Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「幕末銃姫伝」 藤本ひとみ 著 

藤本ひとみさんといえば欧州モノというか、フランス史関連の小説の人ですが、
本屋に行ったら「天狗の剣―幕末京都守護職始末」という新作が積まれていて、
「藤本さんまでもが幕末モノを……それも会津……!」と思うと同時に、
「なんでー?」という疑問もフツフツと。

図書館にあった昨年発刊の別作品を読んでみて謎が解けました!
ナポレオンを調べておられて幕末に入られたんですね、きっと。


幕末銃姫伝―京の風 会津の花幕末銃姫伝―京の風 会津の花
(2010/05)
藤本 ひとみ

商品詳細を見る


ということで、山本覚馬、・八重子兄妹の物語なのですが、覚馬が江戸から会津に戻り、
松平容保公が京都守護職に任命されて鶴ヶ城落城までの約12年ほどを語っています。
私は幕末モノはもともとあまり読んでいないんですが、
思い返したら会津藩を描いた作品はこれが初めてだったことに気づきました。
その点、会津から幕末を見るというのは私にとっては結構新鮮ではありました。
……でもなあ。
うーん。
「でもなあ」って感じなんですよね。
何というか、全体に浅い。
いろんな幕末の人物が登場しますが、かなりの確率で尻切れトンボになってますし、
「幕末銃姫伝」というタイトルのわりには山本八重子が銃姫じゃない。
もちろん女の身で銃砲の術を身につけ、籠城して戦う傑女には描かれてますが、
例えば「のぼうの城」の甲斐姫ほど爽快な活躍をするわけでもないです。
どちらかといえば兄の覚馬の方に重点が置かれている感じもあり、
私としてはむしろそちらの方が興味惹かれる内容でしたが、
こちらは薩摩に捕らわれてしまって途中から登場しなくなってしまいます。
流れ的には、兄の遺志を継いで妹が戦う図なんですけど、
結局のところ、全体的にアンバランスな構成になってしまったように思いました。
八重子と山川大蔵の淡い恋も、八重子の傑女ぶりとのギャップを見せてはいるものの、
今回ばかりはイライラの要素だったりして、入り込めないままに終わってしまいました。
あと、結局ナポレオンが全く生かされていなかったことに私はガッカリ!
いかに史実が前提とはいえ、ナポレオンを研究した藤本さんならではの展開が読みたかったよ。
あー、私の不満はこれが原因かもしれません。

最終的に印象に残ったのは、勝海舟が将軍徳川慶喜を評して言った、
「あいつは狸の家系だから」という一言でした。
家系という風にとらえたことがなかったので、座布団一枚!
えっと……これでいいのかしらん。(汗
スポンサーサイト
[ 2011/04/28 22:58 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(0)

まねきねこ 

たまに息抜き。
戦国関連のニュースをあさっていたら、こんなの見つけました。


招運 戦国まねきネコ 徳川家康招運 戦国まねきネコ 徳川家康

商品詳細を見る


さすが家康は左団扇(左扇)なんだなと納得しました。
紫の脇息が家康っぽいです。(根拠ナシ)
でも狸風の目がサングラスにも見えて、
どこからかハワイアンが流れてくるような雰囲気がなくもない。(笑
説明によると、
ネコなのか、狸が化けたのかは謎。
我慢大会で10年連続チャンピオン。
鯛の天ぷらが、大好き。
とあります。
なんかどっかで見たようなキャラだな。



招運 戦国まねきネコ 上杉謙信招運 戦国まねきネコ 上杉謙信

商品詳細を見る


謙信がなぜパグを可愛がっているのか、なぜうずまきほっぺなのか、
いろいろ突っ込みたいけどこのまねきねこから目がはなせません。
だってネコにこの前立て!
霊狐に飯綱権現がのっかった、この前立ては圧巻!
まねきねこに霊狐に飯綱権現にパグに、これが一番ご利益ありそうだ!(笑

そういえば最近レキジョとかって言葉を聞かなくなった気がしますが、
すでに死語になったんでしょうか?
それともブームは去ったのかしらん。

この商品、ググったら去年出たものでした~。(リンクはこちら)
[ 2011/04/26 23:09 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(4)

怖いけど思い出したい…… 

子どもの頃は、とにかく活字大嫌い娘だったのでマンガすら読んでませんでした。
ごくたまにお友達に貸してもらって「りぼん」とか「なかよし」とか読んでましたけど、
それも本当にごくたまーにのこと。
私が子どものころはこの2誌が少女漫画雑誌の双璧だったと思うんですけど、
クラスの女の子って、たいてい「なかよし」派と「りぼん」派に分かれてた気がします。
私はほとんど読まないけど読むなら「りぼん」という程度でしたが、
「なかよし」にはなぜかホラーのイメージが強かったです。
松本洋子先生とか曽祢まさこ先生とか、忘れられない。
とある家のお母さんがだんだん狂っていって、ご飯にいろんな虫を出すようになり、
気味悪がる家族をよそに、お母さんはそれを美味しそうに食べるという展開があって、
子ども心に恐ろしくてたまらなかったです。
虫を食べるという猟奇的なシーンもさることながら、
お母さんがそんな風に変貌していくということが、とにかくひたすら怖くて怖くて。
確かあれは家の庭に桜の木があって、
そこに死体が埋まっていたんじゃなかったっけ……。
それがどうお母さんをおかしくしてしまったのかは忘れちゃったけど。
今思えばお話にそれほどひねりはなかった気がしますが、子どもにとっちゃそれはもう怖かった。
松本洋子先生の作品だったと記憶してます。

その「なかよし」ホラーシリーズに、時折思い出してしまうマンガがあります。
多分曽祢まさこ先生の「金のベールに銀の針」って作品だったと思うんですが、
どうにも詳細が思い出せない。
舞台は欧米で、美しい姉妹がいて、同じ男性を好きになって、
片方は衣装箱に首がはさまって死んでしまうって展開だったと思うんですけど、
もしかしたら違う作品とごっちゃになってるかも……。
完全に覚えてるのが「姉妹」と「衣装箱で死ぬ」の2つだけなものでして。
衣装箱に首がはさまるというのが強烈で、その1コマだけ鮮明に覚えてるんですよね。
絵もきれいでタイトルもきれいで、なんでこんなに残酷なお話って当時思ったような。
この2つのキーワードから「私も読んだことある!」って方はいらっしゃらないでしょうか。
もう一度読みたいかというと今でも怖いと思っちゃうんですけど(苦笑)、
タイトルだけはちゃんと知りたいと実は長年思ってました。
なぜか今日またふっと思い出したんですが、どなたかご存じないですかー?
[ 2011/04/22 23:35 ] コミックス | TB(0) | CM(2)

言葉が見つからない 

震災から1ヶ月以上が過ぎました。
避難者もいまだに多く、復興までの長い戦いが始まったばかりです。

「被災者の心を傷つけるNGワード」という記事を見つけました。
この記事の在り方はさておき、言葉の難しさというのは本当によく感じます。
昔、何の罪かはわかりませんが、服役していたことのある方と話したことがありました。
服役中に家族が亡くなり、そのときの辛さや己の不甲斐なさを話しておられたのですが、
「今すぐ駆けつけたくても駆けつけられないんだ」という言葉に、
私は「そうですよね」と、何気なく相槌を打ちました。
それに対しその方は、「そうですよねって、アンタに何がわかるってんだ」と怒りをあらわにされました。
当時の私はものすごく若かったので、それに適した態度をとることができず、
周りがフォローしてくれてなんとか収まったのでした。
でもあれ以来、しばらく人に言葉をかけることが怖かったのは事実です。
何気ない言葉、無意識に発した言葉が人を傷つけてしまうと思うと、
何と言葉をかければいいのかわからなくなってしまいます。

今回の震災について、マイケル・サンデル教授の講義がNHKで放映されました。
その中で興味深いと思った議題が、「遠方で起きた事象を理解し共感できるか否か」でした。
哲学家ルソーの理論であるという、
「地球の反対側で起きていることに対し、近隣と同じような衝撃は受けない」(大意)を例に出し、
学生たちが議論をしたわけですが、ルソーに賛成した人が少なかったのが私には意外でした。
私はルソーの意見に賛成です。
今は情報社会、情報も映像も即座に世界に流れます。
そういう意味ではルソーの時代よりははるかに情報が多いわけですが、
だからといって実際に被災した人たちと同じ感覚を得られるかといったら、私は否だと思います。
今回多くの義援金や支援が多くの国から寄せられたのは、
確かにあの恐ろしい津波の映像があり、共感を得たからでしょう。
しかし、実際に津波の恐怖にさらされた人と同じ感覚を持つことは絶対にできません。
同じ日本に住んでいる私でさえ、連日の津波や被害の映像にショックを受け、
一時は体重が落ちるほど胸を痛めていましたが、
それは被害を受けた人とは比べものにならないと思います。
ある一定のレベルで理解し共感することは可能でしょうけど、そこには必ず温度差が生まれるはずです。
被災地との距離やそれまでの関係なども影響してくるでしょうから。

こんなときは黙ってその人の話に耳を傾ける。
それが最善なのかな。
でも相槌一つでも傷つけてしまうことがあると思うと、それすら言葉が見つかりません。
[ 2011/04/21 23:58 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

17% 

東日本大震災の被害による電力不足にそなえて、
先週、こちら越後でも『ピークカット15%大作戦』として、トライアル節電が行われました。
17-19時の間、自主的に節電してみようというもの。
まったく停電するのではなく、できる限り電力消費を抑える試みだったんですが、
わが家はほぼ停電に近い状態にしてみました。
冷蔵庫や洗濯機など、コンセントを抜きにくいもの以外はコンセントを抜き、
電灯も暖房もすべてOFF(暖かい日で良かった)、もちろんテレビもOFFです。

キャンドルの下で

ろうそくの灯りだけで食事をするなんてヨーロッパにいたとき以来です。
なかなかムードいいですよねー。
食卓にのってるのが漬物だったりしてアレですが。(苦笑
ろうそくだと仄暗いのは当然なんですけど、
この状態で小骨の多い焼き魚を食べるのがどれほど大変か初めてわかりました。
小骨はさすがに見えないので、口に入れてから探すみたいな状態で、
食べるのにものすごく時間がかかりました。

このトライアル、来週も行われます。
来週はお刺身とかお肉とか、食べやすいものにしないと。
あと、ろうそくじゃなくてオイルランプを試してみようかとも思ってます。
ちなみに今回のトライアルでは17%の節電に成功したそうです。
自主節電とはいえ、これって結構大きな数字なのかな?
[ 2011/04/20 21:21 ] 日常 | TB(0) | CM(6)

『仁 -JIN-』 #1 

待望の完結編が始まりました。
今のこの時期にこの作品というのは、なにか暗示めいたものを感じます。
2年前の第一期第1話の冒頭で、
「もしも当たり前の世界がすべて消え去ってしまったなら」
というような独白がありました。
このたびの震災の被災地の方々にとっては、まさにこの言葉通りの現実が目の前にあって、
それを被災地外の私たちがわかることなど到底できないと思ってはいます。
それでも日本という国が、今大きな転換期に来ていることを感じない人はいないでしょう。
今と幕末では世相も社会情勢も違いますが、国が危機に瀕しているのは同じで、
国を覆う空気感というものには、どこか共通するものがあるのではないかと思うのです。
私は今、何の不自由もない生活をしています。
けれども、これまで当たり前だと思っていた生活が、
これからはおそらく変わるのだろうし、変わらなければならないのだとも思っています。

第一期は人の成長のドラマだったと思うのですが、
第二期完結編は、より歴史に重点が置かれていくようですね。
第一期の応用といいますか、何かを乗り越え成長した人が、
歴史の転換期をどう生き抜くかという話でしょうか。
私は第一期の感想に、

人は新しい何かを求めようとするとき、新しい道を切り開こうとするとき、
過去の何かを捨てなければならないのかもしれません。


と、書きました。
第二期は、「道を選ぶ」ことがメインになってくるのかなと思いますが、これとて意味合いは同じです。
人がある道を選ぶときには、何かを捨てる、もしくは失うことになるのでしょう。
選ばなかった道の先にあるものを捨て、その道を選ばなかったがゆえに失うものもあり……。
今回の第1話はセリフが結構秀逸だったなあと思います。
原作通りか脚本段階でつけられたセリフかはわかりませんが、
さりげなく考えさせられるものが多かったです。
「歴史を変えてしまうことになるかもしれないと」いう南方仁に、
佐久間象山は「それが間違っていれば神が正す」と答えていました。
これがこの作品の答えなのかな。
最後まで、静かに見守りたい作品です。

余談ですが、世界80か国で放映が決まったそうですね。
多分吹き替えになるんでしょうけど、土佐弁や薩摩弁はどうなるのかしら。
龍馬はあの土佐弁があるから龍馬なのに、標準語になってしまったら何か違う気が。
こうしてみると言葉って本当に重要。
でも、他国版の「仁」もちょっと見てみたいかも。
[ 2011/04/18 23:32 ] 時代劇 | TB(0) | CM(8)

財布がない! 

生まれて初めて財布をなくしました。

今朝、出かけようと思って鞄の中を整理したら財布がない!
昨日は買い物をしなかったので、財布を使った記憶がありません。
別な手提げに入れたのか、車の中に落としたのか、
思い当るところを探しましたがありません。
だんだんパニックになってきまして、思い当らないところも探し始め、
部屋の中が泥棒が入った後のように散らかりました。(汗
でも見つからないんです。
一度落ち着いてみようと深呼吸をし、昨日の行動を思い返しました。

あー! コンビニ行った!
物は買わなかったけど、生徒のためにプリントコピーした!
も、も、もしかしてコピー機のわきに財布置きっぱなしにしたんじゃ……!?
携帯でコンビニの電話番号を調べ、速攻電話。

(多分)バイト「財布ですかぁ? 少々お待ちください……。ありませんねー」
……ありませんねー。
……ありませんねー。
……ありませんねー。

うは~、こりゃ盗られたか?
カード類全部入ってるし、保険証から免許証から図書館の利用カードからスタンプカードまで、
ほぼ全財産が入っている私の財布ー><
とにかくカードを止めないといけないので、通帳を探し出してきて番号を調べます。
昨日コンビニに行ったのは生徒が来る前、つまり昼前ですので、
今頃全部おろされちゃったりしてるんじゃないかと、もう血の気が引くとはこのこと。
外国なら完全に全財産おろされてます。
でも、もう一度思い返してみると、コンビニから財布を持ち帰った感触はあるんです。
プリントとコピーが多くて、「持ちにくい……」と思ったのを覚えてますから。
でもないんだよ、どこにも!
どうしても財布を落としたと認められず、車中をもう一度探しました。
実に4回目です。

……あった。

あ、ありました、助手席側のポケットの部分に!
なんでこんなところにスポッと入り込んでるんだろう。
っていうか、3回探したときにも見ているはずなのに気づかないなんて。
助手席にデカイ地図をのせていたせいで死角になったんだろうか。
財布をなくした1時間を振り返ると、正直自分がここまでパニくるとは思いもしませんでした。
なんか情けなか~~~。
でも本当によかった。
その場で天に向かって「神様ありがとうー!」と叫びました。
[ 2011/04/15 22:15 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

「好きな花はなんですか?」 

久しぶりのTBテーマ。

第1172回「好きな花はなんですか?」

私は草花にはまったくもって疎いです。
母に「あなたはチューリップしか知らないから」と言われてしまうほど、疎いです。
昨日フラワーアレンジメントのおつかいを頼まれ、
思うような花がなかったため花屋から母に電話しました。
「ねえ、ラナンキュラスとかどう?」と言ったところ、
「ラナンキュラスなんて名前よく知ってるわねー」と、いたく感心されてしまいました。
もちろん、札に名前が書いてあったからわかっただけで、知ってたわけじゃありません。(汗
そんな自分に「好きな花はなんですか?」とか、ほぼ愚問にも思えるんですけど、
実は「すずらん」がとても好きだったりします。
結構小さいころから好きです。
可憐さの中に隠された野生の力強さに惹かれます。
可愛らしいけど強くて、あの小さな花の中に何かが隠されていそうで、ちょっとドキドキする花。
でも花屋で売ってるのってあまり見ないですよね。
学生時代、近くの駅にすずらんだけを売りに来るおばあさんがいて、時季になるとよく買っていました。
あとひまわりも大好きですねえ。
大きく開いたオレンジや黄色の花を見てると、笑顔になれます。

びびんばさんのところ「花占い」なるものが紹介されていました。
すずらんやひまわりが好きな自分の結果はいかに!?

カトレアでした。
で、案の定「カトレアってどんな花だったっけ?」と探すわけでございます。(苦笑

カトレア
( Photo by (c)Tomo.Yun )

これかあ。
何かイメージにないわーと思いつつ結果を読んでみました。


花占い カトレア


自分の考えにこだわる・・・自己主張はそんなに強くないと思いますが、まあ頑固かも(汗
心の中では夢が無限に膨らんでいます・・・ああまったくもってその通り 夢っていうか妄想?
マンネリを嫌うため、変化の多い人生・・・熱しやすく冷めやすいのでそうなるかも
楽観性と臆病さを使い分けながら・・・これすごい合ってると思う!
一人で打ち込める研究職・・・研究職に就く自分は想像できます 多分ヲタク化します

「セレブ」とか「カリスマ」とか「女王」とかいう部分を無視すると、概ね当たっているような?
[ 2011/04/11 00:50 ] 日常 | TB(0) | CM(12)

ケタ違い 

ソフトバンクの孫社長が、今回の震災に100億円寄付。
額がケタ違いだけど、ここまでだったら「すごいなあ」で終わってしまう。
孫社長ならこれくらい寄付できちゃうだろうなあと思わせてしまうからなんだけれど、
それだけじゃなくて、「引退するまでの役員報酬も寄付」というんだからこれはもうホンモノですごい。
孫社長は60代で事業を後継者に譲るとしておられたと思うので、
あと10年くらい毎年2億弱を寄付し続けるということになります。
ツイッターでもいろんな提案に「やりましょう。」が連発されてますね。
是非はどうであれ、今こういう人がいるというのは励まされる思いがします。

億単位の寄付金を耳にすると、自分が募金してる額があまりに微々たるもので、
何の役にも立たないんじゃないかとすら感じてしまいます。
この震災の復興にかかる費用が一体どれだけ莫大なものになるのかわかりませんが、
自分が入れてる小さな募金程度じゃ何にもできないなあと、
その力の差を思い知らされるところもあります。
もちろん分相応があって募金の額じゃないとは思うけど、
これだけ広範囲にわたる被災地への支援、さらに原発に絡む支援など思うと、
とてつもなく大きな額が必要なわけで、これっぽっちで何ができる?って思ってしまうんですよね。

BE@RBRICK

今年もチャリティーBE@RBRICKの季節がやってきました。
昨年のクリスマスヴァージョンは忙しくて買いに行く暇がなく逃しました。
ピンクとシルバーのクマすけが可愛かったんだけどな。
この春のモデルはマレーグマとスマトラトラで、
スマトラ島の生物多様性と絶滅危惧種保護活動への募金の予定だったようですが、
東日本大震災を受けて、こちらへの義援金にシフトしたようです。
1体300円のうち、100円が義援金になります。
たかが100円、されど100円。
塵も積もれば山となる。
コンビニでお釣りの募金はほぼ日課です。
[ 2011/04/06 00:41 ] 日常 | TB(0) | CM(10)

新選組血風録 #1 

7月からのNHK・BS時代劇「テンペスト」に谷原先生ご登場~。
わーい、こういうドラマでお目にかかれるの素直に嬉しいでごわす。
「テンペスト」の原作は装丁版の上巻の半分くらいまでしか読んでないんですけど、
お父さんは奥田瑛二さんのイメージでピッタリかも。

それはさておき。

始まりましたBS時代劇「新選組血風録」でございます。
最初の方の戦闘シーンは、大河の「組!」や「組!!」でもお目にかかった映像だったので、
どうしても大河の思い出がよみがえってしまって集中できませんでした。
隊服は大河のときの使いまわしになるのかなあ?とか、
近藤さんの着物はもしかしたら「組!」で歳三が来てたやつじゃないか?とか、
山南さんは今回も茶系の服がデフォなのか……とか、
ああ、だめじゃん、こんな見方しかできないんじゃ!

気を取り直して、きちんと見てみました。
司馬遼太郎の原作を読んだのはずいぶん前なので記憶もおぼろげなんですが、
新選組が身分も関係ない烏合の衆ゆえの殺気を感じた覚えがあります。
「組!」とは当然違って、殺伐として、もっと暗く渦巻くエネルギーみたいなものが感じられました。
そういう司馬遼太郎の世界を表現しようとしているのか、
ずいぶんと落ち着いた雰囲気の作品だったように思います。
まあ「虎徹」が題材でしたから、そうそう大きな動きがあるわけじゃないんですけれども、
タイトルバックや音楽が昭和っぽいのも意識してなんでしょうね。
最近の大河ドラマとは逆に、「旧来の時代劇ファンを取り戻せ!」みたいなものもちらっと感じました。

永井くんの歳三は最初からすでに鬼っぽかった。
最後に鬼になる決意をするのであれば、
初めの方はもう少し力の抜けたところがあっても良かった気がします。
原作にはそういう一面があった気がしたんですけど。
役者さんの性格かもしれないけど、この歳三は初めからまじめで不器用なところがあって、
でもどこか冷めた目で見ている部分も見受けられたので、
人を斬ったことに恐怖するというのに、「え?」と思ってしまいました。
そして「鬼になる」決意をしたとき、「えー、今? 今までは違ったん?」と思ってしまった自分……。
なんというか、ちょっと歳三の気持ちの流れが今ひとつつかめなかったよ。
鴨の豊原さんはキレきれてないところがもどかしい感じがしました。
人の良さが見えてしまうのがもったいない。
近藤さんは良い感じ。
総司はあんなもんかなーと思うけど、ほかの試衛館面々が覚えられないです。
でもその他大勢にしていないところが、「組!」を経験した演出家清水先生ゆえでしょうか。
しかし何と言ってもこのかた。
鴻池の近藤正臣さん。
ラスボスでしょう!
もう全員この人に牛耳られるのでいいよってくらいな貫録でございました。

最後に、演出的には悪い意味で清水先生な回だった気もします。
あそことか、あそことか……。(苦笑
何か懐かしかったけどね。
最初は「組!」を引きずりそうだったけど、この分だと大丈夫かな。
[ 2011/04/04 23:32 ] 時代劇 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。