Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

大山捨松 ~歴史秘話ヒストリア~ 

歴史秘話ヒストリア
わたしやっぱり結婚する~明治のトップレディー大山捨松の悩み


久しぶりにヒストリアを見てみました。
来年の大河の主人公が新島八重と発表になったとき、
「なんで捨松じゃないんだろう」とあちこちで疑問を投げかけてきましたが、
ヒストリアを見てもやっぱり「なんで捨松じゃないんだろう」という思いが残りました。(苦笑
復興支援ということなので、会津を描こうとするとどうしても戊辰戦争になるんでしょうが、
それをメインに持ってくると捨松ちゃんは8歳だし、
その後10年もアメリカに行っちゃってるし、いろいろムリってことなんでしょうかねえ。
さてさて、今回のタイトルが「わたしやっぱり結婚する」
これをタイトルにチョイスするあたり、
ヒストリアの立ち位置のブレなささに脱帽するほどなんですけど、
そのつもりで見てみたら、すごーく物足りなかったのはどういうわけでしょう。
全体にこう、さらーっと終わったところが、逆にヒストリアテイストだったのかな。(苦笑
幕末スキーさんには結構ツッコミどころもたくさんだったのでは?

ただ思うのは、やはり己の道を邁進する人は強いなということです。
捨松にしろ津田梅子にしろ、どちらも一筋縄ではいかない人生の中で、
自分のやるべきことを見つけ、信じて疑わずに進んでいく勇気を持っているからこそ、
波乱万丈とはいえ豊かな人生を送ることができたのだと思います。
もちろん彼女たちがアメリカで成長したというのも、
明治期を生き抜くのに大きく影響を与えたでしょうし、
まただからこそ乗り越えられたと言えるとも思います。
捨松にとっては彼女を支えた夫、大山巌の存在もあるでしょうし、
そのほかたくさんの人の助力もあったことでしょう。
何かをやり遂げようという強力なエネルギーを発揮する人には、
それに反応した人たちがおのずと引き寄せられてくるように思います。
そしていつの間にか歯車が回っている。
そう考えると、自分が何かをやりたくても上手く事が運ばないってときは、
もっと能動的にならなくちゃいけないのかもしれません。

為せば成る
為さねば成らぬ 
何事も
成らぬは人の
為さぬなりけり


久しぶりに上杉鷹山のこの言葉を思い出しました。
まさか今回のヒストリアで自省することになろうとは!
[ 2012/09/29 02:14 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(2)

水の中からこんにちは? 

ここ数日、ようやく涼しくなりました。
やれやれと思いながらも、やっぱり過ぎる夏が寂しかったり。
さて扇風機をしまって、半袖は全部洗濯して……と思ったら、
うーん、最近何だかいつも涙目。
ひどいと一日中涙が止まりません。
最初はまた前と同じアレルギーかなと思って、
しばらく裸眼に眼鏡で過ごしたりしてたんですが、
なんだかどうも状態がかんばしくない。
常に水の中から物を見ているようで、
PC画面とか、スマホの画面とか、
どこに焦点合わせていいかわからないんですよ。
液晶見てるのが正直つらいくらいです。
まさしく、「目が、目がぁぁぁぁ」な状態です。(バルスって叫んだら治ればいいのに)
おととい、コンタクトレンズの購入+定期検査に眼科へ行った際、
「涙が止まらないんですー」と訴えてみたところ、
「アレルギー性結膜炎ですね」と言われました。
たまになるのでそのときはたいして気にしなかったんですが、
いつもなら薬を2-3回させば改善する症状が、全く変化なしなんです。
そもそも「かゆい」とか「むずむず」するとかという症状がなく、
ただひたすら目が水の中に浮いてる感じなだけなんですが、

もしかしてこれって、花粉症デビウ????(恐)

犯人は……最近見かけるようになったセイタカアワダチソウか?
眼科では特に花粉症などと言われてませんが、「もしかして……ガクブル」との思いが、
今日の昼くらいからむくむくとわいてきております。
かゆくないだけまだありがたいですが、この水中から物を見る不便さといいますか、
焦点の定まらなさはとっても不快ですねえ……。
花粉症に悩むみなさんの気持ちが1割くらい理解できたかもしれません。

それにしても今年はいろいろ体の不調を発見するわあ……。
そういう年なんだなあと思うと、これまた寂しさが。(苦笑
[ 2012/09/27 23:31 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

みをつくし料理帖 

テレ朝で放送していた「みをつくし料理帖」を見ました。
私にとってはそれこそ、何か月ぶりのドラマリアルタイム視聴。

このたびはぎおさんのところでドラマ化を知りましたが(情報ありがとうございます)、
原作小説は、1巻だけですが3年くらい前に読んでいます。
文章は奇をてらったところがなくてとても読みやすく、サクっと読破した記憶があります。
事件が料理で解決していく1話完結タイプで、
巻末にその料理のレシピが載っているのが興味深かったですね。



八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)
(2009/05/15)
高田 郁

商品詳細を見る


原作の細かいところはほとんど忘れていたので、
登場人物のぼやっとしたイメージだけでドラマを見てみました。
これ、全体的にとても良い仕上がりになってたんじゃないでしょうか?
ストーリーも上手くまとまっていましたし、何より江戸の活気が伝わる映像が素晴らしかったです。
チャンバラがなくても(1シーンありますが)、色恋話がなくても、
澪の生きる力を描くだけでこんなにも人間の営みが鮮やかに浮かび上がるとは。
江戸のおっきなお寿司、鰻の蒲焼など江戸の名物が画面に現れ、
湯気、煙、炎といったものが料理の香りを運んできます。
個人的には、澪が一生懸命鰹節を削っている姿に、懐かしい思いが止まりませんでした。
子どものとき、私の仕事だったんですよ。
祖母が削っているのをそばでずっと見ていて、いつしか私もやるようになったんです。
割烹着姿の祖母が床に座って削っている姿、今でもよく覚えています。

ところでドラマ化にあたって、
これほど登場人物のイメージをことごとく外されたキャスティングは、
実は今まで経験したことがありません。
主人公の澪は、私の中では蒼井優ちゃんや貫地谷しほりちゃんでした。
演じられた北川景子さんはきつめの美人という印象があったので、澪には遠かったんですよね。
でも今回、悪くなかったと思います!
北川さんは今回のようなすっぴんに近いメイクのほうがきれいだし可愛いな。
だからあさひ太夫に貫地谷しほりちゃんというのも「ええっ?」と思ったんですが、
お狐様のお面をそろりとはずして見せた妖艶な笑みは、「やられた!」って感じでした。
小松原は年齢的に合いませんがイメージとしては松重豊さん、種市は織本順吉さんとか。
でも面白いもので、結構みなさん合ってました。

そして小松原の正体。
原作1巻時点ではまだ何も明かされていなかったので私も知りませんでしたが、
「土圭之間の小野寺」と名乗っていたので、将軍を警護する旗本?
でも最後に将軍の料理の献立を考えていたようなので、もしや御膳関係?
気になったので調べたら、御膳奉行も土圭之間に詰めるようですね。
それだと合点がゆきますね、澪の料理に鋭い一言を投げかけていたわけが。
土圭之間のシーンで終わったので続編があるのだと思います。
楽しみなドラマができたのはとても嬉しい。
原作の続きも読もうかな~。

[ 2012/09/23 23:26 ] ドラマ/時代劇 | TB(0) | CM(6)

安心と親切 

気がついたら、1週間以上ブログを放置してました。
実はずいぶん前にブラウザをGoogle Chromeに変えたんですよ。
それまで使ってたFirefoxは、動画関連以外は使い心地も良かったし、
何より慣れてもいたんですが、どうもクラッシュすることが頻繁になりまして。
ところがですよ、Chromeにしたらインターネットをあまり見なくなってしまった。
なんでだろ???
動画はサクサク見れるし表示も早いし、使い勝手はちょっと前のFirefoxより俄然よいのですが、
なんかこう徘徊するのが面倒になったんですー……。
適当にニュースなんかを漁ったらおしまいといいますか。
多分、ブックマークがサイドバーに表示されなくなったからなんだろうなとは、
うすうす感じてはいるんですけどね。
かといってスマホで見るかというと、スマホもあまり活用していない。
もっぱらツイッターばかり覗いていたりなんかして。(苦笑)

まあそんな感じなんですけど、この1週間で1つショックだったことがありました。
それは、愛用していたガソリンスタンドから「窓ふきサービス廃止のお知らせ」をいただいたこと。
そこのスタンドは他所より3-4円安くて、
でもお兄さんたちもみんな親切で、結構列を作るスタンドだったんです。
ニュースで石油価格の高騰が言われ始め、スタンドの閉鎖、サービスの停止など伝わってきても、
そこは盤石とでもいうのか、ずっと変わらぬ営業を続けてました。
でも、ああ……とうとう来たな、という感じです。
石油高騰、価格競争に立ち向かうために、窓ふきサービスを廃止すると。
この窓ふきサービスを撤廃することでどれだけ経費が浮くのかわかりません。
もしかしてその分人員も減らすのかもしれませんが、私にとっては結構痛手です。
車スキーの方は、休日ごとに車をピカピカに磨いて、
車内もきれいに掃除機かけて芳香剤焚いて……ってやられてますよね。
うちの近所にもそういう方がいて、私の愛車もお願いしたいくらいなんですが、
そう、お願いしたいくらい私は車を放置してます。
実用性しか求めていないので、車内を飾ろうとか、ボディを磨こうとか、アリマセン。
色だって、ぶつけたりすったりしてもすぐ補修できるもの→シルバーですから。(苦笑
そういう私にとって、スタンドでの窓ふきはなくてはならないものだったんですよね。
まあこれからはこまめに自分で窓くらい拭かないといかんのだな……ということなんですが。
あとスタンドって、お兄さんたちの元気な挨拶もいいんですよね。
居酒屋の威勢のよさとはまた違う、ちょっと爽やか系の(?)挨拶は気持ちいいです。
ほら、コンビニなんか行きますと、「ませー」と「したー」で終わりますからね。(爆)
こちらのガソリンスタンド、窓ふきはなくなっても、「安心」と「親切」は届けてくれるそうです。
[ 2012/09/18 23:56 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

助けて白くま! 

暑いです……。
じわじわと体の中が熱を持っていきます。
いっとき涼しくなって、これは秋だわなんて思ったのに。
練習部屋にはクーラーがないので扇風機回してたんですけど、
なんだかハアハアしてきちゃったので、
クーラーのある部屋に避難してきました。
そして冷凍庫から救世主あらわる!!!




みんな大好き白くまアイスだよ!
今年初めてお世話になるよ!
1個277kcalもするけど、見なかったことにするよ!
生クリームは嫌いだけど、練乳はスキ♪

それにしてもこの暑さ、冬のために蓄積させたいくらいだ……。
[ 2012/09/10 16:17 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(6)

「ありがとう、スカイツリー」 

5月22日にオープンした東京スカイツリー。
解体作業も順調に進んで、来年2月には終了予定。
そして「東京スカイツリー2(仮称)」の建設が再来年より始まるとのこと……。


というのはもちろんウソです。
いやはや、虚構新聞さんはときどき秀逸な記事をUPしてきます。(笑
「ありがとう、スカイツリー」という記事も、
ありそうでなさそうな理論で妙に納得させられてしまいます。

そんな東京スカイツリーに、先月行ってきました。
もちろん解体されてませんでした。(笑

東京スカイツリー

建設時の様々な映像から、スカイツリーの美しさはその曲線にあると思ってたんですが、
こうして写真に撮ってみると結構直線に見えますね。
でもスカイツリーは見る場所や角度によって表情が変わるそうなので、
もっと離れた場所からだと、私の思う曲線美が現れるのかもしれません。
夜の訪問だったためあまりよくわからないかもしれませんが、
私はスカイツリーにはもう1つ独特の美しさがあると思っていて、
それはこのツリーの色です。
白なんだけど、普通の白じゃない。
もっとやわらかくて、そう、磁器のような感じとでもいうんでしょうか。
調べてみると、「スカイツリーホワイト」というオリジナルのカラーで、
日本の伝統色である「藍白(あいじろ)」をベースにしているんだそうですね。
白にほんの少し青を加えた色……だから磁器のようなやわらかさが出るんでしょうか。
このあたり、スカイツリーについてはほぼ日さんに詳しく載ってます。

スカイツリーに上ってみたら、東京が一望できる……。
確かにそんな魅力的な場所ではあります。
でも私にとっては、スカイツリーが下町にあるってことがポイントなんです。

スカイツリーから

目の前を隅田川が大きく弧を描いて流れているだけでトキメキが☆
東京の地理にはそう明るくないので確かではありませんが、
方向と川の流れと地図を見比べると、奥に見えるのは「白鬚橋」かな?
この辺りは江戸の朱引があった場所で、八百善とかもこの付近に店を構えていたはず。
ネオンが輝き、高層ビルのランプが灯り、どこをどう見てもメトロポリタン。
でもその地形には江戸の面影がたくさん残っていて、
眺めているだけで江戸の喧騒へといざなってくれます。
この風景に江戸の地図を重ねて見比べたいと、
江戸スキーなら誰でも思ってしまうんじゃないでしょうか。
何もかもが見えてしまう昼よりも、夜のほうが妄想を掻き立てやすいかも。
現代技術を駆使した世界一高い塔の上で江戸時代を思う。
ちょっとオツな遊びだなと思いました。
[ 2012/09/08 00:48 ] 旅行/出張 | TB(0) | CM(2)

起き上がれない…… 

もともと低血圧ではありましたが、今年は症状がひどいです。
昨日は立っていられないほど体内がぐるぐるしてしまい、
ちょっと動いては横たわる、ちょっと作業しては横たわるを繰り返してました。
血圧計ったら78-55。低い。低すぎる。
「頭に血が行かなくなって呆けて死んじゃう……」とつぶやいたら、
「上が50まで下がると失神するけどまだ死なないから大丈夫」と母から即答されました。(苦笑
こんな調子なので、当然ですが朝も起きられません。
目を開けた途端、目が回るというか気持ち悪いというか、
とにかく気分が悪くて起き上がれません。
低血圧症の人には珍しくもなんともない症状だと思いますが、
今までここまでひどくなかっただけに、かなり辛いです。
血の巡りが悪いのか、日中も頭がボーっとして痛くなってくることもありますし。
実は7月に病院へ行ったとき、血圧を上げる薬を処方されてました。
降圧剤は聞くけれど、その逆の効果のある薬って聞いたことがありませんでしたよ。


【メトリジン錠2mg】
末梢血管を収縮させて、血圧を上昇させる作用があります。
心臓や脳の血管にはほとんど作用しません。
通常、本態性低血圧症や起立性低血圧症の治療に用いられます。


ほうほう。
低血圧症にはメジャーなお薬のようですね。
頭痛やかゆみなどの副作用が出ることもあるようです。

で、結局飲んでないんですが……。(苦笑
飲んだ方がいいのかなあと思ったりもしますが、
体質だとすれば仕方ないかな~とも思うんですよね。
だったらやたら薬など飲まない方がいいかと。
でもこう連日朝起きられない→午前中使いものにならない状態だと、
やはりいろいろ支障もきたしますし、飲んだ方がいいものかと悩みます。
この暑さも原因の一つではあると思うんですが、
ひとまずちょっと多めに塩分を取って、夜更かししないようにしたいと思います。(笑
[ 2012/09/05 23:58 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

覚悟はできた。『銀英伝@TAKARAZUKA』 

春先からわいわい騒いでおりました宝塚の『銀河英雄伝説』、初日迎えました。

と、その前に、人物相関図が更新されてました。
これ、原作知っててもわかりにくいと思うんですが、絵的にはずっと見てても飽きない。(笑
だいたい皇帝が渋くてかっこよくて、これのどこが堕落しきった無気力な老人なのだろうかと。(苦笑
そしてなんといってもMVPはフレーゲル男爵!
アニメの再現率がハンパないです。
ビッテンもオレンジ頭で頑張ってるー!
そしてひっそり(?)オフレッサー追加。
これは「生かしたまま~」のくだりがあるということですね?

で、私は東京観劇組なので見るのは2か月も先になりますが、
やはりあれがどう宝塚の舞台に乗っかるのかものすごく楽しみでもあり不安でもあり、
これまでにないほど感想を漁りまくっておりました。
総合的には概ね好評のようですが、

■原作読んでないとわからない、特に2幕展開早すぎ!
■原作読んでなくてもわかりやすかった
■1回では見きれないor理解できない
■改変は山とあるが改悪とまでは言えない
■宝塚のエンタメ作品としては上々だが、話の深みはない
■軍服祭り!眼福眼福!
■ラインハルト麾下の提督たちがスカピンのスカピン団並みの扱い(涙)
■オーベルシュタインがーっ……!←

という8つに要約されるように思いました。
ビジュアル的には宝塚向きですが、考えてみれば内容は舞台向きとは言い難いのかも。
原作未読組のみなさんが話そのものについてあまり触れられていないので、
舞台作品として面白かったのかどうかが気になります。
駆け足すぎて話の深みは感じられないというような感想も目にしているので、
話が詰め込みすぎてとっちらかってるのかと若干危惧。
やっぱり原作はもう一度読んでおいた方が良さそうです。

そんな感想漁りの合間に、初日映像とお稽古場風景拝見しました。
ありがとう、スカパー開放デー!!!
最初にお稽古場のほうを拝見したんですけど、
宝塚には慣れているはずの私が「うわー、なんかすごいかも……」と思ってしまいました。
どうも今回に限っては、「宝塚を観る」というよりも「銀英伝を観る」という意識のほうが強かったみたいで、
「ザッツ☆タカラヅカ」な演出にちょいとビビったという。(苦笑
そうですね、生まれて初めて宝塚を観たときのような感覚というんでしょうか。
でもこれで覚悟が出来ました。
「そうだそうだ、私は宝塚を観に行くんだった(笑」 ←これ重要!!!

初日映像とお稽古場風景の数分を見た感じでは、
嬉しいことに、とりあえずキャラはよく研究して再現されているような印象です。
私の目に留まったのは、
■オベがやたら積極的なのが色々な意味で気になる
■ヤンは雰囲気ばっちりだが、テーブルの上で紅茶飲んだり息するのも面倒だとか言いそうにない
■このフレデリカは確かに料理ができなさそう
■キルヒアイスがかなりイメージつかんでる
■ロイエンタールがロイエンタールだった(喜
■ラインハルトがときどきオスカルっぽい
■ヒルダのPCが貝殻型とかどんだけ乙女設定?
■ルビンスキーとドミニクの濃さが中毒になりそうだ(笑
というようなところでしょうか。
演出は小池先生なので、エリザとスカピンを踏襲しているように感じました。
そうそう、稽古場で「帝国を倒せ~~~!」と歌っていたのはどなたでしょうか。
すごく歌がうまかったんですが、ソロがありそうなキャラというと、ヨブ?

今現在、どうやらすでにいろいろ手が入っているようで、
私が見るのは東京千秋楽間近なので完成形になっていると思われます。
『愛しの人はロイエンタール、でも心は同盟!』というフクザツな私ですが、
@TAKARAZUKAだよという覚悟はできたので(笑)、あとは楽しみに観てきたいと思います♪
この話題はまた2か月後に!
[ 2012/09/03 23:40 ] 舞台 | TB(0) | CM(4)

溶ける… 

この暑さはいったいどうしたことか!
35度とか35度とか35度とか……。(汗
あまりに暑いと本当に頭回んないんだなーと実感しております。
脳ミソ溶けちゃって、面倒なことを考える気力が皆無だよ。



coldstoneのアイスを食べました。
考えたら、今年外でアイス食べたのこれが初めてかも。
もう夏も暦的には終わりなのにー。
早いです、あっという間に9月です。
夏のノルマは何とか果たしましたが、
結局やりたいことは何もやれなかったような?
明日くらいから通常運転の予定……。
[ 2012/09/02 20:54 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)