染したのかさっぱり思い当たりません。
それでも比較的スケジュールに余裕があって、仕事も動かせる週だったのが幸いでした。
予防接種を受けていなかったので(受けていてももう効果は切れてるでしょうけど)、
1週間ほど、文字通りインフルエンザにどっぷりな生活を送ってしまいました。

普段、風邪程度の症状であれば、多少熱があっても医者には行きません。
医者へ行くほうが疲れるし、どうせ薬処方されるだけなら寝ていたいと思うからです。
しかし今回はそうも言っていられませんでした。
それは喉の痒みから始まり、次第に咳と呼吸困難背中の痛みへと発展し、
最終的にはどうしようもない腰の痛みと激痛といっていいほどの頭痛に襲われ、
湯たんぽを抱いていてさえ寒気が止まらなくなりました。
朝目が覚めたとき、まず頭痛で目が開けられないのが一つ。
震えの止まらない寒気が一つ。
さすがの私でも「これはヤバそうだ……」と感じて体温を計ると37度6分。
思ったほど高くありませんが、諸症状が普通じゃないので自主的に病院へ行きました。
診察の結果、熱があまり高くないことを理由に「風邪ですねー」との診断が下されました。
完全にインフルエンザを疑っていた私は、
すかさず「インフルエンザじゃないですか?」と力なく突っ込むも、
「いやー、可能性は限りなく低いと思いますね」
と、先生はまったく想定外というような口ぶりで。
しかし「…………」と考えこんでしまった私の心を読んでくださったのか、
「気になるなら検査しときますか?」と、簡易検査をしてくれました。
結果を待つこと15分。

「可能性は限りなく低いと申し上げましたが、
出てますね、うーっすらと」


はい、インフルエンザ確定。

「やっぱりインフルエンザじゃないかヾ(*`Д´*)ノ"
この私が自主的に来院するんだから、
ただの風邪のわけがないんだよ~~~っ」


A型に罹患しているということで「イナビル」というお薬を処方されました。

実は「イナビル」というお薬、初めて知りました。
タミフルかリレンザを処方されると思っていたので、
「新薬? 大丈夫?」と思いつつも説明を聞いて帰宅。
イナビルは2010年10月19日に発売されたお薬で、
第一三共株式会社が初の国産薬剤として製造販売しているとのこと。
タミフルやリレンザと違い、たった1回吸引するだけでおしまいというのがなんとも画期的です。


(画像は「アイさくらクリニック」様より拝借)

1回というと語弊があるので補足しますが、成人は2本でワンセットを一回で吸い切ります。
その際、薬の吸い残しがないよう、1本につき4回吸い込みます。(イナビル吸引方法)
実際にこちらのヤクを吸ってみると(笑)、本当に微粒の粉末が喉に入ってきます。
霧のごとく喉の奥に吸い込まれていくので、味があるのかどうかもわかりません。
ところがそこに落とし穴があったのです。

「げほっ、ごほごほごほっ、ごほっ」

ただでさえ咳がひどくなり始めていた私は、
喉に粉が張り付いたとたんに激しく咳き込み、吸い込んだ薬剤を半ば吹き出しました!!!!!
いいのか、これでっ!?

その直後から熱が上がり始め、いよいよ禁断の38度台に突入。
幸い吐き気はありませんでしたが、とにかく頭痛がひどいので一睡もできません。
時計が回って翌日の朝を迎えても熱は一向に下がらず、38度台前半を相変わらずキープ。
処方された解熱鎮痛剤も併用しているというのに、熱どころか頭痛もひどくなる一方です。
「イナビルって効かないんじゃねえの????(-_-)」とか思っても、
毒づくエネルギーさえありません。(苦笑)
結局熱が下がるまで約2日かかりました。
ところがですよ、びっくりしたのがその熱の下がり方。
あれだけずっと38度台をさまよっていたというのに、
寒気がなくなったなと感じて熱を計った時には、一気に35度8分まで下がっていました。
35度台なんて見るの、何年ぶりでしょうか?!
薬って怖いな……と思った瞬間。

確かにたった1回粉末を吸うだけでおしまいなイナビルはらくちんです。
食欲がなかったり、寝ていて食事時間を逃したりすると、
薬を飲むタイミングに困ってしまうことがありませんか?
その点、どの時点でもできるだけ早い時期に一度吸うだけでOKってありがたいです。
さて、来シーズンからは予防接種するべきなのかしら……うーん。
[ 2013/05/01 22:29 ] 日常 | TB(0) | CM(8)