Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

KIYOSU→清須会議 

隠遁生活に入っております。
コメレスの遅れ、そしてみなさまのブログに全く顔を出せずに心苦しいばかりです。
7月に入ったらちょっとは余裕ができるか……も。

というわけで走り書き。
三谷さんの次の映画は時代劇。
清州会議がテーマです。
考えたら三谷さんにピッタリですね。
生誕50周年祭の締めくくり(笑)として執筆した小説が原作。
こちらは本日発売なので近いうちに読むとして、
映画は来年秋公開予定だそうなのでちょっと楽しみにしたいと思います。

★全員が主役といえるので隅々まで、(中略)豪華キャストを総動員
★小説では勝家がショーン・コネリー、
 秀吉が大河ドラマ「黄金の日々」(1978)の緒形拳をイメージ
★いつも同じ人とやっていると言われるのはしゃくなので、半分は初めての方
★勝家は50代後半から60代前半、秀吉はそれより若くて40代に見える30代
               Yahoo!ニュースより引用



勝家がショーン・コネリーって、斬新なかっこよさだな!
小説はモノローグと議事録で進んでいくスタイルだそうで、
今さら自分が文語体で書いても……と現代語だそうです。
スポーツ報知のニュースがちょっと詳しいです。

去年小説執筆を発表したときのタイトルが確か『KIYOSU』だったと思うんですけど、
結局わかりやすく手に取りやすい『清須会議』にしたのでしょうね。
KIYOSUもロックな感じで良かったんですけど。

次回はこの本の感想を書きます。
……というのは希望的観測です。(笑

清須会議清須会議
(2012/06/27)
三谷 幸喜

商品詳細を見る
[ 2012/06/27 11:23 ] 読書/時代・歴史物 | TB(0) | CM(8)

親子丼~~♪ 

いつもお世話になっているAkiさんにお付き合いいただいて、
お江戸は人形町、軍鶏料理の老舗「玉ひで」へ行ってきました。
なぜ今「玉ひで」かというのはAkiさんが書いてくださっているのでそちらへ丸投げするとして(笑)、
「玉ひで」といえば池波正太郎の『鬼平犯科帳』ですよね。
主人公長谷川平蔵がよく通った「軍鶏鍋屋・五鉄」には何軒かモデルとなった店があって、
その一つがこの「玉ひで」だと言われております。

玉ひで・先付

我らがお邪魔したのは昼時でしたので、元祖親子昼膳をいただきました。
ランチタイムは行列と口コミでは読んでましたが、本当にすごく並ぶんですね。
お膳組は予約ができるので、行列を横目に店内へGO!
まず先付に軟骨の柔らか煮とレバー、そして鳥そぼろの3品をいただきました。
軟骨の柔らか煮はもうそのまま全部コラーゲンですか?というくらいの柔らかさ。
レバーもあっさりした味付けながら、臭みも癖もなく美味しくいただけます。
鳥そぼろは若干濃いめのお味で生姜が効いるので、お弁当に入れたい感じ。(笑

鬼平の五鉄と玉ひでですが、玉ひでは昔「玉鐵」という屋号だったといいます。
玉の字は崩して書くと五に見えますから、そこから五鉄と付けたのではないかと。
本当は、メニューにある「五鉄の軍鶏鍋」が食べたかったんです。
鍋コースは夜オンリーなんですが、なんと5名様から受付けなんですよね……。
うーん、残念。

親子丼

そして親子丼が登場。
こちらの親子丼は玉ねぎが使われておらず、軍鶏と卵のみです。
見た目ボリュームがありますが、思ったよりすすっと食べられました。
味は濃いですね。
醤油と砂糖でしっかり味がつけられているので、好き嫌いがわかれるかも。
Akiさんからは事前に「The醤油!」という感じとの忠告を受けていたのですが、
普段料理に砂糖を使わない私には「The砂糖!」という感じでした。
玉ねぎを入れたら砂糖は少なくて済むのになあと思いましたが、
でもそうするときっと味が変わってしまうんでしょうね。
そういうこだわりは嫌いじゃないです。
軍鶏のスープはとっても美味で、初物のスイカも美味しくいただきました。
とっても満足だけど、やっぱり鍋食べたいなあ~。

そしてその後の別腹デザートは。

DSC_0007.jpg

「いつものやつね。」

あまりの暑さでパンダくんが汗をかいております。(笑
パンダくんジェラート、上がミルクアイスで下がヨーグルトアイスでしたよ。

いやはや、すっかりマニアックな1日を過ごしてしまいました。
Akiさん、お付き合いありがとうございました♪
[ 2012/06/25 23:24 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

宝塚版「銀英伝」ポスターが出た! 

10日ほど前に画像が出て「うわあああ」となったばかりですが、
宝塚版「銀英伝」の正式ポスターが掲載されました。
ついでに公式サイトもオープンですよ。

銀英伝@TAKARAZUKA
(↑クリックすると拡大されます)

多分こういう構図でくるだろうとは思っていましたが、やっぱりどこかで見たような気がしてしまいます。
アニメのOPやパッケージにも使われてた記憶があります。

我が往くは星の大海
銀河英雄伝説外伝 わが征くは星の大海

↑探したらやっぱりアニメのパッケージにあった。(笑
アニメ版は左半分が帝国で右半分が同盟になっている点が、
帝国オンリー(+ヤン)という宝塚版との差ですね。
それにしても宝塚版を拝見して、カラコンの威力を初めて知りましたよ。
ラインハルトのアイスブルーの瞳とか……もちろんロイも金銀妖瞳だし、
ヒルダってそういえばエメラルドの瞳だったっけ……とか。
キルヒアイスはちょっと女の子っぽいけど、そこが逆に薄幸そうにも見えますね。
ミッちゃんとロイのコンビは対比がうまくてなかなか楽しみだし、
ヤンの温和だけどしゃべらせたら辛辣そうな雰囲気も良い感じ。
しかし一番気になるのは、
オベ様が無駄に色気ダダ漏れなこと。(爆
そういうのとは一番縁のないキャラなんですが?!

銀英伝の原作が読み進められないよって人も多いと思うんですけど、
アニメやコミックで補うことも可能ですが、
アニメ界ではわりと有名なアリゾナ老人の劇場版への解説も見てみると良いかもしれないです。
的確に解説してくれてますし、わかりやすいです。
そしてアリゾナ老人からは、劇場版1作目はかなり高評価です。

【銀河英雄伝説/わが征くは星の大海】アリゾナ老人、伝説を語る

アリゾナ老人も言ってますが、銀英伝はSFというより完全に歴史ファンタジー。
政治や戦略、会話劇が好きな人向けの作品です。

いや、それにしてもこのフライヤーかっこいいなー。
これは手元に1枚欲しいわー。
…………今から我儘叫びます。

どなたか、地方に住む私にこのフライヤーを恵んでくださいー!
[ 2012/06/22 20:41 ] 舞台 | TB(0) | CM(2)

おいしさ直滑降! 

台風の中、お江戸に来ております。
晴れ女としてはこの雨風に納得いきませんが、
とにかく明日には晴れてほしいところ。
東海道新幹線は止まっているようですし、
台風はこれからお江戸~東北と渡って行くようですが、
とにかく被害がでないことを祈るばかりです。

白いブラックサンダー

さて、本日知人から「白いブラックサンダー」をもらいました!
普通のブラックサンダーは地元でもたまに買います。
普段チョコを食べない私ですが、これは美味しいと思うんですよ。
中にナッツやクッキーが入ってるチョコが好きだからかな?
北海道限定商品なんでしょうか。
おいしさが直滑降してくるかどうか、今から確かめます。

コメレスが放置状態でスミマセン。
帰宅までしばしお時間くださいまし。

[ 2012/06/19 22:01 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(2)

解いてみよう 

あちこちで見かけたのでチャレンジしました。
Facebookの1枚クイズです。
答えがわかったら、ヒントのコメントをつけてシェアしてくださいとのこと。


クイズ


一瞬「???」となりますが、よく見るとなるほど!な一問ですね。

ヒントはこんなのどうでしょ?

 拝+拝=12

みなさんも遊んでみてくださいね。
[ 2012/06/13 22:55 ] バトン関係 | TB(0) | CM(4)

うわあああ 

今日はついサッカー日本vsオーストラリアを見てしまいました!
後半から見たんですが、ついTV画面に見とれて包丁で指切りました。(←
ねぎのみじん切りなんかしながらTV見てるからですよね~。(爆
本田→栗原のゴールのときは、包丁持ったままTV前に座り込んだりなんかして。(危
「香川強ぇぇ……」とか、
「本田っていったい何人いるんだよ! 分身術か?」とか、
久しぶりに大興奮してました。
私の個人的感覚ですが、人数が相手より+1だろうと-1だろうと、
それは必ずしも利点にもならなければ、必ずしも負けの要因にもならないと思ってます。
2人の差は大きいけれど、1人はどうも微妙みたいで、
このバランスの悪さって双方に影響が出る気がします。

それにしても日本はメンタル強くなりましたよね。
どんな場面でも、どこか落ち着いて見ていられます。
勝つにしても負けるにしても、納得の結果というか。
前みたいに崩れることって、本当になくなったなあと思います。
オーストラリアがアジアに入っていることに未だ違和感がぬぐえませんが、
やはりいかにオーストラリアを倒すかというのが、
日本にとっては世界で戦うための最初の課題なんだろうなあと思いました。
日本はあれだけボールを前に運んだのに、敵の守りを破りきれなかった。
アウェーであることはわかってますが、やはり惜しかったです。
で、あのPKは気にしないことです。
でも最後にFKを蹴らせてもらえなかったことは気になりますよ!!!
そもそもロスタイム3分なのに、あんなにボール回しててまだ時間あるの?って思ってたら、
いきなりFK前に笛が鳴ったよ!
一瞬、本田が蹴るのが遅くて注意されたのかと思いましたよ。
もう誰しもぽかーんですよね。
まあ、審判も試合のうちなので仕方ないんですけどね。
結果的に今日の主役はある意味主審、ということで……。

とまあ、あれやこれやと盛り上がったW杯最終予選でしたが、
この他にも今夜はテンションが上がることが。
宝塚版銀英伝の画像が出たよーーー!
硬質な感じを与える表情。
アイスブルーの瞳と言われる表はひんやりと、でも内は燃えてる眼。
うわあああ、ラインハルト様が現れたーーー!

こんな感じ。

ヒルダも可愛いなー。
この軍服はパレード仕様でしょうか?
ラインハルト様が最後にあの大階段を下りてきて歌ったりするのかと思うと、
舞台化を喜びながらもちょっとビミョーな気持ちにならなくもないんですが(笑)、
とにかくヴィジュアルは予想通りに超絶素敵でした。
早く他の提督たちも見たいよーーーー。
ツイッターを見てると、「チケット取れるのかな東京公演……」って感じですが、
いつかこの日が来るのをずっと待っていたので何とかせねばと思うちょります。

詳しくは銀河英雄伝説@TAKARAZUKAで。

[ 2012/06/12 23:50 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

ちくちく……ちくちく。 

スマホを鞄の中にそのまま入れていたら結構傷がついてしまったので、
スマホケースを自作してみました。
既製の物も探したんですが、あんまり売っていないみたいでして。

スマホケース

手持ちのタオルハンカチをちくちく縫って、口の部分に余ってたボタンをつけてみました。
そもそもピンクは私が選ぶ色ではないんですけど、
スマホがマゼンタなので、景品でもらった(!)薔薇柄のハンカチが似合うかなと。
お裁縫なんて、中学卒業後はボタン付けとか繕い物以外していなかったので、
もう、ン~年ぶりの作業でした。(汗
まあ、ただひたすらまっすぐ返し縫をして、最後まつっただけなので超カンタン。
頑張ったのはボタンループを作ったことだけですね。
タオル生地だから縫い目も目立たず、かなり乱れてても万事オッケーです。(爆
タオル生地だとふかふかでクッションになるし、スマホの画面をふくこともできるし(←)、
お洗濯もできちゃうから結構良い選択だったかもしれません。

画面がむき出しだと、貼ってる保護シートが傷ついちゃうんですよね。
そして見てるサイトの色によっては、その傷が結構気になっちゃったりして。
これでとりあえず一安心です。
[ 2012/06/10 18:23 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

次は赤穂モノ。 

夏のBS時代劇は赤穂モノなんですね。
「薄桜記」……はくおうきと読んで、
すぐに某新選組モノを思い浮かべてしまいましたがあっちは鬼だった。
ググるとそればっかりヒットしますので要注意?(苦笑

さて、主役は山本耕史くんでまたもや剣豪役。
あの清水センセが演出担当なので、このコンビ3作目になりますね。
そして脚本がなんと大御所ジェームス三木氏。
この3人でどんなコラボが生まれるのか、その効果のほどはちょっと未知数です。
それだけに注目しております。
作品は五味康祐の同名小説が原作。
調べてみたら市川雷蔵&勝新太郎で映画化、杉良太郎でドラマ化されてました。
残念ながら読んだことも観たこともないです。
スタッフブログにもありますが、どうやら恋愛モノと理解したほうがよろしいようで。
ワタクシ的にあまり得意なジャンルではありませんが、
キャスティングが面白いところを突いてきているのと、
上杉フリークとしては赤穂モノも外せないのでまずは見てみようかなあと思っています。

山本耕史(丹下典膳)
柴本幸(長尾千春)
高橋和也(堀部安兵衛)
ともさかりえ(お三)
檀ふみ(丹下ぬひ)
高嶋政伸(白竿屋長兵衛)
草刈正雄(千坂兵部)
葛山信吾(高木敬之進) 
石丸幹二(富樫頼母)
石垣佑磨(瀬川三之丞)
辰巳琢郎(長尾権兵衛)
かとうかずこ(お菊)
萬田久子(富子)
江守徹(紀伊国屋文左衛門)
津川雅彦(堀部弥兵衛)
長塚京三(吉良上野介)



上野介が長塚京三さんだなんてすてきー!
ちょっと前なら津川さんに行く役どころなんでしょうけど、
最近の津川さんは好々爺が多くなっているような気がします。
あと高橋和也さんの安兵衛も期待したいところ。
「風林火山」の馬場ちゃんも「テンペスト」の尚育王もとてもよかったので、
山本くんの宿敵というポジションにわくわくですよ。
赤穂モノの場合、上杉家はたいてい千坂さんか色部さん一人で代弁されてしまうものですが、
その千坂に草刈さん、そして富子の萬田さんも似合いそうです。
そういえば檀ふみさん、ものすごく久しぶりに拝見しますね。
取りとめなくつらつらと書きましたが、夏の楽しみの1つになってくれるといいな。
[ 2012/06/05 02:28 ] ドラマ/時代劇 | TB(0) | CM(4)