Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わーるどかっぷ2010 その7 

日本×パラグアイ、ベスト8をかけた戦いが終わりました。

日本代表お疲れ様!
本当によく戦ったと思います。
これだけ守れるようになったんだ。
あとはいかに攻撃の形を作れるかですね。
どうやってボールをキープするのか。
どうやって最後まで持っていくのか。
次に向けて、ガンバレ日本!

しかし、家族内トトカルチョが当たっちまったよ。
私の予想は0-0でPK→パラグアイ勝利でした。
どっちも決定力があと一歩のチームなのと、日本の守備が予想以上に良くなっていたので、
うまくいけば多分こうなるだろうなあと。
なんでこんなのだけ当たるのかなあ。

さ、みんな寝よう!
駒野くんはきっと眠れないと思うけど、
あの働きがあったからこそパラグアイを0点に抑えることができたのだし、
PK外したのは選手にとっては悔やんでも悔やみきれない失敗かもしれないけれど、
それほど大きなことじゃないと、みんなわかってると思います。
PKは運。サイコロを転がすようなもの。
死闘を乗り越えた全選手にお疲れ様の拍手を送ります。
もちろん監督にもスタッフにも。
そして深夜の日本で観戦したみなさんもお疲れ様!
スポンサーサイト
[ 2010/06/30 02:13 ] スポーツ | TB(0) | CM(6)

わーるどかっぷ2010 その6 

ドイツ、ベスト8進出おめでとう~~~!

お江戸から帰ってきて日曜日は1日仕事。
試合開始時刻にはめちゃくちゃ眠くて、今にも寝落ちしそうでした。
……が。
クローゼの1点から目が覚めたよ!!!
今もう、目が爛々で眠れません。
興奮してお腹まですいてきちゃった。(苦笑
今日のドイツ×イングランドの試合は本当に良い試合でした。
イングランドも今回のW杯の中で、一番良い戦いぶりを見せてくれたんじゃないかと思います。
それにしてもミュラー!!!!
リーグ戦のときから思ってたけど、ミュラーのセンスには惚れ惚れします。
今日も前半からよく動いて、素晴らしい走り込みとパスを見せてくれてました。
今回の2ゴールはまさにそのご褒美ですよね。
そしてエジルの冷静な判断力には言葉がありません。
あれで21歳なんてすごすぎる。
それからノイアーの素晴らしい守護神ぶりに、ドイツのキーパーの安定感を再確認。
だけど……後ろで全体を見守って、いざというとき頼りになるラームがやっぱり好きだな。(笑
ドイツも世代交代に失敗して低迷した時期があったけれど、
今回はベテランと若者の関係が理想的に構築されていて、連係プレーが上手く機能してますね。
後半の見事なカウンターに唸らなかった人はいないでしょう。

イングランドは、あの幻となった1点がどれほど悔しいだろうかと思います。
あれが認められていたら試合の流れが変わっていたという意見には同意です。
実際、前半終了間際のイングランドの攻撃は素晴らしかったですからね。
ドイツとしてはあそこで休憩に入ってくれて本当に助かったわけで。
私も心の中て「早く終われー! ロスタイムなんかいらないーーー><」と叫んでましたし。(苦笑
それでもやはり最後にはドイツが勝ってたんじゃないかな。
もしイングランドに不運を跳ね返す力があれば4-1では終わらなかったはず。
でも試合終了後、両チームの選手とも爽やかな挨拶を交わしてました。
それがとても嬉しかった。
結局、イングランドとドイツの因縁対決は今後も続くってことですね。

次はアルゼンチンかメキシコか。
どっちが来ても壮絶な戦いになると思います。
胃が痛くなりそうだけど楽しみだ!
そして次は頑張れニッポン。
[ 2010/06/28 02:47 ] スポーツ | TB(0) | CM(6)

わーるどかっぷ2010 その5? 

お江戸でW杯ダイジェストを見ております。

サッカー日本代表、おめでとうございます!!
私は中継見れませんでしたが、
聞くところによると、素晴らしい試合だったみたいですね。
「まるでヨーロッパのチームのようだった!」
友人は興奮気味にそう叫んでました。
4年前のドイツ大会で、ドイツが試合ごとに成長していったように、
日本チームも今大会、1試合1試合で成長しているのかもしれません。
これからどこまで化けるのか、楽しみですね。

ついでにドイツもベスト16に残りました。
どうなっても最後に決めるのがドイツですね。
イングランド×ドイツはいきなり決勝のような好カード。
これは見逃せません!

これからは寝不足必至ですね~。
[ 2010/06/25 21:31 ] スポーツ | TB(0) | CM(6)

避けては通れぬ曲 

サッカーだの戦国だのと騒いでいても、日常生活は普通に送っております。
一応、オルガンもきちんとお稽古しています。
今月はやらなくちゃいけない曲がいっぱいで(ピアノも弾かないとだし)、
結構頭がパニックになっていたのですが、そこへもう1曲追加がきてしまいました。

今週の金曜日までに、これをとりあえず弾けるようにしないといけません。
バッハのトッカータとフーガ ニ短調
ええ、「鼻から牛乳」と歌われちゃうあれです。

オルガン練習中~~

オルガンといえばこれ、これといえばオルガン。
弾いて欲しいというリクエストの多い曲なので、避けては通れない曲ではありました。
しかし私は、実は今日までこれを避けていました。
なんとなく恥ずかしいんですよね、弾くの。(苦笑
でも、いよいよそうも言ってられなくなっちゃいました。(うううっ

改めて練習してみると、偽作説もわかる気がします。
具体的にどうというのはその道の専門家にお任せしますが、
弾いていて「バッハじゃないなあ」という感じがいたします。(←いい加減
でもヴァイオリン曲からの編曲との説には納得ですねー。

某所で動画を探していたらコープマンの演奏がありました。(ここ)
コープマンってどうしてこんなに頭を振るんだろうかと、毎回ちょっと笑っちゃいます。(笑
見るぶんにはとても楽しいのですけどね~。
演奏としては正しいバロック奏法だと思うんですが、いかんせん速すぎます。
この動画にはフーガがないので彼の華麗な足捌きがあまり見えなくて残念。

ということで、今週はサッカーはリアルタイムに見れそうもないです。
練習終わるとかなりぐったりで、朦朧としてますデス。
[ 2010/06/22 23:40 ] オルガン | TB(0) | CM(2)

1億円の作り方? 

簡単に1億円を作る方法を教えてもらいました。



じゃん!

1万円で1億円

あ、椅子から落ちました?
すみません。(苦笑
お財布にお金が入っていれば入っているほど金運が舞い込むそうで、
でもそんな大金持てないわという場合は、
こうやってお札を折ったものをお財布の目に付くところに入れておくといいらしいです。


右を折る

とりあえず千円札で100万円札を作りましょう。
表の右端の数字の、1と0の間で折ります。


反対側に折る

続いてその折り目を、反対側の1000の数字に繋がるように折ります。
最後に右側のはみ出た部分を後ろに折り返します。


1億と100万

1億円札と100万円札が完成!

これで他のお札をはさんでおくのもいいそうです。
私はこれをやったあと、5千円の臨時収入がありました♪
今日は200円ほど、有難く儲けさせていただいたり。
効果あるのかも~と思うことにしています。(笑
くだらないといえばくだらないけど、見るだけでもちょっと楽しかったりします。
お暇な方はお試しあれ♪
[ 2010/06/20 01:28 ] 日常 | TB(0) | CM(8)

わーるどかっぷ2010 その4 

昨日のドイツ戦で疲れ果てたので(苦笑)、今日はながら見。
「日本の試合が海外でどう評価されるのか」が知りたかったので、
できれば海外の放送局のものを見たかったのだけれど、
うまく接続されずそちらはあまりまともに見れませんでした。
たまたま見れた試合後のインタビューでオランダの選手(誰だかわからず)が、
「日本はもっと前に出てくると思ったのに、守りが堅かった」と言っていて、
どうも走らせて疲れさせる作戦だった模様。
まあ、妥当なというか、普通そう考えるのでしょうね。
(ここで日本チームのインタビューが流れないのがヨーロッパの放送局だな・怒)
でも結局オランダの調子そのものがイマイチだったせいで、
なんかぐだぐだな試合だったように感じました。
日本は良く動いていたし、うまく守っていたと思います。
特に松井と長友はとても良い働きをしてくれてました!
チームとしてのまとまりは感じられたかな。
あとはもっと闘争心が欲しい。
みんないい子で暴れん坊がいないせいか、見ていてもどかしくなります。
そうそう、今日は特に、闘莉王がいなかったらどうなるんだろう……というか、
闘莉王がせめてあと2人くらい欲しいと思ってしまいました。(苦笑
失った1ゴール、見ていた放送局では川島にちょっと厳しいダメが出されていましたが、
日本ではどう評価されたのでしょうか。
あとでKickerの評価も出ると思うので、そうしたらまた追記します。
とにかく日本のみなさん、お疲れ様でした!
[ 2010/06/19 23:42 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

わーるどかっぷ2010 その3 

ドイツ負けたかー。
後半ゲルマン魂は見ることができましたが、いやはや疲れました。

「あれでイエロー取られるんじゃ、サッカーできないよ……ママ!」

イエロー9枚にイエロー/レッドって、何なのこのスペインの審判!
確かに前半、ドイツはゲームが組み立てられなくて荒い試合運びになっていたとは思います。
でもどちらもそこまでラフプレーをしていたわけじゃない。
少なくともクローゼの2枚目はイエロー食らうほどじゃなかった!
けど、そういう危険な審判であることを考えなかった(?)クローゼ自身にも責任はあるかも。
そのクローゼ退場直後に1点取られたのは紛れもないドイツのミス。
「“10人でどうやるか”を考えているうちに点を取られてしまった」とカーンは解説してました。
若いチームなだけに、こういう極限状態になったときの切り替えがすっとできなかったんだろうな。
といっても実際、クローゼが退場してからのほうがドイツは動きが良かったです。
全員が自分自身の責任を認識したというか、ようやくまとまりだした感じがありました。
特に後半15分くらいまでは押せ押せで、チャンス作り出せてましたからね。
しかしやっぱりポドルスキは波があるなあ。
11m外したのは責められませんが、今日は単純に彼の日じゃなかった。
かといって彼を下げずに残したのは私は正解だったとは思うんですが、
エジルを下げたのはどうなんでしょうか。
ポドルスキはゲームを組み立てられる選手じゃないので、お膳立てしてくれる人がいないと。
レーヴ監督は「エジルとミュラーは疲れていたので」と答えてましたが、
うーん、選手交代してからドイツは勢いが止まってしまいました。
投入した選手が、全くといっていいほど周りと噛み合ってないというのが誤算だったか。
マリンって、今日初めて見ましたが、あれは経験不足から来る焦りですかね。
まったくボールコントロールできずにチャンスを潰す一方……。
しかし控えの選手を見てみると、ドイツのFWはクローゼ頼みだったということか?
ポドルスキもFWだけど、私の中では彼は波がありすぎてあまり当てにできない。(苦笑
次はクローゼ出られないんだから苦しいかもな……しかもガーナ……。
これで勝ち上がってもイングランドとかアルゼンチンとかに当たるんですよね。
どうなのかなー、アルゼンチンまでは見たいな。
こうなってみるとバラックの不在は痛いかも。
なんかこう、チームに支柱が感じられず、不安感が残ります。
でも快勝ばかりするよりも、苦戦しつつのほうが絶対強くなるはずなので、
今日の敗戦を経験にガーナ戦は奮起してもらいたいものです。
ガーナ戦も見守りたいけど3時半開始は辛い。
[ 2010/06/18 23:40 ] スポーツ | TB(0) | CM(6)

わーるどかっぷ2010 その2 

始まってみれば、サッカー漬けの毎日ですよ。
今もネットのライヴ中継を流しながら仕事しようと思ってるんですけど、
音声に引かれてついタブを切り替えちゃう。(汗
っていうか、オリヴァー・カーンが解説してるよーーー!
顔つきがとても穏やかになってるわ~~~。
韓国、ゴール前の守りが深すぎるって言ってますね。
もう少しネット近くに立っていれば、オウンも2点目も防げたはずだと。
韓国の1点は、アルゼンチンの非常にわかり易い(笑)集中力欠如だったと。
まあ、前半終了直前だからそれもわかりますよね。
ただいまハーフです。

昨日のスペイン×スイス、私にとっては予選リーグ一番の注目カードでした。
とりあえず優勝候補としてスペインは挙げてるんですが、
スイスはヒッツフェルト監督になってから非常に強くなったと聞いていたので、
実際どんななのか興味津々だったんです。
いやー、スイス、監督に鍛えられたんだろうなあと思いました。
スペイン、あれだけ猛攻しておきながら、チャンスの女神に完全にそっぽ向かれてましたね。
もう厄日としか言いようがない、なんとも気の毒な試合でした。
でも、スペインの華麗な攻撃は健在でしたから、
多分決勝トーナメントに上がってくるでしょうし、結果を楽しみにしたいところです。
そういえばスペイン側の歓声が、あの五月蝿いブブゼラの音より大きかったことに驚きました。
さすがスペイン……!
[ 2010/06/17 21:29 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

花よりも花の如く6&7 成田美名子 著 

けんちゃんが、別人ーーー!
なんかよくわかんないけど、ものすっごくゾクッとさせられちゃった。
絵なのに。そう、コミックなのに。

す、すみません、いきなり。
実は買ったまま1年以上放置してあった↓コレを昨日読んだのですが、
もうただひたすら成田先生の画力(っていうの?)に脱帽です。
絵だけでこれだけ描き分けられるなんて、
絵の描けない自分からしたらあんびりーばぼー(ノ゚ο゚)ノです。

花よりも花の如く 6 (花とゆめCOMICS)花よりも花の如く 6 (花とゆめCOMICS)
(2008/11/05)
成田 美名子

商品詳細を見る


花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)花よりも花の如く 7 (花とゆめCOMICS)
(2009/05/01)
成田 美名子

商品詳細を見る



もともと前作「NATURAL」のスピンオフとして描かれ、本編に昇格した作品。
実は私がお能に興味を持ち、習いにまでいったのはこれのせい。
主人公は能役者の青年。
舞台のことで悩み、人生に悩み、己のアイデンティティに悩み……。
これまでの成田先生の作品と根底は一緒ですが、
ストーリーを能の作品とリンクさせてあるところが本作の特徴でしょうか。
能舞台の裏側というか、芸事の世界を覗く面白さと、
人の生き方という成田先生が常に描いておられる部分とが合わさって、
私的にはこれもまた結構ヘビーな作品だと感じています。
コミックスだからサクサク読めはするけど、中身は読者に「考えさせる」部分が多いなと。
そんな作品で、けんちゃんこと榊原憲人(のりとだけどけんと呼び)は、
真面目で頑固な部分もあるんですが、結構天然入っていて、
家族にはそのめがね姿から「のび太」と呼ばれています。
そんな彼が、第7巻では一変!
サスペンスドラマに出演することになって、ストイックで心を開かない青年を演じます。
劇中劇として話が進むのですが、
コミックなのに、一瞬見せる表情が冷たかったり、読めなかったり、
まるで本物の人間を見ているかのようで、ドキドキしてしまいました。
でもふとしたときの表情がけんちゃんなの。
作画的にはヘアスタイルが若干違うだけなのだけど、
コミックスで素のキャラと、劇中のキャラがここまで違って見えるって、
すごいことなんじゃないかと私は衝撃を受けたのでした。
ストーリー的には、結末は多分こうなるだろうという予想内でしたが、
ちょっと書き込みが足りないなあと思わなくもなかったですね。
目の付け所は成田先生らしいのですが、ちょっと無理を感じるというか、
もう少しじっくり描かないと伝わるものもが薄くなってしまいそう。
そもそもサスペンス枠でなくてもよかったような。
でもどうしても必要なエピソードだったわけで、
それを描くには劇中劇という手法を使わなければいけなかったんだろうし、
それならばこれが今後けんちゃんにどのように影響を与えていくのか、興味深いところです。
来月出る8巻は7巻収録のドラマのメイキング編になるそうで、
けんちゃんののび太ぶりと、イケメンぶりが交互に見れそうで楽しみ~♪
おかげで久しぶりに超夜更かしをしてしまいました。(汗
[ 2010/06/16 23:23 ] コミックス | TB(0) | CM(0)

わーるどかっぷ2010 その1 

サッカー日本代表、勝ち点3獲得おめでとうございます。
サッカー非国民を自認する自分が日本代表をあれこれ言うのもはばかられるのですが、
昨夜のカメルーン戦は、カメルーンの出来がアレだったとはいえ、
「メンタル強くなったんだなあ」と率直に思いました。
これまで、日本の欠点は、技術云々はともかくも、まずメンタルの弱さだと思ってきました。
プレッシャーに弱い、競り勝てない、押しが弱い、闘争心が足りない。
でも昨夜の守りの固さは、メンタルが鍛えられた証拠だったのではと思います。
ピンチになっても、私はあまり不安になりませんでした。
あとはどうやって攻撃を組み立てるのか、これは大きな課題でしょうね。
独逸では「今W杯最低の試合だ」などと評されているようですが、
まあ独逸から見れば、つまない試合だっただろうとは思います。
因みにKickerの試合評価は5段階中の5(最低)。
厳しいですね。
ベストプレーヤーは闘莉王でした。
個人的には中澤も良かったと思うんだけどな。

つまらないといえば、アルゼンチン×ナイジェリアも面白みに欠けました。
チャンスはあれど決まらず……というのもあるけれど、
メッシが攻撃の基点になっているとはいえ、彼頼みのアルゼンチンに魅力が感じられず。
初戦だったからなんでしょうか。
これからコンディション上がってくるのかな。

flag-line-w.gif

W杯始まる前は全く盛り上がっていなかった私ですが、
始まれば燃えてくるもんですね。
独逸、ラームがキャプテン!!!
ラームには前回ドイツ大会から注目してますが、これだけでテンションMAXです。
つくづく思うけど、私はディフェンダースキーだったみたいですー。
壁もサイドも大好き。(爆
独逸の試合は地味だとかつまらんとか言われますが、
華麗な個人プレーはなくても、チームプレーの巧みさに加え、
ここのところ熱さも出てきたような気がします。
選手が若返ったからかな。
次のセルビア戦、やっとリアルタイムに観戦できるよ!!
そろそろ寝不足になってきそうですね。(苦笑
[ 2010/06/15 23:04 ] スポーツ | TB(0) | CM(4)

さっかーわーるどかっぷ2010のおぼへ1 

気づいたらサッカーW杯が始まってました。
周りもあんまりというか、全く盛り上がっていないです。
私も全然盛り上がってないんですが、今日ニュースを見たらちょっとテンション上がりました。
何もチェックしていなかったので、とりあえず予選リーグの自分的見どころチェック。
放送予定は個人的な「おぼへ」です。

flag-line-w.gif

6月12日23時・・・・・・アルゼンチン×ナイジェリア(フジ)
6月14日3時30分・・・・ドイツ×オーストラリア
6月14日20時30分・・・オランダ×デンマーク(NHK総合)
6月14日23時・・・・・・日本×カメルーン(NHK総合)
6月15日3時30分・・・・イタリア×パラグアイ ←地上波放送ないなんて!(怒)
6月16日23時・・・・・・スペイン×スイス(フジ)
6月18日20時30分・・・ドイツ×セルビア(NHK総合)
6月19日20時30分・・・オランダ×日本(NHK総合)
6月20日23時・・・・・・イタリア×ニュージーランド(NHK総合)
6月23日23時・・・・・・イングランド×スロベニア(NHK総合)
6月24日3時30分・・・・ガーナ×ドイツ ←地上波放送ないなんて!(怒)
6月24日23時・・・・・・スロバキア×イタリア(TBS)
6月25日23時・・・・・・ポルトガル×ブラジル(フジ)
6月25日3時30分・・・・デンマーク×日本(日テレ)

赤字は「絶対見る!」試合です。
こうやって並べてみると、19~24が暇だなあ……どれか見るだろうケド。

予選リーグはいい感じにばらけてしまっていて、死のグループはないですね。
その分予選リーグは面白味に欠ける気もします。
かといって、簡単そうでもないのですが。
今回の優勝はスペインかブラジルと予想しておきます。
ただ、全く何も情報ない中での予想なので、1次リーグ見たら変わるかも。
……やだ、今晩アルゼンチンの試合がある!
ということで、そろそろ視聴準備(=早目のお風呂・笑)を。
[ 2010/06/12 21:58 ] スポーツ | TB(0) | CM(6)

日本酒味なら買います? 

えー、コメレスが恐ろしく滞っております。
メール返信も滞っております。
少しずつお返ししますので、しばしお待ちくださりませ。
申し訳ありませぬ。(平伏


ニュースを1つ。
名古屋開府400年記念公式商品として、「三英傑『戦国飴』」なるものが発売されたそうです。
戦国武将の家紋が金太郎飴になってるそうで、
信長、秀吉、家康、三成、謙信、兼続、慶次の7武将があるそうです。
飴はともかく、それぞれの武将のイメージでつけられた「味」が気になります。

織田信長「楽市飴」・・・葡萄酒味

豊臣秀吉「太閤飴」・・・さくら味

徳川家康「縁起飴」・・・桃味

上杉謙信「義塩飴」・・・塩飴

直江兼続「智将飴」・・・さくらんぼ味

石田三成「出世飴」・・・抹茶味

前田慶次「傾奇飴」・・・梅味

どの武将も、あああれかって思える味になってますね。
信長はどうしても南蛮好き→葡萄酒になってしまうんですかねえ。
だったら謙信だって日本酒味でいいじゃーん!って、ダメか。(爆
兼続だけは……チェリー味って、やっぱりラブのこと?
それとも山形=さくらんぼ?
それより面白いなあと思ったのが、発売元さんのブログに書かれていたこと。

【好きな信長を売り出そうと思ったが、
 販売店に「三英傑は売れないからやめた方がいい」と止められた。
 誰かイケメン俳優が信長役を演じてくれれば。】


誰かイケメン俳優が…というくだりに、ついつい苦笑してしまいました。
そういう問題でもないだろうけど、商売的にはそういう問題なんだろうなあと。(笑
それにしても三傑がそんなに人気がないとは思いもしなかったです。

そこでは朝日新聞の記事も紹介されていて、

【信長は暴力的、秀吉は晩年の失政、
家康は人気の西軍武将をことごとく敵に回したことが嫌われています】


という時代屋さんの言葉が取り上げられておりました。
家康はちと気の毒な評のような気もしますが、まあその通り?(苦笑
結構家紋が綺麗に入っているので、手にとって職人さんの技を一度眺めてみたいですね。
[ 2010/06/07 22:32 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(8)

やっぱり100均は100均。 

とあるブロガーさんのところで紹介されていたこの本。
ガムテープでバッグを作ろうという、非常に画期的な一冊でした。

ガムテープでつくるバッグの本 (EASY TO MAKE!)ガムテープでつくるバッグの本 (EASY TO MAKE!)
(2009/10)
中島 麻美

商品詳細を見る


簡単にできそうな雰囲気だったので、とりあえず図書館で借りてきて見てみました。
作家さんは、「針と糸で布を縫ってバッグをつくるのが面倒だったから」ということで、
ガムテープでバッグを作ることを思いつかれたようです。
ガムテープという性質上、カラーがケミカルで、
出来上がりも「工業製品」ぽいとことが気に入っているとか。
バッグって、思ったようなサイズのものが意外と見つからないんですよね。
でも自分で作れば好みのものにカスタマイズできるし、
しかも型紙取ったり縫ったりしなくていいなんて、まさに裁縫がまるでダメな私向きです。
基本的なバッグならガムテープとはさみだけでできちゃうので、チャレンジしてみました。

作り方は、バッグの土台となる箱や本を用意して、
そこにガムテープ(布粘着テープ)を裏地、表地として貼り付けていくだけ。

スコットランド・ヤード

A4がラクラク入るサイズの適当な箱を探していたら、
押入れの中から懐かしいボードゲームが出てきました。
スコットランド・ヤード!
学生の頃、これでよく遊んだなあ。
犯人Mr.Xを探偵が追いかけるという、いわゆるボード版鬼ごっこです。
犯人はロンドン市内を、タクシー、地下鉄、バス、船を使って逃げ回ることができます。
しかし追う探偵は、交通機関を使える回数が決まっているので、
全部使い切ってしまうと動けなくなってしまう。
犯人がどこにいるかも、特定回数しか知ることができないので、
探偵側には連携プレーと鋭い「読み」が要求されます。
逆に犯人側には、いかに探偵を欺くかというお楽しみがあります。
頭脳戦と心理戦と、すべてが体験できる秀逸なゲームです。
ただ、犯人は一人で逃げ回ることになるので、ちょっと孤独かも。
でもそれも、「犯人とはこういう気持ちなんだ」と、ちょっと感じさせてくれたり。

あ、話が逸れちゃいました。
このスコットランド・ヤードの箱を土台にして、ガムテープを巻き巻き。
ひたすら巻き巻きして完成したのがこちら。

ガムテープバッグ

なかなか均等に巻けないので、あちこちにヨレができてしまいましたが、
黒だからあまり目立たず結構良い感じ。
底を頑丈にしたので、少しくらいなら重いものを入れても大丈夫そう。
出来栄えに満足して、早速このバッグを持ってお出かけしたのですが、
最後の最後にオチが!!!

車の中に放置したまま用を足して戻ってきたら、車中に強烈なケミカル臭が充満してました。
とても耐えられない、この中毒になる匂い!
ものは試しのつもりだったために、これでいいやと使用した「百均のガムテープ」が犯人です!
作ってるときは広い部屋だったから気にならなかったんですが、
締め切った車中では、もう本当に吐き気がするほどのヒドイ匂い!
家に帰って、大手メーカーさんのガムテープを確かめたら匂わない!
やっぱりこの100均ガムテープが粗悪品だということですね。
1時間くらいかけて作ったバッグだけど、速攻でゴミ箱行きでした。
まあ原価200円ちょいだから、諦めもつきます。
使ってみて、丈夫だし悪くないと思うので、匂わないガムテープでまた作ってみようかな。
それにしても、この匂いはヤバイと思います……。
まだ気分悪いよ……。
[ 2010/06/01 18:46 ] 日常 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。