Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「ハプスブルクの宝剣」 藤本ひとみ 著 

久しぶりに世界史モノを読んだのですが、なんというか、
自分はやっぱり世界史な人間なのかなあ……とちょっと考えてしまいました。
歴史スキーには、世界史も日本史もないのかもしれませんが、
今回ちょっと驚きな感覚を味わったものでして。


ハプスブルクの宝剣〈上〉 (文春文庫)ハプスブルクの宝剣〈上〉 (文春文庫)
(1998/06)
藤本 ひとみ

商品詳細を見る


こちら、1995年の初版を1度読んでます。
当時藤本ひとみさんの歴史ものにハマっていたので、私にしては珍しく装丁版での購入でした。
そう、文庫になるまで待てなかったんです。(笑
ということで、今回15年ぶりになるわけですが、
舞台化されたということで懐かしくなって、引っ張り出してきて再読してみました。
因みに装丁版の表紙は(↓)かなり聖書っぽい雰囲気です。

ハプスブルクの宝剣

話は、一言で言えばアイデンティティの確立ということになるんでしょうか。
ユダヤ人という迫害される立場の人間が、
いかに己の人生を確かなものとして受け止めようとしていくかが、
オーストリア、フランス、イギリス、プロイセン、スペインなどが覇権を争った、
いわゆるヨーロッパの戦国時代(18世紀)を舞台に描かれていきます。
大手を振ってはどこも歩けないユダヤ人が主人公で、なおかつこの男が黒髪で隻眼の超美形。
己の出自を隠して必死に生きる姿と、その情熱的な性格は、世の女性を魅了してやまないでしょう。
このあたりのキャラの造形が、さすがコバルト出身の作者ならではの巧さなのかな?
彼を取り巻く人々も全員魅力的です。
後の肖像画を髣髴とさせる頑固なお姫様マリア・テレジア、彼女の夫で温厚かつ行動力あるフランツ、
負けず嫌いの戦略家フリードリヒ(フリードリヒ大王)……。
実在の人物と史実に、フィクションを巧く絡めてあります。
数々の戦闘シーンも手抜きなくスペクタクル。
愛憎、友情取り混ぜた人間関係の複雑さも、緊張感を作り出しています。
作品における甘辛のバランスが絶妙です!
ただこの作品、ユダヤを知ると、ほんの少し感じ方が変わる気がします。
なぜ彼らは迫害されるのか。
なぜあそこまで同族意識が強いのか。
これは作品の根源でもありますし、日本人には遠い存在とはいえ、
ユダヤという存在をどこまで意識できるかによって、作品の深さ、重みが変わってくるように思います。

以下余談になりますが。
実は読んでいて、目の前に映像が次々と浮かび、音や声、匂いが現実のように感じられたことに、
我ながら驚いてしまいました。
私の読書は音声変換型ですから、こんな経験ほとんどありません。
それだけの筆力で書かれているというのも当然ありますが、
もしかしたら自分の感覚が世界史寄りなのかもしれないとふと思いました。
学生時代はずっと世界史をやってたわけですからね……。
あるいは、ヨーロッパには当時の建物が数多く残っているため、
想像しやすいというのもあるかもしれません。
ただ、これだけ日本史にどっぷりの自分が、いとも簡単に世界史に方向転換できるということに、
複雑な思いを抱いてしまったのでした。
10代20代で吸収したモノの影響って大きいのでしょうね。
[ 2010/02/25 01:36 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(2)

なんとなく不調~ 

ここんところブログの更新が滞っております……。
日参しておりますブログも訪問できず、申し訳ないやら寂しいやら。

なんというか、ずーっと体調イマイチなんですよねー。
あ、風邪とかインフルではないです。
ダルイとか色々あるんですけど、一番辛いのがPCの画面を見ていられないことなんです。
携帯の画面もですが、いわゆる「画面」というものを見ていると頭痛がするんですよ。
眼精疲労なのかなあと思ってもいるのですが、最近目を酷使したということもなく、
もちろんメガネやコンタクトを変えたということもないのです。
確かに首筋~肩にかけてパンパンに張ってるので、血流が悪い自覚はあるのですが、うーん。
時々ひどい頭痛に悩まされはしますが、そういうのとちょっと違うみたいだし。
おかげでテレビ画面も見ていられないので、オリンピックも見てないよ~~~!
リージュ、スケルトン、アイスダンスが私の冬のオリンピック注目の競技なのに。

今日はこちらもポカポカ陽気で気持ちの良い一日でした。
これで頭痛さえなかったらごキゲンなのになあ。
PCできない間に積読本を消化しようと思いましたが、これも目を使うからよくないのかな?(汗
[ 2010/02/23 20:30 ] 日常 | TB(0) | CM(14)

「一人旅してみたい場所は?」 

今日のテーマは「一人旅してみたい場所は?」です。
みんなでワイワイ旅行に行くのはとても楽しいですが、
たまには一人でのんびりと旅に出たいな、と思った事は、皆さんありますか?
トラックバックテーマ 第904回「一人旅してみたい場所は?」



もともと旅は1人のことが多いです。
学生時代から遊びにかかわらず移動が多かったので、一人旅に慣れちゃってるのもあります。
見たいもの、食べたいもの、体験したいこと、テンポ、人それぞれですから、
ぶっちゃけ1人の方が気楽っていうのもあります。
あと社会人になると日程を合わせるのが難しかったりというのもあります。
でもだからこそ、たまに誰かと旅をするとめちゃくちゃ楽しい。
誰かと一緒に食べるご飯は美味しいし、同じものを見て感想述べ合えるのは楽しいし、
夜寝るまで語りつくすのも楽しいんですよね~。

今は、久しぶりにヨーロッパに行きたいですね。
積読本を消化しようと本を読んでいたら、無性にヨーロッパの石畳を歩きたくなってしまいました。
一人旅の面白さって、ズバリ「妄想」に尽きる気がします。(笑
歴史スキーや小説スキーのみなさんならきっと共感してくださると思うのですが、
「ああこの場所で○○があったんだわー」とか「○○もここを歩いたのかもしれない」とか、
「これがあの○○なのね!」とか、フィクション、ノンフィクション取り混ぜて、
いろんなロマンに浸ってるわけですよ、行く先々で。(笑
でもこれって多分、同じ趣味(?)の同行者じゃないと共有できない感覚なので、
ものすごく趣味に偏った土地を回るときは、やっぱり一人がいいんじゃないかと思ったりします。

最近ヨーロッパ方面のフライトっていくら位するのかと思ったら、
前からあんまり変動がないのか今の時期で10万前後なんですね……。
うーん、軍資金と時間があればひとっ飛びしたいなあ。
[ 2010/02/16 23:40 ] 日常 | TB(0) | CM(12)

大凧! 

こちらには白根(しろね)大凧合戦というのがあります。
毎年6月に、中ノ口川をはさんで東西に分かれて対戦します。
凧を絡め落とし、引き合って勝負をつけますが、綱が切れたほうが負けになります。
7×5mほどもある大きな凧が揚がるので、その迫力はなかなかだそうです。
見に行ったことはないのですが、一応白根といえば大凧というほど有名ではあります。

某大河で直江兼続のドラマをやると決まったとき、
白根の大凧の絵柄にも兼続の武将姿が採用されました。
確か兼続は、ここ中ノ口川の治水に関わっていたはず……。(うろ覚え)
同時に上杉景勝公の凧も作られたと新聞で読んだのですが、
後に掲載された凧が兼続柄のものだけで、ワタクシ的には憤慨モノでした!
こんなときでもないがしろかよーーーー!
というわけで、結局景勝公の大凧というのは見ることができなかったのですが、
つい最近町を歩いていたらいきなり目の前に現れたのが!

じゃじゃーん!

白根大凧・景勝公

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
かかかかか、景勝公の凧ーーーーーーーーーーー!
兜が謙信のものっぽいですが、そんなことはどうでもよく。
この場所にはもう1枚凧が飾ってあったのですが、絵柄はなんだったか覚えてません。(笑
少なくとも兼続ではありませんでした。
思いがけない出会いに興奮しすぎて、実はこの催し(?)が何だったのか全く見ませんでした!
新春大サービスだったのでしょうか?
人通りの多くないあの場所であれほど挙動不審になっていたのは、おそらく私だけでしょう。(苦笑

それにしても、なかなかいい感じじゃないですか?
[ 2010/02/13 22:01 ] 歴史雑記 | TB(0) | CM(6)

太宰治の「津軽」 

先日駅でコーヒーを飲んでいたら、後ろから太宰治について熱心に語る女性の声が聞こえてきました。
太宰治は一度はまると熱病のようになると聞きますが、まさにそんな感じでした。
太宰治といえば、「走れメロス」「斜陽」「人間失格」くらいしか読んだことのない私には、
彼女の話は全くちんぷんかんぷん。
相手の男性の博識なことにも舌を巻きましたが、年の差20くらいありそうなこの2人、
一体どういう関係なんだろうなあとか思ってしまうのがおばちゃんの証拠ですよね。(苦笑
そんな私に、My書店の店長まるひげさんから「読むように」と指令をいただいたのがこちら。

太宰治「津軽」

太宰治の「津軽」です。
初版本の装丁に味があります。
この冬のどんより暗い時期に「太宰?」なーんて単純に思いましたが、ささっと見てみると……。




太宰治「津軽」

はっはっは~。
りんごファイバー入りのクッキーです!
甘すぎずりんごの味がほのかにして、なかなか美味でございます。
サクサクと軽い生地も良い感じ。
本型の箱に入ってるなんてナイスアイディアですよ。
実はこちらのクッキー、前回の大雪で買い物に出られず食料難民になりかけたとき、
私の飢えを癒してくれた命綱でした。
まるひげさーん、助かりましたー!
ありがとうございました。

そして今また雪がどんどこ降ってきています。
明日の朝も雪除け地獄なのかしら……。
[ 2010/02/11 21:38 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(10)

鎌倉時代だけどやっぱりつるちゃん。 

プラグインに読書カレンダーなるものを設置してみました。
ここのところあまりにも読書のペースが落ちているのに危機感を感じ、
自分に発破をかけるつもりで置いたのですが、出来上がった本棚見てびっくり。
ここ最近読んだ9冊のうち7冊がマンガってあなた!
いかんいかん、積読本を消化せねば。

とか思いながら、ついネットニュースをたどっちゃいます。
フジテレビ開局50周年ドラマの『わが家の歴史』
三谷さんの作品ですがかなり詳細が出てました。

昭和2年から昭和39年までの激動の時代を、
底抜けの明るさとバイタリティで生き抜いたある家族の物語を、笑いと感動を満載で描く。


キャストがハンパないですし、3夜連続だしで、非常に意気込みを感じます。
そのキャストの中で、山本耕史くん演じるのが「阿野三成」という役名なんですよね。
とりあえずHPに載ってるあのヘアスタイルはスルーしときます。(爆
三成ってミツナリじゃなくてサンセイと読ませるんですけど、普通思いつかない名前だよなとか思いつつ、
他のキャストも見ていったら、柴咲コウさん演じるのが「政子」。
これ、絶対北条政子のことだよ、だったらやっぱり三成はミツナリじゃんとか思ったら、
三谷さんのインタビューの中にありましたよ!
「実は家族構成を考えた時に、僕が思い浮かべたのが、鎌倉時代の話なんです。」
やっぱりー!
三谷さん、時々この手のことやりますよね。
「王様のレストラン」のときは北条政子や梶原景時、
「振り返れば奴がいる」のときは司馬江漢、平賀源内なんかを使ってました。
ということは、やっぱり山本くんの役は三成に何か通じるものがあるんでしょうか。
人物紹介を見ると、

偏屈な作家。いい年をして甲斐性はなく、プライドだけは高い。
デビュー作は才能を感じさせるものだったが、
二作目がまったく書けないまま年月だけが過ぎていく。
余計なことをあえて言ってしまうタイプ。


とあるのですが……色々つっこみたいのはさておき、やっぱり三成なのか????
個人的には山本耕史の石田三成は見てみたいと思うので、全然違うだろうけど楽しみです。(謎
音楽は予想通りの服部隆之さん。
楽しい3日間が繰り広げられそうですね。

なーんて色々書いてきたけど、一番ツボだったのが大泉洋さんですよ!
役名が「つるちゃん」
見た瞬間、「あ、つるちゃんだー!!!」と、私思ってしまいました。
絶対あれはつるちゃんだ、うん。(笑
[ 2010/02/08 03:10 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(8)

新選組刃義抄 アサギ 1&2 

My書店であるまるひげさん宅で紹介されていた「新選組刃義抄 アサギ 」を読んでみました。
こちら、まるひげ図書館よりお借りしております。
本当にありがとうございます。

新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/06/22)
山村 竜也

商品詳細を見る


基本的に新選組そのものにはあんまり興味がないんですが(をい)、
原作が山村竜也先生なので、考証のしっかりした作品になるんだろうなあと思い、
ちょっと読んでみたいかもなあと思った次第で。
あとがきでも山村先生ご自身、
「倒幕派とのバトルを中心に、時代考証のしっかりした新選組ものを書きたかった」
と書いておられたので、なかなか期待大だと思います。

新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)新選組刃義抄 アサギ 2 (ヤングガンガンコミックス)
(2009/11/25)
山村 竜也

商品詳細を見る


主人公が沖田と平助で、この2人の葛藤をポイントに作品が描かれてます。
平助は「魁先生」の名を象徴するように、かなり血の気の多いキャラになってます。
読んでいて結構ハラハラします。
キャラ的に面白いのはやっぱり鴨でしょうかね。
二重人格という設定が、鴨という人間により恐ろしさを加えている気がしました。
又三郎がなんであんなキャラになっちまったのか謎でございます。
史実にああいう癖をうかがわせるエピソードでもあるんでしょうか?
それとも掲載誌的なお約束かな?(笑
あと斉藤一のキャラデザなんですけど……。
最初に見たとき何かに似てると思ったんですが、
最近読んだ「信長の忍び」に出てくる明智光秀にそっくり!
何か共通点があるようなないような……?

新選組メンバーのキャラに関しては、全体的に大河の「新選組!」を彷彿とさせます。
山村先生は大河の考証にあたっておられたし、
「組!」を作品として愛してらっしゃるように感じていたので、
無意識下に、多かれ少なかれ影響はあるのかもしれません。
特に左之助があんなになっちゃったのは、やっぱり影響を否定できないような。
ただ話の方向は全く違うので、新しい新選組が拝見できそうです。
新選組に敵対する側がかなり色濃いですから、壮絶なバトルが展開されそうですよ!

で……これ、何巻まで続くの!?
[ 2010/02/06 10:38 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(4)

こざいてきたよ。。。 

ものすごく久しぶりにこざきました。
……今気づいたけど、もしかして「こざく」って方言?
雪を足でかき分けながら歩くことを「こざく」というのですが。
「もうさ~、こざいてきたよ……(疲」とか言います。

それもこれも。

フロントが……

あわわわ……。
朝起きたらこんなになっていたからです。
車のボンネットの上の雪をちょっと除けてみましたが、この段階ですでに脱力。
除雪をやる気ゼロになりました。
ワイパーがこんなところから突き出てるなんて!!!
これ全部下ろすの? ねえ、下ろすの?
この写真、説明がないと何が被写体なのかまったくわからないですよね……。


積雪ー!

当然下もこの状態。
全部よけないと車出せません……。
それ以前に自分も外に出られません。
歩くたびにズボッズボッと膝まではまってしまうので、思うように進めないんです。
だからこざかないといけないんです!
それでも1時間弱の除雪でなんとか車を出せるようにはしましたが、
その後、1日分の気力を使い果たしてしまったかのようになりましたー。
明日もまたこんなに積もるのかなあ。(不安
[ 2010/02/04 23:48 ] 日常 | TB(0) | CM(20)