Step by Step

archive: 2008年02月  1/1

「十二国記」 ついに新作!!!

主上ーーーーーーー!!!お待ち申し上げておりました。(平伏6年半という月日を経て、ついに小野不由美氏「十二国記」の新作を読むことが叶いました。タイトルは「丕緒(ひしょ)の鳥」。昨日発売の文芸誌「yomyom(ヨムヨム)」6号(新潮社)に掲載されています。 原稿用紙換算で90枚という短編ですが、 6年もの間ずっと待ってた人にとっては量なんか問題じゃない。 とにかく、とにかく新作が読めるということだけでも、 ...

  •  0
  •  0

憑神

No image

先日、今度の大河で直江兼続を演じるのが妻夫木聡くんであることが発表されましたけど、今まで彼のお芝居をちゃんと見た記憶がなかったので、この機会にと借りてきたのがコレ。憑神(2007/12/07)妻夫木聡; 香川照之; 西田敏行; 赤井英和; 江口洋介; 佐藤隆太; 夏木マリ; 森迫永依商品詳細を見るとりあえず時代劇と思って選んだので、浅田次郎の原作があることも知りませんでした。内容としては、物足りないなあと感じたのが正直なと...

  •  4
  •  0

それは油断したときにやってきた

関東では春一番が吹いたそうですね~~~。しかし、こちらの昨夜の猛吹雪はすごかったー! 台風並みの風の強さに、大げさじゃなく、家が飛ぶかと思いました。(ひーで、朝起きたら、うわっ、車が出られませんっっ。この冬は積雪がほとんどなかったので、今回もさほど積もるまいと思っていたのですが……。油断して雪かき用のスコップを用意しおらず、仕方ないので車に積もった雪をどけるための、デッキブラシみたいなヤツで雪かきを...

  •  4
  •  0

貝の耳

No image

杉田愉監督の「貝の耳」というショートフィルムを観ました。海外の映画祭でも、数々の賞を受賞している作品です。共にヴァイオリン奏者の老夫婦。夫は耳の衰えからヴァイオリンを弾くことを諦め、妻はそんな夫に寄り添い続ける……。33分という時間の中に、ただの1つもセリフがない。ゆえに見る側は、表情、しぐさ、情景、そして季節の移ろいを通して、そこに流れる感情を体で「感じ」なければなりません。夫は何を思い、妻は何を感じ...

  •  2
  •  0

木枯らしじゃない「もんじろう」

No image

09年大河ドラマ「天地人」主演は妻夫木聡さん09年大河ドラマ「天地人」主演は妻夫木聡さん09年大河ドラマ「天地人」主演は妻夫木聡さん兼続役が正式に発表になって、ずっと流れているニュースに、「だから景勝さまは誰なの~~~???」と、ジリジリしている私です。県内の反応ですが、新潟県知事が「イメージにピッタリ」、新潟市長が「目元が涼やかで◎」などなど、それぞれコメント。与板城のある長岡市長は「出演者にも長岡市に...

  •  4
  •  0

徹夜!

急に、急いで仕上げなければいけない仕事が入って、連日徹夜です。「終わった! 今日は寝るぞ!」と思っても、その場でメールが入って直したり、新たに調べることができちゃったりで、結局こんな時間。久しぶりに6冊の辞書を行ったり来たりしてたら、いっぱいいっぱいになっちゃったのか、今、辞書を見るだけで気分が悪くなる始末。(爆頭がよっぽど疲れているらしく、普段はほとんど体が要求しない糖分を欲し、なんと自らケーキを...

  •  2
  •  0

ザ・恋愛インタビュアー

No image

仕事しなきゃいけないときに限って、ネット上を彷徨いたくなります。これ、明らかに現実逃避。(苦笑で、こんな面白そうなもの拾ってきました。ザ・恋愛インタビュアー私の恋愛について、代わりに1000人に街頭インタビューしてくれるそうなんですが、やってみたところ、私、かなーり凹んでます。恋愛以前に、人間としてもどうなのって結果で、男女を問わず、「もう誰も付き合ってくれないんじゃないか?」って感じ。(涙自分では「...

  •  3
  •  0

ざこつしんけいつう……

No image

一昨年くらいから、お尻から太股の裏にかけて痛い……という自覚症状がありました。特に、車を運転していてアクセルを踏んだときに、右足に違和感があったんです。そのときも「坐骨神経痛なんだろうな」と思い、でも多分腰を冷やしちゃったせいだろうと、あんまり重要に捉えてませんでした。ところが、ついにこの日がやってきてしまいましたよ!さっき床の上に座っていて、何かいつもより太股の裏が痛いなあと思いながら立とうとしたら...

  •  8
  •  0

このあるじこそ!

No image

NHK出版のHPで、「天地人」の作者・火坂雅志氏による、「直江兼続をめぐる人々」という連載が始まっています。今現在、第1回 樋口惣右衛門第2回 お船第3回 上杉景勝まで、読むことができます。内容は、史実というよりも、火坂氏自身の小説の補足といった感じで、小説中では描ききれなかった人物像をいま少し詳しく解説しているといったところです。ですので、ものによっては研究者の間で決定づけられた史実ではなく、あくまで火...

  •  2
  •  0

戦国のコミュニケーション 山田邦明 著

No image

戦国時代、大名たちはどのようにコミュニケーションを図っていたかを考察した本です。こう書くと小難しい書籍のように思えますが、これがとても読みやすくて面白い!当時のコミュニケーションの手段は書状です。この書状を通して、武将たちがどんなやり取りしていたか解説しています。Aという人物の書状に対して、それをもらったBはどう返事をしたためたのか、あるいはどう行動したのかがつぶさに見て取れ、扱っている事件を臨場感...

  •  2
  •  0

マルコリーニのトリュフ・シャンパーニュ

普段チョコレートには全く見向きもしない私ですが、Pierre Marcoliniのチョコレートは本当に美味しいと思います!!!写真はトリュフ・シャンパーニュ。ミルクチョコレートにシャンパンで香りづけをしたガナッシュが入っています。1個294円也。でも美味しいから、東京に行くたびに買ってしまう……。(汗本当は他のも試したいんだけど、東京駅店でバラ売りしてるのはこれだけなんですよね。バレンタインのチョコレートも、義理チ...

  •  0
  •  0

おにぎりくん占い

No image

相変わらずおにぎりネタで引っ張りますが。(苦笑おにぎりくん占いなるものを見つけてしまいました。生年月日を入れるだけといたってカンタンなので、早速チャレンジ。↓↓↓↓↓アナタの性格はシャケタイプ!【愛と勇気で激流を遡り、美味しくなりました。すべてはアナタのために!】ん? アナタのためにって、最近どっかで聞いたセリフだな。あ、あの方からの年賀状……。(苦笑誰かの役に立つことが無上の喜び。あふれんばかりの愛と、最...

  •  4
  •  0

「KY」? 「JK」? 「HK」?

No image

去年の流行語大賞で「KY」が候補に挙がったとき……。正直なところ、私はその時点までこの言葉を知りませんでした。「空気読めない」これはわかります。それを突然「KY」とか言われてもね、「ケンタッキー州?」とか思っちゃうわけですよ。(苦笑そんな私みたいな人のために(?)、『KY式日本語-ローマ字略語がなぜ流行るのか』(大修館書店)というものが、発売されるそうです。因みに定価は714円。ただの辞典ではなく、ローマ字略語の世...

  •  0
  •  0

後継者は誰か?

新潟県妙高市の鮫ヶ尾城跡から、戦乱で焼けたおにぎりが出土したニュース。ローカルネタかと思っていたら、結構注目を浴びたようで、このブログもその件でいろいろな方のご訪問をいただきました。(ありがとうございます!)さてそのおにぎりですが、新潟県立歴史博物館で展示されているので、早速見に行ってきました。本当はこんなに早く見に行くつもりじゃなかったんですが、常設展示の解説が、「新潟県のあゆみ」中世の新潟  「...

  •  4
  •  0

上杉謙信陣中糧秣 「かんずり」

お友達から、「かんずりに【毘】の字があるよ!」と聞いて、最近きらしていたのを思い出して、早速買ってきました。「かんずり」は、焼けたおにぎりが出土した鮫ヶ尾城址のある、新潟県妙高市の特産品。地元で取れた唐辛子を冷たい雪にさらして、その後糀や柚子、塩と合わせて3年間熟成させた香辛料。豆板醤よりもさっぱりとした感じで、どんな料理にも合わせられるスグレモノ。薬味好きの私も、ほぼ常備してます!それなのに、【毘...

  •  6
  •  0