Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「手紙」 東野圭吾 著 

東野 圭吾東野圭吾の作品を読むのは初めてです。
「いい!」という噂はよく耳にしていましたし、
ドラマ化された作品がいくつかあるのも知っていましたが(でもどれも未見です)、
私はずっとミステリー作家だと思っていました。
最初にお名前を知ったのが「江戸川乱歩賞」のときだったので、
勝手にそう思い込んでいたんですよね。
無知ですみません。
ミステリーではないものも、お書きなんですね。

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

 
今回この本を選んだのは、本屋で平積みされていた文庫本の帯にあった、

差別はね、当然なんだよ。
自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる――――
すべての犯罪者にそう思い知らせるためにもね。


という文に衝撃を受けたからです。
物語は弟の学費を稼ぐために衝動的に殺人を犯してしまった兄と、
そんな兄を身内に持ったがゆえに、社会から扉を閉ざされてしまった弟の、
生きていくうえでの「けじめ」を描いています。
もしも私たちが、犯罪者、それも強盗殺人という凶悪犯が身内にいる人間に出会ったら、
果たして何の不安も抱かずに「普通に」接することができるでしょうか。
その人が罪を犯したわけではないことはわかっています。
頭でわかってはいても、私は簡単にYesと言うことはできないでしょう。
作中で主人公が「犯罪者の弟」という差別を突きつけられるたびに、
そのことを繰り返し考えさせられました。

愚直で弟思いの兄は、獄中から毎月必ず手紙を送ってきます。
しかしこの「手紙」こそが、彼の愛する弟が生きていくうえでの「カセ」になっていきます。
そのカセをどう乗り越えるのか、弟の判断にも読者の意見は分かれるでしょう。
帯には「涙の大ベストセラー」とありますが、そういう類の小説ではないと思います。
自殺や凶悪な殺人が魑魅魍魎のごとく跋扈する現代、
人々は「想像力」を失っているともいわれています。
こうすればどうなるのか、それを考えることがなくなっているといいます。
実際に自殺にしろ殺人にしろそこに至ってしまう人は、
それによってどうなるか、あるいは家族や友達がどうなるかなんて、
考えられないほどに追いつめられているとも聞きますが、
少なくともそれに達するよりもずっと前の段階で、「想像」することは必要だと感じました。
この作品は、その手がかりとなるものかもしれません。
スポンサーサイト
[ 2007/01/27 22:59 ] その他小説 | TB(2) | CM(2)

スパム対策 

毎日入ってくるスパムメールがウザくて仕方ないです。
以前は週に2~3通と許容範囲だったスパムも、
去年の暮れくらいから、1日に30通くらい入ってくるようになり、
昼間携帯からパソコンのメールチェックをする私には、ムカつく以外の何物でもない!
スパムにまぎれて本物のメールがわからないじゃないか。
というのも、最近はあからさまなタイトルじゃひっかからないせいか、
「明日どうしますか?」とか、「昨日はありがとう」とか、
ほんっとに普段何気なくタイトルに入れているものをタイトルにしてくるので、
受信拒否設定することもできないわけですよ。
かといって1つ1つIPアドレスで規制かけたりしても所詮いたちごっこだし、
ドメインだと同じプロバイダーを使ってる「正しいメール」まではねられちゃうし、
いっそメアドを変えた方がイライラしなくていいんじゃないかとまで考えちゃいます。
でも、それも面倒くさいんだな。
仕事用で使ってるメアドなので、随分昔に一度だけ一緒に仕事した人や、
今はもうほとんど交流がない人にまで「メアド変更しました」って知らせるのは、
どうにもやっぱり「面倒くさい」のですよね。
一応プロバイダーのメールフィルターを強化して、
それが功を奏したのかはわかりませんが、スパムは1日5通くらいにまで減りました。
減りました、が、迷子メールも増えている……。
一度など仕事先から電話がかかってきて、話が見えないなと思っていたら、
先方が送ったメールが届いていなくて、私は全く内容を知らなかったことがありました。
これはかなりマズイ状態です。
フリーランスのお仕事の場合、その1つ1つが次に繋がるので、
どんなものでも決して無下にはできないのに。

そんなウザイスパムメールですが、一体どのくらいの確率で引っかかるんでしょうかね。
一番多く送信されてくるのはもちろん出会い系で、
最近はお金持ちのセレブ女性が可愛い(?)男の子を探してますってのがほとんどですが、
一体どんな文を送りつけてるのかためしに読んでみると、これがまたヒドイ。
内容がというよりも、徹底確認を怠っている。
まあスパムに徹底確認を求めるのもどうかと思うんですが、
送信者の名前と「こんにちは、○○です♪」の○○と、終わりの名前が全部違うってどうよ?
送信者はスパムだろうとなんだろうと、とにかく誰かが引っかかってくれればいんだろうし、
そもそもメールの内容なんかどうでもいいのだろうけど、
さすがにこれじゃ「アンタ……おかしいんちゃう?」と思っちゃいます。(苦笑
真面目に愚痴をこぼしてみたけれど、多分みんなわかってて引っかかってるんでしょうね。
しかしおかげでこちとら大迷惑なんだよ。

みなさんは大量のスパムメールにどう対処してますか?
何か妙案はないですかねえ。
[ 2007/01/25 23:41 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

「ロマンス小説の七日間」  三浦しをん 著 

三浦しをん。
面白い名前だなあと思った。
下の「を」と「ん」は、50音の最後とその1つ前の音。
その2つを持ち合わせた名前なんて、物凄くインパクトがある。
 しかもどうやら本名のようだ。
ご両親は、どんな思いを込めてこの名をつけたのだろう。
そんなことを考えて、どんな作品を書く人なのかなと、
今回は初めて、「作家の名前に興味を覚えて」の読書だった。
もちろん、三浦しをんさんの名前を見たのは、
これが初めてではなかったのだけれど。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
(2003/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る


話は、ロマンス小説の翻訳を仕事としている主人公が、半同棲中の恋人の態度に苛立ち、
その思いから、翻訳中のロマンス小説を改変し、勝手に捏造してしまう……というもの。

原作を離れ、どんどん創作されるストーリー。
現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、
やがてとんでもない展開に!


裏表紙のあらすじにはこう書いてある。
なんとも面白そうな設定だし、実際それに興味を引かれて手に取ったのだけれど、
あらすじに謳われているほど、小説と現実がうまい具合にリンクしていない。
深く読めば、細かい関連性が見えてくるのかもしれないが、
一読した限りでは、主人公が、ロマンス小説の主人公である姫に自身を投影し、
勝手に動かしてしまった……程度にしか感じられない。
しかもその捏造がどの程度大変なことなのかも伝わってこない。
どちらかというと、それによって起こるであろうパニックを期待していた私には、
ちょっと肩透かしを食らった感じだった。
もっと掘り下げるには、枚数が足りなかったのかもしれない。
文章はとても読みやすく、心地よいリズム感がある。
主人公が自分の訳したロマンス小説に自らツッコミを入れるあたり、
前の晩に見たドラマの感想を、翌日会社の同僚とあれこれ話す感覚に似ていて、
思わず頷いたり笑ったりしてしまった。
これがもし、ドラマ「タイガー&ドラゴン」並みに、
リアルとロマンス小説をもっとうまくリンクさせていたとしたら、
物凄くワクワクドキドキする1冊になっていたと思う。
例えそれぞれの話がありきたりであるとしても、アイディア勝ちということだ。
残念ながら、この作品はそのアイディアを生かしきれなかった、ということになりそうだ。
[ 2007/01/21 23:13 ] ファンタジー | TB(1) | CM(2)

泣き寝入り。 

自分の身にこーんなことが降りかかるとは思ってもみませんでしたよ。
知人の紹介で行っていたエステが、

倒産

しました……。

あと2回くらいでコース終了だったんですよねえ。
まあ、もっと早くにちゃんとこなしてれば問題なかったんでしょうけど、
思うように予約が取れない上、遠くて時間もかかるので、つい先延ばしになっちゃって。
契約したのがキャンペーン時期で、通常の半額以下だったというのと、
ほぼ完了してたってことを考えると、被害額は2~3万円くらいなので、
かなりの時間悶々とした挙句、悔しいけど戻ってこなくても仕方ないかと、諦めました。(泣
近々破産管財人による説明会があるらしいですが、まだ負債額とかわからないですし、
ちゃんと配当されるかどうかも甚だ疑問ですしね……。
忘れた頃に通知が来たら、ラッキーって感じでしょうかね。
はあ~、今日は朝からやる気ゼロになったとですよ。

世の中の仕組みを、1つ勉強したと思うことにします。
……そう思える程度で、ホントよかったよ。でも泣く!
[ 2007/01/20 21:55 ] 日常 | TB(0) | CM(3)

3つのR 

Reduce
Reuse
Recycle

ゴミを減らすための3Rですが、そのことではありません。

昨日、「徹子の部屋」を見ていたら、
千葉ロッテ・マリーンズのボビー・バレンタイン監督がお話されてました。
いつも心がけていることがあるということだったのですが、それが3つのR、すなわち、
Responsibility(責任を持つ)
Respect(敬意を払う)
Reality(現実を直視する)
だ、というお話でした。
野球選手にとって大切なことという流れでの話題だったと思うのですが、
番組中に徹子さんもおっしゃっていたように、
これは選手に限らず、人が社会で生きていくためにとても大切なことだなと思ったんです。
ミスをしたい人なんかいません。
それでも人間ですから間違うことはある。
そんなとき、自分で自分の言葉や行動に責任を持たなければならないことと、
また相手に責任をゆだねる(=信頼する)ということもResponsibilityです。
それから、どんな人でも優れた点があり、そこから学ぶことができるのだから、
同僚やライバル、自分と相対する人への敬意を忘れないようにというRespect
そして、今起こっていることの現実を見極め、それに随時対処していくというReality
この3つを心がけることが、幸せな人生への鍵だということでした。

当たり前のことだけれど、意識しないとできないことですよね、これって。
特にResponsibilityやRespectっていうのは、感情と共に浮き沈みするもの。
ミスを認められなくて逃れようと躍起になったりするし、
嫉妬や羨望が勝るとRespectなんかどっかへ行ってしまうし、
それが少しでも抑えられたら、確かに住みよい社会になる気がします。
だってこれって、人間関係の基本ですもんね。

バレンタイン監督の3つのRって、実は前からかなり有名だったんですね。
あちこちで紹介されてますが、やっぱりみなさんの印象に残る言葉なんですね。
私もこの3つのRを意識するようにしたら、生活がちょっとハッピーになるでしょうか。
何も特別なことを望んでるわけじゃなく、1日のうちに1度でも笑顔になれたらいいな。
[ 2007/01/18 22:50 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

鉄道員(ぽっぽや)  浅田次郎 著 

8つの話が収められた短編集。
◇妻娘を亡くした鉄道員の駅長最後の1日を描いた「鉄道員(ぽっぽや)」
◇戸籍を貸しただけで、顔も知らない妻から届けられた愛の手紙を描く「ラブ・レター」
◇一人の家庭教師によって崩壊していく家庭を描いたホラータッチの「悪魔」
◇父親に捨てられた男が、左遷で日本を離れるに当たって初めて知る真実を描く「角筈にて」
◇美人オーナーが経営するブティックで営業マンが体験する不思議を描いた「伽羅」
◇浮気中の夫と共に夫方の新盆に出席した妻の心を描いた「うらぼんえ」
◇クリスマス・イブに釈放されたチンピラが、不意にサンタになる「ろくでなしのサンタ」
◇別居中の夫婦が閉館する映画館を訪れ、昔を取り戻す「オリヲン座からの招待状」

鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)鉄道員(ぽっぽや) (集英社文庫)
(2000/03)
浅田 次郎

商品詳細を見る


どの作品にも、人と人の関わりがしみじみと綴られている。
そしてそのどれもが繊細な心の襞を描いており、深く沁み入った。
あとがきによると、この短編集において「一番良かった」とされる作品は、
概ね4つに分かれるのだという。
「鉄道員」、「ラブ・レター」、「角筈にて」、そして「うらぼんえ」である。
8つの作品のどれもが心に何がしかの感情を呼び起こすので、
自分がどんな状況にいて、どんな気持ちで読むかによって、
支持する作品は変わってくるんじゃないかと思う。
今回私が不覚にも涙を流してしまったのは「ラブ・レター」だったが、
「どの作品がお気に入りか」と問われれば、即座に「うらぼんえ」と答えるだろう。
あまりネタバレになってしまっては、
これから読もうという方に申し訳ないので詳しくは書かないが、
自分は先祖に見守られていて、自分が死んだら今度は子孫を見守るもんだと、
どこか漠然と思っている私にとっては、胸を詰まらせずには読めない作品だった。

人間の暖かさに触れたくなったときにお勧めの1冊。
[ 2007/01/16 23:37 ] その他小説 | TB(2) | CM(0)

やっぱり書かなきゃダメ? 

谷原章介さま、ご結婚間近とのこと、オメデトウゴザイマス。

第一報は、Akiさんからのメール。(Akiさん、ありがとう!)
「ムキャーッ! だ、誰とデスカーーーー!?」とちょっと動揺する私。
お相手はいしだ壱成の元奥様とのことですが、どなたのことかさっぱりわからない……。

どうも結婚間近らしいというだけで、決定的情報というわけでもなさそうだったので、
まあ正式に発表されたらここでも一言お祝いをとは思っていたんですが、
なんだか書いた方がいいのかな?という空気なんで、とりあえず記事にしました。(笑
というのも、アクセスカウンターがいつもの倍以上回っていて、
アクセス解析を見てみたら、検索語句のトップに「谷原章介」がきてたんですよ。
こりゃあやっぱり期待(!?)に応えるべきかしら、と。

昨年「チューボーですよ」に出演なさったときには、そんな素振りは少しも見せず、
「40でパパになったら、子供が成人するときには還暦」だから、早く子供が欲しいって、
そんなお話はされてましたよね。
それが、奇しくも結婚と同時に3歳児のパパに!
ついでに未来の奥様もオメデタのようなので、早々に希望が叶えられた形になるんですねえ。
奥様の子供もご自身の子供と一緒に育てていく決意をされたわけですから、
そのあたりはさすが谷原先生だなあと思いました。
これでいまや公私共に充実された谷原先生。
益々不思議な魅力を発揮して、芸能界のおしどり夫婦を目指すと同時に、
俳優としても素敵なお仕事に巡り会われることを願うばかりです。
とりあえず、「風林火山」の義元坊ちゃんに期待してマス。
[ 2007/01/15 20:47 ] 谷原章介 | TB(0) | CM(6)

今年の目標を立ててみた。 

2007年も明けて2週間が過ぎましたが、今更ながら今年の目標を立てました。

「毎日本を読む」

改めて誓うほど、たいしたことじゃないです。
でもこのところの読書不足は、自分でもヤバイなと思うくらい酷くて、
積読の量も数えてみたら、上下巻なども含めてなんと35冊。
正直に言って、これでも思ったよりは少なかったんですが、
さすがにここらで決意しなければ、この山は増えることはあっても減ることはないでしょう。
私は、読む本は基本的に自分のものでなければ落ち着かない性格なので、
図書館で借りて読む、ということができないんですよね。
加えて自分の文章力の低下も感じてきているんです。
文章力といっても、上手いと言われる文章が書けるかどうかということだけでなく、
文を書くにはまず自分の考えなり発想がなくちゃいけないわけで、
それこれひっくるめて、自分の文章力の低下はヒシヒシ感じてるんですよ。
言葉って、常に使っていないと鈍ってくるもので、
普段の会話にプラスして、やっぱり本を読むってことは重要だと思うんです。
語彙を増やすためにも、発想するためにも。
学生の頃は、普通の文庫本であれば週に2冊くらいは軽く読んでたものなのに、
ここ数年は1ヶ月に1冊も読むかどうかというお粗末な状態。
雑誌すらTVナビしか読んでいない有様で、これでは知識も枯渇しようというもの。
いくらなんでも危機を感じずにはいられなかったので、
新しい年も始まったことだし、たまに目標らしい目標を立ててみてもいいかなと。
とにかく1日1ページでも読むように心がけて、まずは積読の山を減らすことを目指します。
[ 2007/01/14 22:39 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

納豆がねえ! 

正月も松の内を過ぎればもはや「新春」とは言えない気がいたしますが、
未だ「新春」時代劇の「堀部安兵衛」も「明智光秀」も「白虎隊」も視聴できていません。
新大河の「風林火山」もリアルタイムで見るつもりで録画しなかったら帰宅できず、
それなら再放送をと思ったところへ地震で番組変更。
明日には第2回の放送があるというのに、こちらも未見です。
このところ余裕のない生活が続いていたせいで、ブログも更新してなければ、
世間のニュースからもすっかり疎くなっておりました…。

そんな私が驚いたのが、久しぶりに目を通した新聞の「お詫び」広告。
大手納豆メーカーが、「生産が間に合わず納豆を供給できません」と陳謝。
「なんじゃそりゃ」と思ってネットサーフィンしたところ、
各所にテレビ番組で「ダイエットに効く」と「納豆」が紹介されたとの記事が。
これで合点がいきました。
実は数日前、電車の中で納豆3個入りパックを大量に買い込んでいる女の子を見かけ、
「この人、よっぽど納豆好きなんだな~」なんて暢気に思ってたんですよ。
そうか、あの子はテレビを見て買いに走ったのね!!!
私はその番組を見てませんから詳細はわかりませんが、
納豆で痩せるっていうのはどうにも納得がいきませんね。
番組によると1日2パック、朝晩に分けて食べるようにとのことらしいですが、
納豆って1パックで100kcalくらいあるし、大豆で立派なたんぱく質だし、
そんな1日に2パックも食べらた逆に太る気がするんですが。
いやもちろん、納豆しか食べないっていうんならそれもまたアリかもしれないですが、
そんなことはまずありえないでしょう?
番組をご覧になった方、どういう説明がされてたんでしょうか?
「納豆」そのものは体にいい食べ物なんでしょうが、
どんなものでも極端な過剰摂取は結局効果がマイナスになるもんだと私は思っています。
昔、ラジオ局で働いていたことがありますが、そのとき制作の人に聞きましたよ。
この手の番組は、(全部とは言わずとも)たいてい関連業界からの依頼で作っていると。
今回の納豆の事態を見ると、それを否定しきれないものがありますね。
そんなことより問題は、「納豆が本当に買えない!」ってことなんですよ。
我が家にとって納豆は常備食なんです。
常に冷蔵庫に入ってないと困るんです。
先日買っといたチビッ子納豆4カップ入りが残り後1個になってるってのに、
どこに行けば買えるんですか!!!
スーパーもデパートも、納豆ケースは見事に空っぽ。あるのはお詫びの紙だけです。
食べられないとなると無性に食べたくなるこの気持ち。
まるでお預けを食らった犬のようです……。
[ 2007/01/13 23:13 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(6)

王子は毒殺でなく…… 

カスティーリャ王国のサンチョ王子は、
王位を狙う叔父に毒殺されたと600年以上にわたって信じられてきたが、
ミイラ化した遺体を調べた結果、王子は7歳で自然死したことがわかった。
     ロイターから引用


このニュースを見つけたのは去年の末のことですが、
歴史的な謎っていうのは、どこかに真相を知ってる人間がいるわけですよね。
もしくは、「いた」わけです。
モーツァルトは病死だったのか、はたまた毒殺なのか。
ケネディ暗殺の犯人は誰なのか。
ダイアナ妃は事故死だったのか。
土方歳三の遺骸はどこに埋葬されているのか。
徳川埋蔵金は存在するのか……などなど。
悪意にせよ善意にせよ、公にできない理由から事実が隠されてしまい、
年月と共にそれが「謎」になっていってしまうのは、
イチ一般人として、ちょっと悔しい気もします。
ニュースに話を戻しますが、サンチョ王子の叔父は、
長男でありながら、非嫡出子だったために王位継承から外れてしまった人。
その結果、王位にあった異母弟を内戦で斃し、ようやく王位につきました。
そんな人物ですから、その弟の息子で王位継承権を持つサンチョ王子を毒殺する動機は、
バッチリあるというわけだったんでしょう。
それが現代の科学の力で「濡れ衣」をはらしたということになるんでしょうか。
同じ記事によれば、サンチョ王子の遺体から毒物は一切検出されず、
肺の感染症が原因で亡くなったとあります。
ところが肺を傷めた理由が、「何らかの火から出たらしい煙を吸い込んだ」から。
ということは、その火をおこしたのは誰?
そもそも肺が痛むほどの煙を吸うような火が出たのはなぜ?
それを企んだのが、もし叔父だったら?
やっぱり「濡れ衣」は相変わらずはらせないのでは……なんて突っ込んでしまいました。
これだって当の叔父君は事実を知っているわけで、
本当にこれで無実の罪から解放されるのかもしれません。
私自身「謎」の真相を知りたい気持ちは当然あるのですが、
でも、だからといって遺体を調べて謎を究明するなどという行為は、
科学が発達し、学術的に意味のあることだとしても、
やっぱりなんだか冒涜のように感じてしまいますね。
そういえば前にツタンカーメンのことを書いたときにも、同じこと言ってましたね、私。(苦笑
この手の話題は歴史好きにはたまりませんが、どこかで心が痛むのもまた本当です……。
[ 2007/01/07 03:10 ] ニュース | TB(0) | CM(0)

4日過ぎたけど、謹賀新年! 

2007年がやってきました。
あけましておめでとうございます。
本年も変わらぬお付き合い、どうぞよろしくお願いいたします。

年末年始、実家に戻って過ごしました。
……といっても、近所なのですが。(苦笑
いつも年末年始は雪が積もっているはずなのに今回はウソのような快晴だし、
紅白も見なければ第九も聴かず、全くもって年末年始らしくない年越しでございました。
朝食にお雑煮とお餅を食べたことと、三食上膳据膳だったこと、
そしてつい食べ過ぎたあたりに「正月」らしさはあったものの、
結局ひたすら練習していたなあという感じです。オルガンとか。
いや、かなり切羽詰ってたんですよね、いろいろ。(苦笑
でも年々こうした季節の行事への感動も薄れてきているように感じるのですが、
これって年を取ったせいなのか、自分の感度が落ちているからなのか、
はたまた社会的な現象なのか……。

とにもかくにも、2006年をなんとか無事に乗り越え、
新たな年を迎えられたことに感謝しつつ、2007年が充実した年となるよう、
今ここに心を新たにしようかと思います。
そしてもう1つ、正月太りを解消すべく、しばらく粗食に徹することも誓います。(笑
[ 2007/01/04 22:44 ] 日常 | TB(0) | CM(5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。