Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「限界集落株式会社」  黒野伸一 著 

限界集落株式会社限界集落株式会社
(2011/11/25)
黒野 伸一

商品詳細を見る



ものすごく久しぶりに現代モノの小説を読んだ気がします。
本屋で平積みされているのをチラ読みして、面白そうだったので図書館で借りてみました。
話題作なんでしょうか、随分予約待ちしましたよ~。

人口の半数が65歳以上という限界集落。
主たる産業は農業で、取り立てて特徴のない村。
郵便局が消え、診療所が消え、路線バスが消え、行政から見放されようとしている村。
そんな村の立て直しに、エリート銀行マンだった主人公が立ち上がります。
都会の若者と村の老人の対決というありきたりな話ではなく、
むしろ村を黒字経営するためにはどうすればいいかというような、
いわゆる起業ノウハウが中心です。
かといって硬い話ではなく、かなりシンプルでライトに書いてあるので読みやすい。
「ハゲタカ」のような経済小説を求めると肩透かしを食らうと思いますが、
ライトでありながらそこそこ専門的でもあるという点が、一般読者には受け入れやすいのではないかと。
そんなわけで村の起業という点では話がとんとん拍子に進みすぎるきらいがありますが、
じゃあこの作品でディープな衝突やら障害やらが起こってほしいかというと、
それもまた似合わないなーという雰囲気なんですよね。
とにかく村のお年寄りたちが生き生きしていて、とてもリアルなところがいい。
こういうばあちゃんいるなーと、この村を自然と応援したくなります。
最後はすべて落ちるところに落ちたなという感じで大団円になりますが、
これはこれでいいのかなと感じました。
限界集落と農業にちょっと興味がある人には、面白く読めるかと思います。
個性的な登場人物ばかりでキャラ勝ちみたいなところもありますし、
テーマも悪くないのでいつかドラマになるんじゃないかな?
スポンサーサイト
[ 2012/04/27 23:38 ] その他小説 | TB(0) | CM(0)

今年の桜 

先週、桜並木を通ったときにちょっとだけ途中下車してみました。
青空ながらも微妙に曇りがちな天気だったため、桜の色が沈んでいたのが残念だったのですが。

桜2012

満開まであと少しという感じだったのですが、今日通りがかったらすでに緑の葉が出始めてました。
桜って咲くまでは長いのに、花開いてしまうと終わりが早いですよね。
それにしても日本人はなぜこんなに桜にこだわるんでしょうね。
よく、桜のパッと咲いてパッと散る様が、何かに執着することなく去る潔さに通じて、
日本人の好む美学に合致するからみたいなことが言われますが、
もっと単純なんじゃないかななんて思ったりもします。

桜2012

日本人は古来から桜を愛でてきたと思うんですけど、
まずこの薄桃色が日本の色彩によく合うんですよね。
満開の桜は控えめでありながらもなぜか華やかで美しい。
今は現代的で高層の建物が増えてしまったけれども、
もっと空が広かった昔は、これほどにまで艶やかな桜はとても目立ったことと思います。
全国どこでも見ることができて、雪解けと春を告げる花でもある。
理屈じゃなくて、ただただこの美しい花を待つ心が、
親から子へと受け継がれていっただけじゃないのかなあと思います。
桜はそれだけ人を惹きつけてやまない、どこか神秘を漂わせる木なのだと思います。
[ 2012/04/26 01:29 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

ふくのひれ酒 

基本的に家で一人晩酌はしない私ですが、
ずっと忘れ去っていたお酒が出てきたので久しぶりに一杯やってみました。

ふくのひれ酒

山口へ旅行に行ったとき(2年前・汗)に買い求めた、下関の「ふくのひれ酒」です。
賞味期限が今月いっぱいだったのでギリギリセーフ。

しらたき酒造さんは天保8年創業で、「ふくのひれ酒」は今から約40年ほど前に製品化されたとのこと。
HPを拝見すると、

■ふぐ料理店でしか味わえなかったひれ酒を、全国で初めて製品化した
■辛口本醸清酒をベースに、焼きひれの香ばしさと、焼きふぐのまろやかな旨味を、
 仕込製法により清酒に抽出し、その一番美味しいところでひれ等は取り除き、保存性を高めた


とあります。
ひれそのものが入っていないと寂しく思うかもしれませんが、
この琥珀色の液体を見れば、どれだけ旨さが抽出されてるかわかる気もします。
手持ちの猪口がこんな色の分かりにくいブルーでスミマセン。
本来は燗で飲んだ方がいいんだと思いますが、賞味期限ギリギリなので(苦笑)、
温めて嫌な味が強調されてもな~と思い、そのままいただいてみました。
やや、この香ばしさはなに!
……実はワタクシ、ひれ酒をいただくのは初めてでして。
白身魚のまろやかさと、焼ひれの香ばしさとが口に広がって、
これはもはや酒というより珍味ですな!
つまみ、作ったけどいらないじゃないか……という。
ちょうど良い一合サイズのデカンタだったので、最後までおいしくいただきました。
もしかして、やっぱり燗したほうがもっと旨みが出たのかなあ。
惜しいことをしてしまったかも。
っていうか、もっと早くに飲めばよかった。(苦笑
[ 2012/04/19 00:42 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(6)

“銀英伝” The Takarazuka Version 

とうとう、とうとう、宝塚であの銀英伝を舞台化ですってよー!
今ちょうど河村隆一さんが主演の「舞台 銀河英雄伝説 第二章」が上演中ですが、
こうやって一度他のカンパニーで舞台化された以上、宝塚でやることはないと思ってました。
第一章のときのインタビューにあるように、そもそも一度舞台化を断ってますしね。

【安達氏】 「銀河英雄伝説」は、以前にも舞台化の話があったとお聞きしていますが。
【田中氏】 はい。当時の徳間書店の編集者さんが宝塚歌劇団にお話しを持って行ったことがあります。
      もう20年近く前の話になりますが。
      ただ、そのときは「恋愛の要素が薄い」ということで実現しなかったと聞いております。

                        舞台 銀河英雄伝説「第一章 銀河帝国篇」インタビューより

しかし最近、宝塚でどうもSFモノをやるらしいという噂をチラホラ目にしていたので、
「もしや?」という気はしていました。
たとえばガンダム系ならモビルスーツをどうするのかという問題があるし、
エヴァンゲリオンだと主人公が14歳ですから、
宝塚でやるにはどちらも少々無理があろうかと思います。
そうするとSFモノで宝塚で出来そうなものって他に何があるだろうかと。


宙組

■主演・・・(宙組)凰稀かなめ、実咲凜音

◆宝塚大劇場:2012年8月31日(金)~10月8日(月)
一般前売:2012年7月28日(土)
◆東京宝塚劇場:2012年10月19日(金)~11月18日(日)
一般前売:2012年9月9日(日)

スペース・ファンタジー
『銀河英雄伝説@TAKARAZUKA』 
田中芳樹作「銀河英雄伝説」(東京創元社刊)より
原作/田中芳樹
脚本・演出/小池修一郎



えーっと。
私、これは観に行きますよ!
正直に言って、ストーリーはもう全く気にしません。
小説以上に面白いものはないと思うし、宝塚なら完璧ヴィジュアル目的です。
かっこいい男役さんたちがかっこいい軍服を着こなしてズラッと並んでくれちゃうわけです。
どう考えても帝国編をやると思うので、フィナーレの群舞は絶対軍服でしょうから、
もうこれぞ眼福じゃないですかー!
宝塚なら衣装も綺麗だろうし、小池先生なら舞台装置や転換なんかも期待できそう。
娘役さんたちが割を食ってしまうのが問題ですが、そこはオリジナルキャラを作るのかも。
私としては、メインストーリーに悪影響がないなら改変もOKですので、
とにかく音楽、音楽だけはかっこよくしてください!
アニメ版のクラシックによる壮大なBGMに慣れてしまってるので、そこんところだけ頼みます。

あとはキャスティングがどうなるのか。
ロイエンタールとか、ロイエンタールとか、ロイエンタールとか。
宙組さんは拝見したことがないのでどんな生徒さんがいるのかわからないんですけど、
水も滴るイイ男を一つお願いしますです。
これで私もついに宙組デビウですよ~。

実は先週から、銀英伝を10年ぶりくらいに読み返し始めてました。
最初の徳間ノベルズ版。
そういえばこの作品も、版が結構変わってますね。
徳間ノベルズ→徳間文庫→徳間デュアル文庫→創元SF文庫→らいとすたっふ文庫(電子書籍)
誤字脱字が訂正された徳間文庫版も持ってますが、
やっぱり2段組みで重厚感漂うノベルズ版が私は一番好きです。
初めて読んだときの衝撃を思い出すからかな……。

銀河英雄伝説
[ 2012/04/17 02:03 ] 舞台 | TB(0) | CM(2)

追っかけ視聴「平清盛」 

「平清盛」がリアルタイムに第何話まで進んでいるのか把握していないのですが、
撮りためた録画がレコーダーの容量を恐ろしく圧迫し始めたので、強制消化中です。(爆

ということで、第11回「もののけの涙」までたどり着きました。
この時代、私には史実関連の知識がほぼ年表オンリー状態なので(爆)、
純粋にドラマとして見ているわけなんですが、とにかく長い。
45分が本当にとてつもなく長く感じられます。
番組中に、5回くらい時計を見てしまいます。
ある回など、時計を見たらOP後まだ5分しか経っていなかったことがありました。(汗
なぜなんだろう……とずっと考えているんですが、よくわかりません。
話的に面白くないわけではない。
脚本に致命的な傷があるわけでもなさそう。
登場人物は個性的で、役者がまずいわけでもない。
私自身がこの時代に興味がないわけでもない。
平安時代は戦国の国盗りとはまた違った権力争いが面白いところで、
私にとってはオイシイ好物でもある。
それなのに話に入り込めないのはなぜ。
お風呂で湯船につかりながらあれこれと考えてなんとなく思ったのですが、
1つは、どうも全体が薄ぼんやりとしていて、話が漠然と流れているからかもしれないと思いました。
なんというか、コーンスターチでちょっと煙った画面と同じく、
せっかくの濃そうな話もぼやーっとして心に残らないんですよ。
その一つの要因は、もしかしたら書き込みの薄さにあるのかもしれません。
史実以前にドラマとして、「どうしてそうなった!?」みたいな展開が時折見受けられます。
辻褄が合わないのではなく、途中経過が端折られ過ぎているとでもいうんでしょうか。
たとえば西行と璋子の一件も、知らないうちに2人がさっさと悟ってしまったので、
これがおおごとであるという印象が「煙ってしまった」ように思います。
私としてはこのあたり、よくわかんないけど無理に納得してみました……みたいな。
つまり、視聴者として気持ちが盛り上がるのを寸止めされているような状態?(苦笑
あれ? これって脚本が……ってことなのか?
もう1つは演出でしょうか。
コーンスターチを使い、リアルさを目指した画面は私は嫌いじゃないんですが、
静止画としては美しいショットがたくさんある一方で、
それが動画となると退屈になってしまうんですよね。
これが時間を長く感じてしまう原因かもしれません。
あとは、主人公がなぜか影が薄い。
朝廷パートは中がごたごたしてきてから面白くなってきたんですけどねえ。
私としては何となく先の話が見えてきたというか、慣れてきたというか、
とりあえずもうしばらくは見続けるつもりです。
崇徳帝の哀れっぷりに、よくこのキャスティングをしたなあと思っておりまして、
あとはこれからの時子に期待かな~。
[ 2012/04/15 23:46 ] 大河ドラマ | TB(0) | CM(6)

冷しほうとう……? 

お世話になっているリューザキ弾正さんに甲斐国名物『ほうとう』を送っていただいて以来、
すっかりその虜になってしまって一冬に一度は食べないと気が済まなくなった上杉派でございます。(爆
この冬もしっかりほうとうを味わわせていただきましたが、ついさっきこんなニュースが。

スリーエフ
人気歴史バラエティ番組「戦国鍋TV」との共同企画商品
「煮込み根菜の冷しほうとう」4月18日(水)発売


上杉の領土にスリーエフはないんですけどーーーーーーーーー。
それよりこの「冷やしほうとう」ってのが気になります。
ほうとうって、寒い季節にたっぷり具を入れてホクホクはふはふ食べるもんだと思ってたんですが、
冷やしって……アリなの? 普通に食べられてるの?
スリーエフのHPには、
煮込んだ大根、人参、ごぼう、里芋、しいたけ、長葱、小松菜、素揚げの南瓜など8種類の野菜を使用し、
醤油ベースの特製のスープで召し上がっていただく冷しほうとうです。

と書いてあります。
……味噌じゃなくて、醤油ベースのスープなんだ。
それってほうとう的にありなヴァリエーションなのでしょうか、甲斐国民のみなさま。
これは「武将の食卓」として発売されるんですが、もしかしてシリーズ化されるのかな?
謙信飯はたぶんおにぎり弁当だと思う……。

「戦国鍋TV」もこの21日から再始動だそうですね。
戦国時代、江戸時代から幕末までを網羅し、室町や鎌倉時代も扱うそうですが、
まさか義経と政宗が出会ったりとか、そんなとんでもコラボはあったりなかったり?
[ 2012/04/12 22:56 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(4)

おなら代理人 

久しぶりにタイムスクープハンターを見ました。

『江戸おなら代理人』

こんな職業知らなかった……!

江戸時代、特に女性が人前でおならをするのは恥とされ、
そうした粗相の責任を代わりに取ってくれる人がいました。
それがおなら代理人こと、『屁負比丘尼(へおいびくに)』です。
主に良家の妻女やお嬢さんにつき従って、おならの代行だけでなく、
ちょっとした失敗など、何くれとなくフォローしていくお仕事だったようです。
そもそもおならが出てしまった場合、
知らんふりしたほうが簡単なんじゃないかと思ったりもしますが、
「花嫁は一つひっても命がけ」
「屁の論に泣くもさすが女なり」
なんて川柳もあるそうなので、やはりそうはできない空気があったんでしょうね。
番組中では、屁負比丘尼がおならをしたお嬢さんの身代わりになると同時に、
話題を変えて笑いを取り、おならの余韻をその場から消し去っていました。
しかも誰も傷つけないように。
確かに「私がやりました。申し訳ございませぬ」だけでは気まずい雰囲気になってしまいます。
それを何とか変えるのも、やはり屁負比丘尼の役目ということになるのでしょう。
そう考えると、機転が利かなければこの職業は務まらないってことですよね。
比丘尼といえばどこかマイナスなイメージがつきまといがちですが、
屁負比丘尼(科負比丘尼)は良家の女性のフォローをするだけに、
まず礼儀作法や教養に通じていなければならないと考えます。
さらに機転も利かなければならないとなると、誰でもなれるというものではないですね。
屁負比丘尼は当時では非常に知られた職業だったようですが、
それって結局良家と呼ばれる家のプライドがどれだけ高かったかという証左でもある気がします。

ドラマ部分は、おならによって破談になったお嬢さんが、
ならず者に追われているところで偶然お見合い相手と再会し、
彼に「あの日からずっと好きだったんだ。おならなんか一緒に暮らせば気にならなくなるよ!」と告白され、
さらに逃がしてもらって後日めでたく婚礼……と大団円でした。
随分と少女漫画チックな展開でしたが、
おならが取り持った縁だけに笑っていいのやら、なんなのやら。(笑
しかしタイムスクープ社、おならをした人を探し出すべく、
「臭気センサー」とかいうの使うのはやめてあげてください……。(爆
[ 2012/04/11 00:36 ] 時代劇 | TB(0) | CM(4)

わんこ。 

今年はほぼ日手帳を使っています。
スケジュール管理は週刊手帳で行い、手帳本体には記録やメモ書き、家計簿など全部書き込んでいます。
前は全部別々にしていたのですが、1冊にまとめたらとても楽チン。
デジカメで撮った写真をセブンイレブンで分割プリントして貼りつけたりしてますが、
絵があるとあとから読んでも結構楽しいもんですね。
忙しいとまとめて1週間分書くとかいうこともありますし、
平凡すぎてまったく書くことがない(or日が経ちすぎて忘れた)こともあったりしますが、
手帳に向かうときは自分の考えをまとめる時間にもなっていて、とても有意義だと思っています。

先日断捨離を実行したときに、ずっと大事にとっておいたJAF MATEの2006年3月号が出てきました。
JAF MATEは一時期表紙に動物の写真を使っていて、あれを見るのが毎月楽しみでした。
そんな中で一番好きで、わざわざとっておいたのがレトリバーとコーギーの写真。

ほぼ日手帳

雑誌がかなり汚れてきていたので、いっそ切り取ってしまおうと鋏を入れたら、
なんと手帳のサイズにピッタリ!
早速貼りつけて眺めてます。
この写真大好きなんですよね。
いろんな会話が浮かんでくるんですよ。
この子たち犬種は違うけど、兄弟かな、親子かな、何かを見送ってるのかな、待ってるのかな……。
シアワセな1ページとなりました。
[ 2012/04/08 23:50 ] 日常 | TB(0) | CM(6)

渦巻くビール 

3月からずっと週末は飲み会が続いておりまして、
先日ひと月ぶりに整体に行ったら「胃と肝臓が疲れている」と言われてしまいました。(汗
私、普段家でひとり晩酌はしません。
ごくたまーに、お肌の調子をよくしたいなーというときに、多少飲むことはあります。
でもまあそれも本当にごくたまになので、アルコールを飲むといったら外に出ます。
だからいくら毎週末飲んでいても、飲みすぎってほどじゃないと思うんですけど、
私の習慣からいったらかなり飲んだ1月ということになるのかもしれません。

飲み会の始まりといえばビールですが、私はいつも日本酒です。
乾杯が盃ですみません。
ビールは選択肢がないとき以外飲みません。
炭酸、苦手なんですよね、すぐお腹膨れちゃうから。
ワインもいただきますが、ワインは酔うのが早い気がします……。
と、ビールはまずほとんど飲まない私ですが、

新登場 コップの下からビール

というニュースにわくわくしちゃいました。(NHKニュース)
コップの下からビールが鳴門海峡のうずしおみたいに入って来るんですよ。
面白ーーーい!
ビールが逆流しないように弁がついてるってことですが、
これはコップがどんな構造になっているのか見てみたいですね。
イギリスのメーカーのものを改良してより多くの泡ができるようにしたとあるので、
ちょいとグーグル先生にお尋ねしたところ、ありました。



日本のものは注入口が横につけられてますが、あちらのは本当に底から入れるみたいですね。
そして泡の出来がかなり違う。
全国の飲食店にも随時導入されるみたいですが、カウンター奥とか置かないでほしいな。
うずしお式サーバーを見てこそ、ビールの旨さもUPするんじゃないかなー。
「冷えたビールが旨い」季節には程遠い寒さに震えた今日ですが、
今月半ばくらいには桜開花予想となっています。
下旬が満開で見ごろかな?
お花見って基本的に寒いけど、桜の下でお弁当食べたいなー。(←
[ 2012/04/05 23:47 ] ニュース | TB(0) | CM(6)

KOKIA 『music like a prayer』 

昨年12月に東京・品川教会グローリアチャペルで行われたKOKIAのクリスマスコンサート。
ちょうど上京する日程とバッチリ合ったので、
「初めてKOKIAのコンサートに行ける……かも!」と喜んだのもつかの間……。
見事チケット争奪戦に敗れました。
ここ数年、KOKIAのチケットは取れなくなる一方なのは知っていたし、
KOKIAはライヴが1日のことが多いから、取れないことはある程度覚悟してたんですけどね。
地方人の場合、なかなか日程合わせて上京って難しいので、
今回はやっと訪れたGood Timingになんとか乗りたかったのでした。
まあ仕方ない。
ってことで、即購入しましたよ、DVD。
KOKIAは年女ということで、幸せを運ぶ特製ポストカード付き。

KOKIA ~music like a prayer~

このDVD、実は模様替えのお供でした♪
教会、KOKIAの澄んだ声、クリスマスのメロディー、そして祈りを込めた歌詞。
片づけの手を止めて、何度もテレビの前に座り直しました。
何もかもが透明に響いて、教会にふさわしい『祈り』のコンサート。
外には真っ白い雪が深々と降っているのではないかと思うほど、
それはとてもすがすがしくて、でも温かい空間がそこに広がっていました。
あの場にいられなかったことが本当に悔やまれます。
KOKIAの歌は、きっとナマで聴いてこそなんだと思う。

私はいつになったらKOKIAに会えるのかな。

DVDのダイジェストがこちらで聴けます。(→)
[ 2012/04/02 23:00 ] ポップス | TB(0) | CM(0)

朝ドラ『カーネーション』 

初めて朝ドラを完走しました。
「カーネーション」は連続テレビ小説のタイトルの通り、1日1ページめくるごとにハラハラ、
そして画面や音から生きる元気をもらいました。
ファッションデザイナーの小篠綾子さんをモデルにしたヒロイン小原糸子は、
ぶっちゃけ自分のために生きてきた人です。
生きていれば必ずぶつかる「なぜ?」「どうして?」を勢いで突き破り、
生きてるんだから生きていくんだと突き進む。
そこに理屈なんかありません。
結果的に周りを巻き込んでしまうわけですが、それが必ずしも悪いことばかりではない。
糸子が動くことで自分の道を見つけた人もいました。
糸子を見ることで、自分の気持ちに気づく人もいました。
糸子が女一人で家族と従業員の生活を背負い、
がむしゃらに、けれど底抜けの明るさを持って人生を切り開いていくさまは、
見ていて爽快で、また共感する部分も多いものでした。
まだ30歳になったばかりの尾野真千子さん演じる糸子の、
おせっかいで自分本位ででも情に厚いオバチャン。
あんなにたくましくガツガツ生きていくヒロインというのも、新しかったように思います。
問題が「終わりよければすべて良し」的に解決しすぎるきらいはありましたが、
そこは朝のドラマなので、こんなものでしょう。

3月に入ってからの4週間で、糸子の晩年が描かれました。
2月までと3月からの間にはドラマ内で20年の差があり、
俳優さんも尾野真千子さんから夏木マリさんにかわり、他のキャストも娘たちを除いて一新しました。
この4週間はエピローグのようなものだったと思います。
感想を覗いてみたら、結構不評だったんですね。
でも私はこの晩年にこそ、感じるものが多かったんです。
私自身の年齢もあるかもしれません。
あれだけ豪快に生きてきた糸子が、一歩進むごとに年を取り、
あれができなくなり、これができなくなり、老いの寂しさを知っていく。
若い頃の爆発ぶりを知っていればいるほど、切なく寂しく、老いの現実を知る思いがしました。
最晩年、糸子は自分のブランドを立ち上げます。
あれも糸子ですから自分のためでもあったのでしょうが、
本当はあの話を持ってきた若ボンボンたちのためだったのではないかと思います。
ずっと自分のために生きてきて、いつも周りに迷惑かけて助けてもらってきた糸子が、
意識してか無意識か、ついに若い世代を助ける立場になった。
これもまた、「年寄りの役目」なのだとしみじみ思いました。
だからこそ、最後まで尾野真千子さんで見たかったなという思いも残ります。
夏木マリさんの糸子にも私はさほど違和感を感じませんでしたが、
老いを描くなら、それにどれほど無理があろうと同じ役者さんでと思います。
特に娘3人のシーンを見るたびに、5か月かけて積み重ねたものがあるからこそなのに……と。

5月には総集編が放送されます。
また岸和田弁でまくしたてる糸子に会えますね。
[ 2012/04/01 13:31 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。