Step by Step

archive: 2007年05月  1/1

掛け声

No image

以前、お手洗いから悲鳴が聞こえるという台湾家庭小皿料理「青龍門」のことを書いたとき、「せーりゅーもーーん!」と大声を出してパスしないと入店できないとのコメントをいただきまして、「そんなん絶対いやだー!」と思ったのですが、こういうちょっと入店がためらわれる仕掛けのある店って、結構あるんですよね。だいぶ前になりますが、いわゆる忍者系の居酒屋がありました。隠し扉を作るなど忍者屋敷を模していて、店員さんも全員...

  •  0
  •  0

オペラグラス

No image

今までに様々なジャンルの舞台やコンサートにたくさん行きましたが、それ相応のお値段を支払っていても、「すごくいい席!」にあたったことって、2回くらいしかありません。やっぱりそういう席はファンクラブだとか、関係者に回ってしまうのだろうし、フツーに一般発売に臨んだのでは、入手困難なのだろうと思います。さすがに最前列かぶりつきってのは勘弁して欲しいですが、役者さんの表情から息遣いまで、眼を凝らさなくてもとら...

  •  0
  •  0

切ねえよぅ……(涙

No image

数日前の新聞に、2年ぶりに「我が家」に帰還したインコちゃんの話が載ってました。飼い主さんが遊ばせていたところを逃げてしまい、その後2年間行方不明になったままだったインコちゃん。それが偶然の出会いから、2年ぶりに飼い主さんの元へ帰還を果たしました。ところがその飼い主さん、可愛がってたインコちゃんが行方不明になってしまったため、空白の2年の間に新しいインコちゃんを飼ってしまっていたのですね。飼い主さん、...

  •  3
  •  0

七味ごま

長野に行くと、必ず買い求めるのが八幡屋磯五郎の「善光寺名物七味唐からし」。近頃は通販でも買えるし、何より近所のスーパーにも置くようになったので、善光寺詣りの手形というような有り難味には欠けるようになってしまいました。けれど、あの海鼠壁で土蔵風の造りの本店の、いかにも<薬味を調合してます>といった雰囲気の中で買う七味には、スーパーで買うそれとはどこか違う、江戸時代から連綿と受け継がれ、仕込まれてきた時...

  •  2
  •  0

イワヒバ

珍しく昼時に家にいたので、何ヶ月ぶりかに「笑っていいとも!」を見てみました。月曜日なのに草くんが出ていたり、ほしのあきちゃんがいたりして、しばらく見ないうちにメンバー入れ替えがあったんだなあなんて思ってたんですが、(その後、草くんはお休みの香取くんのピンチヒッターだったことが判明)「CMの後は谷原章介登場!」とのテロップに、挙動不審になる私……!蕎麦を食べようとしていたんですが、七味唐辛子のふたは落とす...

  •  3
  •  0

崖っぷち。

No image

去年、徳島の眉山の崖で身動きが取れなくなり、大掛かりな救出作業の末、ようやく保護された野良ワンちゃん(♀)。「崖っぷち犬」などと呼ばれていた彼女も、今年初めに里親に引き取られて、「リンリン」という名をもらったそうですが、今はすっかり元気に暮らしてるんでしょうか。でも野良だったから、人界に慣れるのに時間がかかりそうですよね。今年の第一生命の「サラリーマン川柳」で、「犬はいい 崖っぷちでも 助けられ」(オレも崖っ...

  •  3
  •  1

かしわしばく?

No image

某寺のご住職の書かれた本に、「かしわというのはニワトリの戒名だ」という珍説が載っていました。生きている間がニワトリで、死んだら戒名がついてかしわ。「そうか、かしわ蕎麦もかしわ飯も、使うのは当然死んだニワトリなんだから、料理されてる鶏肉をかしわって言うってことなの……かな?」などと1秒くらい騙されそうになりつつも、ちゃんと読んでみたら、夢路いとし・喜味こいし師匠の漫才ネタでした。大笑い。(笑面白いもので、...

  •  5
  •  0

献杯

No image

突然ですが、やっぱり自宅の葬儀はいいなあとつくづく思いました。今は、葬儀といえばセレモニーホールでやるのが普通ですよね。自宅でやろうとしたら、それなりの広間とかなりの人手が必要だし、核家族化している現代では、それが難しいことはよくわかります。実は先の祖母の葬儀、母の主張で自宅葬儀になったんです。祖母は社会から身を引いてから長く、それほど参列者があるとは思えませんでしたし、何よりも祖母自身が、できる...

  •  2
  •  0

ワイン派になったらしい

No image

こんなことを書くとウソだろうと言われそうですが、この半年くらいで随分酒に弱くなった気がします。いやもう、本当なんだって!(苦笑ほとんど毎日車で移動しているので、飲み会もそのまま行っちゃうことがほとんどになり、結果、「飲まずに運転する人」になったのが原因か。あるいは、単に年のせいか。いずれにしても、わりとすぐ酔うようになりました。酔っ払って顔に出るとかじゃなくて、サイアクなことに、気分が悪くなってきち...

  •  0
  •  0

フェルゼンのばかっ!

No image

今年のゴールデンウィークも終わりましたね~。まずまずのお天気でしたが、皆さんいかがお過ごしでしたか?私はこの連休中、1人「ベルサイユのばら」祭りを開催しておりました。(苦笑いや一応仕事があったり、お友達と出かけたりはしてたんですけど。ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版))(2009/07/21)池田 理代子商品詳細を見る先日「ベルサイユのばら」がオペラになると知って、無性に原作が読みたくなった私。手...

  •  4
  •  0

歴史とロマンの休日

天気がいいのに家にこもっていてもなあと思い、ちょっと遠出してみました。 2009年のNHK大河ドラマ「天地人」にもゆかりのある、新発田城です。ここを居城としていた新発田氏は上杉謙信の家臣でした。しかし謙信が後継者を定めずに死去し、後継者争いの「御館の乱」が起きると、謙信の甥の上杉景勝側につき、景勝の勝利に貢献します。ところが景勝の論功行賞では、新発田一族には恩賞がなく、そのことに対する不満が、やがて謀反へ...

  •  2
  •  0

Grandfather's letter

No image

私の大好きなシンガーソングライター、KOKIAのブログに、「Grandfather's letter」というプロジェクトの話が載っていました。「Grandfather's letter」は、1900年代初頭、退役軍人だったヘンリー卿が、4人の孫たちに20年間に渡り絵手紙を送り続けたエピソードに由来しています。ヘンリー卿は、イギリスに住んだり、インドに住んだりと、家族と一緒に住むこともあれば離れ離れになることもあった生活の中で、これら12...

  •  0
  •  0